質問 木下 健さんから THE ROB CARLTONさんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた短冊ストライプの木下さんから質問を頂いてきております。「何故、演劇を選んだんですか?」
満腹 
僕の場合、THE ROB CARLTONの前身の団体、洛西オールドボーイズからやっていて。それが終わって普通に就職して働いていたんですが、なんだか違和感というか。ちょうど会社を辞めたタイミングに声を掛けてもらって。THE ROB CARLTONに本腰を入れようと思ったんですね。彼らとなら行けるだろうと。
ダイチ 
僕は実は何でもよくて。人が声出して笑っているのを見たらめちゃくちゃ楽しいじゃないですか。元々バンドをやってたんですが、それでメシ食うというのは厳しいなと。音楽を辞めて、どうしようかなと思ってたらボブが「やるから」と。最初はただの手伝いにしようと思ってたんですが、まともに役者が集まらなかったんで。まあ、今は楽しいんでね。
ボブ 
僕の場合は、高校生の頃にクラスで劇をやることになって。僕が台本を書く事になったんです。書いた事無かったんですけど、役者もお客さんも同じ学校の人だから何でもウケるんですけどね。そこでね、ちょっと面白いなと思ってしまって。そこからぼやっと「やってみたいな」と。元々映画が好きで映画の脚本も書いてみたいと思っていたんですが、演劇はレスポンスが良いんですよね。やはり、ライブの良さ。
__ 
そうですね。
ボブ 
舞台だったら、もしかしたら面白いものが作れるかもなと。何事も出来ると思わないと出来ないですしね。そこから、舞台にベクトルがいったんですよね。
__ 
ライブを引っ張れる脚本が書ける、という事ですよね、それは。

タグ: 書いてみたいと思った 高校演劇 就職と演劇の二択 人生の節目 「目の前で起こっている」 入団の経緯 心を揺さぶる


ターニングポイントと半分こへの期待

__ 
第七劇場のやるべき事を教えてください。
油田 
それ、俺も聞きたい(笑う)
鳴海 
私たちの創作のポリシーは、国境を越えられる作品の製作です。三重という場所から国境を越えられる価値のあるものを作り、第七劇場がレジデントカンパニーになっているベルヴィルを、県や市だけではなく、劇場がある美里地域の人たちにも誇りとなって愛される劇場にする。その二つですね。
__ 
素晴らしい。
鳴海 
舞台芸術ってどうしても消えてなくなってしまうものですよね、それがいくらエポックメイキングなものであっても。見ていなければ語りようがない。
__ 
演出はそうした作業ですよね。
鳴海 
でも、いろんな時代でターニングポイントになっている作品はある。私たちも美里で、そうした作品を作る事がミッションのひとつだと考えています。
__ 
ありがとうございます。では、ご自身にとってのターニングポイントになった作品は。
鳴海 
鈴木忠志さんの「カチカチ山」。これは初めて富山県利賀村に行ったときに見た作品で、これはあらゆる意味で衝撃でした。それから、ピナ・バウシュの「カフェ・ミュラー」「春の祭典」の連続上演を韓国で見たんですが、終演後、膝に力が入らなくなった舞台体験でした。その計3つは私にとって大事件でした。
__ 
そうした重大な作品をもし作れるとしたら、それはどんなものだと思われますか?
鳴海 
さっき、油田さんの話にもあったんですが。地方都市だと一人の表現者がいろんな種類の活動をする必要が出てくる場合があるんです。たとえば絵本も純文学も児童文学もラノベも書かないといけない場合があるんです。もちろんそれぞれをそれが得意な人に任せるという方法もあります。いろいろなジャンルが求められる中で、私がある種のピリオドとなる自分の作品を作れるのがどのジャンルなのか、なかなか想像しにくいですね・・・ただ、変な話をしますけど私は50歳で死ぬつもりにしていて、あと15年なんです。一年に一作と考えたらあと15作。その15作で納得した創造活動を送るぞと考えたら、多くのものに触れて、考えて、その時その時で真摯に向い合っていく事でしか為しえないんだろうと思います。当然のことなんですが。
__ 
一回一回の積み上げという事ですね。
鳴海 
私はこれまで、存命していない作家の作品の演出がほとんどだったんですけど、この間のこけら落としで作った「シンデレラ」は油田さんの構成台本でした。油田さんのポップでスピーディーな作風を演出していて、私の中で開いた部分があったんです。これから15年、切って捨てずにやっていって、どの活動に対しても意味を見出して、楽しく苦しみながらやっていければと思います。
__ 
ありがとうございます。それが大きなものであれ小さなものであれ、良いものである事を願っています。
鳴海 
そうですね。それをご覧になったお客さんにとって糧になりたいと思います。作品としてのクオリティが劇場内の半分を占める要素だとすれば、それは私たちの仕事であり、作品を通して、残りの半分を占めるお客さん一人ひとりが自分自身や他者について思いをはせて考えを深めるような時間に貢献できれば、その劇場はとても幸福だと言えると思います。

タグ: 愛される劇団づくり 直接感想を聞きたい 人生の節目 最新作が最高傑作 一回一回を大事にする 有機的に関わりあう 作家としての課題


さようなら、天上底

__ 
呉城さんにインタビューするにあたり、どうしても話したい事がありまして。一昨年の悪い芝居「春よ行くな」での呉城さんがですね、もの凄く良かったんですよ。
呉城 
ありがとうございます。
__ 
まず、声が独特ですよね。
呉城 
そうなんですか、私、自分の声はちょっと・・・この間受けたWSで「何その高い声。舞台用の声?」って。めっちゃお腹に力入れて低い声を出してようやく、ええんちゃうって。私の声、どんなですか?
__ 
受け止めやすい声だと思いますよ。ストレートで、心情が伝わってくる声だと思います。
呉城 
ありがとうございます。そういって下さるのは嬉しいですけど悩み中です。キーンって高い気がして。もっと、確かな声を出したいです。
__ 
ラストシーンの叫び声が印象的でした。「春よ行くな」、彼女の口から出た出まかせというか、彼女のよく分からん処世術に全員が巻き込まれているとも見れるし、逆に、本当に彼氏が失踪した、可哀想な彼女を描いた話なのかもしれないし。
呉城 
可哀想ではないですけどね。あの人はああいう風になってしょうがないと言えるかもしれない。
__ 
天罰?
呉城 
天罰?天罰じゃないかもしれないですけど(笑う)。ふらふら生きとったらあかんねんなと。
__ 
ふらふらしてたから、最終的にはよくわからない自己啓発セミナーの人と一緒になってしまうと。
呉城 
でも、そう思ってても人間、流されるように生きちゃいますよね。
__ 
だらしなく生きてしまう?
呉城 
結構、流されて生きてしまうような気がしますね、あんまり良くないとは思いますけど。
__ 
私もね・・・今の生き方を続けてしまっているのが悩みだなあ。自分で自分の人生の主導権を握って、例えば25歳とかで会社を興してたらどうなってたかなあ。演劇界でもITででも、「何でもやります!」の姿勢で。もしくは静岡に帰ってもっと家族と時間を過ごしていたら。
呉城 
でもまだまだお若いじゃないですか。いや私が言う事じゃないですけど。
__ 
ありがとうございます。勇気が出ました。
呉城 
はい、あ、いまの赤色エレジーの現場って何か、若い子ばっかで、私が最年長で、どう思われてんのかなあって。21の女の子がいるんですよ。この可愛い子たち、みたいに思うんです。
__ 
ギャップが激しい?おジャ魔女どれみ世代と?
呉城 
あはは。私はセーラームーン世代でした。
__ 
おジャ魔女どれみかプリキュア世代に囲まれているのですね。いやその、子ども時代に実家で何を見ていたかが結構重要だと思うんですよね。手足の伸びきったセーラームーンが格好良く敵を倒すのか、自分たちと変わらないおジャ魔女が学級や家族や地域社会の問題に向き合うのか、プリキュアが同志と心を合わせて敵を倒すのか。恋愛番組も重要で、「あいのり」か「テラスハウス」のどちらを見ていたか。これもかなり恋愛観に影響を与えるんじゃないかと思う。
呉城 
あー、確かにそれはありますよね。「テラスハウス」はあんまり・・・「あいのり」を見ていた方が純粋に育ちそうですよね。
__ 
要は、自分がどんな恋をすべきなのか発見するタイミングを思春期で捉えておく事が大事で。それをしないと未熟な関係性で満足するようになってしまうのではないか?天上底には誰もが惚れてしまうけど、彼女はこちらの思いを知ってか知らずか、良く分からないどこかの隙間に行ってしまう。そこに、他者との関係性を上手く作れない未熟さがあるような気がする。まあ、彼女の逃げ続ける孤独な旅には思わず共感してしまうんです。あの不可解さ込みで。恋をされると逃げたくなるあの感じとか。
呉城 
え、そうなんですか。
__ 
あれ、ありませんか?私は恋されると恐怖しますね。
呉城 
あ、そうなんですね(笑う)それめっちゃ面白いんですけど。恋をされると逃げたくなる?
__ 
ゴジゲンの昔の作品で、童貞の集団が合コンして、彼らは全員恐れをなして逃げるんですけど、ラストシーンで女のひとりが童貞らの集まっている部屋に近付いてきて、彼らは集団自殺するんですけど・・・
呉城 
何それ!めっちゃ面白い。
__ 
めちゃくちゃ面白いんですよ。私もDVDでしか見てないんですけど。恋を引き受けられないという恐怖感がなぜかあるんですよね。
呉城 
へー。じゃあ、自分から好きにならないと恋が出来ないんですか。
__ 
私は多分そうですね。というか、好きな人に告白されても怖くなるのかもしれない。
呉城 
えー、それは幸せになれないですよ(笑う)
__ 
そうですね・・・
呉城 
いやそんなことないでしょうけど。だってねえ。好きな人と結ばれたいものじゃないですか。めっちゃ難しい性格ですね。
__ 
松居さんも、というか草食系男子というのはそういうものだと思います。そう思うと女性は、いやこれめっちゃ社会的ジェンダーのバイアスが掛かった見方ですけど、恋愛をモチーフにした文化を見て育って来ているから、引き受ける力を持つんだと思う。
呉城 
ずっとストーカーみたいな事をされたら気持ち悪いですけど、普通だったら、まあそういうのはありがたく頂きます、じゃないですか?そういう拒否感とかを「春よ行くな」の時に感じたんですか?
__ 
うーん、下敷きにあったからこそ強く感じていたんだと思います。
呉城 
へー。
__ 
冒頭にあった、大塚さんと呉城さんの、ラブシーンになるかどうかの、あのせめぎあい。あれに全てが集約していくような気がする。
呉城 
ああ、あれ、拒否するぐらいなら行くなよと思いますよね。
__ 
恋愛、嫌いなんだよ俺は。
春よ行くな
2013/8/22~27 in→dependent theatre 2nd(大阪) 2013/9/11~17 駅前劇場(東京)。

タグ: 登場人物が好きになれない リアルに相対し戦慄する 人生の節目 声が出せるように お茶目さについて プリキュア 成長拒否


質問 福井 俊哉さんから 呉城 久美さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、福井さんから質問を頂いてきております。「なぜ、女子高に男子が入学してはいけないのでしょうか。」
呉城 
(笑う)知らんわ。どういう事ですか?あ、女の子になりたかった?
__ 
いや、本人曰く、性的な嗜好とかではなく、純粋な、入学という意思だそうです。福井さんは中学卒業時に、女子高への願書を間違えたフリをして提出したんだそうです。その時は担任の先生に怒られて止められたそうなんですが。
呉城 
それは、女の子に会いたいからという理由で?
__ 
分かりません。そこは全く語ってくれなくて。でも本人によると、別に女の子に行き過ぎた興味があるとかではなくて、ただ入りたかったと。
呉城 
入りたかったら行ったらええやん。
__ 
でも、先生に止められましたから。担任の女の先生に。その人もきっと分かっていたんでしょうね。
呉城 
本気で行きたかったんかな。
__ 
願書を用意するぐらいですから。
呉城 
でも・・・ねえ。あ、私も男子校に行った女子ですよ。私の入学年から共学になったんです。
__ 
ああ、そうすればいいのか。どうでしたか?
呉城 
みんな優しかったですね。でもだからといってか、逆に男子とは喋らんかったかな。大学入ってもクラスの女子は八分の一程度だったし。そうだ、看護学校を狙ったら良かったんじゃないですかね。
__ 
そっちか。仰る通りです。

タグ: キチガイ 人生の節目


IN HER THIRTIESの思い出 伊藤えりこさん編

__ 
IN HER THIRTIESについて。去年の公演ですが、今後も追跡取材をしようと思っています。まず、ご自身にとってはどんな公演でしたか。
伊藤 
まず、オーディションを受けるかどうかを迷っていて。私オーディションに受かる確率が本当に低くて。仕事を貰うのは大体、声を掛けていただいていたんです。でもプロデューサーの笠原さんから「受けてみたら」って勧めて頂いたので。ワークショップオーディションみたいな形でした。ワイワイやりながらだったのでやりやすかったです。
__ 
伊藤さんは麗らかチームの34歳のコーナーでしたね。
伊藤 
そうですね。全員個性がバラバラの人たちで、結婚もマチマチでした。頂いた台本のボリュームが最初は少なかったんです。これ大丈夫かな?と。でも話し合っていくうちに「女性の30代はまだまだあるで」みたいな感じになって、稽古中はオーディションの延長みたいにたくさん話し合いながらやっていきました。楽しかったですね。稽古期間は1ヶ月弱だったんですけど結束感を感じながら本番を迎えました。公演後も凄い仲良くなったんですよ。一つの舞台を作る時に生まれる自然な結束力ってすごく大事なんですけど、あんなに、30代の人間として結婚とか出産とか演劇を続ける事について話すのは貴重で、もう全部分かる!でした。20代ならあんなに打ち解けられないし、40代だともっと引いて見てしまうかもしれない。30代だからあんなにワイワイやれてたんですよね。
__ 
なるほど。
伊藤 
作品としても変わった試みでしたね。一人の女性を複数人でやるというのは初めてでした。終演後、トークゲストで観てくださったiakuの横山さんが「一人の女性をやっているというより、100人の女性を観ているようだった」って。誰にも通じる事をやっていたんですね。それは上野さんが狙っていた事かもしれない。バラバラなキャスティングだから成立したのかも。それぞれの人が思っているように見えたのかな。
__ 
37大西さん・38片桐さんのコーナーが面白かったですね。
伊藤 
大西さんは元の事務所の先輩なんですけど、ずっと変わらないんですよ。
__ 
若く見えますよね。配置についた瞬間びっくりしました。あの人は15歳若く見えますね。
TOKYO PLAYERS COLLECTION「IN HER THIRTIES」
公演時期:2014/3/27~31。会場:in→dependent theatre 2nd。

タグ: 続ける事が大事 IN HER THIRTIES 迷っています 人生の節目 尊敬している人 インタビュー取材による作品づくり


視界に余裕が生まれる?

__ 
これまでに一番、ご自身を変えた舞台は何ですか?
髙橋 
出演させて頂いた舞台の全てにおいて、沢山の事を吸収しています。有り難いことに、外部で出演させて頂く機会も多く頂いて。例えば松平健さんや藤山直美さん、石原さとみちゃんとも共演した事もあって。やっぱり一線で活躍されている方を間近で見ると、その姿勢にシンパシーを頂くんです。
__ 
青年座というホームとは全然違う経験でしょうね。
髙橋 
実を言うと、当初は「ああ、青年座っぽいよね」って目で見られる事に凄く抵抗がありました。でも今はいい意味で逆手に取って、その現場に合わせて「青年座の」自分だけのものを持っていくようにも出来るようになったり。結婚してからは、これまでの経験にも別の視点から見れるようになりましたね。
__ 
そういう風に、自分を変えていけたんですね。
髙橋 
これまでキリキリとした意識で現場に向かっていたんですけど、結婚の節目を越えてからは視界に余裕が生まれた気はします。

タグ: 結婚について 色んなものを吸収 演劇人同士の繋がり ホーム/アウェイ 結婚したら・・・ 人生の節目


節目

__ 
いつか、どんな写真が撮りたいですか?
河西 
昔、あるバンドの解散ライブを撮影シた時、そのメンバーに「嬉しすぎて一生の宝物にする」って言われた時です。それを言われたとき、凄く嬉しくて。写真って一生モノになるんですね、きっと。
__ 
いい思い出になる。
河西 
そう言ってもらえればいいなあって。その写真を見返せば、それが思い出せる。実は、私自身、そんなに、写真が好きな訳じゃなくて。
__ 
ええ。
河西 
というか、写メが苦手ですね。食べ物とかをことある事に撮るんじゃなくて、撮影より目の前のそれを楽しんだ方がいいんじゃないかって。でも、一生の節目になる写真を撮らなければならないとなると重たいですけどね。
__ 
節目になる写真、いや、節目じゃないと写真は撮るべきじゃない。もしかしたら、写真は節目を作るものなのかな。
河西 
時が止まった写真を見て、その一瞬を目の前にすると節目になるのかもしれません。
__ 
人間は、過去を振り返る事が一つのステップアップの手段であると。過去を振り返る時、最良の瞬間が切り取られているのを見ると、一つの節目として考えられる。良い節目を踏まえて、その人が過去を振り返る一つのアイテムとして捉える。

タグ: 劇団のおわり 人生の節目 有機的に関わりあう


あの時代から数歩離れて

__ 
玉一さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
玉一 
高校3年の頃、文化祭で演劇をやろうと誘われたんですよ。水球部・テニス部・書画部の仲良しで集まって。三谷幸喜さんのTVドラマのある一話を演劇化する企画でした。それまで演劇なんてやった事無かったんですけどね。それから大学に入って友達にすすめられてラーメンズのDVDを見たんですが、凄く世界観が独特じゃないですか。いいなあと思って。
__ 
楽しそうですね。
玉一 
で、私も当時自分の世界観を京都精華大で絵で表現してたりしてたんです。でもある時先生に「それじゃ全部は伝わらないよ」と。これじゃダメなんですか?全部伝えないといけないんですか?私は偶然性というものも好きだったんです、偶然生まれた技法だったりとか。でも、やっぱり学校だから。研究して積み重ねないとダメなんですよね。そこの食い違いというかそういうわだかまりもあったものだから、平面の世界で息詰まっていて。抜け出したかったというのはありますね。そういう折にラーメンズとかを見て、自分が作品を描くのではなく、自分が作品の一部になるというのはこれまた面白いなあと。それで劇的集団忘却曲線に飛び込みました。
__ 
大学は教育機関ですからね。評価されますからね。
玉一 
そうですね、総評されるんです。私は作品の一部分が面白い、というのもありなんじゃないかなあと思ってたんですが、そうじゃないんですよね。難しいなあと。パッと思いついたらそれをやるという、面白い方に飛びつくという。集中力がないんですかね。でも演劇って、何ヶ月も同じ作品に向き合うじゃないですか。今日は昨日よりも掘り下げられた、みたいな感触があって・・・
__ 
それは、確実に製作者としての意識が高まっているんじゃないでしょうか。
玉一 
そうかなあー。
__ 
ある程度以上の重さを持っている作品は確かにあって、それはお客さんの心と引き合うんですけど、その時にどれだけ考えられて作られているか、に依っていると思うんですよ。それがお客さんの目の前に現れる時、美しい調和をもって時間とともに奏でられると思うんです。
玉一 
そういう意味では、大分自分は変わってきていると思います。入ってからも変わっているし、周りも変わったし。だから、なんか、昔と全然違いますね。

タグ: 俳優のブレイクスルー 頭が真っ白になる 自分を変えた、あの舞台 文化祭前夜 リアルに相対し戦慄する 人生の節目 三谷幸喜 自分で考えてきたもの、の価値 入団の経緯 受け入れる・受け入れられる 尊敬している人


踊る影たち

__ 
構成として、最初はアップテンポなダンスがあって、そこからだんだんと静かなシーンが増えてきて、ソロダンスのシークエンスになっていって、という流れでしたね。「家庭」というテーマを与えられた作品だったからか、家庭内孤立を強くイメージしました。家庭内だけどだんだんと離れていく。しかし、赤ちゃんの誕生で後半にはまとまっていく。
北尾 
大まかにいうと、その前中後編の構成が「1.2.3」のイメージなんです。前半ではキャラクタライズがあり、集団性を描いて、HIPHOPのシーンで情報量と運動性の強いダンスを見ていただき、そこからソロのダンスに移行していく。孤立している人が見えてくる。この流れをイメージして作り始めました。
__ 
そう、集団で集まっているところから、だんだんと一人離れていく。
北尾 
一年に一度、大阪の実家に親戚一同で集うのが僕にとっての団らんなんです。この作品のタイトルを考えていた時期、祖父が亡くなって家を取り壊したんです。集まれる場所が無くなったということに喪失感を感じました。あの家が僕ら親戚をつなぎ止めていた場所だったんです。それを抽象的に表現したかったんですね。
__ 
私個人の親戚たちも実は結構ドライな人々なんです。なのに、作品を通してある寂しさが生まれましたよ。
北尾 
当初は家族が離散する、みたいなイメージで作っていましたが、それではさすがに寂しすぎるなと思いまして。3ステップ目では全員集うという構成になりました。ですが最後には、赤ちゃんの代わりとして扱っていたシャツを「シャツなんですけどね!」と暴きました。彼らが家族みたいな事をしていたと、全て嘘だと、1ステップ目のキャラクタライズも含めてメタフィクションだったとバラして。そこから、全員がもつれあいながら同じ振りを踊るラスト。現代社会において家庭から出た人々の混迷を見せられればいいなと思っていました。動かされているのか、もつれているのか分からない、家庭の外に出た人々ですね。
__ 
それは、都市部にいる大体の若者がそれに当てはまる筈です。だから、あれは僕らそのもののダンスだったんじゃないかなと思います。

タグ: 人生の節目 メタフィクション その題材を通して描きたい 第四の壁 外傷・内傷


好き放題

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。筒井さんは最近、いかがでしょうか?
筒井 
おかげさまで、忙しくさせてもらっています。まあ順風万帆でもないという感じかな。
__ 
私は逆境に立たされているというのが結構好きなんですけど、筒井さんはいかがですか。
筒井 
そうですね、そもそも演劇を選んでいる時点で、この現代社会においては逆境なんですけれども、もっと具体的には、なかなか自分がやりたいことを認めてもらえなかったり、賞をもらってから数年経って、昔ほどやりたい放題ではなくなっていたりして。それは僕のせいでもあるんですけど。
__ 
好き放題出来なくなっている?
筒井 
昔はお金の事なんか全く気にしないで作品を作っていたんです。すごい借金して公演を打ってたりしてました。それだけじゃ難しくなると思って方向転換をしていきました。やりきった感と共に辞めるのならともかく、お金の融通が効かなくなって、どうしようもなくなって辞めるのは避けたいです。
__ 
なるほど。
筒井 
ただ、やれる範囲でものを作るという事が習慣化されていくという弊害にも直面していて。発想力が上演空間に収まっていて、それを破るようなキテレツなアイデアが生まれにくくあるんじゃないかというのが、自分が生んでいる逆境といえるのかも。悩んでいるという訳じゃないんだけど。いまは活動の継続性を確保しつつ、発想力が劇場に収まらないようにするやり方を模索しています。
dracom
1992年、dracomの前身となる劇団ドラマティック・カンパニーが、大阪芸術大学の学生を中心に旗揚げ。基本的には年に1回の本公演(=「祭典」)と、同集団内の別ユニットによる小公演を不定期に行う。年に一回行われる本公演では、テキスト・演技・照明・音響・美術など、舞台芸術が持っているさまざまな要素をバランスよく融合させて、濃密な空間を表出する。多くの観客に「実験的」と言われているが、我々としては我々が生きている世界の中にすでに存在し、浮遊する可能性を見落とさずに拾い上げるという作業を続けているだけである。世界中のあらゆる民族がお祭りの中で行う伝統的なパフォーマンスは、日常の衣食住の営みへの感謝や治療としてのお清め、さらには彼らの死生観を表現していることが多い。我々の表現は後に伝統として残すことは考えていないが、現在の我々がおかれている世界観をあらゆる角度からとらえ、それをユーモラスに表現しているという意味で、これを「祭典」と銘打っている。(公式サイトより)

タグ: どんな手段でもいいから続ける 劇団の方向転換 訳の分からないボールの話 難しくて、厳しい 人生の節目 ロックな生き方 筒井潤 実験と作品の価値