伝舞企画 第一回公演 「Desperado Party ザ・ラストオーダー」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。鈴木さんは最近、どんな感じでしょうか。
鈴木 
よろしくお願いします。一番近い本番が伝舞企画で、もうじき本番なんです。いまその稽古中です。初めて殺陣をやる事になりました。今まで運動をしてきてなかったので、試行錯誤しつつ体力作りから初めています。それから、劇団「オレと松本」の番外企画に出演させてもらう事になっていて、その後は高間響国際舞台芸術祭の企画。笑の内閣には12月の「ツレがウヨになりまして」のツアー公演にも参加させてもらいます。
__ 
お忙しいようですが、乗り切れますか?
鈴木 
そうですね、伝舞企画が台本を覚えつつ殺陣もしつつ、大変なので、それを乗りきれるかなという感じですね。
__ 
大学の卒業もありますしね。大丈夫ですか。
鈴木 
秋の学期に掛かっていますね。卒論も書きつつ、4回生で卒業出来るように頑張ります。ギリギリ。
伝舞企画 第一回公演 「Desperado Party ザ・ラストオーダー」
公演時期:2013/9/20~23。会場:京都大学西部講堂。
高間響国際舞台芸術祭
公演時期:2013/10/11~14。会場:アトリエ劇研、イーヴァ別館。

タグ: 卒論についての話題 西部講堂


vol.318 鈴木 ちひろ

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
鈴木

劇団しようよ「アンネの日記だけでは」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。小林さんは最近、どんな感じでしょうか?
小林 
よろしくお願いします。今年に入ってから芝居には出てなかったんですけど、劇団しようよに出させてもらう事になりました。8月に本番です。久しぶりの稽古に参加していて、それ以外は普通に大学生してます。しようよに出演される方はみんな所属があるので、私だけ「大学生の小林です」って自己紹介するのが、何だか面白かったですねー。
__ 
ありがとうございます。芝居以外では?
小林 
実家に帰る事が多くなりました。滋賀と京都を行き来してます。あと、卒業論文を結構力入れて書いてます。あとバイトして稽古行って。
__ 
大変充実されてるようで。
小林 
いえいえ。
劇団しようよ
2011年4月、作家・演出家・俳優の大原渉平と、音楽家の吉見拓哉によって結成。京都に拠点を構え、演劇作品のみならず、路上パフォーマンス作品などをコンスタントに発表。2012年には初の北九州公演を実施、その他イベント出演など多数。 私戯曲のようだとも評されるほど「私性」が高く、しかしあくまで物語を志向する戯曲と、その反面、いまここの空間と時間をなによりも丁寧に扱う、ライブ感を押し出した演出が特徴。徹底して個人的、ゆえに普遍。そんな物語が、この場所とこの時間から揺らめきたち、ふたたびそこに溶けていく。舞台上と客席のあいだに幻をうつし出す、そんな作品をお届けします。(公式サイトより)
劇団しようよ「アンネの日記だけでは」
公演時期:2013/8/9~12。会場:KAIKA。

タグ: 卒論についての話題


vol.310 小林 由実

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
小林

チラシについて

___
京都での小劇場の概況について伺えればと、参考にいくつかチラシを持ってまいりました。例えば、このような小規模のユニットによる芝居がギャラリーなどで行われています。いかがでしょうか。
ニガツ
(数点を手に取る)私、こういうチラシを作る人の気持ちが分からないんですよ。
___
というのは。
ニガツ
余白が空いていて、あまり興味を引かないんですね。
___
確かに、素朴というか素っ気無いデザインの物が多いですね。京都では、そういう傾向が確かに強いと思います。
ニガツ
大学での卒論が、寺山修司の天井桟敷のポスターを取り上げたものだったので、どうしても比較してしまいます。例えば、チラシを作る時点でまだ脚本が出来ていなかったとしても、デザイナーさんと打ち合わせをしますよね。内容についても。その結果あまりにのチープでしょうもないのができてくるのは、そのすり合わせの作業が不十分だと思わざるを得ないんですよね。それとも、このチラシに興味を持てない人は来るな、と選別されているのでしょうか。
___
なるほど。
ニガツ
芝居は、町や劇場でチラシを見るところから始まっているでしょ。またはある日DMが届いて、それが日常を揺るがすようなものであってほしい。そういう覚悟のないチラシは、持って帰りたくないですね。
壁ノ花団
MONO所属俳優、水沼健氏が作・演出を務める劇団。前衛的な手法を用いて豊穣なユーモアの世界を紡ぎだす。
公演時期:2007年8~9月(京都)、2007年12月(東京)。会場:アトリエ劇研(京都)、こまばアゴラ劇場(東京)。

タグ: 卒論についての話題


vol.65 ニガツ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
ニガツ

ブロードウェイ

__
我々これからどうなっていくんですかね。人気も実力もある人も出てきてるけど。いや食っていけるかどうかはまあいいとして。果たしてこれからどこに向かっていってるのかを知りたい。ぶっちゃけ経済的なことはどうでも良くて。せっかく人気も実力もあるひとが出てきてるんで、こういう状況がもっと長く続けばいいと思うんですけど。あんまり、分かんないから。
首藤
んー。
__
もっとみんな芝居やればいいのにとか思いますよね。
首藤
・・・デンユウ
__
はい。
首藤
小原さんとか国本さんが京都をブロードウェイ化する計画を立てている話をしてて。
__
ええ。
首藤
京都の町がブロードウェイみたいになれば、というプロジェクトだったらしいんですが。劇場が町に何個もあって、あそこはロングランやってて、今日はここが芝居やってて。
__
うん。
首藤
街の演劇環境がそういうふうになったら多分僕らはもうちょっと自由に色々やれるんじゃないかと。僕は卒論で、芸術的分野における経済的側面ていうタイトルで、要は芝居で僕らは飯を食えるのかと、というのを書いたことがあって。
__
ええ。
首藤
その時に京都三条御幸町ブロードウェイ化計画を調べていて。
__
そんなのがあるんだ。
首藤
外国に比べて、日本は、芝居をやってる人が続けれる環境が中々出来てないから。それは承知でやってるんだけど。これから増えていくかと言ったら、まあ平行というか減っていくかもしれない。少子化だし。
__
ええ。
首藤
僕らが、その、出来ない事を上手いこと、お金が回ってくれたら・・・。まあでも、京都でやってる人らはやってるしね。
__
うん。・・・単純に、学生劇団がキーなんじゃないかと思うけど。
首藤
うん。
__
単純に、交流を持ったほうが良いと思いますね。今の学生劇団の人は上の世代の劇団はあまり知らないらしいから。僕らについてもそれは同じかもしれませんけど、寂しくなった気がします。
首藤
昔に比べて付き合いは減ったかもね。例えば、僕のいたACTが無くなりそうなんですよ。
__
ああ。
首藤
今劇団員一人だけで。でその子も引退で。今ACTを残す会を行っています。
__
うーん。
デンユウ
京都の劇団、電視游戲科学舘の略。大がかりな舞台装置、凝った音響・照明、しかし行き過ぎない美意識のもとに作られたエンターテイメント演劇を得意とする。
電視游戲科学舘 惑星組曲
電視游戲科学舘の3回目のロングラン公演。公演時期:2004年4月29日~5月22日。会場:アートコンプレックス1928
小原さん
アートコンプレックスグループ統括プロデューサー。
国本さん
電視游戲科学舘代表、国本浩康氏。

タグ: 卒論についての話題


vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤