その瞬間

__ 
演劇を始めたキッカケを教えて下さい。
森  
大学に入って、隣にいた友達が演劇に興味があったらしくて。それで付いて行ったら意外と本格的だったんです。龍谷大学の劇団未踏座にはいりました。
__ 
九鬼そねみさんはご存知ですか。
森  
はい。雲の上のような存在のOBです。お世話になっていました。
__ 
九鬼さんの後輩・・・。演劇を始めた頃にみた衝撃作は。
森  
京都ロマンポップさんの「人を好きになって何が悪い」という作品で、演劇って凄いなと。あとはベビー・ピーさんの「はたたがみ」です。その二つはもう・・・今でも物凄く残っています。
__ 
確かに、どちらも凄かったですね。森さんは、舞台に立っていて「この一瞬が好き」というのはありますか?
森  
舞台上でシーンとしている時ですね。役者が集中していて、次の動きの時にバッと、役者全員が反応するような。上手く言えないんですけど、あの間は凄く好きです。
__ 
客席に座っている全員が、その新しい時間を見ていると自覚しているでしょうね。役者全員が、同じイメージに集中しているから、みんな同調している。

タグ: 役者全員の集中が一致 人脈・コネクションの大切さ はたたがみ 衝撃を受けた作品 九鬼そねみ 人が人を好きになるってすげえじゃん


あなたが好きな物が好き

__ 
九鬼さんがお芝居を見た頃に見た、衝撃を受けた作品を教えてください。
九鬼 
私、これは癖なんですけど、その時周りにいる近しい人が何かの作品を見て、首ったけになっている姿を見て、うわああってときめくんですよ。ああ、面白そうにしている。ああ、って。
__ 
例えば。
九鬼 
本谷有希子の作品にハマっている友達がいて、作品に夢中になっている姿が可愛くて。だから、本谷有希子というよりは、本谷有希子を観ているその子に、衝撃を受けたといえば、受けた。
__ 
ときめいている姿にときめく。
九鬼 
はい。
__ 
瑞々しい感覚ですね。分かる気がします。ご自身にはなぜそういう感じ方があると思われますか?
九鬼 
自分の目に自信がないんでしょうね、きっと。あなたが好きな物が好き、という言葉になるんですけど。私がこの人センスがいいなあと思う人がいたとして、その人は最初私のことをそんなに好きじゃない。私が心底頑張って、その人がもし私の事を気に入ってくれたら、その人が好きになったものなら私も好きになれるから、それで自分を肯定出来そうな気がする。という気持ちですかね。
__ 
なるほど。
九鬼 
自分の碇を持ってる人はセンスがいい気がします。努力クラブの稽古場でも、合田くんや丸山くんがどういうポイントで笑うかが面白いんですよ。本当はお客さんにそこを見て貰いたいですね。

タグ: 衝撃を受けた作品 人が人を好きになるってすげえじゃん 本音の価値


京都ロマンポップ 本公演「幼稚園演義」

__ 
さて、京都ロマンポップの昨年の本公演「幼稚園演義」。大変面白かったです。歌舞伎の格好とセリフを用いながら、内容自体は幼稚園児の心情をデフォルメしたものだという形式が非常にユニークでした。後半、向坂さん演じる主人公の男の子の語りだったという事が明かされて、その仕掛けの意味が分かるという流れも良かったです。セットも映像も、とても凝っていました。
向坂 
実は歌舞伎にはあまり詳しくなくて。最後まで参考資料は使わなかったんですよ。変に引きずられるよりはいいかなと思って。
__ 
なるほど。
向坂 
元々海外公演をしようと思っているんですが、その試作第一弾ですね。エセ歌舞伎を使ったちゃちい日本っぽさを他ならぬ日本人が演じる面白さが外面にあって、内容としては、日本という国の生活を、幼稚園児を通して伝えたかったんですね。日本人って意外とこういう所があるんだと、表現したかったんです。
__ 
そういえば字幕もありましたしね。海外が射程にあったんですね。
向坂 
脚本家が、今海外に出ているんです。日本の文化を発進しようという思いもあって、僕が演出したら・・・という。形になって良かったです。
__ 
もう一度観たいです。
向坂 
あれは再演したいですね。他にも、「沢先生」や「人を好きになって何が悪い」も、脚本を練ってもう一度再演したいです。
京都ロマンポップ第11回公演『幼稚園演義
公演時期:2011/8/26~30。会場:元・立誠小学校講堂。

タグ: 日本人の美意識 人が人を好きになるってすげえじゃん その題材を通して描きたい 俳優を通して何かを見る


主観的

__ 
仮説なんですけど、ホモセクシュアルという文化は世間から「あいつらはとってもエッチだぞ、とにかく閉鎖的で、気持ち悪い異質だぞ」という目で見られているんじゃないかと。
田中 
ええ。とくに日本ではまだ。
__ 
しかし男性が恋愛対象として男性を見るというのは、実際は全く不思議な事ではない、むしろ男性が男性の良さを理解する事は至極当然の事かもしれないんですよね、まあ仮説なんですけど。
田中 
なぜプライヤーがルイスを好きなのか、自分とは真逆の人を好きになるという構造なのかと最初は思ったんですけどね。今は、主観的な目線を見つけたいですね。
__ 
主観的な目線?
田中 
俳優としてこうしてやろうとかじゃなくて、まずそのシーンは何なのかとか、ルイスって何なのかとか、そういうものを見つけてからじゃないと、演技するときの視線なんてわかんないのかなと思います。
__ 
逆に、そうした視点を見つけ出せた時には、役を演じる上で必要な事が揃っているんじゃないですか?
田中 
そうかもしれません。が、僕が演じるプライヤーも人間なので。捉え方は固定出来ないんですよね。
__ 
他の俳優が複数の役を持って多面性を持っているように。

タグ: 人が人を好きになるってすげえじゃん 見られている事を意識する


「好き」ってすげえじゃん

__ 
さて、三浦さんは今後、どんな感じで攻めていかれますか。
三浦 
ロロはこれまで、ずっと「好き」というのをテーマにした作品を作ってきました。「好き」ってすげえじゃん、って全肯定して。もちろん、そのままやるのは照れるので、時々ふざけたり、最悪だけどさ、って言いながら。それでもひたすら、愚直に誠実に「好き」描いた作品を作りたいと思います。
__ 
なるほど。今回のコントもそうでしたね。
三浦 
年末の本公演は、この毎月やっている作品の集大成になればと思います。
__ 
なるほど。では、ロロの今後の方針としては。
三浦 
旗揚げしてから本当に恵まれているなと思っていまして。これからいかに売れていくかを考えていきたいですね。カンパニーの個性をいかに磨いて、芝居にアップロードしていくか。
__ 
ロロの個性を磨く。
三浦 
もっともっとふざけて行きたい、ふざけようと思ってふざけているのから離れるぐらい、無意識にふざけていられるくらいになりたいですね。

タグ: 人が人を好きになるってすげえじゃん 今後の攻め方


ドゥエンデ

__
今後、俳優として目指していく方向とかは。
山本
今回のワークショップでもつくづく思ったんですけど、自分の演技の浅さなどを痛感しました。深めていきたいと思います。
__
深めていく。深い演技とは、具体的にどのような事を指すのでしょうか。
山本
具体的に。いや、ワークショップ行った直後で、普段思ってる事と見聞きしてきた事が混ざってね、普段のが・・・。
__
一週間もですしね。
山本
今回受けてきたのはルティ・カネルさんというイスラエルの演出家の方のワークショップで、テキストにした戯曲が「ロルカ」っていう人の作品なんですけど。
__
ロルカ。
山本
スペインの劇作家で、今回はその人の「血の婚礼」と「イエルマ」っていう本を使いました。で、ワークショップの前に役が決まっていて。各自これだけ覚えてきて下さいって。で、戯曲だけじゃなくて基礎的な身体の使い方とか声の出し方とかもやったんですけど。・・・その、「ドゥエンデ」という言葉があるんですって。芸術の精神という意味で、それは自分をも殺す事が出来る炎なんだと。これがないと意味がないという話で。使ったテキストは、既婚女性が夫ではない人を好きになったりとか、子供が欲しいけど出来ないとか、強い欲望を持った人たちが出てくる、割とドロドロした話なんですが、それを事前に読んで、考えていったんですけどもう全然あかんと。もう全然何もない。私なりには考えてるし、やってるつもりだったし、表現してるつもりだったんですけど。いや、実際やってみたら、自分でも全然何もないわと思ったんですけど。で、このロルカという人は同性愛者で。当時この同性愛は今以上に社会に受け入れられない。人に話せない。なので、ロルカは、自分の心情を男女の話に置き換えて作品を作ってて。ルティさんがジプシーの音楽を聴かせてくれたりもして。でその中で、ほんまに自分が浅いという事を感じて。
__
はい。
山本
で、私も、そういうのが芝居には必要やなと思うし、そうでなかったらやってる意味もないなと。
__
そのドゥエンデが。
山本
マレビトでも松田さんが「切実にやれ」と仰ってたりしていて。

タグ: 殺す 愛はないとぼくは思う 人が人を好きになるってすげえじゃん ギラギラした俳優 深めていきたい