師匠たち

__ 
大熊さんはマイムパフォーマーでもあるんですよね。マイムを始めたのはどのような経緯が。
大熊 
僕、高校演劇に入った時は吉本新喜劇がやりたかったんですよね。もう今は全然違う作風ですけど。そのうち、マイム作品を映像で観る事があって。マイムでも笑いが取れる事が分かったんです。
__ 
見えない壁とか、可笑しみがありますよね。
大熊 
でも、それ以外にももっと可能性のある表現技術なんだと思ったんです。アニメーションダンスとかにも繋がるし。始めるきっかけは、いいむろなおきさんの公演に行った時に、アイデア次第で何でも出来る手段なんだ、って気付いたんですよ。壁とかカバンとか以外にも、色々と。センスはいるかもしれませんが、身体能力がめちゃくちゃ高くなくても磨いていけるんです。そこから自己流で練習し始めました。マイムやダンスの動画見て、独学で。
__ 
独学で!凄いですね。
大熊 
で、いいむろさんの「マイムラボ」に参加しました。10月に始まったラボで、3月にいいむろさんと小野寺さんの「XとYのフーガ」という公演のWSオーディションを受けさせてもらって。そこで受かって、ダンスよりのマイム表現の稽古が始まりました。KAVCで、朝から晩まで小野寺さんのマイムをやって。
__ 
朝から晩まで。
大熊 
そこでもう、ゴクゴクと水を吸うように勉強させてもらいました。技術はもちろん、作品に対する考え方、もう色々です。お二人はもう、心の師匠ですね。

タグ: いいむろなおき 手段を選ばない演劇人 パントマイムの話題


質問 吉川 莉早さんから 石原 正一さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました、吉川莉早さんから質問を頂いてきております。「ジェンガ、楽しいですか?」
石原 
知ってくれてるんや! コモンカフェでやってる、ジェンガ一武道会というイベントなんですけど。気にしてくれてるんや(笑う)。ジェンガ楽しいですよ。いいむろさんだったり川下さんだったり色んな人とやったんですけど、誰とやっても楽しいです。お客さんにも意外に楽しんでもらえて。
__ 
面白そうですね。
石原 
シンプルで分かりやすいんですよね。ゲームの佳境になるとスリルも出てくるし。
__ 
ジェンガにした理由は。
石原 
たまたまなんですよ、別に昔から好きだったわけではなく(笑う)。以前使った小道具が出てきて、「あ、これ何か使えるな。イベントにしたら面白いかも」って。思いつきなんですけど、やってみたらウケて。お客さんと一緒に遊ぶ「ふれあいジェンガ」もあります。
__ 
一度行きたいです。
石原 
ぜひぜひ。秋以降くらいにやれたなと。

タグ: いいむろなおき イベントの立ち上げ


幅広い学びの機会を

__ 
関さんは神戸大学で講師をされているんですよね。どのような事を教えていらっしゃるのでしょうか。
関  
発達科学部人間表現学科とその大学院で教えています。その名の通り、人間の行為・表現について学ぶんですが、他の同僚は画家・彫刻家・ピアニスト・声楽家・ファッション・映像・建築の研究をされている方など、諸々の研究なり実践なりをされている方がいらっしゃるんです。私はその中で、身体表現論としてダンスの歴史と、身近に体験してもらうためのバレエやモダンダンスの実技をちょこちょこ入れています。
__ 
実践ですね。
関  
まずは実践を踏まえてもらう事を心がけています。他の先生方もそうなんですけど、教鞭を取る傍ら創作活動を続け、その姿を見てもらう事で学生自身にも学んでもらうんですね。表現者としても、きちんと活動し続ける事が、学生の信頼を得る事に繋がるんですね。
__ 
素晴らしい。
関  
あとは、なるべく外部から講師をお招きすることで幅広い学びの機会を学生に与える事も心がけています。最近は、冨士山アネットの長谷川寧さん、元ピナ・バウシュ&ヴッパタール舞踊団の市田京美さんとトーマス・デュシャトレさん、マイム俳優のいいむろなおきさんなどをお招きして、ワークショップを行なっていただきました。大学では身体表現の専任講師は私一人なので、偏りのないようにと。

タグ: 続ける事が大事 いいむろなおき パントマイムの話題


vol.246 関 典子

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
関