残された時間はあとわずか

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。山本さんは最近、どんな感じでしょうか。
山本 
そうですね。今本番を控えているんですけど、怪我してしまって。ヘルニアを煩ってしまって。やばいですね。
__ 
お大事に。次回公演は『Lumiere Dungeon』ですね。本番は3日後。稽古的には、どんな影響がありますか。
山本 
やっぱり、動きのあるパフォーマンスがあるので、なかなかそこに入れなくて。動きたいなあと思って。悔しいですね。
__ 
あと3日ありますので、その間に完治するといいですね。これまでの山本さんのピンチの内、そのヘルニアはどのくらいのレベルですか?
山本 
一番のピンチですね。今後の活動を考えざるをえないぐらい。結構、きつめのヘルニアなのかもしれなくて、手術するとなると、これからどれぐらい出来るのかなと。治ればいいんですけど。自分が思ってたんとは違う事になってきてるなと。
__ 
山本さんなら乗り越えられると思いますと。
山本 
乗り越えられると思いますけど、今はちょっと弱ってるのかな。
__ 
なるほど・・・傷ついた翼を・・・
山本 
だから、健康が恋しくなりますね。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)
劇団壱劇屋 第22回公演『Lumiere Dungeon』
公演時期:2014/1/22~24。会場:門真市民文化会館 ルミエールホール 大ホール。

タグ: 壱劇屋の無謀さについて とんでもない失敗をしてしまった


ずっと残ってる、私の中に

__ 
私が小刀さんを初めて見たのは「タケミツナリタ」でしたね。あの幽霊役はとても面白かったです。
小刀 
ありがとうございます。でもわたし、普段から幽霊っぽいと言われてしまうので。大熊先輩から。あまり存在感がないというか。だから、作らずにナチュラルにやってましたね。
__ 
小刀さんが、舞台で好きな瞬間はどんな時ですか?
小刀 
舞台に立っているだけで好きなんですよね。さまよっているだけでも。もちろん、パフォーマンスが上手に出来た時はとても嬉しいです。
__ 
なるほど、それは嬉しいですよね。これまでの壱劇屋で、最も自分が輝いたのは。
小刀 
SquareAreaで、走馬燈のように舞台が回る演出の時ですね。お客さんが泣いている音が聞こえたり。あの時は多分、輝いていたと思います。
__ 
壱劇屋は工夫が多いですよね。
小刀 
うちは段取りが多いんですよ。舞台上でも裏でもバタバタしてます。ダメ出しも、演技よりパフォーマンスに関する事の方が多いので。一度、出とちって小道具を出し忘れた事があって、マイムで何とかしてもらった事もあります。
__ 
大変ですね。1年ゆっくりと時間を掛けて一つの作品に集中してみたらどうですか?
小刀 
それはやってみたいですね。
__ 
でも、途中で飽きそう?
小刀 
飽きますね、きっと。
劇団壱劇屋第19回公演「突撃!八百八町!!~人斬りピエロ軍団vsタケミツナリタ~」
公演時期:2013/2/23~24。会場:中津芸術文化村ピエロハーバー。

タグ: 泣く観客 壱劇屋の無謀さについて 工夫する俳優


タケミツナリタ

__ 
去年の話になりますが、タケミツナリタが面白かったですね。凄く、ああした作品も出来るという懐の深さを感じました。
竹村 
ありがとうございます。
__ 
「バンブー!」っていうかけ声が、後半になってみんなに移るというのがいいシーンでした。伺いたいのですが、今までで一番、壱劇屋でご自身が輝いたのはどの瞬間ですか?
竹村 
輝いた・・・。僕はすごくネガティブなので、言ってしまえばあまり自分が好きではないので。いつかな。少なくとも、タケミツナリタは、個人的には・・・。実はあの時、喉を潰してしまって。大丈夫だろうかと不安になりながらやっていました。ウォーミングアップを普段より多くこなして、それでようやく声が出てくるような感じでしたね。気を付けたいです。
__ 
ネガティブですね!では、どういう時に「これは上手くいった」と感じますか?
竹村 
例えば、大熊の演出を、大熊が伝えきれない時に僕が落とし込んで誰かにすっと伝えられた時、とかですね。僕らが独自ルールでやっているのを、例えば客演さんに何とか伝えないといけないんですけど、大熊の頭の中にしかなくて、大熊も言語化出来てないものを作るのが僕らの役割なので、そこをまず俳優に落とし込んで、さらに作品に転化出来たら、それは成功だと思っています。
__ 
演劇を作るのはそれはもう大変ですよね。台本さえあればそれは作れると思いきや、イメージの伝達が舞台上で行われなければ客席には伝わらない。台本だけでも十分面白い作品があったとして、しかし演劇シーンにしたとき、作家も気付かないような面白い可能性がたくさん眠っている。それを引き出すには劇団という集団が最も深く探り出せるんですね。役者が行くべき可能性に到達出来る。その時、竹村さんのようなポジションの人がやるべきなのはどういう事なのでしょうか。
竹村 
自分のカラーを強く持っている人であれば、普通に演技をしていてもそれは出てくるし、面白いと思うんですよ。しかし、壱劇屋に限って言えば、大熊のイメージありきだと僕は思うようにしていて。他の劇団が大熊の演出をやろうとしても、それは上手くいかないと思いますね。大熊が狙っている事を僕らがそのまま落とし込んで表現するのが、壱劇屋の公演の俳優の役割だと思うんです。だから細かく伝えますね。ざっくりとは伝えないです。もちろん、強制する訳じゃないですけど。でも、個性を強く出すべきシーンと、あまり出さない方がいいシーンがあって、そのラインは伝えます。大熊は才能は絶対多く持っている演出家なので、そこを最大に引き出すのが僕らの成功ですね。
劇団壱劇屋第19回公演「突撃!八百八町!!?人斬りピエロ軍団vsタケミツナリタ?」
公演時期:2013/2/23?24。会場:中津芸術文化村ピエロハーバー。

タグ: 引き出し合う 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 壱劇屋の無謀さについて いつか、こんな演技が出来たら


ギアと僕の日々

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。河原さんは最近、どんな感じでしょうか。
河原 
最近は、壱劇屋の稽古が毎日あるのと、ギアの舞台スタッフをしていて、そちらで働いていますね。他は、ダンスの稽古しているか、バイトしてるかですね。
__ 
ダンス?
河原 
ブレイクダンスです。専門学校の俳優学科に入って、選択授業でブレイクダンスを取ってから、ずっと続けています。卒業してからもブレイクダンスの教室に行っていて、講師のHIDEさんが出演されているギアを見て。そこで、自分がやりたい演劇の1つの形を見たんです。ギアが、僕の原動力です。
__ 
そうなんですね。ギアは最高に面白いですよね。原動力とは。
河原 
お芝居とブレイクダンスが融合した、僕の夢を叶えたような作品だったんです。すぐにギアの出演者オーディションを受けたんですがちょっと実力が足らず落ちてしまって。スタッフとして働かせてもらっている時に大熊さんに出会って。壱劇屋が高いレベルでパフォーマンスと演劇を融合させているのを見て。僕も将来、ブレイクダンスと演劇が高度に融合した作品を作りたいと考えています。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)
ギア -GEAR-
言葉を全く使わず五感を刺激することで楽しむ日本初の公演が京都で始まります。タイトルは『ギア -GEAR-』。ストーリーはおもちゃの「ドール」が人間化したロボット「ロボロイド」とふれ合い、あるきっかけによって人間の心を持つようになるという内容ですが、世界レベルのパフォーマーが、マイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングを使い、アクション、表情、ダンス、音楽、映像などで、言葉を使わず五感を刺激することによって表現します。ほんものの工場に迷い込んだようなリアルな舞台セット、飛ばされそうな強風が吹き荒れる演出、また今話題のプロジェクションマッピングや、フルカラーLED搭載の光るドレス、そして『ギア-GEAR-』専用にカスタマイズされた最大1600万色を自在に操ることのできるレーザービームといった、最新の技術との複合により、今まで体験したことのない感動を与えてくれます。なお、2012年4月に京都で開始したロングラン公演は、2013年9月には400回公演を達成、そして来場者数は2万5千人を突破しました。(公式サイトより)

タグ: 壱劇屋の無謀さについて その人に出会ってしまった


質問 山口 惠子さんから 丹下 真寿美さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた山口惠子さんから質問です。ちなみに、丹下さんと面識はあるみたいです。壱劇屋の稽古に来られた時に会った事があるそうで。
丹下 
分かります!ご無沙汰しております。
__ 
壱劇屋の愛しい部分と憎い部分を教えてください」。
丹下 
愛しい部分。どこか一つの場所にみんなで向かっていくところです。未だに枚方の河川敷で稽古しているというのが半ば信じられへんけど。
__ 
丹下さんもそのうち行く事になるのでは?
丹下 
いやそれは断固拒否したいですね、嫌だなあ河川敷。
__ 
いや河川敷でしか生まれないものもあるんじゃないかと思いますよ。
丹下 
河川敷でしか生まれてないんじゃないか・・・。どうなんですかね。
__ 
区民センターとかでも稽古はしてるみたいですけどね。でも、BBQしてる家族連れが密集している横での稽古、ですよ。その微妙な外の世界との緊張感が彼らの作品世界を育んできたんじゃないかと。町中でパフォーマンスをしたり、みたいなあのワクワク感が。芝居が関係ない世界へのサプライズ。
丹下 
それを聞くと、行った方がいいのかなと思いますね。
__ 
でも徹夜はやめた方がいいかもしれませんね。
丹下 
せめて終電で帰りたいですね。憎い部分。美味しいとこ取りするとこかな。
__ 
おおっ。

タグ: 徹夜 壱劇屋の無謀さについて 関係性が作品に結実する


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下