猿にしか見えない熊の話

___ 
3本目のコントでは肥後橋さんは泥団子のバイヤーでしたね。複雑というよりは歪つな構造の作品でした。話の時系列が入れ替えられたりして。ライブハウスの中でやっているのが信じられないぐらい、広がっていく詩情を感じさせる出来でした。
肥後橋 
向坂さんがリーディング公演に参加していたのが影響しているのかなと思っています。3本目の主人公も向坂さんだったんですけど、心象風景を他の役者が演じるのかと思っていたら、彼が小道具の単行本で過去の語りをやっている方が面白かったですね。と思えば、熊の・・・
___ 
ああ、猿にしか見えなかった熊の。
肥後橋 
泥団子の小屋を荒らすシーン。最初は、役者の体に「熊」と書いた紙を貼ろうかという案が出ていたんですけど、稽古場でそれはナシになって。そうしない方が何なのか分からないし、面白いなと。皆、共通で思ってましたね。
___ 
それは大事な事だと思います。実際、そちらの方が面白いです。
肥後橋 
バカバカしくて下らない、ちょっとダサい事をするのが僕らの作風だと考えてもらえたら。

タグ: 下らなさへの礼賛


退屈な時代の歩き方

__ 
いつか、どんな演劇を作りたいですか?
大崎 
お客さんが劇場出たあともしばらく退屈しないような、、、普段の生活が面白くなってしまうぐらい。一年くらい前に、「暇と退屈の倫理学」という、國分功一郎さんという哲学者の方が書いた本を読んでそれがすごく面白かったんですけど。人はいかにして退屈とつきあっていくのかを考えてみるという。
__ 
暇を有意義に過ごす方法という事でしょうか?
大崎 
その本には解決策は書いてないんです。それぞれ全てのケースが個別で特殊な問題だから、答えなんて出しようがない。でも、退屈ってのはなかなか恐ろしいものだという仮説があって。僕の芝居に出てくる人々は基本的に退屈しているんですよね。その退屈からどう抜け出していいか分からない。退屈な生活が普通の状態だと思いこんで生きている人たち。でももっと楽しく生きられるような状況が作れるんじゃないか。自分の力だけじゃなく、他人の力も借りたりして。見方をちょっと変えるだけで人生を楽しく生きられるかもしれない。楽しく退屈さと付き合う方法があるはずだ。そこに対しては、まだまだ掘り下げたいと思ってます。ヨーロッパ企画さんも、そういうところを見ているんじゃないかなって、作品見ると思ったりします。
__ 
なるほど。
大崎 
パッと見騒いでいるだけのように見えて、その先の希望を見据えているんじゃないか。その上で舞台上でシュールな事が起きても「なんかいいな」ってなっちゃいますね。
__ 
大崎さんにとっては、人生を楽しく生きる事がテーマなんですか。
大崎 
そうですね。それが、逞しく生きていく事なんじゃないかと思います。もののけ姫で、「曇りなき眼で見据えて生きよ」って台詞があるんですけど、なんか心に留まってますね。なかなか自由に生きてくってのは難しくて。ものを見るときにバイアスが掛かったり、思考がどうしても自分を慰める方向に向かったり。それを振り切って楽しくね。
__ 
自分は捉われていると自覚する。
大崎 
なるべく忘れないようにしたいですねえ。ちゃんと物事を見ようってのは、大人にだなという事でもあるし、子供だなという事でもあるんです。それは、「オール」で書きながらも考えてました。
__ 
実存的な、リアルな生き方。それは確かに逞しい生き方ですね。ただ、人によってはマッチョな考え方だととられるかもしれない。
大崎 
いやあ、楽しく生きていくってのはどこかしらマッチョなんじゃないかなあ。言い方変えれば、楽しく生きることとか、自分の好きなことにたいしてマッチョな人はほんとにイキイキしてると思うし、僕はそういう人を素敵だと思う。子供って遊ぶことに対してマッチョだと思いますし。ただ、こだわりというか好き嫌いというか、善悪というか、意志をはっきりすると損することもあるのが世間ですから。こだわりを持ったまま楽しい方向にするっと抜けれるのが逆にストイックでいいんじゃないですか。マッチョマッチョ言ってますね。マッチョってなんでしたっけ?
ヨーロッパ企画
98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内において上田、諏訪、永野によりユニット結成。00年、独立。「劇団」の枠にとらわれない活動方針で、京都を拠点に全国でフットワーク軽く活動中。(公式サイトより)

タグ: 知識を付けよう 下らなさへの礼賛 正体不明のエネルギー


劇団 壱劇屋 第21回公演「6人の悩める観客」

__ 
そして、壱劇屋「6人の悩める観客」ですね。
丹下 
はい。
__ 
これ、丹下さん。
丹下 
はい。ぶっさいくな顔をしております。肌色のチラシなんですけど。
__ 
いえいえ。横の丸山さんが気になりますね。
丹下 
そうですね、凄い顔してますね。一応、悩んでいる顔を指定されたんですが、どう見ても私だけ怒ってるんですよね。
__ 
うーん?怒ってますね。
丹下 
そうなんじゃないかと言ってみたんですが、もうチラシ刷っちゃったので・・・。この作品、初演がものすごく面白かったんです。壱劇屋は作風が毎回違って、非日常を描く作品もあればファンタジーの時もある。私はどちらかというと奇妙な非日常を扱った壱劇屋が好きで、「6人の悩める観客」はそれだったんですよ。西分ちゃんとかに「再演するなら私出たい」とずっと言ってたんです。そしたら今回呼んでもらえて。
__ 
おめでとうございます。
丹下 
ありがとうございます。
__ 
壱劇屋。私もこれまで3回拝見したんですが、面白いですよね。チャンバラ時代劇の「タケミツナリタ」が本当にバカバカしくて、ずっと楽しんでみていられました。センスがいいんですよ、なんか。飽きずに見れましたね。
丹下 
私も何回か拝見はしましたが、これが一番好きな作品です。今回どうなるかは分かりませんが、頑張ります。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)
劇団 壱劇屋 第21回公演
公演時期:2013/10/11~14(大阪)、2013/10/25~27(京都)。会場:芸術創造館(大阪)、京都市東山青少年活動センター(京都)。

タグ: 非日常の演出 京都と大阪・大阪と京都 下らなさへの礼賛 再演の持つ可能性について 奇妙さへの礼賛 実験と作品の価値


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下