ライブの翌日

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。岡田さんは、悪い芝居のメンバーで、音楽をなさっているんですよね。入団は1年程前、役者としてステージに上がられている姿も拝見しました。昨日は劇団とは別で結成しているバンドJamokashiが参加するライブだったそうですね。いかがでしたか?
岡田 
めっちゃ良かったです。その後、朝まで飲んでました。これ、昨日のイベントのチラシです。
__ 
あ、Jamokashiの名前がありますね。
岡田 
その界隈ではそうそうたるメンツの人たちとやれました。刺激的な時間でした。
__ 
ざくっとした聞き方ですけど、Jamokashiではどのような音楽を作られるのでしょうか。
岡田 
レゲエをベースにした、DUBの要素も取り入れた歌ですね。こういう曲です。
__ 
ありがとうございます。
__ 
(ヘッドホンを外す)いい曲ですね!ここでこういう音が来てほしいという気持ちがあって、そしてその期待を裏切らずに乗せてくれる感じがします。それも、予想しないような、ユニークな音で。
岡田 
面白い事はしたいという気持ちはありますね。ギターを使っているんですけど、途中でバイオリンの弓で弾いてアクセントを加えたり。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
ドラム&ベースが絡み作り出すビートの上でリズムを刻むギターとキーボード。フルート、シンセが遊ぶメロディーに浮かぶヴォーカル!ルーツを独自に解釈し再構築された新しい音楽はJamokashiでしか鳴らせない、彼らにしか響かす事のできないアンサンブル!岡田太郎(Gt./Vo.)楠野遼(Key./Cho.)ボーイミーツマドカ(Fl./Synth./Cho.)クロ(Ba.)井下祥平(Dr.)の様々な分野で活動している5人からなる歌モノ、インスト関係なく、チルアウトにも、ダンスにも、メッセージを伝える為にも、素敵な音をルーツから広めて行くためにも日夜オシャレにアートにROCKなVibesをDigし続けるバンド。それがJamokashi。2011年5月、バンド結成初ライブをいきなり初の自主企画イベントとし東京からRiddimates、京都のAYA OTO WORLDをゲストに迎え大成功に収める。その後も主催イベント”Riddim Jam”にてワンダフルボーイズ、AYA OTO WORLDと共演するなども精力的に活動を続けている。(公式サイトより)

タグ: メロディ 音楽経験が生きる 楽器の話題・バイオリン


次は僕が伝える番

__ 
岡田さんは、いつごろから音楽を志されているんですか?
岡田 
中学校の頃でした。僕は野球部に入っていたんですけど、最後の試合に負けて。俺たちの夏は終わったみたいな事になって、夏休みが暇になったんです。それで、ギターを始めようと。
__ 
最初は、カッコ良かったから?
岡田 
そうですね、でもスカとかレゲエとか、ジャマイカの音楽を聞き出してからはちょっと違って来ました。スカパンクを聞き出したら、これ気持ちいいなと。そこから自分の好みを掘り出していったんです。まず、2Toneスカが好きになって。で、スカはどこから来たんだろうと調べると、1960年代のジャマイカのバンドがスカを作ったと言われていて、それが今の時代の僕にでもすごく新しいと思えるんですよね。
__ 
Jamokashiでは岡田さんがボーカルもされているんですね。
岡田 
スカは基本的に踊る為の音楽なんですが、同時にメッセージも伝えられるジャンルだと思っているんです。そこが最高にいいんですね。
__ 
確かに、歌詞も、伝える為にはっきりと歌われていますね。
岡田 
歌詞、僕の思っている事をそのまま歌っているんですよね。
__ 
だから、日本語のイントネーションもそのままですね。いじったりしていない。何故でしょうか。
岡田 
僕がある歌を聞いて、おおっと感じた事。次は僕が伝える番だと思っているからですね。
__ 
気持ちを共有する。
岡田 
そうですね。ホンマに音楽を志したのはそう思ったからです・・・

タグ: 音楽経験が生きる