透明な壁を巡る旅

__ 
マイムって、演劇ともダンスとも違うジャンルですよね。だからまだ人類の知らない可能性があると思うんですよ。参入人数もまだそれほど多くはない。というか、歴史がまだ100年経っていない。
黒木 
そうですね。いいむろさんもおっしゃってるんですけど、マイムの良いところって、人生の長い時間を3分くらいの、いや、もっと短い時間で表現出来たりするんです。それが凄く魅力的かなと思っていまして。でも、一時間ちょっとの作品を作りたいんですけど、自分自身で作ろうとすると3分程の作品の方が作りやすくて見やすいし、一つ伝えたい事がドンってくるから。
__ 
最終的にはより深い印象を刻めるかどうか、ですよね。
黒木 
そうですね。
__ 
人生を凝縮して見せる事が出来る・・・ちょっと脇道にそれますが、マイマーってすごく俳優の人格が出ると思いませんか?
黒木 
出ますね。
__ 
これはもう、演劇よりもくっきりと出るんじゃないかと思う。会話ではなく、モノVS人物なので。さらに、触れている人物を見ている観客はどんな状態にあるかと言うと、動きの面白さはもちろん、この人はこれからどうなってしまうんだろうというワクワク感。
黒木 
そうですね。何でしょうか。それこそ、それぞれの人格も含め、役者が客席の地続きに存在しているような・・・それは一要素としてはあると思います。名前が付いていない、情報が少ないからというのもあるかもしれません。誰か分からない方が面白いというのはあるかもしれません。
__ 
しかも誇張された動きで。何故あんなに不自然なのに見せられるんだろう。見えない壁に当たったら絶対、離れますもんね。絶対に触らないと思う。スリル満点ですよね。
黒木 
そんな人がいたらビックリしますよね。
__ 
意外と、その姿が異様だからこそ、何かを感じているのかもしれない。
黒木 
ええ。
__ 
マイムの表現の原理に、何か、触るというアプローチがあって。あるかどうかも分からない透明を触るその者はその瞬間、個として完全なのかもしれない。何故なら彼はその時誰にも支配されず個としてそれに触れる事を選んでいるから。その時だけは確かに、見えない何かに触っている疑念の身体が明確に存在している。この特定によって、絶対に流れ去ってしまう時間や風景を空間にとどめようとする技術なんじゃないかと。凄くエンターテイメント性を持ちながらも、無常さそのものと相性の良い芸能なのかなと思うんです。そこで家族をテーマにした作品を行うというのは興味深いですね。

タグ: 演技の理解、その可能性 役者はノイズを産み出す機械? 役者の認識(クオリア) 瞬きの数をコントロールする俳優 コンセプチュアルな作品 一瞬を切り取る 愛情表現 新しいエンターテイメント パントマイムの話題 関係性が作品に結実する 俳優を通して何かを見る


絵本「うきわねこ」

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。
畑中 
わあ。ありがとうございます!(開ける)わぁーあ可愛い。「うきわねこ」。絵本好きなんですよ。絵本をもらいがちで。
__ 
あ、そうなんですか。猫が好きそうな気がしたので。
畑中 
いやあ好きなんですよ。野良猫を見かけたら追いかけたりしています。
__ 
猫は、ゆっくりまばたきをしてあげるのが愛情表現だそうですよ。


タグ: 愛情表現 プレゼント(書籍系)


アバターズ

__ 
演劇を始めた経緯を教えてください。
松下 
高校演劇をしていて。私の入っていた高校が、芸能文化科という特殊な科だったんですね。部活というよりは授業で演劇を学んだんです。そこでスタニスラフスキーに出会ったんですよ。部活と授業の、演技の深さの違いが面白かったです。これは一生かけて勉強しないと分からないなと。
__ 
がっかりアバターに入ったのはどのような経緯が。
松下 
「啓蒙の果て、船降りる」で参加したときに、アンディさんに「入ってよ~」って言われてて。本気かどうか分からなかったので、「う~ん」って言ってたら、気付いたらHPに自分の名前があったんです。あ、入ったんやって。劇団員なんや、あたし。
__ 
なるほど。すでに動かせないぐらいのポジションとして坂本さんの中にあったんですね。では、がっかりアバターの魅力とは。
松下 
劇団員に凡人が一人もいない事ですかね。
__ 
そうですね。
松下 
キャラクター性が強くて。なかなかこれだけのメンバーが揃う事はないと思います。
__ 
乾さんの髪の毛はさらさらだし、夢子さんは色々すごいし、松下さんは・・・
松下 
私はよく、アバターの中ではまともだと言われます。アンディとかにはクソアマとか言われますけど・・・
__ 
それは愛情表現ですね。そして葛原さんは。
松下 
葛原さんは凄いですよ。夢子オンデマンドよりも凄い精神状態かもしれない。
__ 
え、そうなんですか。あの夢子オンデマンドを超える?
松下 
わかんないですけど。明日、がんばってください。

タグ: 愛情表現 乾寿々香 その人に出会ってしまった 私の劇団について


うっ

__ 
いつか、こういうシーンを描きたいというのはありますか?
山本 
お客さんがドッカンドッカン笑うんだけど、それが最後には涙に変わって、でもラストに一転してホラーに変わって、恐怖で終わるというのが書いてみたいですね。ゾッとして終わるんです。理想なんですけど。
__ 
落語で最後にぞっとするセリフで終わる名作がありますよね。
山本 
昔の人が言ってたんですけど、ホラーが一番難しいらしいんですよね。笑わせたり泣かせたりするのは簡単だが、って。僕は中々、そこまでたどりついてないんですが。それを書いてみたいですね。
__ 
「にくなしの、サラダよ」は途中までホラーで、でも最後はハートフルになりました。
山本 
全く問題自体は解決していないんですけど、意識を変えるでこれから新しく展開出来るという事が言いたかったんですね。
__ 
そういえば、夫婦間の対立がテーマでしたね。「桃の花を飾る」もそうだった。山本さんにとってはそれがテーマなのでしょうか。
山本 
僕は夫婦という関係性を持っていないので、やはり想像によるんですが。でも、誰にでもある子供時代がその人を形成してるんですよね。やっぱり家族があるんですよね。家族環境にある対立を描きたいと思うんです。
__ 
家庭環境の違い。
山本 
ストレートな愛情表現に、うってなるんです。何故父母は、無償の愛をあんなに私に注いでくれるのだろうかと思って。それが、「にくなしの、サラダよ」は子どもたちが求めていた母親像が勝手に暴走して、みたいな事を考えていたんです。でも本当に恐ろしい思いをしているのは男性なんじゃないか。無償の愛に対する恐れが、実はあるんじゃないかと。
コトリ会議 演劇公演9回め「桃の花を飾る」
公演時期:2011/9/2~4。会場:シアトリカル應典院。

タグ: 泣く観客 愛情表現


彼の世界

__ 
みんなで作る。それはどのような良さを生むのでしょうか。
5号 
もしかしたら勘違いかもしれないですけど、一つのものを共有している感じなのかなあ。人ってそれぞれに見ているものが違うのに、繋がっている感じがします。それが明確に見えるというのが重要なポイントかもしれないです。
__ 
共有とは。
5号 
絵とか情景とか。つまりイメージなんです。風景もそうですね。
__ 
それは、どういう部分が他の劇団と違いますか?
5号 
やっぱり、3号を支えるスタイルが違うと思います。代表の3号が、訴えたいものを毎回伝えてくれるんですよね。それを、他の地底人や客演の方々で、3号の世界を作る事に集中するんですね。
__ 
3号の世界とは。
5号 
作品をご覧になると分かるように、家族愛が根底にあるんですよ。誰でも身内はあるわけで、そういう身近な愛情を持ってくるんですよね。そこは僕も毎回共感しています。毎回、妊婦が出てきたり。
__ 
ピンク地底人は集団で家族愛を表現する。

タグ: 愛情表現 ピンク地底人


筒井さんと渡辺さん

__ 
ルドルフ、大変面白かったです。参加していてどうでしたか。
渡辺 
実はイッパイアンテナの「ファイルナビゲーター」と稽古が被っていて、行ったり来たりしていたんですが、ルドルフの出演者の方々が受け入れて下さって、もちろん勉強になりました。いい経験になったと思います。
__ 
筒井さんは、渡辺さんのどこが気に入ったんでしょうね。
渡辺 
どこやろう? わからへん。でも、公開稽古の時の代役が良かったからって伺って。
__ 
いや、実は、ちょっと分かる気がします。私から見て、筒井さんは以前から若干ムカつく面白いものを尊ぶような感じがありました。
渡辺 
それは、私がムカつくという事ですか?
__ 
多分、こまっしゃくれた存在をより可愛いと思うんじゃないでしょうか。それは愛情の裏返しから来る表現、という面があるのかなと思います。
渡辺 
あー・・・。
__ 
・・・ちょっと思い切った事を言ってしまったでしょうか。
渡辺 
え、全然ですよ。そういう風に言ってもらえた方が嬉しいです。確かに、稽古が進むにつれてどんどんけなされるようになっていったような気がします。
イッパイアンテナ11th session「ファイルナビゲーター」
公演時期:2011/5/13~16。会場:ART COMPLEX 1928。

タグ: 愛情表現