劇団エリザベス番外公演「マザー4」大阪公演

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。劇団エリザベスのk.r.Arry(ケー・アール・エリー)さんにお話を伺えます。早速ですが、エリーさんは最近、どんな感じでしょうか。
Arry 
最近はそうですね、久しぶりに劇団活動をしています。
__ 
久しぶりとは。
Arry 
劇団エリザベスを旗揚げして東京で活動してきて、結構大規模な公演をしたり三都市ツアーをしたり。でも、金銭面での限界を迎え、しばらく活動を休止していたんですよね。
__ 
そして今、「マザー4」のツアー公演。東京公演に引き続き、大阪公演ですね。
Arry 
はい。実は今回、以前よりも作品に向き合うという事が出来ているなあという感があって。というのも、今年の活動については演出を辞めているんです。
__ 
つまり現在は脚本だけ。
Arry 
脚本を書く事でしか演劇と関わっていない。自分の脚本と向き合わざるを得ない。今までとは違うアプローチが生まれている気がします。
劇団エリザベス
劇団エリザベスとは、2009年12月18日に結成された劇団。日常に潜んだ不条理をチープに、シュールに、そしてハイソサエティーに表現する作風が特徴。マスコットはザベスちゃん。光合成が趣味の女の子。いつか花が咲くことを夢見ている。好きな食べ物はみかんゼリー。ほか、劇団エリザベスとほかの表現者が出会う企画「劇団エリザベスmeet's」主宰k.r.Arryによるソロ企画「蔵迷宮」など様々な企画も展開。(公式サイトより)
劇団エリザベス番外公演「マザー4」大阪公演
公演時期:2014/12/13~14。会場:in→dependent theatre 1st。

タグ: 最近どう?


11月7日から始まる

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。石畑さんは最近、どんな感じでしょうか。
石畑 
最近はありがたい事に、沢山芝居に出させてもらって。経験としては積み重なってきているのかなと思っています。そうなっていればいいんですけど。
__ 
結果が、誰にでも明らかになる機会が11月の最初に待ち受けていますからね。
石畑 
そこで発揮出来ればいいんですけど、するつもりで臨んでいます。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)

タグ: 最近どう?


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近、松原さんはどんな感じでしょうか。
松原 
宜しくお願いします。最近は元気です。毎日稽古をしています。
__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」ですね。フラッシュフィクションという形式の、短い作品が数多く次々と上演されるスタイル。とても楽しみです。どんな公演になると思われますか?
松原 
私、まだがっかりアバターさんの作品は見てないんです。今からすっごい楽しみです。今は自分の劇団の作品を作っていて、これをがっかりアバターさんの作品と合わせたらどんな感じになるんだろうと。
__ 
素晴らしい。どんな事になるんでしょうね。今回の公演の、意気込みを教えて下さいますでしょうか。
松原 
どうだろう、面白いものにしたいという気持ちはあります。超短編一つ一つどれも全く違う作品なんですが、丁寧に。でもはっきり切り替えていけるように。
__ 
丁寧なフラッシュフィクション。
松原 
確実にやっていくというか。一つ一つをないがしろにしないで、確実にやっていけば、一本通しで見た時に面白いものになっているんじゃないかと思います。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 炎上、がっかりアバター 最近どう? 丁寧な空気づくり


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近杉原さんは、どんな感じでしょうか。
杉原 
朝起きてバイト行って、終わったら稽古して。そのリズムが出てきました。稽古が無いとバイトだけなんで、生活が乱れてくるんですよ。ありがたいです。
__ 
稽古とは、カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」の稽古ですね。どんな作品になりそうでしょうか。
杉原 
がっかりアバターさんとの合同公演で、昨日、向こうの稽古場に行って何本か作品を見たんですけど。良かったんですよ。匿名劇壇では作れない、がっかりアバターだけが作れる事をやっていて。合体して、一つの良いものが出来ると思います。
__ 
なるほど。ちなみに、上演順としてはどうなるんでしょうね。キレイにアバターズと匿名さんで前編後編分かれるのか、作品ごとアトランダムな上演順で分かれるのか。
杉原 
まだ決まってないらしいですね。いや、決まった上で伝えてないのかも分かりません。でもごちゃまぜ感はあると思います。
__ 
意気込みを教えて下さい。
杉原 
今回は特別に頑張ろうという訳じゃなく、いつも通り集中して出来たらと思います。毎ステージ新しい発見が出来たら理想的です。
__ 
今も、稽古場で発見している?
杉原 
稽古場は発見だらけですね。例えば同じ事を同じ間で練習して突き詰めて良質化することは出来ると思うんですけど、面白かった事が分かったらそれは捨てて、新しい可能性を見つけたりして、変わっていけたらいいなと僕は思います。同じ一つのモノを研ぎ澄ますより、色んなパターンを試していけたら。
__ 
固持するんじゃなくてね。
杉原 
今回はそういうふうにしたいと思っています。
__ 
そんな考え方は、実はフラッシュフィクションという形式と合っているのかもしれませんね。気付いたら次の作品が始まっている、だから次々と発見がある。とても楽しみです。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 俳優の提案作業 今の作品に集中する 「フラッシュフィクション」 最近どう? アーティストの生活


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、東さんはどんな感じでしょうか。
東  
よろしくお願いします。最近は稽古とバイトだけです。
__ 
そう、カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」の稽古ですよね。どんな感じですか?
東  
実は私、稽古に参加するのが少し遅くて。最近まで映画の収録に参加していたんですよ。ああこうなってるんやと。楽しかったです。私だけ新鮮な気分でした。
__ 
今回はがっかりアバターとの合同公演ですね。
東  
私、がっかりアバターさんを見たのがこの間のLINX'Sが初めてだったので。向こうがどんな短編を持ってくるのか楽しみです。
__ 
勢いのある若手、匿名劇壇が発明したフラッシュフィクションという形式の公演を、あべのハルカスの新しいスペースで上演するという事で、なんだか記念碑的な作品になりそうな気がします。
東  
意気込み・・・ウチは客演さんを呼んだ事はあまりないんですが、他の劇団と組むのもなおさら初めてなんです。実は昨日、がっかりアバターの方が稽古場に来て下さったんですよ。やっぱり、向こうのいい所を吸収して帰りたいなと思います。匿名も吉本さんが入って初めてのフラッシュフィクションなので、役者の意外な面を見たりとかの面白みもあると思うんです。
__ 
役者の新しい一面が見れる、そんな作品になりそうですね。とても楽しみです。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 色んなものを吸収 映画の話題 「フラッシュフィクション」 最近どう? 意外にも・・・


もっとやってもいい?

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。せんのさんは最近、どんな感じで生きているんですか?
せん 
よろしくお願いします。これまで私は生きていて、やりたい事を手探りでやっていたんです。手当たり次第、次々と始めて。それが途中でやり方が分からなくなって止めてしまったりが多かったんです。
__ 
なるほど。
せん 
それが今のようなアート活動に参加させてもらう事によって、スムーズに進んでいくようになって。一つ一つが深くなったり、活動が広くなっていったりする事が多くなりました。その感覚がすごく嬉しいです。
__ 
広がっていく、のですね。
せん 
もっとやってもいいよ、みたいに許してもらえるのが嬉しいですね。飛び込んで良かったと思っています。
アートプロジェクト集団「鞦韆舘」
北加賀屋(大阪市住之江区)に点在する空家や廃工場、空地などをアーテイストやクリエイターの拠点して再活用する試み「北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(KCV)構想」のもと、KCVインフォメーションセンター「ク・ビレ邸」を拠点にアートやポップカルチャーに特化したイベントを企画・運営する集団。

タグ: 最近どう?


演劇で忙しい毎日

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、楠さんはどんな感じでしょうか。
楠  
よろしくお願いします。最近は笑の内閣の稽古です。それと、笑の内閣の公演が終わった週に時間堂の大阪公演に出演します。あとは今週末、東京で木ノ下歌舞伎の本番があって、演出部で参加しています。現行の出演者さんになった2年ほど前から毎回付かせていただいているのですが、横浜、京都、チリにも連れて行っていただきました。おめでたい事をいっぱいやるダンス作品で、裏付き作業がとても大変なんですけど、一応リーダーのようなことをしています。
__ 
素晴らしい。
楠  
いや全然なんです(*>ω<*)
時間堂 [つながる] ツアー2014 [東京 大阪 仙台 札幌 福岡]「衝突と分裂、あるいは融合」
公演期間:2014/10/25~26(大阪)。会場:in dependent theater→1st。
木ノ下歌舞伎
歴史的な文脈を踏まえた上で現行の歌舞伎にとらわれず新たな切り口から歌舞伎の演目を上演する、木ノ下裕一と杉原邦生による団体。古典演劇と同時代の舞台芸術がどう相乗作用しうるかを探究し、新たな古典観と方法論を発信、ムーブメントの惹起を企図する。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、木ノ下裕一が指針を示しながら、さまざまな演出家による作品を上演するという体制で、京都を中心に 2006 年より活動を展開している。(公式サイトより)
東京発・伝統WA感動「日本の伝統芸能×ストリートダンス Part2」
公演時期:2014/9/27。会場:スパイラルホール。

タグ: 最近どう?


vol.381 楠 海緒

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
楠

「おしゃべり」を思う

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願い致します。最近、高田さんはどんな感じでしょうか。
高田 
僕は最近、ある学校に行きはじめまして。それが今年で一番の変化でした。言語聴覚士という、医療系の資格を取る専門学校なんですけど。
__ 
ええと、コミュニケーションに関する障害のリハビリをする資格でしょうか?
高田 
そうですね。いいんですか?こんな、お芝居と関係のない・・・
__ 
いえ、もちろんです。ざっくりとで結構ですので、その学校に入られたキッカケを教えて頂けないでしょうか。
高田 
これまでずっと病院でバイトしていてですね。で長年続けていると責任が重くなってきて。これはお芝居続けていられへんなという感じになってきて。でも、お世話になっている理学療法士の先生方に、こういう資格があるから、いっそ取ってみたら?と薦めて頂きまして。
__ 
その専門に、興味はあるのですね。
高田 
勉強を進めていく内に、お芝居のワークショップと被るところがあると気付いていて。親近感を感じています。
__ 
会話が困難な状態の人の回復を手助けする技術。そういう分野の勉強をされているのですね。
高田 
色んな病気とかでコミュニケーションに障害を持つと、普段「何となく伝わるやろう」ぐらいに考えていた意思疎通がほとんど出来なくなる訳ですからね。
__ 
人間が関わり合う上で共通した前提としてある手段。それが崩れてしまう。
高田 
原因としては生まれつきの障害という場合もあるし、後天性の場合もあるし。先天性の場合、口がうまい事動かないとか、口に奇形があるとかがあって。口唇裂、口蓋裂とかあるんですけど。また後天的な場合は脳出血などで障害が残って、聞こえているのに理解出来なかったり、しゃべろうと思うのに喋れない、そんな場合なんかもありますね。
__ 
何故、そこに興味を持ったのでしょうか。
高田 
そうですね・・・いまやっていていいな、と思うのは人と喋れるという事、ですね。黙りこくっているというのが性格的に得意じゃなくて。おしゃべりが好きなんですよ、一見大人しそうだと言われるんですけど(笑う)。結局、楽しく喋れている時間を持てるというのが一番重要なんじゃないかなと感じますね。
__ 
ダベるのは幸せですもんね。
京都ロマンポップ
「物語は幸せへの通り道」京都ロマンポップは、2005年京都を拠点として旗揚げしました。作品は、よりふじゆきによる脚本:本公演と、向坂達矢による脚本:さかあがりハリケーンの二本を支柱としています。現在は、向坂達矢による脚本:さかあがりハリケーンを主に発表しています。本公演の舞台設定は、古代ローマ、中世ドイツ、昭和初期日本、そして現代と多岐にわたっていますが、一貫して描かれているのは普遍的な人間の悲しさや苦悩であり、そこから私たちの「生」を見つめなおす作品です。哲学的な言葉を駆使しながらも、役者の熱や身体性を重視する、ストレートプレイ。「ロマンポップ」の名前の通り、エンターテイメント的な要素も取り入れながら物語を紡ぎます。さかあがりハリケーンは、短編作品集です。その作品群は「コント」ではなく「グランギニョール」ただ笑える作品ではなく、どこか屈折した退廃的な空気が作品に漂います。歌やダンス、身体表現を最大限に取り入れていますが、対峙するは「現代の演劇手法」です。(公式サイトより)

タグ: 一人では何も出来ない 最近どう? 有機的に関わりあう 資格を取ろう 自分は何で演劇を


それを追いかけ続けている

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。shelfの矢野さんにお話を伺います。最近、矢野さんはどんな感じでしょうか。
矢野 
公私ともにとても充実してますね。何というか、遣りがいのある仕事を持って、それを今、まっすぐに追いかけています。追われるというより、追いかけ続けている、という感じが楽しいです。
__ 
なるほど。
矢野 
今年の9月に開催される国際イプセンフェスティバルに正式に招聘され、shelfの初の海外公演が決まったから、というのもあるんだとは思いますけど、最近、それほど人の評価が気にならなくなってきたというか。
shelf
"shelf"はbook shelf(本棚)の意。沢山のテキストが堆積・混在する書架をモチーフに活動を展開。俳優の「語り」に力点をおきつつ、古典、近代戯曲を主な題材として舞台作品を制作し続けている。演劇や舞台芸術一般を、すべて個人とコミュニティとの接点で起こる事象(コミュニケーション)であり、と同時にそのコミュニケーションの様態を追求し、関わり方を検証し続けてきたメディアであると考えて活動を展開。主な活動の拠点は東京と名古屋。所属俳優 3名。(2014年2月現在)2008年8月『Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―』(作/ヘンリック・イプセン )利賀公演にて、所属俳優の川渕優子が、利賀演劇人コンクール2008<最優秀演劇人賞>を受賞。同年、同作品名古屋公演(会場・七ツ寺共同スタジオ)にて<名古屋市民芸術祭2008<審査委員特別賞>受賞。2011年10月、『構成・イプセン― Composition / Ibsen(『幽霊』より)』(会場:七ツ寺共同スタジオ)にて、名古屋市民芸術祭2011<名古屋市民芸術祭賞>受賞。(公式サイトより)

タグ: 最近どう? 自分は何で演劇を


東京へ

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
山西 
よろしくお願いします。
__ 
最近、山西さんはどんな感じでしょうか。
山西 
元気にやってます。いろいろ終わってひとつの区切りを迎えて。
__ 
東京への引っ越しもありますしね。その直前ですね。
山西 
はい。向こうでの生活が始まる実感はまだあんまりないんですけど。
子供鉅人
2005年、代表の益山貴司、寛司兄弟を中心に結成。「子供鉅人」とは、「子供のようで鉅人、鉅人のようで子供」の略。音楽劇や会話劇など、いくつかの方法論を駆使し、世界に埋没している「物語」を発掘するフリースタイル演劇集団。路地奥のふる長屋を根城にし、演劇のダイナミズムに添いながら夢や恐怖をモチーフに、奔放に広がる幻視的イメージを舞台空間へ自由自在に紡ぎ上げる。また、いわゆる演劇畑に根を生やしている劇団とは異なり、劇場のみならずカフェ、ギャラリー、ライブハウスなどで上演、共演したりとボーダーレスな活動を通して、無節操に演劇の可能性を喰い散らかしている。(公式サイトより)

タグ: 出立前夜 最近どう? 引っ越し


劇団青年座創立60周年記念公演 第2弾Act3D ~役者企画 夏の咲宴~『UNIQUE NESS』

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
髙橋 
はい!よろしくお願いします。
__ 
最近、髙橋さんはどんな感じでしょうか。
髙橋 
ええと、3月30日に念願の東京ディズニーリゾートで挙式しまして。その後、ハネムーンにも行かないまま青年座の芝居の稽古に参加しまして。その『見よ、飛行機の高く飛べるを』が終わってほっとしてたら、息をつく間もなく、『UNIQUE NESS』の稽古に突入して。なんかもう、旦那さんを完全に放置してしまい、後ろ向きな気持ちが・・・。7月1日から稽古が始まったんですけど、起きてる旦那さんを見ていない感じですね。
劇団青年座
劇団青年座は「創作劇の上演」を趣意書に謳い、1954年5月1日森塚敏、東恵美子、成瀬昌彦、天野創治郎、土方弘、中台祥浩、初井言榮、山岡久乃、氏家慎子、関弘子、ら十人の俳優によって結成いたしました。同年12月17日俳優座劇場で椎名麟三作『第三の証言』をもって第一回公演をおこない、以後、矢代静一、八木柊一郎、宮本研、水上勉ら多くの劇作家と共に数々の創作劇を上演してきました。1994年の創立四拾周年以降はマキノノゾミ、永井愛、ふたくちつよし、中島淳彦、鈴木聡、土田英生、齊藤雅文、太田善也、野木萌葱ら、現代演劇を代表する劇作家の新作を次々と上演し、高い評価を受けております。(以下省略)(公式サイトより)
劇団青年座創立60周年記念公演 第2弾Act3D ~役者企画 夏の咲宴~『UNIQUE NESS』
公演時期:2014/8/1~10。会場:青年座劇場。

タグ: 最近どう?


第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品「舟歌は遠く離れて」

__ 
今日は枠縁の田中さんにお話を伺います。どうぞ、よろしくお願いいたします。最近、田中さんはどんな感じでしょうか。
田中 
最近は、アトリエ劇研プロデュースの「舟歌は遠く離れて」の稽古ですね。サワガレを止めてから、5本目ぐらいの役者参加です。僕は初演は見ていないんですけど、かなり違うものになるらしくて。元々無かった役の人もいたり。
__ 
田中さんはどんな役所なんですか?
田中 
自分は、舟に乗り込んでくる避難民の兄妹の兄役です。これだけベテランの先輩達と一緒にやるのが初めてで、実は戸惑っています。何をしたらいいのか分からない・・・台詞を覚えるとか、脚本通りにやるとかにあんまり意味がない。この役はこういうことができる、こういう展開に持っていくこともできる、それも面白いがこっちのほうが面白い、というのを役者一人一人が考えて提出しないといけない。そういうのがプロなんだな、と。
__ 
自信は。
田中 
全くないです。城崎で公開稽古した時、普通に震えてました。一昨日帰ってきたんですけど、稽古場を借りて一人でウダウダやってました。これはやばい、と思ってます。
枠縁
田中次郎が描く物語を上演する劇団。2014年4月旗揚げ。劇団名の由来は劇団が作品を形作る枠であり、現実と物語をつなぐ縁でありたいと願う思いの表れである。(公式サイトより)
第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品「舟歌は遠く離れて」
公演時期:2014/6/26~7/1。会場:アトリエ劇研。

タグ: 上の人らと仕事 最近どう? プロの仕事


劇団どくんご 公演第二十八番「OUF!」 THE NAKED DOG TOUR 2014

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。神戸公演が終わった直後のお疲れの中、大変恐縮ですがお話を伺えればと思います。今日は大変貴重な機会を頂きまして、誠にありがとうございます。私、実は10年ぐらい前に京都大学西部講堂で「踊ろうぜ」を拝見しました。とても面白かったです。あの日からどくんごへの興味が尽きません。今年もツアー中という事で、関西には6月に京都に来られるんですよね。大阪には10月。ところで、ツアー公演をされていると例えばどういう事が面白いですか?どうしようかな、とりあえず、時計回りに伺ってもよろしいでしょうか。
一同 
(笑う)
どいの 
どうでしょう。各地の受け入れの方がいるから僕らもやっていける部分はありますね。新しい地域との出会いも常にあって楽しいです。
五月 
受け入れの方々との関係もありますけど、野外でやっているのが面白いかな。外でやっているから袖幕もなくて、お客さんの顔も自分達の芝居も同時に見えるんですよ。その時の私はどうやら楽しそうに見ているらしくて「凄く楽しそうに見てますよね」とよく言われます。なんでかな。やっぱり、自分達だけの芝居だけをやっている訳じゃないからかな。その日の客席とか天気とか、環境の中で毎回違うんですよ。うまく行く事も行かない事もあるけれど、毎回新鮮です。
__ 
ありがとうございます。芝居はお客さんのものでもあるから、その意味では常に違いますよね。
ちゃあ 
僕は今年が初参加なので、旅をするのも本番も楽しくて。色々なお客さんが来てくださるのが嬉しいです。演劇以外にも舞踏の人とか音楽の人とか、出会おうと思っても出会えない人にたくさん出会えるのが楽しいです。
根本 
彼は鹿児島出身で、札幌の大学にいるときにどくんごを見て参加したいと言ってきて。去年は転換と演奏にも参加していました。
__ 
今日はよろしくお願いします。2Bさんはいかがですか?
2B 
僕が面白いと思うのは・・・本番が何回も出来るという事かな。
どいの 
なるほど。
2B 
何回やっても完璧な回はなくて、駄目なところは必ず出てくるんですけど。千秋楽でも間違えたりするんですけど(笑う)。時間もあるので、自分の気持ち次第で芝居を変えていく事が出来るんですよね。
高田 
高田といいます。東京で「快楽のまばたき」という劇団で路上演劇をやっています。お亡くなりになった九条京子さんのご了解を得て、寺山修司さんの作品の登場人物の名前を使わせてもらっています。何が楽しいか?これからどうなるか分からないんですけど、まだ慣れてもないし本番も9回しか出来てないんですけど、本番の度に「今日はこう行こう」というのが毎回違っているのが自分でも面白いです。場所のせいという訳でも、周りのせいという訳でもない、その日に何を思っているかも違うし、自分のやろうと思っている事も違う。旅をしているどくんごだけの感覚なのかもしれないなと。面白くもあり、緊張することもあり。
__ 
スベる時はスベりますからね。
高田 
そうなんですよねー、こうやれば絶対うまくいくと思ってやっても、みんなからすれば全然面白くないって事がありますから。こんなんで大丈夫かなと思ってたらウケた事もあるし。
__ 
カオスですよね。でも、楽しいですよね。石田さんは?
石田 
去年参加して、行く度に受け入れの方が盆に子供が帰って来たみたいに受け入れてくださって。素敵な体験ですね。それと、私も他の人のシーンを見るのが好きです。
根本 
僕は、同じ公演で70~80ステージをするのは初めてで。今まで多くて15ステージだったから。単純に、行った事のない場所に行くというのは単純に楽しみですよね。それと、京都でもちょっと変わった事をしていたからか、ずっと連絡していなかった友達ともう一度繋がれたりとか、自分の地元で公演が出来たりとか、京都でもベビー・ピーのごった煮を前夜祭として出来たりとか。今回のインタビューもそうだし。接点の無かった人達に出会うのと同時に、自分の持っていた縁をもう一度新しい機会として掘り起こすのが楽しいです。
__ 
なるほど。これからも硬直する事なく、そして古い部分に光を当て、地を進み、根を破り、水を割り、空を飛んで頑張ってください。
全員 
(笑う)
劇団どくんご
日本全国を旅するテント劇団。
劇団どくんご 公演第二十八番「OUF!」 THE NAKED DOG TOUR 2014
公演時期:2014年。会場:日本全国各地。詳しい公演スケジュールはこちら

タグ: カオス・混沌 ユニークな作品あります 最近どう? 半野外劇 路上パフォーマンス 本番は毎回違う、一過性の


私は楽しい人たちに囲まれています

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。木村さんは最近、どんな感じでしょうか。
木村 
最近ですか。最近は楽しいですね。一緒にいて楽しい人が周りに沢山いるので、なんか楽しいです。
__ 
おお・・・楽しいと思えるというのはいいですね。
木村 
気楽な人が多いというか、気を使わなくていい人というか。周りがそうだと自分がラクちんです。
トランク企画
トランク企画は、京都を拠点に活動するインプロユニットです。インプロとはインプロヴィゼイションの略で即興のこと。トランク企画では、即興で芝居を創っています。「今に居ること」「今を生きること」をキーワードに、予測のつかない未来を全員で遊び合い、協力し合いながら創り上げ表現しています。(公式サイトより)

タグ: 最近どう?


26歳の北尾亘が探しているもの

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。北尾さんは、最近はどんな感じでしょうか。
北尾 
こちらこそ、よろしくお願いします。僕はいま26歳なんですけど、今年に入ってから色々とお仕事を頂いておりまして、ずっとばたばたとしています。26歳としては、そろそろ将来のことを考えて動いていかないといけないなと思っているところです。一日のなかで、考える時間が多いですね。ネガティブな思考になりがちなので、後ろ向きになってしまわないように気を付けたいです。
__ 
私も基本的にはネガティブなので、お気持ちは分かります。いつか、ここから抜け出せるでしょうか。
北尾 
それを信じて行きたいですね。今年の残りがどうなるかで決まるように思うんです。あと少し、駆け抜けたいです。
Baobab
主宰:北尾亘が全作品の振付/構成/演出 所属メンバー:目澤芙裕子・米田沙織と共に企画/運営を行う。作品毎にダンサーや役者の垣根を越えた人材を募り、経験の有無や得意不得意に関わらず集まった人をみな踊らせてしまう大胆なダンスの扱い方が特徴。コミカルでいてリズミカルな独特の躍動感を持つ振付と、それぞれの関係性にまで手を伸ばす演出を織り交ぜ、[時に喋り歌い 沢山笑ってたまに泣く] 強いパフォーマンス性を武器に身体の先に人間を描く。出演者それぞれの本音として溢れ出る身体・言語を舞台上に充満させ、その熱が客席まで侵食していくような表現を目標としている。 KYOTO EXPERIMENT (京都国際舞台芸術祭)/ ダンス・インパクト吉祥寺/PLAY PARK~日本短編舞台フェス~/こまばアゴラ劇場 サマーフェスティバル 汎-PAN- 等様々なフェスティバルにも積極的に参加し、活動の幅を広げている。またパフォーマンスと観客のボーダレスな関係を求め、作品創作だけでなくパフォーマンスイベントの企画やクラブイベントへの出演なども行う。●トヨタコレオグラフィーアワード2012「オーディエンス賞」受賞●コンドルズ振付コンペディション2010(CCC) アホウドリ賞(準グランプリ)受賞・KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭) フリンジ企画 3年連続参加(公式サイトより)

タグ: どんな手段でもいいから続ける ボーダレス・横断 追い詰められた時期 最近どう? ネガティブ志向 夜の共犯者 本音の価値


眼帯のQ

___ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。佐々木さんは最近、どんな感じでしょうか?
佐々木 
きのう、髪を切りました。このところはレポートと試験の準備に追われています。普通に大学生生活を送っています。
___ 
どんなレポートですか?
佐々木 
一番最近書いたのは、表現活動についてをテーマにするもので、この間出演した舞台「眼帯のQ」について書きました。
___ 
それはいいですね。「眼帯のQ」。残念ながら拝見出来なかったのですが、どんな作品でしたか?
佐々木 
レトルト内閣の三名刺繍さんが脚本で、銀幕レプリカントの佐藤香聲さんが演出されたんです。エロスについての作品で、凄く勉強になりましたね。
___ 
というと。
佐々木 
エロスを身体表現と演劇の融合で視覚化するという試みだったそうで、でも「二十歳そこそこの女の子にはエロスは分からないかなぁ」と。
___ 
なるほど。
佐々木 
でも、勉強になりました。
___ 
大学生活以外では?
佐々木 
プライベートとしては何をするのでもなく家に引きこもっています。今日は久しぶりに家を出ました。
眼帯のQ
公演時期:2013/7/26~28。会場:藝術中心・カナリヤ条約。

タグ: エロスについて 自分を変えた、あの舞台 非日常の演出 最近どう? 二十歳のわたし あの公演の衣裳はこだわった


vol.315 佐々木 ヤス子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
佐々木

村川拓也「羅生門」を終えて

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします!最近、舞台でよく見る大石さんにお話を伺います。大石さんは、最近はどんな感じでしょうか?
大石 
よろしくお願いします。最近は、『羅生門』が終わって、バイトをしたり、映画を観たりと、のんびりとした時間を過ごしています。
__ 
村川拓也さんの『羅生門』ですね。振り返ってみると、大石さんの良さが非常によく出た作品だったと、私は思っています。ご自身にとっては、どんな経験になりましたか?
大石 
自信を持つことが出来た公演でした。自分のことを役者と名乗ることに対しての抵抗が、少しだけ減りました。
__ 
なるほど。公演の内容的に、結構特殊な役どころでしたね。大石さんが言葉の通じないドイツ人の女性に、身振り手振りで羅生門を説明するという作品でしたね。でもそれが、どこか重なるかのような。伝わったというか、重なったんじゃないかなと。どのような稽古場だったのでしょうか?
大石 
他の稽古場のとき以上に、演出家(村川拓也さん)と対話をする時間が多い稽古場でした。自分の考えを言葉にして伝えなればならない状況が、他の稽古場よりも多かったように思います。
__ 
言葉にするというのは、セリフの言い方を整理する為に、考え方を精査するという作業でしょうか?
大石 
うーん、というよりも、舞台でする行為を僕自身が自覚して行えているかに、向き合う作業だったように思います。うん、何だか的は外していないのですが、伝えたいことと微妙に違うような気もします。一言では表せない作業でした。
AAFリージョナル・シアター2013~京都と愛知 vol.3~ 参加作品 村川拓也「羅生門」
公演時期:2013/6/13~16(愛知)、2013/6/21~23(京都)。会場:愛知県芸術劇場小ホール、京都芸術センター。

タグ: 役者の認識(クオリア) 稽古とコミュニケーション能力 客席と舞台の共犯関係 今の作品に集中する 非日常の演出 ユニークな作品あります 最近どう? 創造環境としての京都 実験と作品の価値


vol.312 大石 英史

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
大石

ハウ アー ユー ?

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。あけましておめでとうございます。
BAB  
ああ、あけましておめでとうございます。
__ 
ついに2012年ですね。BABさんは、最近はどうですか?
BAB  
最近どう、って(笑う)?
__ 
英語で言う、ハウアーユーですね。
BAB  
ハウアーユー? それはもちろん、ファインですね。アイムファイン。アンドユー?
__ 
イエス、アイムファイントゥ。サンキュー。お元気そうで何よりです。
BAB  
子供を産んで、最初は体力がめちゃくちゃ落ちたんですけど、そろそろ戻りましたね。
__ 
そういえば、ちょっとBABさんの印象が変わった気がします。前はもう少し少年っぽいな感じがあったような気が。
BAB  
少年っぽい(笑う)やっぱり、子供を産むと変わりますね。今まで自分が子供をやっていたからか、そういう部分を生まれて来た子供にあげて。その分大人になったというか・・・。
__ 
あ、お子さんに子どもっぽいエネルギーを引き継いだ?
BAB  
役目を譲った、みたいな。
子供鉅人
2005年、代表の益山貴司、寛司兄弟を中心に結成。奔放に広がる幻視的イメージを舞台空間へ自由自在に紡ぎ上げる。(公式サイトより)
子供鉅人 演劇公演ツアー 2011 バーニングスキン
公演時期:2011~2012。会場:東京・大阪・ベルギー各地。

タグ: 最近どう? ハウアーユー?