経験と総括・2

__ 
山野さんがお芝居を始めた経緯を教えてください。
山野 
高校2年の時に文化祭で、クラスで演劇を作る事になったのが人生最初の舞台でした。ちなみに、高校の時の担任の先生が劇研アクターズラボの田中遊さんの公演クラスに参加していたんです。渋谷善史さんという方で現在も田中遊さんのユニットの正直者の会.labで活動されています。その渋谷さんのクラスで文化祭に出て舞台に立ったのが最初です。
__ 
いかがでしたか。
山野 
良かったです!!すごく褒めてもらえて・・・。高校時代の唯一のいい思い出ですね(苦笑)重要な役でプレッシャーも大きかったし、仲間同士で衝突もしたりで大変でしたけど・・・。本当にやっておいて良かったです。僕の人生を大きく変えた出来事でした。しかし、その舞台の直後に急激に体調を崩しまして・・・病院に行ったところある精神科の病気になってしまっていたんですね・・・。実は育った家庭の環境が非常に悪くて・・・物心ついた頃からあまり自分の家庭が好きではなかったんです。そのストレスからか高校に入学した頃から体調も精神状態も悪く、騙し騙し必死に耐えていたんですが、ついに溜まりに溜まったフラストレーションが爆発してしまって・・・。以来学校にもまともに通えなくなり、処方薬依存でボロボロの状態で勉強どころではなくなってしまって・・・。なんとか高校は卒業できましたが当然受験勉強も進学出来ずそのまま自宅に引きこもるようになってしまったんです。
__ 
なるほど。
山野 
それからしばらくブランクが空くんですが、22歳の時にインターネットで某演劇サークルがメンバーを募集していてそこに入ることにしたんです。理由としては当時の僕は仕事も勉強もできていない、友達もほとんどいない、まあニートだったわけで・・・(苦笑)それが嫌で少しでも社会との接点を持たなくてはと思ったんです。「あの時素晴らしい経験を与えてくれた演劇なら自分に希望を与えてくれるのでは・・・」という思いで(苦笑)で入団してしばらく活動していたんですが正直ものすごく面白くなかったんです。考えが甘くて、だらだらしてて。あまりにも演劇を趣味として見ていたので。
__ 
つまり、良くなかったんですね。
山野 
そうですね・・・。そこでしばらく悩んでいたんです。「そのサークルを辞めようか・・・しかし辞めたところで全くの無名の僕がどうやって芝居を続けるのか?いや自分が頑張ってそのサークルを立て直すべきなのか?しかしそのサークルの方達とは根本から考え方が違うのでは?」とかウダウダ考えている矢先にふつうユニットの廣瀬信輔さんと出会ったんです。確か2011年の1月だったと記憶しています。そこで廣瀬さんに気に入ってもらえてふつうユニットの「スペーストラベラーズ」という作品に出演させていただいたんです。その現場で廣瀬さんや他の共演者の皆さんに良くしてもらって・・・随分久しぶりに同年代の人達と関わることができて、喋って、遊んで、作品を造って・・・本当に楽しい現場でした。これをキッカケとして人と関わることを覚えて、徐々に引きこもりからを脱出することができたんです。
__ 
廣瀬さんと出会ったのはどんな経緯が。
山野 
谷さんが参加されていた、劇研アクターズラボの「恋愛論」という作品の挟み込みに、ふつうユニットの出演者募集のチラシがあったんです。当時の僕は今以上に演劇のことを何もわかっていませんでしたから・・・堅苦しいチラシとかだったら逃げ腰になってしまって絶対行けなかったと思うんですけど、そのふつうユニットのチラシがまあ、そのあまり上手くない絵が表にデカデカと描いてあって(笑)書いてあることも砕けた内容だったのでここなら自分でもと思い連絡をとってみたんです。そしたら連絡してきたのは僕一人だけだったらしくて(笑)それがきっかけで(苦笑)もしそれが無かったら現在の自分はなかったかもしれませんね(苦笑)

タグ: 俳優のブランク 自分を変えた、あの舞台 文化祭前夜 劇研アクターズラボ 高校演劇 ひきこもり もう、辞めたい


vol.364 山野 博生

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
山野

ナントカ世代「その十字路の先を右に曲がった。」

__ 
今年の延命さんで印象深かったのは、やっぱりナントカ世代だったんですよ。屋敷の女主人でしたね。悪役という役回りをきっちりとこなし、その役自体が作品の魅力となっていたように思うんです。「役割をこなす」以上に。今までの延命さんだったら、最後まで延命さんの枠からは出ずにいたんじゃないかなと思っていました。
延命 
・・・。
__ 
私の中での延命さんのイメージは、美人だけどとても気持ち悪い演技が出来る人で、それが段々と小さい工夫をこらしたネタをされるようになって。落語とかも。ご自身では、延命さんの演技はどのように変遷していったと思われますか?
延命 
前回のインタビューで、いろんな表情をコントロールしてやらないといけないんだろうなと気づいたと話したと思うんですが。劇研アクターズラボのWSを受けた頃ぐらいから、よく分からないものをそのまま出す、出してみよう、みたいなそういう事を考え始めました。
__ 
整理の付いていないものを出す、みたいな。
延命 
それに近いですね。私が「こういう表情です」にしてたら、それ以上の表情にならないというか。出てくるものに任せる。前のインタビューで、「雑になりました」と言ってましたが、その延長に、この考え方があるのかなと。それと・・・以前アクターズラボに出た時、田中遊さんから「出来ているように見える演技」と言われた事があって。それがずっと残っているんです。中身がなにも詰まっていないのに、やってしまっている演技というか。
__ 
俳優になるのに資格はないと思う。でも、素晴らしい演技を行う人は、本人も選べないような使命を持っているのかもしれない。強烈な理由を持っている奴も中にはいて。でも、ただのイントネーションがそう感じさせるのかもしれないけどね。
延命 
あ、こんな感じでしょ?みたいな。
__ 
いや、延命さんは会話でコンタクトする演技の時に語尾が半音下がる癖があって、それじゃないかな?と思う。いっこいっこの演技を置いていく感じ。
延命 
そうそう、ここで喋り終わりますよ、みたいな。私がやってたのはただの演技、みたいな。
__ 
それが、この間のナントカ世代の時は全然そんな事が無かったけどね。
ナントカ世代14「その十字路の先を右に曲がった。」
公演時期:2013/6/21~23。会場:アトリエ劇研。(公式サイトより)

タグ: 役をつかむ 劇研アクターズラボ 落語


社会人役者のなぞ

__ 
廣瀬さんがお芝居を始めた経緯を教えて下さい。
廣瀬 
僕は大学二年の時に仮面NEETをしていまして。実は1年の時にロボットサークルに入っていたんですが、人間関係がいやになって。別に問題があった訳じゃないんですけど。その1年で水曜どうでしょうにハマり、TEAM NACSにハマり、演劇サークルに入ったんです。基本的には、文化芸術は趣味でやってこそと高校の頃からそう思っているんですね。
__ 
ええ。
廣瀬 
まあ京都にはセミプロの人がたくさんいるんで「何言うてんねん」言われそうですけど、まあまあそう思っていて。で、サークルを卒業するとやはり寂しくなって、アクターズラボに入ったんですね。僕は就活が嫌でフリーターに成り下がったんです。演劇をやっている人って、普通の仕事したくないから芸術系の仕事をやりたいと思っている人が多いと思うんですけど、僕は就活というまどろっこしいものが嫌で、そんなややこしい事で仕事を決めなあかんというのが嫌で。それだったらアルバイトしつつ社員登用を狙ったほうが、いろいろ経験も積めるし、演劇もし易いだろうし。ようやく、ちょっとずつその足場固めが出来つつありますね。
__ 
素晴らしい。
廣瀬 
アクターズラボをやっていて、他のクラスの公演にも行くんですけどね。プロの役者はそりゃ皆さん上手だと思うんですけど、僕は社会人役者の方が面白いと思っているんです。プロの方々はもちろん尊敬しますけど、僕の趣味志向で言うたら、面白いのは社会人役者なんですよ。会社取締役をしながら計5公演くらい出演されてる人がいるんですが、ものすごく面白い役者でした。社会人劇団でいうと、ベトナムとか中野劇団とか柳川とか、面白いでしょう?
__ 
社会人俳優の身体が面白いというのは、よく分かります。
廣瀬 
アクターズラボの杉山さんは「責任感の違い」と仰っているんですけど、きっと、言語化出来ないですけど決定的な何かが責任感の他にあるんだろうなとどこかで思っていて。職業・職場が醸し出す個性が絶対あるんだろうなと。
__ 
社会人俳優の身体がこの世界に見られ慣れていないから、経験的に飽きられていないから、かもしれませんね。
廣瀬 
確かに、見られ慣れていないというのが、一つの圧になっているのかな。社会人の方が、見られるという圧力を自分の力に変換する能力を持っているんじゃないかなと思うんです。まあ、ハリウッド俳優とかは別にして、外からの圧を出力に変えるメカニズムは普通に働いていた方が養われると思うんですよ。さらに、観客の圧に慣れていないから、それを変換する作業がエネルギッシュになるんじゃないかと。その2つの構造があるんじゃないかと思うんです。
__ 
分かります。しかも、意気込みの種類が違いますからね。
廣瀬 
アクターズラボに参加する人は、次に出られるかどうか分かりませんからね。そういう意味で、責任感は違うかもしれません。
アクターズラボ
劇研アクターズラボはNPO劇研が主催する、総合的な演劇研修の場です。舞台芸術がより豊かで楽しい物となる事を目指して、さまざまなカリキュラムを用意しています。全くの初心者から、ベテランまで、その目的に応じてご参加頂く事ができます。現在、京都と高槻を拠点に、アクターズラボは展開中です。(公式サイトより)

タグ: 大学卒業後に・・・ 演劇のない地に演劇を現出 劇研アクターズラボ 見えないぐらい濃い交流 プロの仕事 ロボット演劇 社会人俳優についての考察


katacottsについて

__ 
戸谷さんはkatacottsという個人ユニットをされているんですよね。これはどのような経緯で作られたのでしょうか。
戸谷 
私、演劇経験が薄くて、失敗を重ねて、でも色々な表現活動をしていきたいなと思いまして。そういう場が欲しかったんですね。やりたい事があれば着実にというのがモットーです。でも無謀に挑戦していきたいです。
__ 
つまり、演劇が好きだから作ったんですね。演劇が好きだと気付いたのはいつですか?
戸谷 
小学校6年の学芸会です。中高は演劇部だったんですが、そこではもっぱら表方でした。だからスタッフワークに弱いです。大学ではそういうサークルには入っていませんでした。観劇はしていたんですが。劇研のアクターズラボに通っていたこともありました。後は客演を少々。
katacotts
初心に帰って”かたこと”から始めようと名付けた京都の小さな演劇企画。カタコトからいろんなものが広がるように。(公式サイトより)

タグ: 劇研アクターズラボ お遊戯会 学芸会


ぶんげいマスターピース工房「三人姉妹」

__ 
今日は宜しくお願いします。
弓井 
宜しくお願いします。
__ 
最近はいかがですか?
弓井 
忙しいですね。仕事をしているので、夕方になってから稽古に行くんです。アクターズラボにも参加しているので、休んでない感じで頑張ってます。
__ 
弓井さんは今年のぶんげいマスターピース工房の「三人姉妹」に参加されておりますが、今日もそれの稽古ですか。
弓井 
はい。
__ 
つまり、土日も稽古だったんですね。お疲れ様でした。稽古はどんな感じですか?
弓井 
何というか・・・。ごまさんの中で段階がきっとあるんですけど、今は外見(そとみ)というか、振りを付けられている段階で、それがそろそろ終わるだろうという所です。次は、付けた振りに内面を沿わせていくというところに入っていきそうです。
__ 
なるほど。稽古場は楽しいですか?
弓井 
はい。でも、私はまだ他のメンバーの方とそれほど仲良くなりきれていないので、早く仲良くなりたいと思っているんですけど。
ぶんげいマスターピース工房「三人姉妹」
公演時期:2008/8/30~31。会場:京都府立文化芸術会館ホール。

タグ: 劇研アクターズラボ


vol.94 弓井 茉那

フリー・その他。

2008/春
この人のインタビューページへ
弓井

刺激

__
そういえば劇研のアクターズラボにも参加されていますよね。
広田
ええ、それもやっぱり私にとっては大きいですね。継続的に、演劇経験の無い人から長い人まで、一緒にやれるというのは。アクターズラボの日記に書いてもいるので、何がどういいかはそちらに譲りますが。・・・ある日のラボが終ったあとに、劇研の杉山さんと喋っていた時に、「演劇をやっている人って、映像感覚から入る人の方が多いよね」って話をしていて。で、落ち着いて考えると、恥ずかしながらウチにはテレビ無くて。映画も観なくて。本当に、活字情報だけで生きてるような。
__
あー。
広田
それって、演劇人としてはどうなんだろう、と。
__
映像から入る人。
広田
映像で、動かされる。舞台を見て感動するとか、映画を観て感動する、参考にする、とか。
__
うーん。その、映像から入る人のが行う芝居のイメージというのは、アレですかね、観られている前提の世界で、自分も動かなくちゃなんないんだ、という意識が稽古の前段階で刷り込まれている、って事ですかね。
広田
いや、世界の捉え方、っていう意味ですね。何に自分が心を動かされるか、という。演劇を作る事に限らず。
__
なるほど・・・。杉山さんのお話を又聞きしてですね。何というか、ビジュアルだけでお芝居を作る人が多いけど、そうではなく、人間のあり方を示す芝居をやろうよ、という事を言ってるのかな、と思ったんですが。
広田
いや、それは何か今更言うまでもないという話じゃないですか。そういう事ではなく、刺激を何から受けるか、という。言い方が悪かったですかね。ごめんなさい。
__
いえ、とんでもございません。

タグ: 劇研アクターズラボ