カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」。もうじきですね。どんな仕上がりですか。
芝原 
ちょっと前に、上演順が決まりました。通してやってみて、ちょっと変わるかもしれませんが、基本的な構成がようやく出来たなという状態です。色んな面白いものがあるので、楽しみにしていて欲しいです。
__ 
稽古を少しだけ見学させて頂いたんですが、何か、仕上がっていっているような感触がありましたね。どんな配置で作品が並ぶのかも楽しみです。
芝原 
私も楽しみです。がっかりさんは今日また順番変えたんですけどって言ってましたね。大変そうです。
__ 
見に来られるお客さんに一言。
芝原 
みんな、どんな事言ってました?
__ 
東さんは、一つ一つ別の作品なので、リセットして見てもらいたいと仰ってましたね。
芝原 
それも楽しいと思うんですけど、続きを想像するってのも楽しいと思いますよ。フラッシュフィクション、プロローグとかないので割と自由に想像を楽しめると思うんです。
__ 
確かにそうですね。
芝原 
だから、あの後どうなったのかとか、その前はこんなだったろうなとか、想像したら楽しいんじゃないかと思います。でも次々と続いていくから疲れちゃうかも。怒涛のラッシュなんで。まあ、自由に楽しんでください。あと、今回の舞台は客席がこう、舞台を囲ってる感じになっていて、客席を別の位置から見たら見えなかった部分が見えてわくわくすると思います。
__ 
役者が舞台に残して去っていく、みたいなのが楽しみですね。
芝原 
その余韻が積み重なっていくので、最後の方はそれはもう凄い事になっているんじゃないかな。「廃材を振り下ろすまで」と「あしたてんきになあれ」ではそれぞれ違うものをするので、是非どっちも見て欲しいです。
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。

タグ: 劇団のおわり 「フラッシュフィクション」


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」、どんな公演になると思われますか。
石畑 
役者がてんやわんやする公演になると思います。出番をとちったり、もちろんしないようにしているんですが・・・
__ 
そんな事が起こったとしたら、やっぱり分かるんでしょうね、きっと。
石畑 
特にフラッシュフィクションは役者が楽屋にハケずに舞台袖にいて、役者達が反応に困ったり、笑ったりしてしまうかもしれません。
__ 
怖いですね。そんな大変な公演ですが、石畑さんの意気込みを教えてください。
石畑 
他の劇団員達も、それぞれ別の劇団さんに客演したりしていて。そこでの経験が見えたら嬉しいですね。僕も劇団Patchさんやドキドキぼーいずさんに出させてもらったので、そこで得た経験をお見せ出来たら。
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。

タグ: 「フラッシュフィクション」


フラッシュフィクション=数十秒の超短編作品ほか小作品を連続上映する形式

__ 
舞台上で役者の演技に格好が付いた瞬間について考えようと思います。さきほど稽古を見学させていただいて、石畑さんの表情がカッコ付いた時、稽古場のみんなが笑ってましたよね。あの笑いの構成要件には確実に、同じ劇壇だからという共有があるんだと思うんです。石畑さんに集中していて、そこで成立する絵に対する鋭敏さがあるからかもしれない。フラッシュフィクションという、とても難しい形式は、観客にその創造性を次々に要求していく。過酷ではあるけど、その環境に可能性を感じます。
石畑 
もう、どんどん絵が変わっていくんですよ。一瞬の輝きが凄く大事なので。それを最大値で引き出さないとあかんので。
__ 
石畑さんがキーマンだと思っています。その、言葉は悪いですが、見た目のインパクトが凄いから。
石畑 
頑張ります。

タグ: 役者全員の集中が一致 「フラッシュフィクション」


下剋上

佐々 
でも、役者同士でも戦っていたいですね。今回のフラッシュフィクションでも、男役者間で役は取り合おうと話し合いまして。下剋上だと。「自分の方が上手く出来る」と思ったら、福谷に言って、見せて。そういう姿勢は俳優として劇団として当たり前の姿勢なのかなと思っています。
__ 
そうですね。
佐々 
今はいい感じにバラけました。ウチの男はもう、ハングリー精神の塊です。
__ 
スター集団ですね、匿名劇壇。本当に応援しています。
佐々 
ありがとうございます。続いている限り頑張ります。

タグ: 「フラッシュフィクション」


いくつもの明滅する光景

__ 
カストリ社第三号解散公演「花田~」ですね。とても楽しみにしております。がっかりアバターとの共作ですね。どんな公演になると思いますか。
佐々 
まだがっかりの方の作品を見ていないんですが、僕らはぼくの作り方をしているし、がっかりはがっかりの作り方をすると思います。演出家同士の水面下の戦いが行われているんじゃないかと思います。
__ 
足を引っ張り合わないで戦争してほしいですね。意気込みを教えて下さい。
佐々 
僕、がっかりアバター乾さんの芝居が好きなんですよ。福谷に言って、共演するシーンをもらいました。あと、着替えを頑張りたいです。着替えがとにかく大変で、靴も髪型も変えるんです。
__ 
うわ。大変ですね。転換とか早着替えも見所の一つですね。
佐々 
面白いと思います。裏で役者がどんな苦労をしているのかが、今回は見えてしまう形なので。一度、同じフラッシュフィクションの公演の本番で衣裳を間違えた事があって。コンビニの店長がバイトを怒るコントで、服を着替える段取りを忘れてぼーっとしてたら、福谷がすごい目で見てきて。まあ、出トチりですね。店長の役なのにだっさいヨレヨレのTシャツをインして着てました。お互いの顔が見れませんでしたね。あの時は本当に申し訳なかったです。ああいう時は逆に落ち着くんですね。芝居は普通にやりましたけど、もうああいう事はしないようにしたいですね。
__ 
フラッシュフィクションの楽しみ方を教えてください。
佐々 
誰かが言ってるかもしれないですけど、4コマ漫画のような楽しみ方をしてほしいですね。ちょっとクスっとしてしまうようなあるあるネタとか、「何や今のは」みたいに反応に困るネタもあって、でも引きずらないように見て欲しいです。今、目の前で起こっている事が全てなので。
__ 
東さんが「前後の繋がりはないので、切り替えて見ていて欲しい」と仰ってましたね。
佐々 
そうですね。全然、続いているものじゃなくて、連続で上演しているだけなんですよ。役者も切り替えていきます。

タグ: 「フラッシュフィクション」 乾寿々香


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近杉原さんは、どんな感じでしょうか。
杉原 
朝起きてバイト行って、終わったら稽古して。そのリズムが出てきました。稽古が無いとバイトだけなんで、生活が乱れてくるんですよ。ありがたいです。
__ 
稽古とは、カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」の稽古ですね。どんな作品になりそうでしょうか。
杉原 
がっかりアバターさんとの合同公演で、昨日、向こうの稽古場に行って何本か作品を見たんですけど。良かったんですよ。匿名劇壇では作れない、がっかりアバターだけが作れる事をやっていて。合体して、一つの良いものが出来ると思います。
__ 
なるほど。ちなみに、上演順としてはどうなるんでしょうね。キレイにアバターズと匿名さんで前編後編分かれるのか、作品ごとアトランダムな上演順で分かれるのか。
杉原 
まだ決まってないらしいですね。いや、決まった上で伝えてないのかも分かりません。でもごちゃまぜ感はあると思います。
__ 
意気込みを教えて下さい。
杉原 
今回は特別に頑張ろうという訳じゃなく、いつも通り集中して出来たらと思います。毎ステージ新しい発見が出来たら理想的です。
__ 
今も、稽古場で発見している?
杉原 
稽古場は発見だらけですね。例えば同じ事を同じ間で練習して突き詰めて良質化することは出来ると思うんですけど、面白かった事が分かったらそれは捨てて、新しい可能性を見つけたりして、変わっていけたらいいなと僕は思います。同じ一つのモノを研ぎ澄ますより、色んなパターンを試していけたら。
__ 
固持するんじゃなくてね。
杉原 
今回はそういうふうにしたいと思っています。
__ 
そんな考え方は、実はフラッシュフィクションという形式と合っているのかもしれませんね。気付いたら次の作品が始まっている、だから次々と発見がある。とても楽しみです。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 俳優の提案作業 今の作品に集中する 「フラッシュフィクション」 最近どう? アーティストの生活


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、東さんはどんな感じでしょうか。
東  
よろしくお願いします。最近は稽古とバイトだけです。
__ 
そう、カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」の稽古ですよね。どんな感じですか?
東  
実は私、稽古に参加するのが少し遅くて。最近まで映画の収録に参加していたんですよ。ああこうなってるんやと。楽しかったです。私だけ新鮮な気分でした。
__ 
今回はがっかりアバターとの合同公演ですね。
東  
私、がっかりアバターさんを見たのがこの間のLINX'Sが初めてだったので。向こうがどんな短編を持ってくるのか楽しみです。
__ 
勢いのある若手、匿名劇壇が発明したフラッシュフィクションという形式の公演を、あべのハルカスの新しいスペースで上演するという事で、なんだか記念碑的な作品になりそうな気がします。
東  
意気込み・・・ウチは客演さんを呼んだ事はあまりないんですが、他の劇団と組むのもなおさら初めてなんです。実は昨日、がっかりアバターの方が稽古場に来て下さったんですよ。やっぱり、向こうのいい所を吸収して帰りたいなと思います。匿名も吉本さんが入って初めてのフラッシュフィクションなので、役者の意外な面を見たりとかの面白みもあると思うんです。
__ 
役者の新しい一面が見れる、そんな作品になりそうですね。とても楽しみです。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 色んなものを吸収 映画の話題 「フラッシュフィクション」 最近どう? 意外にも・・・


フラッシュフィクション=数十秒の超短編作品ほか小作品を連続上映する形式

__ 
フラッシュフィクション。作品数が非常に多いという事で、何か見る時のコツとかがあるんでしょうか。
東  
私たちも初めてやった時に戸惑いながらやってたんですけど、切り替えの連続なんですよ。場転が始まったら終わりで、作品同士の繋がりは無くて。だから、深読みせずに楽しんで欲しいです。
__ 
なるほど。この役はさっきの作品のあの人だな、という事はないんですね。
東  
そうですね。これはもしや・・・とか思うとちょっと引っかかって、いま見ている話が終わってしまってもったいないと思うので。
__ 
今回のフラッシュフィクション、役者としてのテーマを教えて下さい。
東  
全部違う作品なので、演じ分けが出来るようにしたいです。自分もリセットして次の作品に立てるように。
__ 
どんどん切り替えたいと。
東  
はい。

タグ: 「フラッシュフィクション」 単純に、楽しませたい


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近吉本さんはどんな感じでしょうか。
吉本 
最近は、次回公演の稽古期間の真っ最中です。
__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」ですね。本番3週間前を切りましたが、どんな公演になりそうですか。
吉本 
まだ作品を作っている最中で、ちょっとまだ完成形が見えていない状態ですね。セリフがまだ入っていなくて、これから詰めていく感じです。
__ 
今回は「フラッシュフィクション」という、10秒~3分程度の短い作品を次々に見せていく形式の公演ですね。つまり、一人がたくさんの役柄を次々に演じるという事になるのでしょうか。
吉本 
そうですね、私もヤンキーっぽい役とかを演じます。何か、性格が強めな人が多いかな。
__ 
ご自身としては辛い?キツイ性格を演じるのは。
吉本 
いや、やりやすいです。もしかしたら自分は性格強くなりたいのかなと思ってます。
__ 
本当は強くなりたいと思っている?
吉本 
自分は本当はこう思っていたんだ、という意外な発見をすると、実は楽しいんですよ。素直に受け容れるようにしています。
__ 
このセリフを言ってしまっている、その気持ちが分かってしまう。
吉本 
役柄の性格に、私が一歩寄り添うけど役の方も私に一歩近づいて欲しいと思うんですよね。私がどうしても、ここは弱く言ってしまいそうだと思う時、役の方が私を通して得た価値観で演じたり。お互い一歩、歩み寄ろうという作り方を私はしています。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。

タグ: 役をつかむ 「フラッシュフィクション」