朋恵さんがピンときたら

__ 
こまち日和を立ち上げた経緯を教えて下さい。
西村 
わたし、今までどこの劇団にも所属したことが無くて。フリーだったんですよ。フリーは声を掛けてもらうのを待つしかないんですけど、それじゃ駄目だなと。何か発信していかなきゃと思ったのがキッカケですね。あと、色々企画をするのが嫌いじゃないので。
__ 
好きなんですね。
西村 
こういう事をやったら面白いなと思い始めたらどんどんアイデアが湧いてくるんです。やってみよう、という思いを何かの打ち上げでチャーハン・ラモーンさんに話したら「じゃあ、俺書くよ」とポロッと言ってくれて。
__ 
なるほど。
西村 
それからしばらくして本当に書いてもらえる事になって。それまでコントの脚本は書いていたけれど、お芝居の脚本と演出は初めてだったんです。なのにあんな素敵な作品を書いて下さって。立ち上げから一緒につきあって下さってチャーハンさんがいなかったらこまち日和は無かったと思います。
__ 
つまり、チャーハンさんが恩人という訳なんですね。毎回、どんな経緯で企画していくんですか?例えば今回の宮川サキさんは。
西村 
今回は、サキさんにお願いしたい!という気持ちがあったんです。普段お話ししていて、サキさんは作・演出できる人だって感じていて。wake.3が終わった頃からサキさんにお話していたんですよね。作・演出の方の存在が最初なのかな。サキさんは一人芝居の作品は創られていますが、大人数の脚本と演出は初めてなんです。関わって下さる方みんなが、普段とは違う姿をこまち日和で見せて欲しいなという所もすごくあって。会場も含めて、「初めて」が好きなのかもしれないです。
__ 
確かに。
西村 
まず、作演出の方ありきで、一緒に出演者も決めて行って、会場を決めて。普通とは違うぐらい、がっつり組んで頂くんです。
__ 
この人に書いてもらいたいと思う、そのセンサーはどこから?
西村 
私、とにかくひらめき型というか。ピンって来るんです。竜崎さんの時も、wake.2が終わってしばらく休もうかなと思ってたところに「あ、竜崎さんだ」って思って、帰りの車の中で話したんです。一緒にやってください、って。メンバーが集まった時もいい座組になるって見える?ピンってくるんです。言葉ではうまく言えないですけど。
__ 
その勘はどこで培われたんでしょうか。
西村 
昔から、あまり大胆な事はしないように見えて変な所大胆なんです。一人で海外に行ったり、留学したり。その時も多分、ピンって来てるんです。
__ 
その行動力、羨ましいですね。
西村 
私、名前が朋恵って言うんですけど。「友達に恵まれますように」って願いが込められてて。旅行先でもいい人に出会えて、普通の旅なら行けない場所や食べられないモノに出会わせてもらえたり。こまち日和に関しても、本当にいい人達に巡り会えていて。周りの方達に恵まれているというか。この名前を付けてくれた両親に感謝です。

タグ: この座組は凄い エネルギーを持つ戯曲 混成軍的な座組 宮川サキさん