神楽師募集

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。笑の内閣の由良さんにお話を伺います。最近、由良さんはどんな感じでしょうか。
由良 
最近、獅子舞をやる会社に就職しました。400年続く旅する芸能集団で西日本を中心に色んな場所を回っています。
__ 
それは凄い。どんな経緯で。
由良 
たまたま「神楽師募集」という謎の求人を見つけたんです。前回KAIKAで『ツレウヨ』やった時に松原の道祖神さまに「遠くに連れて行ってください」と真剣にお祈りしたので、向こうの世界から呼ばれたんじゃないかなと。
__ 
獅子舞って正月にしか見れないと思ってました。
由良 
多いときには年間300日ぐらい旅をしてるそうです。
__ 
そうなんですか!
由良 
月20日ほど仕事するんですが、基本的に雨の日以外休み無しです。3週間くらいずっとあちこち巡り歩いて、終わったら1週間から10日くらい休んで、それからまた旅に出るという暮らしです。この生活してると曜日の感覚がなくなりますね。ベテランになると戦前からやっている方もいると聞きます。
__ 
披露するのは、獅子舞だけなんですか?
由良 
八舞八曲といって、いろんな芸がありますね。伊勢神宮の使いとして、山間の集落に呼ばれて、家を一件一件回って玄関とかで獅子舞を踊ったり。たまに神社も回ったり。踊りや音楽だけでなく曲芸なんかもやります。何十年か前までは今よりもっと人数も多くてサーカス団みたいで、それは華やかなものだったそうです。でも、だんだん担い手が減っていって、今では廃業した組や廃れてしまった芸がたくさんあるみたいです。僕の入った組も人手不足に悩んでまして、猫の手も借りたい情況です。実は体力的にはかなりきついですね。日が昇る前に起きて、来る日も来る日も外を歩き回って、夏は暑いし、冬は寒いしで。慣れない事が多いんですが、出来るようになったらまた違うんだと思います。
笑の内閣
笑の内閣の特徴としてプロレス芝居というものをしています。プロレス芝居とは、その名の通り、芝居中にプロレスを挟んだ芝居です。「芝居っぽいプロレス」をするプロレス団体はあっても、プロレスをする劇団は無い点に着目し、ぜひ京都演劇界内でのプロレス芝居というジャンルを確立したパイオニアになりたいと、06年8月に西部講堂で行われた第4次笑の内閣「白いマットのジャングルに、今日も嵐が吹き荒れる(仮)」を上演しました。会場に実際にリングを組んで、大阪学院大学プロレス研究会さんに指導をしていただいたプロレスを披露し、観客からレスラーに声援拍手が沸き起こり大反響を呼びました。(公式サイトより)(公式サイトより)

タグ: 古典芸能など アーティストの生活


質問 危口 統之さんから 廣瀬 信輔さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、悪魔のしるしの危口統之さんから質問を頂いてきております。「自分の作品は、何年前まで通用すると思いますか?」
廣瀬 
どうでしょうね。僕は、現代で普及しているデバイスを前提にして書いているので。下手したら5年前ですら無理かもしれませんね。演出とか役者で限ったら、何時の時代でも受け入れられるものもあるんじゃないかなとは思いますけどね。そういう表現方法が、その過去の時代にあったら、ですけど。
__ 
今の時代の音楽や漫画や演劇や映画を100年後に持って行っても十分通用するような気がしてならないですよ。もちろん、これから100年後の作品をいま見ても理解出来るような気がする。
廣瀬 
江戸時代に現代口語演劇を持って行ったらどうするでしょうね。どっちかというと、見世物とか技術を見せられる気分になるような気はしますね。話全然関係ないですけど、僕、平賀源内が生まれた村を町にした議員の玄孫なんです。だから平賀源内には結構リスペクトしていて。
__ 
ああ、平賀源内。生き方がロックですよね。
廣瀬 
平賀源内、獄中死してますからね。勘違いで刀振り回して二人殺しちゃって投獄されて。破傷風に罹って。――ッククク・・・
__ 
・・・ッッ・・・アッハッハハハ・・・(爆笑する)

タグ: 古典芸能など 相互承認 感性ではなく考えて表現出来る人 見世物