カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近、松原さんはどんな感じでしょうか。
松原 
宜しくお願いします。最近は元気です。毎日稽古をしています。
__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」ですね。フラッシュフィクションという形式の、短い作品が数多く次々と上演されるスタイル。とても楽しみです。どんな公演になると思われますか?
松原 
私、まだがっかりアバターさんの作品は見てないんです。今からすっごい楽しみです。今は自分の劇団の作品を作っていて、これをがっかりアバターさんの作品と合わせたらどんな感じになるんだろうと。
__ 
素晴らしい。どんな事になるんでしょうね。今回の公演の、意気込みを教えて下さいますでしょうか。
松原 
どうだろう、面白いものにしたいという気持ちはあります。超短編一つ一つどれも全く違う作品なんですが、丁寧に。でもはっきり切り替えていけるように。
__ 
丁寧なフラッシュフィクション。
松原 
確実にやっていくというか。一つ一つをないがしろにしないで、確実にやっていけば、一本通しで見た時に面白いものになっているんじゃないかと思います。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 炎上、がっかりアバター 最近どう? 丁寧な空気づくり


新しい絶望

__ 
今回の「あくまのとなり。」見所を教えて頂いてもよろしいでしょうか。
葛原 
個人的には、ハタチの坂本アンディの作品なんじゃないかなと思います。今しか書けない葛藤が書かれている戯曲。今までの作品は、坂本さんの感性で書かれた、自己紹介的な作品だと思うんですよ。今回は彼の深層が書かれている。
__ 
坂本さんが本心を打ち明けている?
葛原 
そうですね。いつもはキチガイ役がいっぱい出てくるじゃないですか。そのキチガイって、基本的には超人的なキチガイなんですよ。前回僕がやらせてもらった役は超然としていて、僕自身、弱くて不安定な人間なので演じるのが難しかったんです。でも、今回はある種の純粋さからくる弱さが全員描かれているので。細井美保さんですら、弱い部分があるんですよ。
__ 
あ、そうなんですか。それは驚きました。
葛原 
細井さんは、今回大分演技の質が違うんです。そこは個人的にはとても楽しみです。
__ 
坂本さん、なぜ今回はそんな書き方になったんでしょうね。
葛原 
もしかしたら、前回公演の「おしゃれな炎上」が、第二回公演の「啓蒙の果て、船降りる」とプロットが似ていたんです。台本を読んだ時、これはリベンジなのかなと思ったんです。
__ 
というと?
葛原 
多分なんですけど、第二回公演の「啓蒙の果て、船降りる」から、前回公演の「おしゃれな炎上」の一連の流れで、アンディはずっと一つのテーマにリベンジし続けて来たんじゃないかと思っています。そしてそのリベンジは、前回でようやく終わったんじゃないかと思います。
__ 
「オシャレな炎上」では、つまり世界が終わった後に何が待ち受けているのかを見たかったんですね。そこを経ての、前回までの公演を準備としての「あくまのとなり。」は、個人の絶望に迫ろうとしている。
がっかりアバター「おしゃれな炎上」
公演時期:2013/12/27~12/29。会場:ウイングフィールド。

タグ: 出来ない!難しい!演技 舞台に立つまでの葛藤 炎上、がっかりアバター いつかリベンジしたい


花のように過激に生きる

__ 
前回公演「おしゃれな炎上」での、目玉になり果てた弟を食べて踏みつぶす演技が良かったです。あのシーンがあったから、全体の印象が引き締められたと思うんです。
夢子 
ありがとうございます。アンディさんが生んでくれた役を精一杯やって生きて死にたいですね。アンディさんの書いた台詞って、嘘っぽくなく心から口に出せるんです。その人物として物語の中で生きていられるんですよ。私なんてただの24・女・フリーターで、何もかもうまく行ってないのに、でもそんな役の役者でいると、すごく楽になれるんです。
__ 
嘘をつきたくない。アンディさんのセリフは、自然に出せる気がする。
夢子 
上演時間2時間の夢の間、生きてるという感じを得たいです。「俺ライドオン天使」の時、お客さんの感想ツイートの中に「生きるってこんなに過激だったのか」という表現があって。
__ 
おお・・・。
夢子 
普通に生きている事が既にドラマなんだ、って思って。私、これまで出演した3作品全部で「幸せになりたい」ってセリフを喋ってるんですよ。お金とか安定した生活とかそういう意味じゃなくて。
__ 
夢子さんの演じた人物は全員追い詰められた人生だったと思います。解放されたい、という事だったのかな。
夢子 
全員、それぞれにエグい生き方をしていて。今回の作品は痛みとか愛とか葛藤を描いています。目を逸らさずに幸せを見つめています。ひどい事をする人物にも背景や環境や抱えている痛みがあって、その痛みや負い目がお客さんの中にもあったりしたら、どこか肩の力が抜けると思うんです。そういう所が、がっかりアバターにしかない魅力なんじゃないかと思います。
__ 
がっかりアバターは今まで地獄を描いてきたと思うんですよ。「誰の心の中にも地獄がある」、これは闇金ウシジマくんの評論の一つなんですけど、何故地獄絵図を見ると心が楽になるのか。もしかしたら地獄という情景に心が行く事で、抑圧から解放されるんですね。それが魅力と言えるでしょうね。
がっかりアバター「おしゃれな炎上」
公演時期:2013/12/27~12/29。会場:ウイングフィールド。

タグ: 観客に血を流してもらいたい 舞台に立つまでの葛藤 背景が浮かびあがる 炎上、がっかりアバター 優しい嘘


「生きてこそ」

__ 
がっかりアバター、若手劇団で最も注目すべきロックバンドなんですよ。マジで。
夢子 
ありがたや・・・マジで。
__ 
次の公演がひたすら楽しみです。さて、夢子さんが見るアバターズの内情を・・・。ご自身は坂本アンディさんとがっかりアバターにどんな思いを抱いていますか?
夢子 
アンディさんは色んなジャンルの音楽を聞いてて。稽古場に音楽を掛けただけで、一瞬でワアッてなるんです。そして、演劇の歴史を最初から追ってやっていってるんですよ。とんでもない人だと思います。自分の事を天才だと言うのでなんやねんて言われるんですけどホントに天才かもしれなくて、山田かまちみたいに若くして死ぬんじゃないかと。本当に心配しています。
__ 
天才は早死するらしいですからね。
夢子 
長生き、どうか、してほしい。
__ 
「長生き、どうか、してほしい。」このままだと36歳とかで死・・・
夢子 
そんな事はないです。そして、一番優しい人です。人間としても尊敬しています。
__ 
がっかりアバターについては。
夢子 
きっと、私たちの事を気に食わない人もいるんですよ。味方も敵もそれ以外の人が居ても良いのかなって、だから媚びなくてもいいんじゃないかって。違う角度を持つ人達、として受け止めて貰ったらなあと思います。

タグ: たくさんの敵と、たくさんの味方 炎上、がっかりアバター


今度は下ネタじゃ済まされない

__ 
チラシに書かれているあらすじからは、抑圧に苦しんでいる人間のお話なのかなと。乾さんはどんな役柄なんですか?
乾  
そうですね、どこまで言っていいか分からないんですけど。現実と非現実が描かれるんですね。非現実に逃避する人の逃げ先、逃避させる側です。たのしい感じ。
__ 
楽しい乾さん。見たいですね。意気込みを教えて下さい。
乾  
坂本さんはおもしろいぞ!っていうのを、出来るだけそのまま伝えられればと思います。純粋に、知って欲しいと思っています。
__ 
これの次が、超オゲレツ芝居だったらみんなどう思うのかな。
乾  
どうでしょうね、でもきっとオゲレツな芝居をやりたいっていう訳ではなくて。奥にある様々なものが渦巻いている中で、下ネタっていう表現が一番分かりやすい形で現れているだけなんじゃないかと思います。
__ 
おお。下ネタはただの添え物だと。お好み焼きでいうソースくらいのものだと。
乾  
カツオブシぐらいかもしれません。
__ 
マジすか。
乾  
それを彩るのがたまたま下ネタって、坂本さんも言ってたんですけど。今回は坂本さんの頭の中をちょっと至近距離で見れる感じかもしれないです。
__ 
なるほど。我々は下ネタに引き寄せられていたに過ぎないと。ですが確かに、アンディさんの事は作品から伝わって来ていましたよ。「俺ライドオン天使」からは終末観、「おしゃれな炎上」からは肉体と魂の関係。私にとって、がっかりアバターの下ネタはある種の切実さの表象なんです。
乾  
やっぱり、取っかかりになりやすいらしいですね。・・・違うかな合ってるかな(笑う)。

タグ: 炎上、がっかりアバター 下ネタを考える


カルト劇団、がっかりアバターの繁栄

__ 
観客と、どう接するのが理想だと思いますか?
坂本 
うーん、意外とシビアなんですよね。twitterで炎上したから・・・どうしようかなと。自分の意見としては、今の関西小劇場のあり方は、僕は違うと思うんですよ。伸びない、派生しない。演劇に全く関係ない人にリーチ出来ていない。単純に情報が行ってくれないという事でもあるんですよね。何とかして大きくなりたい。って思いますね。
__ 
カルト的な人気が出たらいい気がしますね、とくにがっかりアバターの場合は。今、情報ってきっと、必要とされる人には行きやすい環境にあるんじゃないかと思うんですよ。面白い情報は、つまり目を引く内容なので。
坂本 
具体的にどうすればいいですかね?
__ 
カルト劇団として、NAVERまとめとかに掲載されたら有名になりやすいんじゃないか。例えばツリメラとか。NAVERまとめにあったんですけど、プロデューサーの小林タクシーさんは2014年の3月末までにCDを1000万枚売らないと死ぬらしいんですけど・・・
坂本 
それめっちゃ面白いですね!メモっときます。

タグ: 炎上、がっかりアバター ユニークな作品あります


敵も味方もこの胸に宿して

__ 
twitterで炎上した事について、もう少し。「観客層を一掃する」という表現は良くなかったとは思うんですが、演劇人として革命志向であるのは必要な条件だと思っています。
坂本 
ええ。
__ 
それを止めたら演劇人として死ぬという事じゃないかと。
坂本 
もうホントにそうだと思います。でも、「観客層を一掃する」というのは言い過ぎでした。この場を借りてお詫びします。申し訳ございませんでした。周囲から、「たくさんの敵と、味方を作った」と言われました。少なくとも、twitterで意見を発するのは中々難しいですね。
__ 
でも、きっと、言わないよりはマシです。色んな人の琴線に触れたのは大切だと思うんです。
坂本 
そうですね。演劇って、革命じゃないですか。そういう面を忘れてダラダラやってるのは僕には疑問です。客席に座っていてもそう思います。

タグ: たくさんの敵と、たくさんの味方 炎上、がっかりアバター 私たちの世代 演劇村についての考察