セクシャルについて

__ 
いつか、こういうパフォーマンスが出来るようになりたいとかはありますか?
宮階 
特に思い浮かばないです。自分にないものは今は無いんです。今、自分にごまかしている部分はあると思うんですけど、今以上にごまかさないで生き続けたい。いや、ごまかすしウソも付くんですけど、ずっとアホな事をし続けたい。整合性を付かせたくない。ハシゴを外し続けたいですね。「どやこう思ったやろえいっ」って。
__ 
革命をし続けるという事ですね。
宮階 
外し続けたい。
__ 
変な派閥争いとか、守るべきものみたいな幻想とか、そういうのは持たない方がいいですね。
宮階 
たまに言われるんです、「守るものがないんですよね」って。いやそんな事はなくて、自分大事守りたいですね。とも思いますが私の守り方は手離すことみたいです。
__ 
その人にとっては、守る事=ハダカなんじゃないですか?
宮階 
ハダカになる事への抵抗・・・私にとってはハダカは衣裳で、それが一番しっくりくるなら。ちなみに、私の裸はセクシャルなイメージには着地させないようにコントロールします。そう見ている人がいる可能性は別として、自分の体の使い方はそういう意識でいます。私の舞台上での裸が独特に見られやすいのは、医学的にもジェンダー的なメジャーイメージからも造作が変わってる部分もあるのですが、セックスワーカーとしての経験からセクシャルな意識への見せ方や植え付け方はわかるし、簡単なので、わざわざ自分の作品でする意味もないと今は思ってます。うーん、意識や身体をコントロールしようとしている訳じゃないんですけどね。何といったらいいのかな。
__ 
最高の風俗嬢は男性にリアクションを返す事が出来る存在だと考えています。男性は寂しい魂を曝け出しにくる。彼らの核心を等しく愛撫するには、磨き上げられた心技体が間違いなく必要で、さらに言うならその場での判断もいるしハートもいる。優秀な風俗嬢は優れたアーティストであり、クリエイティブな仕事だと考えています。
宮階 
その通りです。が、自分の仕事が創造的だと思えること自体奇跡的な仕事でもありますけどね。私は、自分の体をよりダイレクトに使う仕事として、限られた時間と空間で自分を作らざるをえませんでした。私はその作業が大好きで、お店に在籍していた頃はBLOG等でも演じ続けてました。物凄い勉強になりましたね。会って1・2分で、どういうのを求めているか、自分をどう出せば良いのかを考えないといけない。だから、大体のWS嫌いなんですよ。お金を払って眠たいことを言われなければならないのか。
__ 
そうですよね。難しい仕事なんですよね。
宮階 
でも、私にはとっても楽しいんです。アミューズメント系セックスワーカーだったんです、私。

タグ: 「変身願望」 「核心に迫る」 衣裳・ヌード系 ロックな生き方 あの公演の衣裳はこだわった


vol.333 gay makimaki

カウパー団。

2014/春
この人のインタビューページへ
gay

ウミ下着について

__ 
さて、中西さんが福井菜月さんとやっておられるダンスグループ、ウミ下着。コンテンポラリーダンスを手がけているとの事ですが、結成の経緯を伺ってもよろしいでしょうか?
中西 
2007年の秋からですね。CONNECTに応募した時に作った団体だったんです。あ、参加するなら団体作らなきゃって感じで。
__ 
命名の由来は。
中西 
「ウミ」は、体の膿、海、それから産む事を掛けています。それから、下着というのが裸よりもセクシーだなというのがまずあって。真っ裸よりも。それに、肌に直接触れるものなので親しみ深いんですよね。
__ 
なるほど。隠されているから、想像力が(意識しなくても)働くんですよね。
中西 
そうなんですよ。裸って全然隠されてなくて。ちょっと隠していて秘密があるぐらいのほうが面白いじゃない?って。でも、やっぱりインパクトが強いみたいで、セクシーな舞台をやるんですかって聞かれることもあります。
__ 
裸。確かに、舞台で裸になられるとびっくりするかもしれませんね。ストリップだとかえって驚かない。
中西 
脱ぐと分かっているからですね。舞踏だったら脱ぐ事が分かるから。ヘアヌードを見ても思うんですが、下着でちょっと隠している方が、想像させてくれるんですよね。そこが面白いですね。ちょっと秘密があるぐらいの方が、女はきれいだなと。

タグ: 衣裳・ヌード系 名称の由来