悪い芝居にいるから

___ 
さて、今後大川原さんはどう攻めて行かれますか?
大川原 
自分は何で役者を続けているのかなって思った時に、やっぱり舞台に立つのは楽しいし、まだ何も舞台の事を分かっていないし。だからやるのかなーと思ったんですけど。
___ 
ええ。
大川原 
一番しっくり来るのは、悪い芝居にいるから、かなと。お芝居はまず楽しいんですけど、悪い芝居が存在しているから。私がどうなるか、じゃなくて、悪い芝居がどうなっていくか、というのを考えていますね。だから、大川原としてこれからどうするよりかは、悪い芝居に役者として図々しく居座ってやろうと思います。
___ 
もしあれば、課題を。
大川原 
感情的になれないところですかね。感情で一気に役を作るというよりは、周りから固めるタイプなので、一気に役に詰め寄れる力が欲しいです。
___ 
それは、姫川亜弓が北島マヤに出会ってから求めるようになったモノに近いですね。
大川原 
そうですね(笑う)やっぱり、感情が入っているものはぐっと持って行かれますから。普段も何か、感情がうまく表現出来ていないらしく。楽しい時間でも「大丈夫?楽しい」って聞かれるんです。どうも素直じゃないんですよね。それが最初に行った、天邪鬼の部分かなって。
___ 
いやいや、それは大川原さんが気を使われる方だからだと思いますよ。何だろう、多分誰に対しても分かりやすい言葉やイントネーションで話す方のように思います。だから、もしかしたらそう見えるだけかも知れない。すみません、インタビューしてるのにこんな事。
大川原 
いえいえ。ありがとうございます。

タグ: 姫川亜弓 北島マヤ 自分は何で演劇を