不慮の事故から始まる、他でもないあなたの物語

__ 
最近、戒田さんがお考えになっている創作のヒントについて教えてください。
戒田 
それは自分が知りたいぐらいで・・・自分のスイッチがどこにあるのか、自分も知りたいくらいです。今の連作、観覧車が倒れる事故が始まりという縛りでやってますが、そういう縛りがあった方が書きやすいんですよね、何故か。
__ 
では、観覧車が倒れるというモチーフってどこから出てきたんですか?
戒田 
それをね、忘れてしまったんですよ。あの時の創作ノートがどこかに行ってしまって、15周年が始まる前に1年ぐらい探してたんですけど、出てこなくって。プロデューサーの相内さんに企画を細かく説明出来るぐらい作ったのに。
__ 
相内さんに聞いたらいいんじゃないですか?
戒田 
彼もね、覚えてないみたいで。
__ 
うーん、何でしょうね。人生そのものと輪廻を表している、とかですかね? 観覧車のゴンドラ=人体でもあり、その中に閉じ込められて、誰もが全く同じ道を通るという提喩で、その事故だから早死を表しているんでしょうかね。
戒田 
そういう見方も出来るかも・・・でも、震災を挟んで意味が変わりましたよね。亡くなられた方々にとっては理不尽そのものですから。
__ 
理不尽な死。
戒田 
そうですね、最初に「ツキカゲノモリを書いた時とは、意味合いは変わっていると思います。
__ 
なるほど。では、この作品をご覧になった方に、どう思ってもらいたいとかはありますか?
戒田 
正直に申し上げて、何を持って帰っていただくかはお客さん次第だと思っていまして、物語に感情移入していただきやすいように頑張るだけです。モチーフがモチーフなので、必然的に何かを持って帰って頂けるんですよね。そこを想定するのは放棄したと言ってもいいかなあ、と。
應典院舞台芸術祭 space×drama2009 満月動物園 子の刻『ツキカゲノモリ』
公演時期:2009/7/31~8/2。会場:シアトリカル應典院。

タグ: コンセプチュアルな作品 震災 月についての話題


月の光ってこんなに明るかったんだ

___ 
ツォウさんがものを美しいと思うのは、例えばどんな時ですか?
ツォウ 
景色を見た時とかですね。沸点が低いのか、ちょっと高いところに上って景色を眺めると「美しい」と感じますね。それと、夕日が好きなんです。照明の勉強がてら、この光はどうすれば作れるのか考えたり。それと月光が好きですね。
___ 
月の明かりはいいですよね。あれはとても明るいと感じるんですよね。
ツォウ 
そうですね、街灯の下にいると分かんないんですけど、田舎の方にいくともの凄く濃い影が出るんですよね。明るすぎて。月明かりを照明で作るというのが夢です。なかなか難しいところなんですけど。
___ 
あれは月という衛星に太陽光が当たってるだけなのになぜあんなにも明るいのか。
ツォウ 
太陽光、凄いですよね。

タグ: 月についての話題