質問 木下 健さんから THE ROB CARLTONさんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた短冊ストライプの木下さんから質問を頂いてきております。「何故、演劇を選んだんですか?」
満腹 
僕の場合、THE ROB CARLTONの前身の団体、洛西オールドボーイズからやっていて。それが終わって普通に就職して働いていたんですが、なんだか違和感というか。ちょうど会社を辞めたタイミングに声を掛けてもらって。THE ROB CARLTONに本腰を入れようと思ったんですね。彼らとなら行けるだろうと。
ダイチ 
僕は実は何でもよくて。人が声出して笑っているのを見たらめちゃくちゃ楽しいじゃないですか。元々バンドをやってたんですが、それでメシ食うというのは厳しいなと。音楽を辞めて、どうしようかなと思ってたらボブが「やるから」と。最初はただの手伝いにしようと思ってたんですが、まともに役者が集まらなかったんで。まあ、今は楽しいんでね。
ボブ 
僕の場合は、高校生の頃にクラスで劇をやることになって。僕が台本を書く事になったんです。書いた事無かったんですけど、役者もお客さんも同じ学校の人だから何でもウケるんですけどね。そこでね、ちょっと面白いなと思ってしまって。そこからぼやっと「やってみたいな」と。元々映画が好きで映画の脚本も書いてみたいと思っていたんですが、演劇はレスポンスが良いんですよね。やはり、ライブの良さ。
__ 
そうですね。
ボブ 
舞台だったら、もしかしたら面白いものが作れるかもなと。何事も出来ると思わないと出来ないですしね。そこから、舞台にベクトルがいったんですよね。
__ 
ライブを引っ張れる脚本が書ける、という事ですよね、それは。

タグ: 書いてみたいと思った 高校演劇 就職と演劇の二択 人生の節目 「目の前で起こっている」 入団の経緯 心を揺さぶる


舞台歴が始まる

__ 
西村さんがお芝居を始めたのはどんな経緯があったんでしょうか。
西村 
高校演劇からです。それまでは人前に立って演技するなんて考えた事も無かったんですが、高校で一番仲良かった子が、中学校で演劇をしていたそうで。その子に誘われるままに演劇部に入りました。
__ 
どんな活動でしたか。
西村 
既成よりはオリジナルの作品を作っていました。メンバーの個性を大事にしていましたね。楽しさを重視していたと思います。
__ 
その楽しさが続いて、京都造形芸術大学に。
西村 
はい、造形の映画学科にAO入試で入りました。お芝居に興味があって、でも身体能力には自信がなくて、映像なら望みがあるかなと思って(笑う)。
__ 
なるほど。
西村 
大学も楽しく学んではいたんですけど、やっぱり生の舞台の方に興味が惹かれて。卒業後も、二つの劇団で演劇を続けています。

タグ: 高校演劇 入団の経緯


京都に出会い、京都で出会う

__ 
横山さんがお芝居を始めた経緯を教えてください。
横山 
そうですね。小学生の時に学芸会で褒められたのがきっかけだと思います。それで、中学校、高校と演劇部に入って・・・。なんというか、お芝居をやってる人たちと居るのが楽しかったんですよね。そして、高校2年の頃にヨーロッパ企画さんの「サマータイムマシンブルース2005」を生で観劇して、それが凄く面白かったんですよね。漠然と関西に憧れを持っていたこともあって、大学進学を機に札幌から京都にきて、劇団立命芸術劇場に入団して、月面クロワッサンと出会って。
__ 
月面クロワッサンに出会ったのはどんなキッカケが。
横山 
第一回の学生演劇祭ですね。僕はその時脚本、演出として参加していまして。僕らの次に月面クロワッサンが上演するというプログラムの日があったんですけど、終演後、主催の作道が「すいません。横山さんのお芝居を拝見させて頂いたのですが、ちょっと暗いなと思いまして。僕と一緒に前説をして空気を和らげて貰えませんか」と声を掛けられて、作品と作品の合間に前説をやる事になったんですよね。びっくりしました。その流れのまま月面クロワッサンを初めて観劇して、「どっちみち阪急河原町」という作品だったのですが、明るくて突き抜けた素直なお芝居で、本人とのギャップもあって凄く記憶に残っています。
__ 
2011年に横山さんが「バイバイ、セブンワンダー」で客演されていましたね。入団されたのは2013年でしたね。2年ほど、考えられていたと。
横山 
はい。卒業後、就職せず演劇を続けるかどうか悩んでいたこともあって。ただ、作道の演劇を続けるとは、仕事にするというのはどういう事なのか。作家としてだけでなく、プロデューサーとしての発想やバイタリティーに強く惹かれて、入団しました。
__ 
素晴らしい。ベンチャー企業に入ったという事ですね。
横山 
そういうことなんですかね。けども、新しい取り組み方をしているというワクワク感はあります。もちろん僕たち自身も、自分達のやっている事が正しいのかどうかはわからないですけど。
__ 
正しい事を正しいやり方でやったら何も問題はないと思います。
横山 
それが一番難しい事ですけどね(笑う)

タグ: 自分を変えた、あの舞台 その人に出会ってしまった 入団の経緯 学芸会


匿名劇壇との出会い

__ 
石畑さんが匿名劇壇に入った経緯を教えてください。
石畑 
これはですね、ゴリ押しです。演劇をこれからどう続けていいのか迷っていた時期でした。ある時の学内公演の打ち上げの席に福谷さんと佐々木さんがいらっしゃったんです。佐々木さんとはもともと仲が良くて、福谷さんとも何度かお話させてもらったことがあったので。その時に思い切って、「次の匿名、僕とか、出してくださいよ」って一日言い続けたんです。
__ 
一日?
石畑 
二次会のカラオケでも言い続けて。「ちょっ待って」と言われて、翌日の昼に電話したら「おう、ちょっと次出てもらうわ」と。次の公演の「気持ちいい教育」から出る事になりました。
__ 
ああ、DVDを拝見しました。出てましたね。
石畑 
そこからまたゴリ押しですよ。「入りたいんですけど」と言い続けたら、福谷さんが怖くなったらしくて。「アイツちょっと怖いから入れるわ」となったらしいです。そんな感じです。
__ 
素晴らしい。もちろん、何ら恥じる事はないです。
第三回本公演「気持ちいい教育」
公演時期:2014年5月。会場:シアトリカル應典院。

タグ: 迷っています 入団の経緯


入りたい、そんな気持ちが最初にあって

__ 
杉原さんがお芝居を始めた経緯を教えて下さい。
杉原 
高校3年の時に演劇部に入部しました。メディアに憧れていて、出演するにはどうすればいいのかと考えたら、演技をしないといけない。なら演劇部に入ろうと。
__ 
3年生で演劇部に入部ですか。
杉原 
しかもその演劇部がですね、部員16人が全員女子だったんです。さらに、僕は3年生なのに他の女子全員2年だったんです。入ったその時から「先輩」と呼ばれる違和感はありつつ、滋賀県大会で音響して、小さい劇場公演をやって、演劇とは何かを初めて知りました。面白いし続けたかったので、演劇を学ぶ大学はどこかというと近畿大学か日本大学か。で、近畿大学に入学して。4年間学んで、匿名劇壇に入りました。
__ 
匿名のメンバーに出会ったのはどんな経緯が。
杉原 
僕が大学二年生の時に授業公演に出たんです。その時、メンバーの佐々木誠に声を掛けてもらって。「もし良かったら匿名劇壇でやらへんか」と誘ってもらったんです。その時はすぐ答えられなかったんですけど・・・
__ 
なるほど。
杉原 
その後、「気持ちいい教育」に客演として出演させてもらって、それからまた時間がちょっと経って。決めて入りました。佐々木誠から大分プッシュされたんですね、それが無かったら入ってなかったと思います。嬉しかったですね。
第三回本公演「気持ちいい教育」
公演時期:2014年5月。会場:シアトリカル應典院。

タグ: 高校演劇 入団の経緯


僕を変えた舞台

__ 
白井さんにとって、これまでで一番自分を変えたと思われる舞台は何ですか?
白井 
今お話した中では、ステージタイガーに入ったきっかけになった、「お元気ですか 岡本先生」という作品ですね。その時の知的障害者の役が、本物を舞台に上げているんじゃないかと思うぐらいの出来だったと言われましたね。
__ 
すばらしい。
白井 
特攻舞台Baku-団の時の「半端Rock'n27roll」という作品もそうでしたね。27歳という、煮えきらない年齢のフリーター達がバンドを組む話ですね。そこでも知的障害者の役で、最終的には谷屋さんにバットでボコボコにされるという、体を張った作品でしたね。僕の関わる芝居、そういう役が多い気がしますね。

タグ: 入団の経緯 半端Rock'n27roll


悪い芝居と出会う

__ 
悪い芝居に入団した経緯を教えてください。
畑中 
そもそも、6回生の時に大学の演劇愛好会に入ったんです。ある時、立命館の西一風を見に行ったんですね。それがめっちゃくちゃ面白くって。
__ 
どんな作品でしたか。
畑中 
田中次郎さんが作演された、「向こうで誰かが死んでいる話」。これが無料!?って驚いてました。後日、BOXに悪い芝居の「らぶドロッドロ人間」のチラシが落ちてて。一般の劇団、芝居だけやっている人たちのって見たことないな、じゃあ見にいこうと。当時は悪い芝居、学生2000円だったのかな。めっちゃ高いと感じたんですけど、西一風のOBの人が作ったらしいと聞いて。それは行こうとなって、今に至ります。入団を決めたのは「キョム!」ですね。ちなみに、音楽作ってる太郎くんもそうらしいです。

タグ: 自分を変えた、あの舞台 入団の経緯


飴玉エレナ、月面クロワッサン、子供鉅人

__ 
山西さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
山西 
大学で喜劇研究会というサークルに入りまして。そこから始まって、コンビでお笑いの舞台に立つようになったんですけど、相方が辞めてしまって、ピンでコントをするようになって。そしたら徐々に、演じることと言うか舞台に立つことだけを集中してやってみたいと思うようになりまして。その頃、「知り合いに演劇をやってみたら?」と言われたんです。
__ 
なるほど。
山西 
その時は演劇の知り合いは全くいなかったので、一人でもできる!ということで最初は一人芝居から入りました。
__ 
それが飴玉エレナ、ですね。それから月面クロワッサン、子供鉅人と短い時間に渡り歩いてますね。
山西 
そうですね、よく言われます(笑う)

タグ: 今の作品に集中する 入団の経緯 相方


今も、それぞれの場所で

__ 
髙橋さんがお芝居を始めた経緯を教えてください。
髙橋 
私、兵庫県出身なんですけど、宝塚歌劇に憧れて。どうしても入りたかったんです。「あそこは入るところやない、見るところや」って母には言われたんですけど親不孝して受験スクールに通わせてもらって。入学試験に最終まで残ったんですけど落ちてしまったんです。それで1年、ダンスのレッスンを受けながらバイトして、お金を貯めて。お芝居をしようと思って東京に来たんですね。
__ 
近くに宝塚歌劇団にあった、というのがまずはキッカケだったんですね。東京に来てからは?
髙橋 
まず、関西でお芝居をやる環境を探そうと思うと、今ほど情報が溢れている訳じゃなかったので。新劇の劇団の養成所の内、青年座だけ受かったんです。受験がボロボロだったので、もう発表を見ないで帰ろうかなと思ってたら、受かってました。
__ 
おめでとうございました。
髙橋 
それがキッカケでした。“あ、家探さなアカン”となりました。上京した翌週から養成所で鬼のカリキュラムが始まって、その集大成としての公演をして。その時のメンバー達とはすごく絆が深いです。毎日毎日、12時間以上一緒に過ごしたんです。自分にとっては大事な経験です。今も、それぞれの場所で頑張っている同期を誇りに思います。

タグ: 演劇研修所 厳しいレッスン 入団の経緯


夢子が始まった日

__ 
オンデマンドさんが演劇を始めた経緯を教えてください。
夢子 
高校の演劇部からです。私が入った時、既に先輩は1人だけでした。私も最後には一人になっちゃったんです。大会には出ました。友達にめっちゃ無理言って裏方してもらって。
__ 
がっかりアバターとの出会いは。
夢子 
高校卒業して専門行って、卒業しても就職出来なくてバイト転々として、職業訓練校行って、ふにゃふにゃになってて。人生で演劇が唯一褒められたんです。やろうかなと思って、でも知り合いとかいなかったので、「大阪 劇団員 募集」で検索したらいっぱい出るんですけど、どれを選んだらいいか分からなくて。mixiで探したら、だいぶ遡ったらあったんです。がっかりアバターの旗揚げ公演、小屋だけ押さえてメンバーがいないと。
__ 
ありえないですね。
夢子 
他の劇団の募集を見たら、週何回稽古に来れるかとか公演の感想書いてとかめっちゃ敷居が高かったんですけど、がっかりアバターは「パンツ履いてたらOK」みたいに書いてて。パンツ履いてるからいけるかなと。
__ 
ええ。
夢子 
HP見たら、ウイングカップを穫った「啓蒙の果て、船降りる」の紹介文にすっごい下品な事が書いてあって。どうせならここまでしたいなと。それで連絡取って、アンディさんに会いました。来月で1年になります。
がっかりアバター第二回公演「啓蒙の果て、船降りる」
公演時期:2012/11/10~11。会場:ウイングフィールド。

タグ: 下着の色 その人に出会ってしまった 入団の経緯


わたしと壱劇屋

__ 
安達さんは、どんな経緯で壱劇屋に入ったんでしょうか。
安達 
竹村と大熊とは違う高校なんですけど、高校演劇部時代から友達なんです。私はずっと、彼らのいたその磯島高校に入りたかったんですけど何かかんやあって入れなくって。高校二年の時に一人で乗り込んだんですよ。そこから仲良くなって。卒業後の壱劇屋が旗揚げされて、その二回目の公演に客演として出て。そこからずっと一緒にやってます。入ったらええやんとなって、入団しました。
__ 
安達さんにとって、壱劇屋はどんな存在ですか?
安達 
壱劇屋以外で演劇をやるつもりはない、そんな存在ですね。7年前に短大卒業してからずっと壱劇屋です。

タグ: 入団の経緯


質問 坪坂 和則さんから 河西 沙織さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせていただいた、坪坂さんから質問をいただいてきております。「壱劇屋に入ろうと思ったきっかけは何ですか?」
河西 
ずっと関わってきてますけど、本格的に入ったのは河原君がtwitterでフォローしてきて。そこから、「河西さんって劇団員みたいですよね」って話をになって。なっちゃう?入っちゃいなよっという事で入りました。決意もなにもせず、打ち上げの帰りにうんうんとうなづいてました。

タグ: 入団の経緯


あの時代から数歩離れて

__ 
玉一さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
玉一 
高校3年の頃、文化祭で演劇をやろうと誘われたんですよ。水球部・テニス部・書画部の仲良しで集まって。三谷幸喜さんのTVドラマのある一話を演劇化する企画でした。それまで演劇なんてやった事無かったんですけどね。それから大学に入って友達にすすめられてラーメンズのDVDを見たんですが、凄く世界観が独特じゃないですか。いいなあと思って。
__ 
楽しそうですね。
玉一 
で、私も当時自分の世界観を京都精華大で絵で表現してたりしてたんです。でもある時先生に「それじゃ全部は伝わらないよ」と。これじゃダメなんですか?全部伝えないといけないんですか?私は偶然性というものも好きだったんです、偶然生まれた技法だったりとか。でも、やっぱり学校だから。研究して積み重ねないとダメなんですよね。そこの食い違いというかそういうわだかまりもあったものだから、平面の世界で息詰まっていて。抜け出したかったというのはありますね。そういう折にラーメンズとかを見て、自分が作品を描くのではなく、自分が作品の一部になるというのはこれまた面白いなあと。それで劇的集団忘却曲線に飛び込みました。
__ 
大学は教育機関ですからね。評価されますからね。
玉一 
そうですね、総評されるんです。私は作品の一部分が面白い、というのもありなんじゃないかなあと思ってたんですが、そうじゃないんですよね。難しいなあと。パッと思いついたらそれをやるという、面白い方に飛びつくという。集中力がないんですかね。でも演劇って、何ヶ月も同じ作品に向き合うじゃないですか。今日は昨日よりも掘り下げられた、みたいな感触があって・・・
__ 
それは、確実に製作者としての意識が高まっているんじゃないでしょうか。
玉一 
そうかなあー。
__ 
ある程度以上の重さを持っている作品は確かにあって、それはお客さんの心と引き合うんですけど、その時にどれだけ考えられて作られているか、に依っていると思うんですよ。それがお客さんの目の前に現れる時、美しい調和をもって時間とともに奏でられると思うんです。
玉一 
そういう意味では、大分自分は変わってきていると思います。入ってからも変わっているし、周りも変わったし。だから、なんか、昔と全然違いますね。

タグ: 俳優のブレイクスルー 頭が真っ白になる 自分を変えた、あの舞台 文化祭前夜 リアルに相対し戦慄する 人生の節目 三谷幸喜 自分で考えてきたもの、の価値 入団の経緯 受け入れる・受け入れられる 尊敬している人


こんな近くに

__ 
丸山さんがお芝居を始められたのはどのような経緯があるのでしょうか。
丸山 
元々、小学校一年から高校三年生まで剣道をずっとやってたんですよ。高校の頃はキャプテンで、ずっと続けようと思ってたんです。でも、太ってるのもあって、膝とか腰を痛めて。医者に「辞めた方がいいんじゃない」と言われて。声も大きいし顔も大きいので演劇とかいいんじゃないかなと。大学の演劇部に入って、そのまま続けています。
__ 
お芝居を始めた頃にご覧になった衝撃作はありますか?
丸山 
京都の小劇場という意味なら、ユリイカ百貨店の「chocolate horse」でした。あれを最初に見て、演劇面白いやばいなと。今思い返したら凄い役者さんばっかりでしたね。
__ 
意外ですね。私も拝見しました。懐かしいですね。
丸山 
めっちゃ、質の良い、面白いものだと。それまで距離があったんですが、こんな近くにこんなにレベルが高いものがあるんや、と感動しました。
ユリイカ百貨店
2001年に脚本・演出を担当するたみおを中心とするプロデュース集団として結成。その後劇団としての活動に形を変え、2005年4月、再度プロデュース集団となる。幼い頃の「空想」と大人になってからの「遊び心」を大切に、ノスタルジックな空気の中に、ほんの少しの「不思議」を加えたユリイカ百貨店ならではの舞台作品を作り続けている。(公式サイトより)
ユリイカ百貨店 8th Stage「Chocolate Horse(チョコレート・ホース)」
公演時期:2008/4/25~4/29。会場:アトリエ劇研。

タグ: 自分を変えた、あの舞台 入団の経緯 自分は何で演劇を


2年半

__ 
演劇を始めた経緯を教えてください。
古藤 
大学の時にお笑いサークルをやってまして。舞台に立つのは凄く楽しかったんですけど、卒業後は就職しました。
__ 
なるほど。
古藤 
しばらくして、当時のお笑いの先輩が、働いている時に声を掛けてくれて。僕も仕事をしながらぼんやりと気になっていたんですよ、またお笑いやりたいな、って。2年半ぐらいで京都に戻りました。その先輩は「ヨーロッパ企画の暗い旅」のディレクターをやっていて、弱男の公演の出演者募集の事を知って。それを受けたのが最初です。
__ 
会社を辞める時に不安はありましたか。
古藤 
いやめちゃめちゃありましたよ(笑う)でも割と、周囲の心配以上には不安はありませんでした。ずっとやりたい事だったし、やっと出来る、という感慨がありました。吹っ切れたんですね。

タグ: 入団の経緯 新人の不安


スゲー人たち

__ 
土肥さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
土肥 
僕、大学が立命館なんですよ。学部の友達と誘い合って、たまたま月光斜の公演を見たんです。河瀬さんの作品だったんですけど、面白くって。当時既に軽音に入ってたんですけど、上手くいってなくて、このまま何も出来ずに終わるのは嫌で、演劇だったら役者じゃなくてもスタッフとか色んな部署があるし、一回ドーンとやって楽しもうかなと。それで月光斜に入りました。
__ 
最初から役者ではなかったんですね。
土肥 
入団して1回目の公演が為房さんが作・演出の芝居だったんです。役者の数がギリギリで、「オーディションだけでも受けてみない?」って言ってくださって、結局役者をやらせてもらえて。後は流れでハマってしまいまして。その秋にZTONを河瀬さんや為房さん達で立ち上げはって、翌年そこに参加させてもらいました。それからずっと付いてきているという感じです。
__ 
始めた頃に見た衝撃作は。
土肥 
今は京都にいないんですけど、元西一風の高田さんの作品ですね。4回生の時、ハムレットの作品に出させてもらったんですけど。スゲー人だなと思っています。でもやっぱり、最初に観た河瀬さんの「SAKURA」という作品が今の自分の起源だと思ってます。それから、月光斜つながりで京都ロマンポップの作品に出させて頂いて、向坂さんも、面白い人だなと。

タグ: 分岐点 入団の経緯 旗揚げ


舞台に立てる身体

__ 
織田さんは、どういうところからニットキャップシアターに入られたのですか?
織田 
実は、***に入っていて。
__ 
あ、そうなんですか。
織田 
そこを卒業して、何をしようかと思っていたんです。でも随分前から、演劇をやってみたいという気持ちはありました。近い事をしていたとは言え、知らない世界だったんですよね。高校の時に演劇の発表をする授業があったんですが、その時に教えて下さった方に話してみたら、同じ高校出身者だった高原に会えまして。そこから「愛のテール」の稽古見学に参加させて頂きました。
__ 
いかがでしたか?
織田 
見学している僕が緊張していたんですよ。でもぼーっと見ているだけなのは何か違うなと、せっかくだからとメモをずっと取ってたんです。「なんだあのメモは」って思われていたみたいで(笑う)。そのうち、「良かったらスタッフとして参加してみませんか?」と、今に至ります。
__ 
初舞台は。
織田 
「クレームにスマイル」です。演技って思っていたよりむっちゃくちゃ難しいと思いました。他人から与えられたセリフをやるというのは、意外に動けない。どうしていいか分からないという戸惑いがありました。
__ 
その不可能感は、もしかしたら「林檎の木」で覚えられたものと根っこは同じかもしれませんね。
織田 
それはありますね。「クレームにスマイル」はキャラクターとか分からなかったから、なおさら。ただ、キャラを作れば僕は動けるという実感があったんです。立っていられるんです。
ニットキャップシアター第23回公演「愛のテール』(再演)
公演時期:2008/2~5。会場:名古屋、大阪、東京、福岡。
ニットキャップシアター第24回公演「クレームにスマイル』(再演)
公演時期:2008/11~12。会場:ART COMPLEX 1928(京都)、下北沢 ザ・スズナリ(東京)。

タグ: 入団の経緯