芝居を始めた経緯と調子乗りの話

__ 
松永さんが芝居を始めた経緯を教えて頂けないでしょうか。
松永 
始めたのは19歳の頃です。高校を卒業して、いまお世話になっているリコモーションのオーディションを受けたのが最初です。
__ 
表現したいというのは、子供の頃からあったんですかね?
松永 
興味はありました。でも、小学校の2年生からずっとバレーボールをやっていて。本気で取り組んでいて、全国大会にも何度か出場しました。だから、自分にはバレーがあるから、オーディションには行かないと。でもそれは建前で、本当は行きたかったんですね。バレーを言い訳にしていたんです、きっと。その後、高校を卒業した時に、このままじゃダメだと思って。変わりたいと思ったのが一番あったのかな。それからいろんなオーディションを受けて、今の事務所に所属することになりました。
__ 
興味があったんですね。
松永 
あったと思いますね。注目されたい気持ちもあったんだと思います。バレー部のときも女子にモテたりして、今考えたら調子に乗っていたと思います。高校の頃はカットモデルとかもやっていて。あと私、普段から友達とエチュードみたいなことをやっていたんですね。それで褒められたりして、そういう経験が私を調子に乗らせていたと思います。その反動で、今は調子に乗っている自分を自覚するようになってきました。
__ 
調子に乗りながらも自覚している。抑制が効いていると。
松永 
(笑う)自覚せずにはいられなくなったんですよ。一番大きいのは社会人になったからですね。常に謙虚でありたいなあと。

タグ: 『モテ』 バレーやってた 調子のってた


三人

__ 
同世代の演劇人に一言。
飯嶋 
仕事下さい。仲良くして下さい。僕ら大きな事言ってますけどガラスのハートなんで、あんまりボロカスに言わないで下さい、みたいな。
__ 
これからも調子に乗らず、頑張って欲しいですみたいな事を言いたいんですが、これを言うとみんなの勢いを止めてしまうかもしれない。
飯嶋 
いえいえ。勢い付くけど調子に乗らない、そんなバランスの劇団で。行くときは行く、あかんそうなら謝ると。
__ 
上の世代には?
飯嶋 
色々教えて下さい、と。芝居もそうですけど、遊びも教えて下さい。
__ 
おお。
飯嶋 
遊びたい年頃なんですよね。色んな遊びを覚えたいんですよ。この前、僕ら三人、宇田さんとフットサルやってました。夜23時から1時まで。そんな遊びもしたいです。マンオブザラストサムライみたいな。
伊藤 
あはは(笑う)
和田 
採用されそう。
__ 
あとは、家族に一言。どうですか。
和田 
そうですね・・・ずっと、僕を信じてくれてありがとう。ですね。僕が演劇をやると決めた時に認めてくれて、でも放任主義じゃなく、僕が甘い気持ちや、見えない部分での逃げがあったら言ってくれるし、あの手この手で試してくるんですよ。応援して信じながらも軌道修正してくれるし。
__ 
すばらしい。伊藤さんは。
伊藤 
僕はマザコンなんですけど、最近は父親の偉大さをひしひしと感じいまして。本当に、尊敬の念しかありませんね。僕が俳優になりたいと言ったら、若手の内に頑張ってみろといってくれました。その期待に応えたいです。
飯嶋 
そっすね、色々迷惑掛けてるけど、出世払いで。あとはドーンと、世界一周でも何でも連れてってやるよと。
__ 
このサイトに、私の方から家族の話題を振ったのは初めてです。
飯嶋 
そうですね、演劇やってる人は家族に迷惑掛けてる人ばっかですからねきっと。

タグ: 調子のってた


ストイック!

__ 
本番で何か気付いた事はありますか?
真壁 
袖にいる時の自分は今までと全然違いましたね。今までは「次だな!」とビシッと身構えてました。今回は「さあ次出るでー」みたいな、いい意味でふざけてたかもしれないですね。舞台に出たら切り替えるんですけど、リラックスしてたと思います。「何でそんな笑ってるですかー」みたいな、でも、そんな感じでいこってなってましたね、ウチのチームは。
__ 
今までの稽古の積み重ねがありますからね。
真壁 
もちろん劇団公演の緊張感の良さも分かってますけど、でも、個人個人が何かに向かっている集りだったので、それぐらい共有した気持ちがあった、という事じゃないかな。ストイックに目標に向かう人たちばかりで、自分もそうなろうと思いました。その上で、調子に乗らないように気をつけて頑張っていました。

タグ: 調子のってた おふざけ


vol.376 真壁 愛

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
真壁

腹の括り方について

__ 
最近どうですか。
作道 
胃腸の調子が良くなりました。僕は元々ものすごく胃弱で、ちょっと睡眠不足だとすぐお腹を壊すんですけど。それが少なくなりました。腹を括ったからかもしれませんね。
__ 
備えた、という事なのかもしれませんね。

タグ: 調子のってた


猿そのものは死んだ

__ 
「猿そのもの」という芸名から、本名に戻りましたが、どんな心境の変化がありましたか。
山野 
「猿そのもの」という芸名に最初はちょっと抵抗があったんですよね。ただ、そのおかげで多くの方に知ってもらえて人気が出たというのも間違いのない事実なんです。THE ROB CARLTONの「フュメ・ド・ポワソン」に「猿そのもの」の名前で出演した時も評価してもらえましたから・・・。正直にお話しすると本名の山野博生(ひろき)に戻すのもちょっと迷ったんです。実は今も「猿そのものでいいんじゃないのか?」という方は割といらっしゃるんですよ。覚えやすいし、良い名前だと(笑)そう言ってくださる方達には申し訳ないんですけど僕はずっと不安で・・・。長い目で見たらいつかツケが回ってくるんじゃないかと思っていたんです。「猿そのもの」と名前だけ知っている方が多くなって、「自分は有名になった。」と勘違いしてしまうんじゃないかと、調子に乗ってしまうんじゃないかと。
__ 
なるほど。
山野 
僕は役者としてはまだまだですから。あくまでも舞台上で演劇を成立させることを第一に考えるべきだと。あくまでも演劇に真摯に向かい合うべきだと思っているんです。自分の今の実力には不自然な、自分の実力で勝ち得たわけではない知名度を得てしまうのは良くないと考えたんです。
__ 
「猿そのもの」を辞めた事で、今はどんな気持ち?
山野 
楽ですね。「猿そのもの」で覚えてくださった方には申し訳ないですが、憑き物が取れたというか・・・。ただ誤解のないように言いますと今も愛称として猿、猿と呼んでくださる方はいらっしゃるんですけどそれは別に構わないんですよ(笑)そう呼んでくださる方に悪意がないのはよく分かりますから(笑)あくまでも自分の中のけじめとしてはっきりしておきたくて。「猿そのものという俳優は死んだんです。私は山野博生です。」と。

タグ: キャスティングについて 調子のってた


vol.364 山野 博生

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
山野

いていいんかな

__ 
演劇を始めた経緯を教えてください。
乾  
私の入っていた小学校では、六年生になると卒業公演をするんですよ。ライオンキングをする事になって、私は子供心に悪役をやりたいと思っていまして。ずっと。オーディションで、スカーという役をさせてもらいました。
__ 
いかがでしたか。
乾  
終わった後、あまり遊んだ事のない子や親御さんから、「良かったよ」と言ってもらえて。それで調子に乗って、演劇を始めました。必要とされているのが嬉しいのかもしれません。
__ 
必要とされたい?
乾  
役があると、「いていいんだ」って自然に思うんです。稽古場なんて、それだけで楽しいですね。本番が終わった後に、お客さんから声掛けてもらったりするとすごく嬉しい。
__ 
最近、私は闇金ウシジマくんが好きで。そこに出てくる登場人物の半数以上が、「誰かに必要とされたい」って思ってるんですよ。依存を止められない癖に、寂しい自分は客観視して、批評までしてしまう。
乾  
だから人気があるんでしょうね。必要とされたいってきっとみんなあると思うんです。稽古場というか劇団って、いる事を許されている気がするので。でも「いていいんかな」って思っちゃうんですけど。
__ 
私の中では、がっかりアバターにおける乾さんの存在はもう必要不可欠ですけどね。
乾  
えーっ。いつ捨てられるかと思ってますよ。
__ 
いやいや。少年役がはまりまくる感じ、がっかりアバター独自のかぼそい変態性に最高にハマっていると思いますよ。
乾  
劇団とか、入るつもりは無かったんですよ。それまでにもお芝居に出させてもらった事はあるんですけど、がっかりアバターは稽古も含めてあまりにも楽しくて。これ、もう出られないのが、めっちゃ嫌だと思って。「入っていいですか」と言って入れてもらいました。
__ 
がっかりアバターに出会った経緯は?
乾  
中学3年の時に、文化祭で坂本さんの舞台を見たんですよ。この人は凄いと純粋に思って。今でも雲の上の存在なんですよ。衝撃を受けて同じ学校に入ったんです。
__ 
なるほど。
乾  
その時にやってたのが、舞台の上に男の子が寝かされて「死体や」って言って。アンディさんが体育館用の掃除機でその男の子の乳首を延々と吸うっていう。学校の文化祭なので、当然父兄が来て見ていて。もの凄い空気でした。
__ 
どのくらいの作品でしたか?
乾  
覚えていませんがもの凄く長い時間だった気がします。緊張感がありました。アンディさん、輝いてました。衝撃でしたね。

タグ: 文化祭前夜 その人に出会ってしまった 衝撃を受けた作品 調子のってた ポジショニング不安 ライオンの話題


「あいつは元々、将来を嘱望された選手だったんだ」

Q本 
私、体育会系だったんですよ。石川県の能登半島生まれなんですけど、そこはソフトテニスが盛んで。小学校3年生から始めて、中学では全国大会で優勝したんです。
__ 
ええっ!
Q本 
インターハイは3位でした。国体も3位、ジュニアオリンピックも3位。・・・3位ばっかりで言ってて情けないですけど(笑う)一応大学までずっとやってたんです。
__ 
ええ。
Q本 
文化的なものに縁が持てないまま30まで来てしまい、突然演劇を始めました。
__ 
そんな、将来を嘱望されたテニス選手が。得意な技術はなんでしたか。
Q本 
言っても軟式なので、硬式とは違って試合時間も短いし、身体能力よりも駆け引きで勝てちゃったりしたんですよ、当時は。今はちょっと違うんですけど。私は、その、「駆け引き」がわりと得意だった気がしますね。
__ 
相手の性格を観て、構成するという事ですね。
Q本 
そうですね、この子はパッと見気が強いけど、大事な場面では攻めてこられないだろうな、とか。配球の中で性格を見つつ、ゲーム序盤では大人しくしておいて、競ってきたら攻めようみたいな感じで作戦を立てるのが好きでした。
__ 
そういう人とお話するのはさすがに初めてですね。
Q本 
演劇とは関係ないことを、調子に乗って喋ってしまいました、スイマセン(笑う)

タグ: 調子のってた マイブーム