「あいつは元々、将来を嘱望された選手だったんだ」

Q本 
私、体育会系だったんですよ。石川県の能登半島生まれなんですけど、そこはソフトテニスが盛んで。小学校3年生から始めて、中学では全国大会で優勝したんです。
__ 
ええっ!
Q本 
インターハイは3位でした。国体も3位、ジュニアオリンピックも3位。・・・3位ばっかりで言ってて情けないですけど(笑う)一応大学までずっとやってたんです。
__ 
ええ。
Q本 
文化的なものに縁が持てないまま30まで来てしまい、突然演劇を始めました。
__ 
そんな、将来を嘱望されたテニス選手が。得意な技術はなんでしたか。
Q本 
言っても軟式なので、硬式とは違って試合時間も短いし、身体能力よりも駆け引きで勝てちゃったりしたんですよ、当時は。今はちょっと違うんですけど。私は、その、「駆け引き」がわりと得意だった気がしますね。
__ 
相手の性格を観て、構成するという事ですね。
Q本 
そうですね、この子はパッと見気が強いけど、大事な場面では攻めてこられないだろうな、とか。配球の中で性格を見つつ、ゲーム序盤では大人しくしておいて、競ってきたら攻めようみたいな感じで作戦を立てるのが好きでした。
__ 
そういう人とお話するのはさすがに初めてですね。
Q本 
演劇とは関係ないことを、調子に乗って喋ってしまいました、スイマセン(笑う)

タグ: 調子のってた マイブーム


2013年9月の木皮成

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、木皮さんはどんな感じでしょうか。
木皮 
最近は、マイブームですがブレイクダンスをやっています。これまでコンテンポラリーしかやってこなかったんですが、既成ジャンルもやりたいなと。結構、まじめに基礎固めしてます(笑)。

タグ: マイブーム


vol.320 木皮 成

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
木皮