「誰からも『面白い』といわれるもの」

__ 
今年のDance Fanfare Kyotoは話し合う場が大切という事で、私もそれはとても大切だと思っています。お客さんが今見てきた舞台(実際にあった現実)の話題が出来るというのがパフォーミングアーツだけが持つ価値に違いない。まあ、話すのが好きじゃない人もいますけどね。
川那辺 
そうですね。私は、この企画をやろうと思ったきっかけが、去年のDance Fanfare Kyotoの『SYMPOSION』なんです。あれも話す場だったでしょう。私はあの時、すごく面白かったけど違和感もあって。
__ 
出演者があるテーマについて話すのを見る、変わった作品でしたね。違和感とは?
川那辺 
出演者が自分の興味のある特定の分野だと話すんだけど、そうでなければあんまり話さない。そういう事がちょっと引っかかったんです。もちろん、自分の興味のある事を突き詰めたり、専門性を否定する訳じゃないのですが。でも、作品を見てもらうのは不特定多数の観客じゃないですか。
__ 
そうですね。
川那辺 
あの作品をみたとき、観客には不特定多数という存在がいるにも関わらず、出演者のなかにはそれが無意識のうちにすっぽり抜け落ちていて、ある特定の相手が決まってきているのではないかと気になったんですよ。じつは、舞台制作をしていた時もずっとそのことが気になっていました。私は単純に、「舞台は凄く面白いよ」という事をいろんな人に伝えて、もっと劇場にくる人を増やしたいと思っています。そう思い続けて、巡り巡って、今は演劇やダンスのワークショップをコーディネートする仕事を中心にしています。対象は子どもや障がいのある方、高齢の方が多いです。場所も京都市内じゃなくて、さまざまな地域で活動させていただいてます。ワークショップは、私にとって、演劇やダンスの面白さを伝える1つのツールだと思っています。その仕事を通じて仲良くなった人たちには、やっぱり最終的には劇場に足を運んで、舞台作品をみてもらいたいんですね。それで、「面白い」と思ってもらいたいんです。で、そう思ってもらいたいなら、やっぱりアーティストと呼ばれる人たちには、誰からも「面白い」といわれるものを作ってもらいたい。で、私が思うに、そうした作品を作ってもらうには、まずは自分の言葉で不特定多数の人と話すという事に慣れて欲しいなというのがあるんです。色んな世界をもっと見て欲しい。すると自分の言葉が、実はある特定のコミュニティの中でしか通用していない、という事に気づくんじゃないかと思うんですよね。
__ 
それは正にそうですね。
川那辺 
そういう事を色々狙って、こういう企画を立てました。これは、もちろん一般の方もきてもらいたいのですが、ダンサーの方に来てもらいたい。そして、さまざまな視点を持ってもらえたらと思っています。

タグ: 観客への思い 私の好きなあの劇団 自分で考えてきたもの、の価値 残したいという気持ち


引き出しをお互いに開ける

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
勝二 
すごく抽象的なんですけど、自分が光る事によって相手役がもの凄く光るようになったらいいなあと。やっぱり自分一人では出来ないなあという事を、もう長いあいだ痛感していて。芝居を始めた最初の方はああしてやろうこうしてやろうみたいなのがあったんですけど、そういう風に自分で考えてきたものは9割面白くなくて。現場に入って相手とやる事によって生まれるものがホントなんだなと。相手を引き出せる役者に魅力を感じています。そういう事をやるには自分がまず光らないといけないような気もしていて、そこから引き出しの開け合いみたいになれば。そういう事が出来たら物凄い楽しいと思っています。
__ 
匿名劇壇の松原さんとの話の中でも近い事が話されたと思います。会話劇で、自分演技が上手くなったと錯覚するほど転がしてくれる人、というのが凄い人だ、みたいな話しになりました。でも、「引き出しの開け合い」とはまさに理想ですね。
勝二 
そうですね、自分から開けてしまうと失敗するんですよね。俺こんなんあるぜ、みたいなんじゃなくて。
__ 
そして、お客さんにも開けられるかもしれませんしね。
勝二 
そうですね、同じく演出家にも言える事かもしれません。

タグ: 引き出し合う いつか、こんな演技が出来たら 自分で考えてきたもの、の価値


vol.397 勝二 繁

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
勝二

自分、ギリ、暗い客席を前にして

__ 
佐々木さんが考える、魅力的な俳優って、つまり面白カッコいいという事?
佐々 
何て言ったらいいんだろうなあ。自分を管理している事でしょうか。
__ 
というと?
佐々 
緊張という事じゃなくて、自分の体を完全にコントロールしていたら、その内自分の周りもコントロール出来るんじゃないかと思っています。自己管理出来ている人、ですね。所作とかも、ナリじゃなくて自分で考えてやっている。福谷が良く言ってるんですが、瞬きがコントロール出来る、汗を調節出来る。自分をちゃんと、管理出来ているかどうか。
__ 
なるほど。
佐々 
美空ひばりも歌っている時、演出に従って自分を管理しているんですよきっと。大竹しのぶも、「泣いて欲しい」と指定された時に「右からですか?左からですか?」という質問が出たって伝説がある。そこまで自分を管理出来たらそれは凄い役者だろうと思うんです。管理出来ていたら、演出に従って自由に色々試せるんですよね。真っ白で立っている訳じゃなくて。
__ 
久々にそういう、禁欲的な考えをする役者に出会いました。
佐々 
感情だけで動く演技ってあんまり好きじゃなくて。熱くなっている演技の最中にも冷静でいたいんですよ。芝居中に何やっていたのか分からん、というのが怖いです。「ハムレットのようなもの」の時はまさにそうだったんですよね。所作一つ一つには拘っていたんですけど、感情を出すという事は大事にしていたので。自分が制御しきれるかギリのところを攻めていて。それはすごくいい経験だったんですけどね。
__ 
それは凄いせめぎあいですね。
佐々 
僕は動きを管理しようとしていたんですが、本間広大は良しとしてくれなくて。だらしない体であってほしい、役者としてちゃんと立たれたら嫌だ、佐々木誠として立って欲しいと言われたんです。
__ 
それは難しいなあ。
佐々 
セリフを喋りながらも頭で考えている別の事を想像させてほしい、みたいなスッゲー高度な事を言われて。それに挑戦した芝居になったと思います。出来てたかどうかは分かりませんけど。

タグ: 頭が真っ白になる 瞬きの数をコントロールする俳優 自分で考えてきたもの、の価値 大竹しのぶ


質問 佐藤 和駿さんから 鄒 樹菁さんへ

Q & A
___ 
前回インタビューさせていただいた佐藤さんから質問を頂いてきております。「プロとは何でしょうか」。
ツォウ 
それは僕も考えています。ただお金が貰えるからプロと呼べる訳ではないんですよ。お金を貰う事は自覚した上で、それに見合った以上のものを出せる人かなあ、と。偶然出たものではいけないんです。自分で考えて出したものであるべきなんですね。
___ 
偶然に良いものが出来る事はままある。しかし、美意識だとか研鑽は全くない。そんな空っぽの結果じゃない、実力を積んだ人が考えの末に作ったもの。
ツォウ 
そうですね。期待以上のものをどんどん作っていける人、なのかなと。

タグ: 自分で考えてきたもの、の価値


あの時代から数歩離れて

__ 
玉一さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
玉一 
高校3年の頃、文化祭で演劇をやろうと誘われたんですよ。水球部・テニス部・書画部の仲良しで集まって。三谷幸喜さんのTVドラマのある一話を演劇化する企画でした。それまで演劇なんてやった事無かったんですけどね。それから大学に入って友達にすすめられてラーメンズのDVDを見たんですが、凄く世界観が独特じゃないですか。いいなあと思って。
__ 
楽しそうですね。
玉一 
で、私も当時自分の世界観を京都精華大で絵で表現してたりしてたんです。でもある時先生に「それじゃ全部は伝わらないよ」と。これじゃダメなんですか?全部伝えないといけないんですか?私は偶然性というものも好きだったんです、偶然生まれた技法だったりとか。でも、やっぱり学校だから。研究して積み重ねないとダメなんですよね。そこの食い違いというかそういうわだかまりもあったものだから、平面の世界で息詰まっていて。抜け出したかったというのはありますね。そういう折にラーメンズとかを見て、自分が作品を描くのではなく、自分が作品の一部になるというのはこれまた面白いなあと。それで劇的集団忘却曲線に飛び込みました。
__ 
大学は教育機関ですからね。評価されますからね。
玉一 
そうですね、総評されるんです。私は作品の一部分が面白い、というのもありなんじゃないかなあと思ってたんですが、そうじゃないんですよね。難しいなあと。パッと思いついたらそれをやるという、面白い方に飛びつくという。集中力がないんですかね。でも演劇って、何ヶ月も同じ作品に向き合うじゃないですか。今日は昨日よりも掘り下げられた、みたいな感触があって・・・
__ 
それは、確実に製作者としての意識が高まっているんじゃないでしょうか。
玉一 
そうかなあー。
__ 
ある程度以上の重さを持っている作品は確かにあって、それはお客さんの心と引き合うんですけど、その時にどれだけ考えられて作られているか、に依っていると思うんですよ。それがお客さんの目の前に現れる時、美しい調和をもって時間とともに奏でられると思うんです。
玉一 
そういう意味では、大分自分は変わってきていると思います。入ってからも変わっているし、周りも変わったし。だから、なんか、昔と全然違いますね。

タグ: 俳優のブレイクスルー 頭が真っ白になる 自分を変えた、あの舞台 文化祭前夜 リアルに相対し戦慄する 人生の節目 三谷幸喜 自分で考えてきたもの、の価値 入団の経緯 受け入れる・受け入れられる 尊敬している人


使えるテクノロジー・売れないテクノロジー

__ 
廣瀬さんは、いつかどんな演劇を作りたいですか?
廣瀬 
最近思っているのは、死んでから評価されるものを作りたいという浅はかな思いがありますね。昔のSFを見て、「この時代にこんな事を考えている人がいたんや」と驚く事があって。たとえば映画のTRONとか、あの時代にこんなにネットワークに関して、専門家でもない人がここまで詳しく考えられるんだと。そういうものを今作りたいですね。あ、モダンタイムスを作りたいですね。あの時代の機械化への憧憬や恐怖をこの時代に置き換えたいですね。それと、R.U.R.(エル・ウー・エル)という、カレル・チャペックの戯曲を現代に置き換えて書きたいです。あとは、何か架空の発明を作りたいです。今の時代には無理だけど、50年後には実用化出来るみたいなそんなデバイスを作りたい。
__ 
例えばスマートフォンとかね。腕時計型テレビ電話もそうですね。
廣瀬 
Google Glassも正直普及しないと思いますけどね。あれもSFの賜物ですから。なって現代アートですね。
__ 
埋め込み系ですかね。あとは。
廣瀬 
埋め込みは結構簡単だと思うんですよ。今でも出来るんですけど、あまり研究されていないのは人道的な問題とリターンに対してのリスクが大きすぎるからじゃないかと。
__ 
だったらやっぱり、今のスマートフォンが最も便利で最適だと思えるなあ。今後何十年かはこれが使われるんじゃないか。
廣瀬 
いや、2~3年の内に次のデバイスは出ると思いますね。携帯電話にネットが付く以前から、「携帯電話より便利なものはもう出ないだろう」と言われていたので。
__ 
そんなものですかね。何が出るんでしょうね。
廣瀬 
それを産み出す人がいたとして、その人もまだ何も考えついていないでしょうね。Google Glassは普及しないですけど、確実にスマホの次世代のモノなんです。その次に来るものが、普及するものになるんじゃないかと思います。まあ入力装置として脳波は確実でしょうね。技術革新としてはPCぐらいの大きな波になると思いますね。

タグ: とにかく作品を作ろう わたしの得意分野 自分で考えてきたもの、の価値 自分は何で演劇を


すこしずつすこしずつ好きになっていく

__ 
小沢さんが演劇を始められた経緯を教えて下さい。
小沢 
僕の姉は画家なんですが、姉の友達の関係である舞台のチラシデザインをしていたんですね。僕はそれまで、映画に興味があってワークショップだったりオーディションを受けていたんです。でも中々上手くいかなくて。そこに姉が「こういうのがあるよ」と教えてくれたのが「阪神タイガーウッズ」という名前の、いまはもう無き京都の劇団のワークショップだったんです。そこの主宰である方に興味を持ってもらえて。エチュードをやったりしたんですが、今までそういう事をしたことが無かったので新鮮だったんですよね。皆で何かでっち上げたり、お話にしたり。自分以外の人物になるという事がこんなに楽しいのかと。
__ 
なるほど。
小沢 
当時はガラスの仮面の北島マヤみたいな天才になりたかったですね。あんなに深く、そしてたくさんの他人の人生を生きる事が出来たらと。当時、自分の事が嫌いでコンプレックスをずっと抱いていたんです。少しでも現実逃避出来たらという気持ちもありました。自分とは違う人間になりたかった。それでもコンプレックスや嫌いな部分は拭いきれなくて、だから今でも基本的には、なぜ役者をやっているか、と聞かれたら、小沢道成という人間を魅力的にしていきたい、と答えると思います。
__ 
ご自身を魅力的にしていく?
小沢 
一年に4~5本舞台で役をやらせてもらっているんですが、色んな役の人生を味わえるんですね。舞台が一本終わると、確かに自分が何か変わっているんです。強くなったり弱くなったり、嘘をつくのが上手くなってたり下手になってたり。人とコミュニケーションを取るのが昔から下手だったんですが、役者を続けていて、少しは好きになっているんですよ。という事は小沢道成という人間が少しは魅力的になっていて、いろんな要素を吸収している。もしかしたら、悪いものを吸収しまくるかもしれないですが、それはそれで楽しみです(笑)最終的にはお爺ちゃんになった時に、いい人生だったと思いながら死んでいけたらいいかなと。
__ 
初めてお会いするタイプの方です。
小沢 
そうなんですか。
__ 
役者の生き方としては珍しいような、いや、それこそが最高の理由のような。
小沢 
「人を楽しませたい」という気持ちが前提にあるんですが、突き詰めていくとそういう理由になっていきますね。

タグ: 目を引く役者とは 役をつかむ 僕を消費してくれ 北島マヤ とにかく出演していこう 自分で考えてきたもの、の価値 新人の不安


鈴木さんのノート

__ 
これは素晴らしい。
鈴木 
もったいないなと思ってしまって。一回一回の稽古が。映画や舞台も見ただけで終わったら意味がないなと思って。同じ感じで、ビラとパンフをノートに貼って感想を書くというのをいつもやっています。
__ 
へえええー!
鈴木 
毎日、何かしら自分が吸収できる事はあると思っているんです。
__ 
素晴らしい。そんな事をしている人って中々珍しいと思いますよ。普通はtwitterか何かに感想を書いて終わりかもしれない。自分の演劇活動をここまで几帳面にノートに書く人はあんまりいないでしょうね。
鈴木 
やっぱりネットに書く感想は外向けの感想で、自分の中には残らないので。誰々の仕草が良かったとか、そういう、誰にも言わない程度の感想を書いています。
__ 
しかも、こんな几帳面な字で!
鈴木 
残したいという気持ちはありますね。例えば、初めての通しが終わった時に感じた悔しさって本番が終わったら忘れてしまうと思うんですよ。達成感で。本番が終わって良かったな、になるまでの悔しさや苦労を残しておかないと、結局そのお芝居が「良かったな」だけで終わってしまうので。
__ 
残す。
鈴木 
私が何故、客演に呼ばれているのかについて高間さんと話していて。特筆すべき見た目の良さや派手さはないし、演技が上手いという訳じゃないし。髭だるマンさんみたいな、舞台栄えするインパクトや存在感もないし。だったら、努力面でカバーするしかないのかなと思っています。
__ 
努力以上のものをこのノートからは感じますね。

タグ: ウェブ上の感想 自分で考えてきたもの、の価値 残したいという気持ち


vol.318 鈴木 ちひろ

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
鈴木

俯瞰する

__ 
今まで、この芝居を機に自分の演技が変わった、というような公演はありますか?
松田 
ありますね。今はもう解散しちゃったんやけど、France_panの「家族っぽい時間」という作品に参加させてもろうた時。それこそ20代ぐらいのメンバーの中に一人混ざってやってたんです。そこで結構、演出というか演技の細かい指示を色々出されたんです。「松田さん、そこ1秒間をとって」とか。
__ 
細かい演技の指示があった。
松田 
それまでは、そのままのキャラクターを期待されて声を掛けられる事が多く「素」のままでやっていればよかった(笑)。だから、かなり細かく演出を付けられて、ずいぶん戸惑いました。でもその作品が出来上がるプロセスを目の当たりにして、全体の中における自分の果たす役割をきちんと認識することができた。それ以降、役者の立場でありながらも、全体的な作品の仕上がりを見る事は多くなりましたね。
__ 
「家族っぽい時間」では、作品としての完成度をはっきり認識する事が出来た。
松田 
はい。具体的には「台本の読み込み」「セリフの間」「どれくらいの集中力が必要か」そして「稽古の質と量」などについて考えさせられました。それまでは「地でやらしといて面白いから、そのまんまでやらしとけ」みたいな。前田司郎さんの「生きてるものはいないのか」に出演させてもらったときも、そんな感じだったんちゃうかな。
France_pan
04年結成。演劇における恥ずかしい境界を壊しつつ護りつつ、覚束無い言葉のコミュニケーションを軸に、真面目と不真面目の中間地点を探り続ける。揺らいじゃった身体性、現代人の悲喜劇性、ペンペケピーな前衛性。作品はポリリズミックに展開。観客の過剰な能動性や批評眼の重要性を各方面に訴えながら、演劇知の可能性を弄ぶ。(公式サイトより)
France_pan 14th「家族っぽい時間」
公演時期:2008/12/12~14。会場:AI・HALL。

タグ: 役者の積み上げ 自分を変えた、あの舞台 コンセプチュアルな作品 ちゃんと楽しませる 追い詰められた時期 自分で考えてきたもの、の価値 前衛は手法から作る人々を指す


vol.293 松田 裕一郎

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
松田

出たいですー

__ 
荒木さんは役者として、稽古の時に何を意識して望みますか?
荒木 
大学の途中くらいまで、自分の演技についてめっちゃ考えるタイプだったんです。台本に「この人の流れはこうなってて」とか書いてやってたんだけど、「安心して見られるけど面白みがないね」って言われたんです。それからは出来るだけ何も考えずにしようと思って、めっちゃ適当にやるようになりました。
__ 
なるほど。
荒木 
それが、まだ上手くいってるかどうかは分かりませんけど。
__ 
適当にやるという事は、力を抜いて演技するという事なんでしょうか。
荒木 
うーん。何か、自分で自分の演技を決めてきて稽古場でやっても、他の人と合わせた時に応用が利かないというか。人の持ってきた演技と合わせていくと、自分で思ってなかったことが出来るんです。
__ 
相手との掛け合いを大事にすると。
荒木 
特にベトナムとかだと、みんな毎回全然違う事をするので、自分で考えてきても追いつかへんから・・・。凄い勉強になります。
__ 
今後、出てみたいお芝居とかはありますか?
荒木 
というよりは、今までご一緒した事のない人とやれたらいいなと思います。あ、hakoのお芝居に出たいです。
__ 
ご覧になった事がありますか。
荒木 
はい、一番最初の「ようかん」を観ました。
__ 
あ、あれは面白かったですね。
荒木 
それから何回か。ようかんすごい面白かったので私も出てみたいなあと。出たいですー。
劇団hako
2003年度ビギナーズユニットメンバーにて結成。肥田氏による、穏やかな世界観をふわりとした表現で描きだす。

タグ: いつか、こんな演技が出来たら 自分で考えてきたもの、の価値