出会いと別れ

__ 
FTPというか、劇団衛星との出会いと別れについて、です。まず、どんな経緯で入ったんですか?
楠  
4回生の時に声優の養成所に通っていて、他にも大学で演技の勉強ができるようなところがないか探したところ、蓮行さんが教えている授業を見つけました。子供たちとお芝居を作るWSを学生が企画実践する授業です。そこで京都の演劇と出会い、アルバイトの期間を経て、卒業後フリンジシアタープロジェクト(FTP)に入りました。
__ 
そして、辞めた。
楠  
そうです。今でも顔向け出来ないぐらい、迷惑を掛けたし申し訳ないと思っています。でも、FTPを辞めなければ出会えない人たちや舞台に沢山出会えました。FTPにいないと出来ない経験は山ほどあったんですけど、FTPを辞めないと出来ない経験が私にはたくさんあったんです。私はそれを選べて良かったです。辞める辞めないで悩んでいた時相談に乗って下さった方々には、今でも本当に感謝しています。辞める事自体も迷惑になる状態で本当に苦しかったですが、それでも、辞めたことを後悔したことはないです。
__ 
じゃあ、良かったんですよ。それは。
楠  
でも申し訳ないです。たいしていい働きも出来なくて・・・。
__ 
だからこそ、楠さんがもっと大きくなって、衛星を見返すぐらいの存在になってもらわないと困るじゃないですか。
楠  
それは、そうなのかもしれないですね。
__ 
楠さんは、いまどんな感じで演劇を続けていきたいですか?
楠  
FTPで働いて、辞めて、それで思うんですけど、今の京都で役者として演劇を仕事にするというのは、ステージ以外の部分で働くしかないんですよ。私はワークショップや教育に興味がないので、時間やお金だけをみれば割りのいい仕事が他にいくらでもある。だから今は割り切って、アルバイトで効率よくお金を稼いで、それで自分の演劇をしています。とても幸せです。
__ 
なるほど。
楠  
演劇教育で働くプロのあり方もその功績も、凄い事だと思います。でも私は、お金を稼げることだけが演劇のプロなのではないと思っています。
劇団衛星
「小劇場での演劇でしか絶対に表現できない舞台表現」を極めるべく、1995年6月設立。「演劇人=アルバイト生活」の常識を破った、フリンジ業界における非常に珍しい専業演劇人集団である。京都を拠点に、既存のホールのみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等「劇場ではない場所」で公演を数多く行い、茶道劇「珠光の庵」や裁判劇「大陪審」などの代表作を全国で上演。また、演劇のポテンシャルを利用したワークショップなど「演劇のないところに演劇を送り込む」活動を、幅広く展開中。(公式サイトより)

タグ: お金の事 声優になりたかった 退団したら・・・


vol.381 楠 海緒

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
楠

ドラマチックは終わらない

___ 
ユリイカを休止されている間、結婚して出産して、子育てもして。その間、お芝居はされていなかった?
たみお 
全然していなかったです。
___ 
必要ではなかった?
たみお 
もうやらないだろうなと。すごく申し訳ないんですが、過去の頂いたアンケートも「ありがとうございます」と手を合わせて焼却しました。
___ 
あ、お焚き上げしたんですね。
たみお 
色々溜め込んでいた衣裳とか脚本とかも。データで残せるもの以外はほとんど処分したんです。これからどうやって生きていこうかなあ、と。それぐらいに、いろいろご縁を頂いて、友人夫婦二人のための本を作らせてもらう事になったんです。二人のこれまでの人生と、出会いを一つの物語にまとめたものです。ちゃんと製本して、永遠に残るようにしようと思っています。
___ 
素晴らしい。
たみお 
その人の人生が、実はすごくドラマチックだということ。すぐ隣に生きている人の存在がすごくドラマチックなんだなと気付くきっかけになりました。それはもちろん、ユリイカでもずっとやってきた事ではあるんですけど。ずっと何かを作りたいというのはあったんです。
___ 
休止している間に、出会うべきものには出会っていたんですね。
たみお 
作家として必要な孤独は埋められていたんです。

タグ: 退団したら・・・ 結婚したら・・・ 孤独と演劇


枠縁1作目「タウン」

__ 
田中さんが枠縁で4月に上演された「タウン」。面白かったです。ご自身ではどんな手応えがありましたか?
田中 
西一風で書いた作品を元に書き直すという作り方をしてたんですけど、元々突き抜けていた部分をこじんまりさせてしまって、という事を元を知っていた人に言われてしまったんです。
__ 
というと。
田中 
元の「タウン」はもっとワケ分からなくて、最後に彗星が落ちてきて滅亡しちゃうんです。そもそも、大人計画の「ふくすけ」をやりたくて色々パクって書いた作品だったから、それが恥ずかしかったのでまとめる形で書き直したんです。そうしたら突き抜けているのを知っている人には物足りなかったみたいで。サワガレでやっていく中でこじんまりまとめる癖がついたんじゃないかと凄く言われて。これはもう、次は突き抜け過ぎて失敗する勢いでやろうと思います。もちろん、「タウン」を通してやりたい素材もたくさん見つかったんですけど。
__ 
個人的には、あの作品に出てくる人物は全員突き抜けてました。彼らは自ら失敗する方向に行っていて、破滅願望に突き動かされているように思えました。そのあたりいかがでしょうか?
田中 
どうでしょうね。でも、破滅したいわけじゃないのに破滅していく姿は可愛いと思うんですよ。サワガレで最後にやった「袋の自己紹介」という作品の中に「例えばここに袋があるとすると、」「いや、ないじゃん」「いや、あるとすれば、あるじゃん」「ないんだから、ないじゃん」って喧嘩になって、最後は「バカじゃないの」って言って終わるシーンがあったんです。それが稽古しても会話として上手くいかなくて、結局ギャグっぽくしちゃったけど、書いている時は楽しくて。「私はこう思う」「俺はああ思う」とぶつけ合うだけっていう身勝手さが、そりゃ破綻、破滅するよなって感じで楽しいんですよ。
__ 
結局、押しの強い方に流されていったりしてね。
田中 
何も話は進展していないのに、展開としては転がっていく。それだけで芝居が一本作れたら嬉しいですね。
__ 
破滅に向かう人々と、そのディスコミュニケーションを描きたいのは、どんな理由があるのでしょうか。
田中 
単純に自分がコミュニケーション下手だから、というのがあると思います。コミュニケーションを上手く取り続けている芝居を見ても、退屈になってしまう自分がいたりするし。あと、純粋に間違っている人って可愛いんですよ。実はこの間、夜に街を歩いていたら自分独自のルールを暴力的に押し付けてくる人に出くわして。その人は「因果」だと言って怒りだして、延々怒鳴ったりしてるんですけど、よくよく話を聞くと面白かったんですよ、この人の中では筋が通ってるんだろうけど、やっぱり勝手だなーって。警察呼びましたけど。
枠縁1作目「タウン」
公演時期:2014/4/12~14。会場:人間座スタジオ。

タグ: 凶暴な役者 書いてみたいと思った ユニークな作品あります 退団したら・・・ その題材を通して描きたい とんでもない失敗をしてしまった 暴力


こんな面白さもある、そんな面白さもある

__ 
これまで数多くの舞台に立っているユーコさんですが、これを機に変わったと実感した作品はありますか?
山本 
東京に行く前なんですけど、石原正一ショーですね。
__ 
なるほど。ドカコと野球狂の詩子。
山本 
演出方法というよりも、共演した兄さん姉さんの楽しそうっぷり。それまで私は頭でしか演劇をやってなかったから。武士道でやってたから。そういう価値観だけじゃない、まず自分が楽しくないとお客さんも楽しくないやん、みたいな事を、言われるのではなく実際に目にしてん。凄く考え方が変わったんです。少なくとも心持ちは変わって。で、東京に行ってからはコントやっててん。
__ 
コント。
山本 
「ラ・サプリメント・ビバ」という。言うたらお笑いの人やねんけど。その人がお芝居よりのコントをやりたいという出演者募集のチラシを見て、同時にリリパット・アーミーの舞台にも出演が決まったから、両方同じ時期にやって、その後に平田オリザ・松田正隆の「天の煙」にも出て。違う種類の作品にどんどん出会えて、こんな面白さもある、そんな面白さもある、って。
石原正一
演劇人。石原正一ショー主宰。1989年、演劇活動開始。1995年、"石原正一ショー"旗揚げ。脚本演出を担当、漫画を基にサブカル風ドタバタ演劇を呈示。関西演劇界の年末恒例行事として尽力する。自称”80年代小劇場演劇の継承者”。外部出演も多数。肉声肉体を酷使し漫画の世界を自身で表現する"漫画朗読"の元祖。"振付"もできるし、”イシハラバヤシ”で歌も唄う。(公式BLOG『石原正一ショールーム』より)

タグ: 石原正一ショー その人に出会ってしまった 退団したら・・・ 分かりやすい面白さと芸術的な面白さの中間 垣根の無い世界へ 平田オリザ


悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』大阪公演を終えて

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近はいかがでしょうか?
吉川 
悪い芝居「カナヅチ女、夜泳ぐ」の大阪公演が終わりました。だから今は、東京公演に向けて準備中です。
__ 
大阪公演を越えて、面白くなるといいですね。
吉川 
ほんとですねー。でもこの公演、劇場の大きさとか場所とかで、ちょっと、雰囲気変わりそうだなぁとか思っています。
__ 
私は大阪公演を2回拝見して。とても面白かったです。確かに、山崎さんへのインタビューで伺った通り、浮遊感があったように思います。
吉川 
浮遊感あったんですか? ふふ(笑う)不思議。なんでやろう。
__ 
感情移入というかそういうのがあったのかな。凄く実体験に近い感覚があったと思うんですよ。最初、主人公である吉川さんは舞台にいなくて、彼女の意識が再現されている。さらにシチュエーションが、●●●の夜●●●というのが。結構、こちらの体験に迫ってきたなあと思いました。
吉川 
そうなんや。浮遊感を感じて欲しくて、実際にそれを感じてもらえるなんて。山崎さん、作戦大成功だなぁ。
__ 
この「カナヅチ女」。吉川さんとしてはどんな作品でしたか。
吉川 
えっと、自分が辞めた劇団に久しぶりに出る、という作品。
__ 
吉川さんが●●●●ってる話ですからね。
吉川 
そうですね。そんな役です。あとは、私が劇団にいた頃を知っている人がいて、もし、今回も足運んでくれはったとして。そういう方に伝わる面白さっていうのもちょこっと足せてたら嬉しいな。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 退団したら・・・ 名称の由来 王子小劇場


vol.247 吉川 莉早

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
吉川