質問 高木 貴久恵さんから 衣笠 友裕さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた、高木貴久恵さんから質問を頂いてきております。「一番古い記憶を教えて下さい」。
衣笠 
家族旅行で温泉に行った帰り道、転んでペロペロキャンディーを割った事ですね。家の近くまで着いて、歩いていたらこけちゃって。持っていたペロペロキャンディーが全部粉々になったんです。袋から出して間もないのに、全く手を付けてなかったのに。めっちゃ悲しくなっちゃって物凄い泣きました。でも家に帰った後に、母が一個一個洗ってくれて、パズルみたいに一個一個をお皿に並べてはいって渡してくれたんですよね。
__ 
ええっ。
衣笠 
その時、嬉しかったんですけど、ちょっと・・・自分が割ってしまった事でここまで手間を掛けさせてしまった事に悲しくなってしまって。そういう感情で、喜びたいけど喜べないみたいな状態で一つ一つをポリポリ食べたのが一番古い記憶です。
__ 
その、御母上の行動は教育そのものですね。だって、飴は粉々になってしまったけれども、手間を掛ければ戻す事が出来る。とは言っても、完全な元の飴ではない。そういう重大な事を伝えられた教育だったと思うんですよ。最初の記憶になるぐらい。
衣笠 
しかし、そこに僕は罪悪感を覚えてしまったんですよ。
__ 
お母上は、その引け目に気付いてましたよ。
衣笠 
あ、そうなんですかね。
__ 
飴を一つずつ口に運ぶ時、微妙な表情をしていたでしょう。びっくりするぐらい泣き始めた息子と、粉々になった飴、復元してみせたけれども、今度は複雑な表情になってしまって。それはお母上の心に、どのような思いを生じさせたのでしょうか。
衣笠 
何かちょっと、おかんとしても、悲しいじゃないけど、キュッとなる感情があったんじゃないかという気がします。別に新しいのを買えばいいかもしれんし、しょうがないよと諭したらいいかもしれんし、もっと簡単に終わった話かもしれんし。多分、電車の中でずっと大事に持ってたと思うんですよ僕は。帰り道、家の近くになるまで袋を開けなかったぐらい大事に。それが、母親にとっては、僕が大事にしている事が分かったと思うんですね。あともうちょっとで家なのに割れちゃったという事に対して、ちょっと悲しくなったのかなと。
__ 
旅行の帰りのお土産を大事に扱っていた。これは息子の、家族に対する裏表のない愛情表現であると母上は取ったでしょうね。だからこそ、新しい飴を買うという案は旅行の思い出を帳消しにしてしまいかねない。家に着くまでに待ちきれずに封を開けてしまった・・・パンドラの箱ですよね。
衣笠 
そうですね(笑う)
__ 
その悲しさに対して、何かをせずにはいられなかった。すっぱり諦めるという選択肢もあったが、でもあえて修復してあげる事を選んだ。そういう教育を選び取り、息子に見せた。もしかしたら、その時点で息子への放任教育は始まっていたのかもしれない。そうでなければ「自衛隊ええんちゃう」とか言わずに内部進学に行ってくれと言うはず。放任とはつまり、自由と責任という事ですね。
衣笠 
そういえば母は僕のわがままに対しては厳しく、反面、大切なものが失くしたり取られたりしたらすぐに直したり替りを持ってきてくれたんですよ。新しいものを欲しがってもダメって言うんですが。なんか、僕が大切にしているものを同じように大切に扱ってくれたと思います。

タグ: めっちゃ泣いた・号泣した SeizeTheDay 罪悪感 温泉の話題


質問 鳴海 康平さんから 倉田 翠さんへ

__ 
次なんですが、第七劇場の鳴海さんからの質問です。「最近泣いた時のエピソードは何ですか?」
倉田 
言える奴で・・・微妙なんですけど、展示の時。パフォーマンスの時に村川さんに演出をお願いするパフォーマンスがあったんです。村川さんの思う、倉田らしいと思うことを私に演出して下さい、そんで最終的には絶対泣かせてください、と。で、「昔やっていた事があるバレエを踊って下さい、と。きちんとお客さんを意識して。その後、お母さんとの思い出を喋る。」という演出が付けられて。そりゃ泣きますよ。めっちゃ泣きましたね。泣けという指示をしている事も分かりながら、さすが村川さんと思いながら泣いてました。何故か分かりませんが、悲しくて泣いたんです。お母さんはね、ケーキを焼くんですよ。差し入れに持ってきてくれて。私一時期食べれんくなった時があって。その時もでっかいシフォンケーキを焼いてきてくれて。その話をしてたら超泣きました。

タグ: バレエやってた めっちゃ泣いた・号泣した 差し入れ


vol.405 倉田 翠

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
倉田

自分を変えた、ひげプロ企画とピンク地底人

__ 
これまで、自分を変えたキッカケとなった舞台はありますか?
高山 
ひげプロ企画の旗揚げ公演「蒲田行進曲」に参加した事ですね。ヤスという、最後には階段落ちをする役をやらせてもらいました。二回生の時です。それまでは芝居は飽くまで趣味で、一段落ついたら就活しようと思ってたんですけど、僕の芝居の出来が全然駄目で、家帰って泣いたりして。芝居始めて1年半くらいでしたが、7?8分ぐらいの長台詞があったんですよ。
__ 
おお。
高山 
その公演が本当にしんどくて、その時の記憶があんまりなくて。終わって1ヶ月くらい、ぼーっとしてました。でも、それを見に来て下さったピンク地底人3号さんから出演のお誘いをいただいて「マリコのために」に出たりして。その二つの作品が転機だったと思います。
__ 
その前後で、どんな違いがありますか?
高山 
とりあえず、自分のサークルとは距離を置きました。なんて言うんですかね、飽くまで僕の周りを見ての意見ですが学生劇団はやっぱりサークルだなと思いました。友達とワイワイしたい子と、本気で芝居をやりたい子が綯い交ぜになってて許される空間だし。嫌になったら出ていけるのもあったので。

タグ: めっちゃ泣いた・号泣した 一段落ついた


vol.400 高山 涼

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
高山

和田くん

__ 
これまでに自分を変えた舞台とか出来事ってありますか?別に演劇関係じゃなくても大丈夫です。
和田 
そうですね。僕の場合は演劇じゃないですが、トマト祭りを日本でやろうと学生団体を立ち上げた事があって。
二人 
(笑う)。
和田 
日本でトマティーナをやろう、みたいな。大学では起業家精神育成ゼミという団体に入っていたり。でも、メンバー内部の状態があんまりよくなかったり、実際スペインに行ってトマティーナを体験したら、何かちょっと違うなと。
__ 
というと。
和田 
1万人2万人がいてトマトを投げ合って盛り上がる祭りだと思ってたんですが、日本人という事であんまり輪に入れてもらえなかったり・・・あとはその、風土の問題というか。スペインでやるから良いものだったんですよね。日本でしか出来ないイベントがあるんじゃないかと思って、「マンオブザラストサムライ」というイベントとか考えついたんですがそれも頓挫して。まあそれはいいとして。
__ 
伊藤 
マンオブザラストサムライ」気になる。(笑う)何するんかちょっと教えて。
飯嶋 
まあその、日本人て刀を差した時の燃え上がる大和魂というのはハンパないんで、腰に刀差して(安全な奴です)、腹とか急所に風船をくくりつけて、甲冑を付けて全員で切り合いをして、最後まで残っていた男がその年の日本男児や、みたいな。福男みたいな。これは僕の夢なのでいつかやりたいと思ってるんですけど。
飯嶋 
(笑う)
__ 
それは是非やってほしいです。
和田 
そんな企画も落ちた時に、これから僕はどうすればいいんだろうと。いつもお世話になっている人に相談したら、「お前はいつも、頑張ったら手の届きそうな事にしか挑戦せえへん。自分が怖いなと思うような事には挑戦せえへん。やったらスゴイ思われるような事ばかりやっとる」と。本当に自分が気になっている事、つまり俳優ですね。自分が行ける気はしなかったんですけど。トマティーナも「マンオブザラストサムライ」も頓挫したのをキッカケに、俳優への挑戦を始めたという感じですね。
__ 
ありがとうございます。いや、マンオブザは気になります。舞台上でやってほしいです。
飯嶋 
(笑う)やりましょう。
__ 
伊藤さんは。
伊藤 
2年前『Justice Anco』という、演劇部時代に飯嶋が脚本演出した作品です。そのときたまたま、PEOPLE PUPLEの宇田さんが見にいらしてて、僕に目を付けて頂いて。そこから出させて頂くようになって。自分が、ちゃんと俳優というものに意識し始めたのはそれが最初でした。飯嶋には頭があがらないですね。
__ 
ありがとうございます。俳優という、95%が地味な作業で占められる仕事。その上で求められる仕事の成果は、やったらやっただけ出来る性質のものではなくて複雑な上、責任もあくまで個人で背負わなければならないという酷な役割でもあって、そこに踏み出しただけで賞賛に値します。飯嶋さんは?
飯嶋 
僕はですね、東京セレソンデラックスの「夕」という作品の深夜放送を高校の頃に見た事ですね。演劇作品を見て、初めてボロ泣きしてしまって。ここまで人の感情を動かせるものなんや、と。そこから取り組み方がガラッと変わりました。感動して涙が止まらなくて。和田くんの言ってたみたいに、ふわっと軽くなって「あ、今日なんかいい一日や」と思えたんです。これが芝居かと。今までやってた芝居ってなんやったんやと。僕も、人にそういう影響を与える芝居をやりたいですね。
__ 
なるほど。そういえば私は何に感動したかな・・・そうだ、最近、ようやく青年座の作品を拝見したんですよ。実は新劇を見るのが初めてで、もう偉く感動して。一つのシステムに体系付けられた演技の学問を、俳優全員がそれぞれ深めて進化し続けているというのを印象じゃなくて体感したんですよね。
飯嶋 
最近、奇を衒ったみたいな作品が多いという印象を受けてまして。「俺らのやってるのは違うぜ」というのじゃなくて、「僕らは皆さんがやっているのと同じ事をしっかりやりました、さあどうぞ」と提示したいですね。いかんせん、このメンバーは突出した才能がある訳でもないフツーの人たちなんですよ。どう攻めるべきか?だったら、王道を一歩一歩歩んでいこうと。ただちょっと、2月の公演くらいは遊びを入れようとは思います。でも基本的には王道を歩んで行きたいですね。まあ僕らまだ若いんでこれが演劇だみたいに決めたくはないですけど。社会の中で誠実に演劇を作っていきたいなと思っています。

タグ: イベントの立ち上げ めっちゃ泣いた・号泣した ターニング・ポイント


いわきに着いて

__ 
上皇は、この作品にをご覧になったお客さんにどう思ってもらいたいですか?
高間 
笑ってもらいたいというのはもちろんですけど、福島に観光に行ってもらいたいですね。僕の原発についての考えなんかよりも。まあ大きいのは、今回参加の10数人、僕が企画しなければ、まず福島には行ってなかったでしょうから。実際に見てきたという体験は大きいんです。
__ 
そうですね。
高間 
あの丸山交通公園が、現地で面白い事を言わなくなって泣いてたんですよ。「高間さんここ無理っすわ」って。いわきに着くまではバスの中ではしゃぎまくってたんですけど、富岡に入ると押し黙ってしまってうるってなってましたね。
__ 
あらすじによると、今回の作品の舞台は滋賀県の高校の修学旅行の行き先を決める政治劇だそうですね。遠く離れた滋賀県から、どんな人達がどんな思いで福島を見るのでしょうか。芝居の結末も気になりますが、そうした意識の問題についても興味が出てきますよね。

タグ: 泣く観客 どう思ってもらいたいか? めっちゃ泣いた・号泣した 政治とパーティー 反応し合う


ピンク地底人3号との一人芝居「暗闇から手をのばせ!」

__ 
先日、細見美術館でピンク地底人3号さんとの一人芝居「暗闇から手をのばせ!」がありましたね。見たかったです。
楠  
嬉しいです。ありがとうございます。
__ 
どんな経験でしたか。
楠  
一番大切で、大事な作品になりました。初めての一人芝居で。
__ 
見たかったですね。
楠  
3号さんは今回が初めましてとういわけではなかったのですが、作品を一緒に作るのは初めてでした。けんかもいっぱいしました。
__ 
あ、喧嘩してたんですか。
楠  
はい笑。言い争いとかにはならないのですが、沈黙のけんかというか、、私もしょっちゅう泣いてました。内容は、一人の女の子と納棺士の話です。この金髪も作品の為に染めました。会場での声の聞こえ方や見え方の問題もあったし、私自身の技量の問題もあったのですが、嬉しいことも嫌なことも沢山言われました。
__ 
反響があったという事ですよね。良かったじゃないですか。ご自身としてはどんな経験になりましたか。
楠  
一つあげるとしたら、私は本当に取り繕って生きていたんだなあ、と、そういう事に気付きました。
__ 
というと?
楠  
稽古の間中、ずっと3号さんに「取り繕わないで」と言われてたんです。「もっと、普段の喋っている時・喧嘩しているときみたいにしてほしい」と。「演技で怒っている時よりも、今みたいに喧嘩して泣いている時の方が切実で、それをやってほしい」、って。それなりに演劇をやってきて「演技しているモード」みたいなものは私には無いと思ってたんですけど、やっぱりあったんですね。いつの間にか勝手に身に付いていた。それに普段誰かと喋る時においても、多かれ少なかれ取り繕っているんですよ。
ピンク地底人3号 × Quiet.Quiet 真夏の合同公演
公演時期:2014/8/27~29。会場:細見美術館内 CAFE CUBE。

タグ: めっちゃ泣いた・号泣した 一人芝居 ピンク地底人


vol.381 楠 海緒

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
楠

でも、辞めなくて良かった

大西 
自分について話すとき、どうしても自分の根本的な部分に触れるしかないんですけど・・・。私、両親を早くに亡くしているんです。両親がいなくなってからは親戚に引き取ってもらって居候していました。自由な空間も勿論お金も無くて、エスカレーター式のお嬢様学校に行っていたんですけど、誰にも説明出来なくて。周りが羨ましくて。その18歳の時は自分の人生の中でも低迷期というか、つらい時期でした。ここから芝居の話なんですけど、当時既に演劇はしていて。家が無くなっても芝居だけはやめたくないと思っていたんですね。その時の気持ちが、何かがあったときも自分を支えてくれていると思います。
__ 
孤独で立つ事を知っている人が、演劇を続けているというのは、ああ何かそういうものなのかなと思います。
大西 
当時は親戚の家で今までと全然違う生活をして、しょっちゅう泣いてました。でもそんなところ誰にも見せられなくてよくお風呂場で泣いてたり。だけど当時関わっていたミュージカルで、踊ってた時だったかな?笑ったんです、私。こんな時でも笑えるんだ、って自分でも意外で。ハッピーな作品だったんですね。なんかめっちゃ笑ってました。そうか、自分の人生じゃないところで、笑う事が出来るんだって。
__ 
そうですね。大西さんご自身と、大西さんの境遇はあんまり関係ないですからね。
大西 
大変だったんだなあ、あの頃は。何で辞めなかったんだろう。でも、辞めなくて良かったと思います。
__ 
その2年後、ニューヨークに行くぐらいですからね。
大西 
高校の頃は卒業しないと行けないから、バイトはあんまり出来なかったんですね。卒業してからはやっと働ける!って。19の時は6つバイトを掛け持ちしてました。1年間、3時間以上寝た日は無かったです。今はそんな事出来ないですよ(笑う)

タグ: お風呂 孤独と演劇 めっちゃ泣いた・号泣した 自分は何で演劇を


女性がいざ近寄ってくると怖い!?

__ 
ゴジゲンの芝居を通して、お客さんにどういう気持ちになってほしいですか?
松居 
僕らが掲げているのは、9割の人が笑って、1割の人が号泣するという。感じ方は別々でいいんですけど。
__ 
なるほど。
松居 
例えば、明日自殺しようとしている人が再来週にしようか、という。ちょっと生きてみようって思ってもらいたいです。
__ 
感じる作品なんですね。
松居 
ホントに最近なんですよね、そういうように思い始めたのは。以前はベタなコメディばっかりしていて。これでいいやと思ってたんですけど、そんな事をしていていいのか。誰かの心に届いて欲しいって思ったんです。
__ 
そう思われるようになったキッカケって。
松居 
先輩劇団のヨーロッパ企画さんにお世話になっていて。諏訪さんに「ゴジゲン」って名前を付けてもらったり。書き始めたのも、上田さんの芝居を観てというのがあります。でも、コメディやっていてもヨーロッパ企画さんに敵わないと思ったんですよね。
__ 
では、ゴジゲンではどのような芝居を。
松居 
第六回公演で「チェリーボーイ・ゴッドガール」という芝居を作ったんです。それは、童貞達が童貞を捨てたいと嘆いて、偶然合コンに行けて、童貞を卒業するかしないかでワチャワチャもめて。最後に女の子がやってきて、みんな怖くなるんです。それで全員集団自殺するっていう。
__ 
あはは(笑う)。
松居 
最悪のオチで、めちゃくちゃ怒られたんですけど、お客さんの一部がスッゲー良かったって言ってきてくれて。それまでどんだけ笑いを取っていても、そんな風に言ってくれる人はいなかったんですよ。すこしづつ、そちらの方にシフトしていっていますね。
__ 
恋人が欲しいと思いつつも、異性の方から近寄られると怖がって逃げてしまう。最近は恋愛から遠ざかる人が多いらしいですが、案外そうした恐怖が関係しているのかもしれませんね。
ヨーロッパ企画
98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内において上田、諏訪、永野によりユニット結成。00年、独立。「劇団」の枠にとらわれない活動方針で、京都を拠点に全国でフットワーク軽く活動中。(公式サイトより)

タグ: 「ベタ」の価値 めっちゃ泣いた・号泣した その題材を通して描きたい


森さんには泣いて欲しい

__ 
今まで出演されて来た中で、ご自身の転換点となる作品は。
森  
それはやっぱり、飯田茂美さんの作品ですね。彼の作品に出た事で、役柄というものが180度変わったんですよ。
__ 
そんなことがあるんですか。
森  
彼の演出した舞台で、私一人で10分間泣きながら自分のことを語るというパフォーマンスをさせてもらったんです。それが本当に苦しくって。稽古場を飛び出すくらい。飯田さんって、良くも悪くも出させる人なんですよね。出演が決まった時に「芝居しないでほしい。森さんには泣いて欲しい」って。
__ 
なるほど。
森  
それまで明るい役ばっかりだったんですが、実は暗い役もやってみたかったんでしょうね。そういう陰の部分に光を当てて下さったんです。私それまで号泣なんてしたことなかったのに、それが凄く良かったって仰って下さる人もいて。それ以降、陰な役が来るようになりました。
__ 
ご自身の、演技に対するイメージも変わった。
森  
「演技しないで欲しい」という言葉を受けて、やっぱり演技した方がいいと思ったり、演技をしない体の魅力に気づいたり。勉強になりましたね。
飯田茂美さん
1998年より、マルチ・アーティストとして世界各地で活躍。ポエトリー・アクション、収穫祭プロジェクト、現代美術の分野での活動、先進的な舞台人たちとの共同作業など、既成の枠にとらわれることなく多方面に拡張(公式サイトより)

タグ: めっちゃ泣いた・号泣した


vol.132 森 衣里

フリー・その他。

2010/春
この人のインタビューページへ
森

帰り道にもう一度、泣いてしまう舞台

__ 
長尾さんが芝居を面白いと思うポイントってどこなんでしょうか。
長尾 
やっぱり、芝居の価値って、あくまで見ている最中の体験にあると思っていて。昔、PM/飛ぶ教室の作品を見た時に帰り道でもう一度泣いてしまった事があるんですよ。
__ 
というのは。
長尾 
親友の女の子3人が国籍の問題や事件に巻き込まれて一人が行方不明になるお話だったんです。3人は最後には再会できるんですが、そこで泣きながら「また昔みたいに3人でアホな話しよう」って言うんです。それ以外何も言えない。その頃、私の2人の友達それぞれが家庭や仕事で大変な時で、私だけが色々うまくいってて・・・、オーバラップして泣いてしまったんですね。
__ 
なるほど。
長尾 
それは私の個人的な体験だから、という話ではなく、それを思い起こさせた演出・蟷螂襲さんの力なんですよね。
__ 
分かります。それが、観劇の面白さイコール芝居を体験するということなんですね。
長尾 
そういう作品は、自分が気付かなかった引出しを開けてくれるんです。
__ 
やっぱり演劇というか演技って、もの凄く細かい表現が出来るメディアだと思うんですよ。人間を使っているから。
長尾 
うん。舞台の上の登場人物の気持ちが分かるのは、それが同じ人間だからかな。やっぱり、人は人が好きなんですよ。
__ 
人間は人間から興味を離せないと。だから演劇が生まれて、今まで消えずにあるのかもしれませんね。

タグ: めっちゃ泣いた・号泣した


vol.129 長尾 かおる

フリー・その他。

2009/春
この人のインタビューページへ
長尾