映画と演劇の二択

__ 
fukui企画を立ち上げた経緯を教えてください。
福井 
立ち上げたというより、僕一人のユニットで。名前にもずっと(仮)が付いてる感じなんで。そもそも説明させて頂くと、僕は映画監督になりたかったんですよ。造形大にも映画学科はあるんですけど、舞台の演出の方が役者の動かし方が分かるようになると何かの本で読んで。それを鵜呑みにして舞台芸術学科に入ったんですね。それは僕は全く後悔してないんですけど。
__ 
なるほど。
福井 
脚本にしても、映画と演劇のそれって決定的な違いがあると思うんですよ。映画は、物語の核心を隠していくために描写を削る事が正義で、舞台はそれを出す事が正義だ、と学んでいったんです。隠すという事は、多分もう、何回もやれば上手になっていくと思うんですよ。緻密さは映画の方が絶対あると思う。物語の求心力も強いと思う。一方演劇は役者のものと言われていますよね。
__ 
役者が支柱となって物語を支える、というより、一体になっていると。
福井 
そうですね、俳優の一挙手一投足に集中してみているお客さんに、しかも彼らは向き合っているじゃないですか。演劇は衰退しているんですけど、そういう面では優れていると思うんですよ。優れた演劇を見た時の発見は凄いものがあって。そういう思いがあって、回り道かもしれないですけど、演劇学科に入ったんです。出す事を学んで、その後、隠していけばいいや、と。戯曲を書く事を始めて、上演しないと意味がないと学んで、それで始めたのがfukui企画です。
__ 
なるほど。ちなみに、最初に書かれた作品はどのような。
福井 
かいつまんで言うと、ミュージシャンを目指して東京に出てきたヒモとその彼女の話で、最終的にヒモがオカマになる話です。というか、ニューハーフとしてゲイバーで働き始めるんです。上演時間は2時間10~15分ぐらいありました。僕は遺作にしたいなと思うぐらい、思い入れは強いですね。2回生の時に上演して、手探りで演出していました。
__ 
素晴らしい。
福井 
最初の作品で、根を詰めて書いたものなんです。面白いなんて言ってくれる人は限りなく少ないんですけど、僕は大好きです。「不肖死スベシ」という作品でした。
__ 
気持ちは良く分かります。自分が作ったもの、というのがありますしね。

タグ: 役者全員の集中が一致 今の作品に集中する エネルギーを持つ戯曲 映画の話題 舞台にいる瞬間 観客との関係性 つかこうへい


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、東さんはどんな感じでしょうか。
東  
よろしくお願いします。最近は稽古とバイトだけです。
__ 
そう、カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」の稽古ですよね。どんな感じですか?
東  
実は私、稽古に参加するのが少し遅くて。最近まで映画の収録に参加していたんですよ。ああこうなってるんやと。楽しかったです。私だけ新鮮な気分でした。
__ 
今回はがっかりアバターとの合同公演ですね。
東  
私、がっかりアバターさんを見たのがこの間のLINX'Sが初めてだったので。向こうがどんな短編を持ってくるのか楽しみです。
__ 
勢いのある若手、匿名劇壇が発明したフラッシュフィクションという形式の公演を、あべのハルカスの新しいスペースで上演するという事で、なんだか記念碑的な作品になりそうな気がします。
東  
意気込み・・・ウチは客演さんを呼んだ事はあまりないんですが、他の劇団と組むのもなおさら初めてなんです。実は昨日、がっかりアバターの方が稽古場に来て下さったんですよ。やっぱり、向こうのいい所を吸収して帰りたいなと思います。匿名も吉本さんが入って初めてのフラッシュフィクションなので、役者の意外な面を見たりとかの面白みもあると思うんです。
__ 
役者の新しい一面が見れる、そんな作品になりそうですね。とても楽しみです。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 色んなものを吸収 映画の話題 「フラッシュフィクション」 最近どう? 意外にも・・・


機会そのものを作るための、いくつかの行動

__ 
今後、どんな感じで攻めて行かれますか?
武信 
SP水曜劇場に関して言えば、あれは継続してなんぼのものだと思っているので、今後10年は続けます。番組を観て、面白いと思ってもらって、劇場に来てもらう為のものですので。まだ3年目、あと7年は続けます。舞台の撮影に関しては、そうですね。ある中堅以上の人たちの、そこそこ物販が見込める場合でないと頼まれない。撮影側も、機材にお金を掛けたい。バジェットの同じぐらいの人たちが段々と固まっていく現象がある。すると若手なんかは機会に恵まれないんです。若い劇団さん達のいい舞台をやっぱり放映したいんですよ。まあ、2000円の若手の舞台って、なかなか行きにくいですから。
__ 
たしかに、それはそうですね。他に予定を入れたかったりしますよね。
武信 
そこをUstだったら解決出来るんですよね。ひたすらクオリティを追求したいというのも分かりますけど。それから、自主制作映画を撮りたいです。映像の人が演劇に興味を持ってもらえるような、その逆に、演劇の人が映像に興味を持ってもらえるような。

タグ: 映画の話題 演劇の入り口を作る 映像の現場 若さの価値 若者支援


映画『星を継ぐ者/Inherit The Stars』

__ 
今日はよろしくお願いします。最近の延命さんはどんな感じでしょうか。
延命 
よろしくお願いします。この間、生まれて初めて自主映画に出演したんですが、私のシーンがクランクアップしました。沢大洋さんと吉岡里帆さんが出演する映画で、私の役どころは日系のロシア軍人役でした。
__ 
面白そう。見たいですね。
延命 
沢さんがめっちゃカッコイイんですよ。元自衛隊員の役です。ロケ地は六甲と交野で、劇場で映せるぐらい細かい性能のカメラで。私、南方系の顔立ちだから大丈夫かなと思ってたんですが、カメラアングルで鼻が高くなる絵があるんです。多分、来年の春先に公開かなと思います。
__ 
楽しみです。
少・F・年
松本健吾(少年A)と延命聡子(少・F・年)を中心とした演劇サークル。(公式サイトより)
映画『星を継ぐ者/Inherit The Stars』
製作:星海電影制作公司。

タグ: 映画の話題


フィルムから人形劇へ

__ 
演劇を始めた経緯を教えてください。
藤本 
映画監督になろうと考えていたんです。撮影所に入ろうとしたんですが、やっぱりどこでもそうなんですが、映画じゃなくてTVを主に撮影していたんですね。僕は青二才だったし、僕にとって映画とはフィルムを指していたから。遊んでいてもしょうがないので映画に繋がる事が出来たらいいなと思って、演劇をしたら勉強になるのかなと。作る側として。そこで探していたら人形劇団が募集を掛けていたんです。子供の頃NHKで人形劇を良く見ていたので、受けてみようと。
__ 
なるほど。
藤本 
元々作る側を志向していたんですが、演じる事になって。渋々ながら稽古していたんですが、本番を迎えて、「表現するって面白いんだ」と思うようになりました。

タグ: 映画の話題


恋愛

__ 
監督作品の「あばうとあがーる」拝見しました。面白かったです。
角田 
ありがとうございます。
__ 
あれを拝見して思ったのですが、男の性欲青春モノなのに、救いがないのが珍しいなと。バッドエンドでも、少し成長するとか恋愛を笑うとか、そういう陽性を帯びるのがセオリーだと思っていたんですが、全然ない。むしろ、恋愛に対する怨嗟が感じられて。望んでも何も手に入れられない、全ての弱い人間のための物語なんじゃないかなと。
角田 
あれ、原作は男肉duSoleilの吉田みるくさんで、脚本は僕なんですね。ラストについては吉田さんと話していて、ハッピーエンドにはしたくないなと。2年後3年後はそれは立ち直ってるかもしれませんけど、高校生にとって恋愛って全てですから。
__ 
まあ、必ず中心には来るでしょうね。
角田 
そういう嘘は、映画の中ではつきたくないんです。もちろんお話なので嘘をついてもいいんですけど、あの作品の恋愛の終わりで無理矢理なハッピーエンドは悪い嘘だと。
__ 
悪い嘘。
角田 
当時流行っていた恋愛映画で、レイプされた女の子がすぐに次に進む決意をして新しい男とセックスする展開があったんです。そんなんは、悪い嘘だと思うんです。観た人に無責任な悪い影響を与えるんじゃないかって。

タグ: バッドエンド 映画の話題 優しい嘘 ハッピーエンドについての考え方 性欲 恋愛至上主義


あばうとあがーる

__ 
映画監督としての角田さんについて。まず伺いたいのですが、これはという映画はありますか?
角田 
「スタンド・バイ・ミー」ですね。少年の純粋な好奇心とか。二十歳を越えてからは、ほろっと泣けてしまったり。僕もいつか、こういう作品に関わってみたいなと。
__ 
なるほど。「あばうとあがーる」なんですが、後半のシーン割がとても良かったんです。
角田 
ありがとうございます。
__ 
カットが終わって、想像をかき立てて、ラストに向かっていく。
角田 
そのあたりは気を遣いました。余韻が残るように作りました。
__ 
「スタンド・バイ・ミー」もそういう感覚があるんですよね。分かりやすくて、手応えがある。
角田 
僕は、基本的には単純なテーマが分かりやすく伝わる映画を取りたいと常に思っています。複雑な感情を描いていても、それを難しい表現にしたくはないんです。なるべく簡単なもので見せられるようになりたいです。
__ 
難しいやり方には
角田 
例えばセリフとかでもそうですね。高校生を選んだのはそういう理由もあります。あの年代は、好きな相手に少ない語彙で選んで選んで分かりやすく伝えようというもどかしさもあるんじゃないか。難しい言葉を選ばないで。
__ 
最近観た個展で、高校生の少女と教師が畳の部屋でひたすらセックスをするみたいな展示があって。やはり、性が中心に来るシンプルな世界観なんですね。
角田 
そうですね。歌とかもそういうのが好きです。難しいものが嫌いではないですけど苦手なんですね。ドラえもんとか好きです。大人も子供も楽しめて、どこかにポロっと大切な言葉が書いてあるみたいな。

タグ: 映画の話題 二十歳のわたし


まだ映画になっていないかもしれない出来事を撮りたい

__ 
山脇さんは映画監督もされるんですよね。私もいくつか拝見しています。作品の手触りがそれぞれ違っていて、面白いですよね。
山脇 
ありがとうございます。
__ 
どんな映画をいつも目指していますか?
山脇 
うーん。語弊があるかもしれないけど、すごく目新しい事、びっくりするような筋書き、とんでもない憎悪と愛情、というよりは、すごく日常的なこと、でもまだ映画になっていないかもしれない出来事を撮れたら嬉しいなと思っています。例えば彼女がぽっちゃりしていて、彼氏がガリガリのカップルが、自転車二人乗りで彼女の方が漕いでるみたいな。
__ 
あ、それは面白い。
山脇 
そういう事がやりたいです。あと、自分で書いたシーンを俳優さんに演じてもらって、その人からそのまま出てきたお芝居が撮れたら嬉しい。その人達と、そのときにしか出来ないものを映画にしたいです。

タグ: 映画の話題


ワニをボコる

__ 
テキサスガールと寛治さんが踊っている写真、いいですよね。一瞬でどういう芝居か伝わりますよね。お二人は、テキサスガールをどんな感じで見てほしかったですか?
億  
アメリカ映画の冒頭で、レストランの窓際で話す二人みたいな雰囲気をかもしだせたらと思います。
米田 
ああ洋画な。
__ 
パルプフィクションのパンプキンとハニー・バニー?
億  
そう、それのイメージで話していました。
__ 
テキサスガールがワニをボコるシーン、セットも演出もすごく鮮やかでしたね。恐怖で叫び続けながら、やってきたワニをやっつける。
米田 
めっちゃしんどいけど楽しかったです。
億  
あれ、口の中血の味がするよな。
__ 
ああ、叫びまくるから。
米田 
あれで腹筋が割れました。
__ 
あはは。

タグ: 映画の話題


質問 高杉 征二さんから 川那辺 香乃さんへ

Q & A
___ 
さて、少し前にインタビューさせて頂きました、高杉征二さんから質問を頂いてきております。
川那辺 
わあ。優しい人ですよね。
___ 
「好きな映画は何ですか?その理由も教えて下さい」。「彼女ならキュートな理由が聞けるはずです」との事です。
川那辺 
最近、映画は見てないんですよ。何がいいかな。「ライオンキング」とか。「ハリーポッター」とか好きですね。
___ 
理由は。
川那辺 
「ライオンキング」は、子供の頃、毎日のように弟達と一緒に見ていて。ミーアキャットとイノシシが、主人公のライオンを助けて仲良くなるんです。虫を食べて暮らしている彼らが、主人公に食べ方を教えるシーン。最初は嫌がっていたのが、食べるとおいしい!で、三人が仲良くなり、歌い出すという(笑)台詞も全部覚えていたことがありました。「ハリーポッター」は原作が好きで、それで留学先もイギリスを選んだという・・・かなり安易ですが。

タグ: 映画の話題 留学して表現を学ぶ ライオンの話題


映画を撮ります

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
ハセ 
映画を撮ります。演劇と同じくらい映画、大好きなんですよ。小劇場や演劇で長年頑張った人に「御褒美で映画を撮らせる」って企画が多いんですけど、それを待つんじゃなくて自分から。
__ 
なるほど。
ハセ 
あと10年も待ってたら、ぼくの好きな俳優たちは、その役に合う年齢じゃなくなるんです(笑)。信頼している同時代の俳優を使いたいので、どんどん自分から撮って、コンペとか出品したいですね。演劇界だけの順位にこだわっていてもしょうがないですから。
__ 
どんな映画を撮られますか?
ハセ 
実際にあった、複数の女性がひとりの男と同居しているハーレムの事件があるんですよ。それを元にした短編を、映画の配給会社につとめている友人に見せたら一番食いつきがよかったので、それを映画化する形で。
__ 
素晴らしい。ハーレムですか。
ハセ 
やっぱり可愛い女の子が沢山出てくるのが食いつきがいいんですね(笑)。まあ、そういう映画を撮ります。

タグ: 映画の話題 今後の攻め方


時間と芸術

__ 
さて、前回公演の芸術創造館での「どれい狩り」さんとの合同公演で、上演時間が2時間以上でしたね。
伊藤 
はい。
__ 
前半、実は若干ついていけるか不安だったんですよ。前半は暗い照明の中で静かなシーン、後半はふざけたお祭り騒ぎが始まると。一瞬も飽きなかったんですが、これは初めての人にはどうなのかなっていう。
伊藤 
たとえば携帯でもYouTubeが見れる今の世の中で、もう最初の三分でいかに観客を掴むか、多くの人に再生させるか、という即時性の勝負が繰り広げられている訳じゃないですか。そういうものしか流行らないのはちょっと嫌なんですよね。
__ 
確かに、時間が短くてすぐ分かりやすいものが好まれる傾向が強いですね。
伊藤 
演劇は他のジャンルに比べて、観るのもやるのもやはり多少の忍耐がいるんですよ。1時間以上、ずっと観客に付き合ってもらわなければならないので。映画だって撮影と編集に膨大な時間が掛かるのに、チャプターで飛ばせますから。飛ばせないのが演劇の魅力でもあるんですけど、そういう所に無頓着では居られないなと思います。その辺りをちゃんと考えないと、2,010年代以降、演劇を見るお客さんが増えないんじゃないかなぁと思います。
__ 
まあ、映画と演劇では観客の数は全然違うでしょうね。
伊藤 
映画の興業で一つ凄いなと思うのは情報公開ですね。例えば配給会社が特設サイトを作って、映画の内容が大体分かっちゃう。演劇ってそういうのがほとんど出来ないでしょ。会場に行くまで内容がわからないってのは演劇の面白さかもしれないけど、大衆的に考えれば、やっぱりデメリットの方が多いなと思うんですよね。
__ 
そうですね。
伊藤 
例えばお芝居の冒頭を10分だけでも見られれば、興味を持って足を運んでくるお客さんも増えるんじゃないか。ちょっと情報開示をしてあげたらいいんじゃないかと。
__ 
France_panのトップページに、動画が載っている模様ですが。
伊藤 
あれ、練習風景なんですよ。
__ 
あ、そうなんですか! 何かかぶり物とかしてますけど、衣装なんですね、あれ。
France_pan×トイガーデン混同公演 どれい狩り
安陪公房の原作を舞台化。公演時期:2009年4月24日。会場:芸術創造館。
トイ・ガーデン
大阪の若手劇団。安武剛氏を中心として、エンゲキらしきものを表現することを目的に結成。

タグ: 膨大な仕事量に押しつぶされそう 映画の話題 「初めて芝居を見たお客さん」


質問 山本 握微さんから 澤村 喜一郎さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました、劇団乾杯の山本さんからご質問を頂いてきております。1.これ知っている人絶対いないだろうけど、面白い作品ってありますか?
澤村 
「僕達のアナ・バナナ」という、ニューヨークを舞台にした映画です。エドワード・ノートンが監督と主演やっていて、ベン・スティラーも出てるんですが。けして有名な作品じゃないんですけど、そうですね、「エンジェルス・イン・アメリカ」とちょっと似てて。アメリカ文化と宗教をテーマにした人間ドラマですね。コメディタッチで、神父とユダヤ教のラビが幼馴染で仲良くケンカするという。秀作です。
__ 
ありがとうございます。2.今度飲みにいきませんか?
澤村 
マジですか? 僕、ほとんどお酒飲めないんですけど、いいですか? ぜひ行きましょう。

タグ: 映画の話題


黄金

__
何か最近、お考えになっている事はありますか?
中川
うん、ショートショートの事で言えばオープニング映像の事とか。前回だったら、上演の順番を決める時のクジ引きをオープニングに使ったんですけど。そのクジ引きを寝起きで引かせるとか。バイト先に僕が行っちゃうとか。そんなんを考えたり、あとは漫才のネタを考えたり。ですね。
__
SSMFですが。今回の、黄金という縛りが、私はぶっちゃけかなり制限を感じるものではないかと思ってしまうんですけども。
中川
そうかと思います。
__
製作する人は、「ここから入っていかなくちゃなんないんだな」みたいな。
中川
うーん。まあ、4回目になるんですけど。映画祭っていうのは、こういう言い方をするとアレですけど、何となく出来てしまうというか。で、それは僕らがやってもしょうがないと思うんですよ。ヨーロッパ企画という劇団が、普通の映画祭を作ってもしょうがないなと思って。でも前回までのままだと本当に普通の映画祭になってしまう。どこにもない映画祭を作ろうと思っていて、それを考えたときに、一個のタイトルに絞って作ってもらったら変な映画祭になるんあじゃないかと思って。
__
変な映画祭。
中川
こんなの見たことないという。タイトルにしても色々アイデアはあったんですよ。レインボーとか、トキメキとかジャンボとか。色々出た中で、「黄金」というのが言葉としても力があるし、馬鹿っぽいし。キラキラしてるし。
__
「金」だけでいいものを黄とかつけるからしつこいですよね。
中川
色んな意味にも取れるし。ゴールデンウィークだったり。
__
ベストという言葉にもつながりますしね。
中川
だから、みんな「黄金」というタイトルだから黄金を探しに行くみたいなベタな事はしないなと思うんですよ。このタイトルをどうクリアするかという所で、変な映画祭になるんじゃないかなと思ってるんですよね。
__
みんなのある意味での一致した障害があるから、そこを越えようとして変なテンションになる、という事なんですかね。

タグ: 映画の話題 「ベタ」の価値 タイトルの秘密