静けさ

__ 
「愛はないと僕は思う」。次回公演のタイトルですが。4月4日からですね。とても楽しみです。
FJ 
ありがとうございます。
__ 
私はこの作品の前進となる「お母さんとファック」という作品をgate#9で拝見しました。会場は、同じKAIKAですね。あの作品は、一人語りそのものを高度に洗練したらどうなるかという文学的な実証であったかもしれないと考えています。
FJ 
洗練。
__ 
語る時のファックさんの身体がとても純粋だったと思うんです。ご自身の半生を素直に語っているからなのかもしれませんが、同時に虚構でもあるという前提が役者と観客の間に明らかに対流を生んでいるんです。それは一人芝居という形式の性質ではありますが、ファックジャパンという嘘モノなのか真実なのか分からない存在の語る、夢と性欲と静けさが一緒くたになった世界がとても美しかったんですよ。
FJ 
なんかその、「お母さんとファック」は、分をわきまえたいというか。そんなに効果的に、お話に乗りたくないというか。
__ 
ええ。
FJ 
自分は一体、何をしている時が一番興奮しているか、それは雑談している時なんですよ。思い出話を公の場でするための演劇だったと思います。面白い面白くないは優先順位は下げて。20分の思い出話をしてみた、という。
__ 
それにしてはとても幻想的でした。一つ、印象に残った手法があって。京都でのデートのシーンで、一人称がファックさんなのかお母さんなのかお母さんの相手の男性だったのか、ないまぜになっているシーンがありましたね。
FJ 
実際にその、母がデートした場所に行ったんですよ。それを思い出した順に書いていっていたら、そうなったというのはあります。
__ 
ファックさんの記憶や主体がスライドしていって、観客の思惟も同時にスライドしていって。集中して聞いていればいるほど、垣間見える景色が清冽に視界に飛び込んでくる。ただ単に美しいと思ったんです。

タグ: インクの一滴 性欲 愛はないとぼくは思う 一人芝居 タイトルの秘密 作家の手つき


ファックジャパン独り舞台『愛はないと ぼくは思う』

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
FJ 
よろしくお願いします。
__ 
最近、ファックさんはどんな感じでしょうか。
FJ 
僕ですか、僕は夢も希望もない感じですね。
__ 
夢と希望はファックさんの人生には必要でしょうか。
FJ 
必要ですね!欲しい。欲しいです。
__ 
夢も希望もある人生があったかもしれない?
FJ 
酷な事を聞きますね。
劇団衛星
「小劇場での演劇でしか絶対に表現できない舞台表現」を極めるべく、1995年6月設立。「演劇人=アルバイト生活」の常識を破った、フリンジ業界における非常に珍しい専業演劇人集団である。京都を拠点に、既存のホールのみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等「劇場ではない場所」で公演を数多く行い、茶道劇「珠光の庵」や裁判劇「大陪審」などの代表作を全国で上演。また、演劇のポテンシャルを利用したワークショップなど「演劇のないところに演劇を送り込む」活動を、幅広く展開中。(公式サイトより)
ファックジャパン独り舞台『愛はないと ぼくは思う』
公演時期:2014/4/4~6。会場:KAIKA。

タグ: 愛はないとぼくは思う


質問 池川 貴清さんから 駒田 大輔さんへ

__ 
前回質問させて頂いた、悪い芝居の池川さんから質問です。「恋と芸術は両立出来ますか?」
駒田 
人間の感情とか、活動とか。芸術の材料になりますよね。対立するものというより、次元が違うと思う。
__ 
では、恋愛は芸術に必要不可欠なものでしょうか。
駒田 
うーん。そんなこともないと思います。モチーフとして大変面白いので。大概、映画のテーマになるし。感情のふれ幅が大きくなったり、いろいろな事を考えるようになったりね。人間関係を濃縮したような経験となるので、題材として面白いのではと。

タグ: 愛はないとぼくは思う


vol.225 駒田 大輔

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
駒田

ドゥエンデ

__
今後、俳優として目指していく方向とかは。
山本
今回のワークショップでもつくづく思ったんですけど、自分の演技の浅さなどを痛感しました。深めていきたいと思います。
__
深めていく。深い演技とは、具体的にどのような事を指すのでしょうか。
山本
具体的に。いや、ワークショップ行った直後で、普段思ってる事と見聞きしてきた事が混ざってね、普段のが・・・。
__
一週間もですしね。
山本
今回受けてきたのはルティ・カネルさんというイスラエルの演出家の方のワークショップで、テキストにした戯曲が「ロルカ」っていう人の作品なんですけど。
__
ロルカ。
山本
スペインの劇作家で、今回はその人の「血の婚礼」と「イエルマ」っていう本を使いました。で、ワークショップの前に役が決まっていて。各自これだけ覚えてきて下さいって。で、戯曲だけじゃなくて基礎的な身体の使い方とか声の出し方とかもやったんですけど。・・・その、「ドゥエンデ」という言葉があるんですって。芸術の精神という意味で、それは自分をも殺す事が出来る炎なんだと。これがないと意味がないという話で。使ったテキストは、既婚女性が夫ではない人を好きになったりとか、子供が欲しいけど出来ないとか、強い欲望を持った人たちが出てくる、割とドロドロした話なんですが、それを事前に読んで、考えていったんですけどもう全然あかんと。もう全然何もない。私なりには考えてるし、やってるつもりだったし、表現してるつもりだったんですけど。いや、実際やってみたら、自分でも全然何もないわと思ったんですけど。で、このロルカという人は同性愛者で。当時この同性愛は今以上に社会に受け入れられない。人に話せない。なので、ロルカは、自分の心情を男女の話に置き換えて作品を作ってて。ルティさんがジプシーの音楽を聴かせてくれたりもして。でその中で、ほんまに自分が浅いという事を感じて。
__
はい。
山本
で、私も、そういうのが芝居には必要やなと思うし、そうでなかったらやってる意味もないなと。
__
そのドゥエンデが。
山本
マレビトでも松田さんが「切実にやれ」と仰ってたりしていて。

タグ: 殺す 愛はないとぼくは思う 人が人を好きになるってすげえじゃん ギラギラした俳優 深めていきたい