まずは怪我を治す!

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか。
山本 
まずはこの怪我を治して、そこで考えます。そうでないと、壱劇屋でパフォーマンスは出来ないので。
__ 
そうですね。
山本 
今後の、壱劇屋の進退に影響するかもしれないので。僕だけの問題じゃないですね。
__ 
山本さんがいなくなったら・・・どうだろう。個人的には、山本さんはムードメイカーではないかと思うので。そのまま頑張ってほしいです。
山本 
ありがとうございます。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 今後の攻め方


印象に残れますか

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
小刀 
その役という基盤があるんですけど、ちゃんと自分があるという。その役にもちゃんとなりきってますし、自分もそこにあるというような。自分の色で自分の役が出来たらいいなと。
__ 
それはもう出来ているんじゃないでしょうか。
小刀 
それはよく言われます。一度見たら忘れられないって。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ いつか、こんな演技が出来たら


これからの私

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
安達 
壱劇屋は今年・来年と色々予定が決まっていて。他の劇団にも出てみたい、というのはありますね。演劇に限らず。最近知り合いも増えたので、呼んでもらえたら嬉しいです。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 今後の攻め方


__ 
今後、一緒に作品を作ってみたい人や劇団はありますか?
坪坂 
そうですね。会話劇はしてみたいですね。全く動かない。ありがたいことに、ナレーターの方から一緒にやりませんかと声を掛けて頂いて、お仕事を頂く事もありまして。別ベクトルの刺激じゃないですけど。
__ 
なるほど。
坪坂 
ナレーターの方って、声をもの凄く大事に扱うんですよ。一言の音を最初から構成しているんです。役者はそんなに声を重視しないですよね。だって、動いて会話して、その存在感で伝わるんで。ナレーターの方との現場で、音の緻密な組立を目の前にして。じわじわと作っていくというのがもの凄く面白くて。別の競技の人とキャッチボールしている気分です。壱劇屋でも、そのあたりの事がいつか出来たら。なかなか難しいですけど。
__ 
いつか機会があるでしょうね。
坪坂 
だから、会話劇に出てみたいです。それと、キレイなファンタジー作品に出てみたいですね。

タグ: 会話のキャッチボール ファンタジー 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 声のお仕事、細かい作業


演じる

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
丸山 
理想を言えば、芝居全体を支えられるような演技が出来たら最高やなと思います。共演者がいて、スタッフがいて。そういう中で、例えば僕が出ていないシーンでも、僕の演技が染み渡っているかのような。自分が作った演技があるからこそ他のシーンの別の要素が成り立っている。というのは実はどんな演技もそうなんですよね。繋がって支え合っている筈で、でもそれは用意に出来る事じゃない。
__ 
そうですね。
丸山 
自分の台詞しか覚えない、自分の出ているページしか読まない。それは違うと思うんですね。台本を全て把握して、自分が生きるべき、輝くべき演技は、それが作品上どのような役割を担うべきか考えて、本番でも全体のバランスを考慮しつつ。余分な仕事はしないように、でも、自分じゃないと出来ない部分はエゴを持って堂々と演技する。そうありたいと思います。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ いつか、こんな演技が出来たら


タケミツナリタ

__ 
去年の話になりますが、タケミツナリタが面白かったですね。凄く、ああした作品も出来るという懐の深さを感じました。
竹村 
ありがとうございます。
__ 
「バンブー!」っていうかけ声が、後半になってみんなに移るというのがいいシーンでした。伺いたいのですが、今までで一番、壱劇屋でご自身が輝いたのはどの瞬間ですか?
竹村 
輝いた・・・。僕はすごくネガティブなので、言ってしまえばあまり自分が好きではないので。いつかな。少なくとも、タケミツナリタは、個人的には・・・。実はあの時、喉を潰してしまって。大丈夫だろうかと不安になりながらやっていました。ウォーミングアップを普段より多くこなして、それでようやく声が出てくるような感じでしたね。気を付けたいです。
__ 
ネガティブですね!では、どういう時に「これは上手くいった」と感じますか?
竹村 
例えば、大熊の演出を、大熊が伝えきれない時に僕が落とし込んで誰かにすっと伝えられた時、とかですね。僕らが独自ルールでやっているのを、例えば客演さんに何とか伝えないといけないんですけど、大熊の頭の中にしかなくて、大熊も言語化出来てないものを作るのが僕らの役割なので、そこをまず俳優に落とし込んで、さらに作品に転化出来たら、それは成功だと思っています。
__ 
演劇を作るのはそれはもう大変ですよね。台本さえあればそれは作れると思いきや、イメージの伝達が舞台上で行われなければ客席には伝わらない。台本だけでも十分面白い作品があったとして、しかし演劇シーンにしたとき、作家も気付かないような面白い可能性がたくさん眠っている。それを引き出すには劇団という集団が最も深く探り出せるんですね。役者が行くべき可能性に到達出来る。その時、竹村さんのようなポジションの人がやるべきなのはどういう事なのでしょうか。
竹村 
自分のカラーを強く持っている人であれば、普通に演技をしていてもそれは出てくるし、面白いと思うんですよ。しかし、壱劇屋に限って言えば、大熊のイメージありきだと僕は思うようにしていて。他の劇団が大熊の演出をやろうとしても、それは上手くいかないと思いますね。大熊が狙っている事を僕らがそのまま落とし込んで表現するのが、壱劇屋の公演の俳優の役割だと思うんです。だから細かく伝えますね。ざっくりとは伝えないです。もちろん、強制する訳じゃないですけど。でも、個性を強く出すべきシーンと、あまり出さない方がいいシーンがあって、そのラインは伝えます。大熊は才能は絶対多く持っている演出家なので、そこを最大に引き出すのが僕らの成功ですね。
劇団壱劇屋第19回公演「突撃!八百八町!!?人斬りピエロ軍団vsタケミツナリタ?」
公演時期:2013/2/23?24。会場:中津芸術文化村ピエロハーバー。

タグ: 引き出し合う 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 壱劇屋の無謀さについて いつか、こんな演技が出来たら


3万人と踊ったんだ、あの夜

__ 
今まで、河原さんがもっとも輝いた瞬間を教えてください。
河原 
僕単体だとなかなか思い浮かばないんですけど・・・TUBEの甲子園のコンサートのバックダンサーに出た事があって。
__ 
すごいですね。
河原 
その内の一曲で、めっちゃ簡単な振りで手を振って下ろすだけのダンスを、3万人のお客さんが一緒にやってたんですね。この人たちが全員、僕と一緒に踊っていると。人間ってこんな事が出来るんだ。たくさんのお客さんが一体になって楽しんでいるんです。出て良かったなと思いました。その一瞬に考えた事は、いまでもずっと僕の中にあります。
__ 
素晴らしい。お祭りみたいですね。そんな瞬間が、またいつかあるといいですね。

タグ: 自分を変えた、あの舞台 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ


我流からハイブリッドへ

大熊 
最近までは、振付って面白い動きをすればいいやと思ってたんですけど。
__ 
ええ。
大熊 
関節の仕組みを使った動きだとか、ここを押したら肘が落ちるとか。それをアレンジして見た目面白くなるようにしていたんですけど、いつまでもそれだけではアカンなという思いが強いですね。例えば表現だったり。バレエやジャズダンスの基本も学びたいですね。いつまでも我流というのは。
__ 
我流には我流の良さがありますけどね。
大熊 
そう、そうなんですよ。他にないから面白いと言ってくれる方もいるんですよね。それも出来たらいいし、由緒あるメソッドも身に付けられればと思います。
__ 
そういう時間が持てるといいですね。
大熊 
あと、台本ですね。台本書きに縛られてるから、時間が。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ