マイムとの出会いと、母性について

__ 
黒木さんがマイムを始めた経緯を教えてください。
黒木 
昔から結構、親に連れられて劇場に行ってたんですよ。学校にまわってくるような劇団が多かったんですけど、その流れで高校生の時に芝居のショーケースイベントの手伝いをする事になって。そこで、今は師であるいいむろなおきさんも参加されていて。その時に純粋に感動したんですね。
__ 
おお。
黒木 
それまでに色々見ていたから、身構えていたんですけど、いいむろさんの表現は、何もない舞台なのにとても現実味があって。それがマイムとの出会いでした。そこから別に何かを始めようというのは無かったんですけど。高校の頃は、何故かミュージカルにはまりはじめて。で、音大を目指し始めて。でも高3で目指し始めたものだから中々すぐには受かるはずもなくて、浪人をしたんです。二浪しても受からなくて、三年目に、受験勉強以外もしよう、劇場でバイトしたい、と芸術創造館のホームページを検索してみたら、ど真ん中にいいむろさんの写真と「人は3ヶ月でマイムの舞台にたてるのか?」とありまして。それに応募したのが、マイムをし始めたキッカケですね。今も、日曜日にいいむろさんが開かれているラボセカンドに参加しています。マイムを本格的に学び初めて八年目ですね。
__ 
なるほど。黒木さんは女性マイマーですが、マイムにおける女性男性の違いってありますか?
黒木 
見ている側からの印象の違いはもちろんあると思います。やっぱりわたしはいいむろさんからの影響を大いに受けているので、表現の中に男性的なものはあるかもしれません。でも、作風に関しては女性的だと思います。演劇と同じで、女性作家がいるように。
__ 
黒木さんにとっての女性らしさって?
黒木 
最近、面白いなあと思っているのは母性です。何というか、母にしか出せない何か得体のしれないもの。他にない感じがしていて。
__ 
黒木 
あと、男性と作品を作る時に、母性を求められる事があって。ウソやんと思った事はあります。
__ 
母性を得たいと思いますか?
黒木 
得たいですね。まだ無理な気はしますが。
__ 
あなたの身体はいま、どんな状況にありますか?
黒木 
いま、ですか。今わたし自身は、ちょっと変やけど外から見ています。今、自分自身がどういう視線を送っているかとかどんな体勢にあるのか、とか。外から見ている感覚ですね。子供の頃からそういう見方をしていたんですが、マイムをしてからそういう傾向が強くなりましたね。
__ 
凄いですね。客観的、なんですね。自分には難しい。
黒木 
だから、友達と喋っていても、話題が自分自身の事なのに取りこぼす事もあって。「自分の事やで」って言われたり。ハッと思って自分に戻る事がありますね。

タグ: 親に連れられて劇場 舞台に立つまでの葛藤 瑞々しい感覚 イベントの立ち上げ 母性性 自分の演技を客観的に見る


匿名劇壇の魅力

__ 
東さんにインタビューした時、旗揚げに声を掛けられなかったと悔しく思ったそうですよ。
松原 
あの時は、たしか東は別の公演に参加してたんですよね。次の公演の時はすぐ声を掛けられてましたよ。
__ 
そうなんだ!個人的にホッとしました。では、匿名劇壇の前身としての最初の公演の感想を教えて下さい。
松原 
実は福谷がどんな作品を書くのかその時全く知らなかったんです。だから内心怖かったんですけど、渡された台本を読んだら面白くって。面白い作品だったし、刺激的な公演でした。毎日稽古場に行くのが楽しみでしたね。
__ 
公演後、どんな事を話しましたか。
松原 
特に何も話さなかったです。終わってしばらく経った日の授業後に福谷から「次また公演をやろうと思うんだけど、もし良かったら出てくれる?」と言われました。で、次も出た。みたいな。旗揚げしよう!という感じは全然なかったですね。
__ 
匿名劇壇の魅力を教えて下さい。
松原 
自分でやってるのでなかなか客観的には分からないですけど、私から見るとどの役者も素敵に思えるし、どの作品も面白い事です。本当に幸せな事に、今のところずっとそう思えています。

タグ: 私の劇団について 自分の演技を客観的に見る 劇団力


自分が溶けだして、役に絡んでいる

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
山野 
どんな演技・・・難しいですね。それを探しているところです。そうですね、自分の癖だとか、欲だとか、そういうのを一旦抜きにしたいです。自分が溶けだして、役に絡んでいるイメージ。それを俯瞰している自分がいる、そういう事が出来たら理想なんじゃないかと思います。
__ 
俯瞰する?
山野 
自分に自分でツッコミを入れるというか。欲とか癖を全部客観的に見ることができて、それを把握できることというかなと・・・。

タグ: いつか、こんな演技が出来たら 自分の演技を客観的に見る


vol.364 山野 博生

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
山野

夢子 
がっかりアバターの下ネタについて、もう少しお話しておきたくて。本当に下ネタはカツオブシ程度で、下ネタを扱っている事でちょっと笑われたりされるのは何か違う気がするんです。下ネタをあざ笑うという事は、自分の性をもあざ笑う事なんじゃないか。性はネタではなくて、生きる上で欠かせない事なんですよ。
__ 
ええ。
夢子 
生を生む為の性。その生も性を持っている。とても重要な事なんですよね。
__ 
茶化したくない?
夢子 
したくないです。性にウソはないじゃないですか。好きな子の前で勃起したり濡れたり、そういう反応は演技出来ない部分だと思う。そこを包んでネタにしてしまう部分が、がっかりアバターにはあるのかなと思います。でも「がっかりアバター=下ネタのとこやろ」と言われると、ちゃうわ、と思います。気になってくださる部分としては必要だと思いますけど。
__ 
実は私こそが、「がっかりアバター=下ネタ」で興味を持った部分もあって。でも、がっかりアバターの下ネタにとても切実なものを感じていました。あのとんでもない登場人物達が、その苛烈な生を全うする上で必要としていた性、が、放つ濃い匂い。今回はその中心部に何があるのか踏み込むという感じなのかな。
夢子 
あ、そう、twitterの感想で書いて下さいましたよね。切実って。嬉しかったです。

タグ: ウェブ上の感想 感想がトシと共に変化していく 自分の演技を客観的に見る 下ネタを考える 女性と下ネタ


プライド

__ 
西分さんにとって、優れた俳優とは。
西分 
最近考えているのは、プライドがある人。それは悪い意味じゃなくて、客観性とか、向上心とかを含んだものですね。自分がいま舞台に立っている事、お芝居全体における自分の存在を客観的に捉え、プライドを持って役割を果たせる人。惰性でも自己顕示欲でも言いなりでやっている人でもなく、自分のプライドでやっている人。そういう人が優れているんだと思います。それは難しいと思うんですけど。たとえば、ウチは段取りが多いんですが、それでもなお自分の役柄と向き合ってプロデュースしないと行けないんですよ。キッカケも段取りも多いし、目先のテクニカルな部分に気を取られがちなんですけど、でもお客さんは統率の取れた動きを見に来ている訳じゃなく、作品を見に来ているので。その段取りをこなすのは当然とした上で、どれだけ自分という人間をパーツとして作品の中に存在させるか。今回なんかは特に、そういう事を思いました。
__ 
プライド、ね。個人の自尊心だけじゃなくて。
西分 
自尊心だけだと、下手したら壊しちゃうと思うんですね。やらなくていいことを屋ってしまう、みたいな。そうじゃなくて、自己プロデュース。自分を分かった上でコントロール出来る人ですね。そういう意識を高く持って、責任を負えるようになりたいです。その為には鍛錬がいるので、次回までの準備期間の課題ですね。

タグ: 自分の演技を客観的に見る


__ 
こういう演技は許せない、とかはありますか?
丸山 
どうでしょうね・・・。自分の主観の強さを全く制御出来てない時や、そういう人を見ると、あかんなあと思っちゃいますね。
__ 
主観が強い?
丸山 
「主観が強い」って、口癖になっているんですけど、「自分を客観視出来ていない」という意味です。まあ、完全に客観的になる必要は無いんですけど、主観に凝り固まっちゃうのは良くないんじゃないかと。泣かんでいいところで感情が昂って泣いてしまったりとかは無茶苦茶良くないと思うんですよ。それで気持ちよくなっちゃったりとか。そういうのは嫌ですね。

タグ: 自分の演技を客観的に見る


武器

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
為房 
演劇人として、ですよね。武器を増やしたいですね。
__ 
なるほど。
為房 
やっている事の特性上、つまりアクション系のお芝居に関わる事が多いと、(演技はもちろんなんですが)やはり色んな引き出しを持っていらっしゃる方が・・・。僕もZTONで沢山得てきたものはあるんですが、まだまだ。そういったものを得ていく事で、「僕はこれが出来ます」と言えるようになるんです。それが沢山ある人が、現場を勝ち得ていくんですよ。

タグ: 自分の演技を客観的に見る 今後の攻め方


劇団ZTON「天狼ノ星」を終えて

__ 
天狼ノ星を終えて。ZTONの傑作として記憶に新しいですね。大変面白かったです。私の考え方だと、傑作って作品だけではきっと成立しなくて、客席も含めた劇場が置かれている時代背景がかなり影響していると思うんです。そうして初めて演劇は必然性を持って現在の我々の前に現出しうるのではないか。天狼ノ星は、多文化共生社会の到来と東アジアとの国際関係に悩む現代日本を背景に、他国の国民とこれから向き合うであろう世代の横顔を、ループ状の物語構成を借りた演劇作品として鮮やかに表現されていました。もちろん芝居としても非常に完成度が高く、素晴らしい演劇になりました。為房さんは、一人の役者として、どのような経験でしたか?
為房 
ありがとうございます。お芝居を作るにあたって何が一番大事かって、話が一番大事だと思っていたんです。僕が何かお芝居やパフォーマンスを見る時、やっぱりお話を見るんですね。脚本家が書いたものの起承転結がきちんと魅せられるか。そこに徹するあまり、自分が演技をする時も「色がない」「安定感が凄いよね」「もっと余分な事をすればいいのに」と言われる事があって。
__ 
そんな事を言われますか。
為房 
安定はしているけどね、って。でも今回に関して言えば、早い段階で稽古が回ってこなくなって。つまり殺陣指導をはじめ稽古を見る時間や、自分自身のプラスアルファを考える機会が多かったんですね。さらに、団員の平均年齢があがるにつれ、僕が、絶対的に話を魅せる側に回らないといけないと自覚したんです。地の章では割と、一本の柱としての役なので、もっと我を張らなくてはならないと。今までは誰がメインなのかによって、そこに意識を集中させるために考えて、それはもちろん大切なんですけど、その中でも我を持つようになったというのが個人としては大きい変化でした。
__ 
話を律する立場を意識するようになった。
為房 
そうなるのが遅すぎると言われそうですけど。ホントに極端な事を言うと、話が壊れてもいいから僕が目立てばいいかなというぐらいの気持ちになった、というのが大きいですね。

タグ: 傑作の定義 背景が浮かびあがる 自分の演技を客観的に見る 世界がズル剥け 役者に求めるもの 殺陣の話題 劇団ZTON、参る


努力クラブ 必見コント集「正しい異臭」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、九鬼さんはどんな感じでしょうか。
九鬼 
最近は努力クラブの稽古ですね。
__ 
あ、必見コント集「正しい異臭」ですね。どのような作品になるのでしょうか。
九鬼 
お客さんの反応が全く分からないんですよね。こんな笑いがあるのか、というか、これで笑っていいのか分からない、みたいな。私、稽古場で全然笑ってないですよ。わからなくて。
__ 
私は最近、そういうものは「悪趣味な笑い」と呼べるのではと思っています。
九鬼 
悪趣味。
__ 
自分にしか分からない、他人にはとっては価値がないポイントの笑いであり、その事に対し自覚的であるという事から、そう呼べるのではないかと。努力クラブはそういう笑いの可能性を広げていこうとしているんじゃないかと思っています。
九鬼 
合田君や丸山君、その呼び方を聞いたらどう思うんですかね、反応が気になります。
努力クラブ
元劇団紫の合田団地と元劇団西一風の佐々木峻一を中心に結成。上の人たちに加えて、斉藤千尋という女の人が制作担当として加入したので、今現在、構成メンバーは3人。今後、増えていったり減っていったりするかどうかはわからない。未来のことは全くわからない。未来のことをわかったようなふりするのは格好悪いとも思うしつまらないとも思う。だから、僕らは未来のことをわかったようなふりをするのはしない。できるだけしない。できるだけしないように努力している。未来のことをわかったふりをしている人がいたら、「それは格好悪いしつまらないことなのですよ」と言ってあげるように努力している。(公式サイトより)
努力クラブ 必見コント集「正しい異臭」
公演時期:2011/12/2~4。会場:XXXX。

タグ: 客席と舞台の共犯関係 ユニークな作品あります 自分の演技を客観的に見る 悪意・悪趣味


劇場で上演している時しか出せない空気

__ 
烏丸ストロークロック。私はこの5年くらい拝見しています。2010年の作品、「八月、鳩は還るか」。大変面白かったです。最後の、部屋の間取りを地面に書いてからのシーン。
阪本 
稽古場でいろいろ試してみてメンバー全員で創っていきました。
__ 
痛々しいシーンでしたね。ごっこ遊び療法というか。あのシーンで、照明が回りながら落ちてきて、空間を閉じながら昇っていく演出が見事でした。あそこで一気に世界観が広がるようでした。さて、烏丸の芝居は、何というか空気感があるんですよね。客席を世界の中に取り込んでしまうような気がするんです。
阪本 
最近ようやく、烏丸のお芝居を客観的に見れるようになってきたんです。確かに柳沼さんが作った作品のイメージもあるんですけど。その、劇場で上演している時しか出せない空気ってあるじゃないですか。一緒にお客さんがいてしか体験出来ない空気が。
__ 
ええ。
阪本 
それには音響も照明も俳優も、もちろんお客さんも必要なんだなと、最近は思っています。
__ 
お客さんがいてこそ、というのはありますよね。それぞれの本番における観劇体験の仕組みを言葉で説明するのは、本当に沢山の説明をしないといけないと思っています。お客さんに与えたイメージで、劇世界が膨らんでいくのが基本的な構成だと思いますが。
阪本 
そこに、やる価値があるのかなと思うんです。そこが、他の芸術とは違うところはないかもしれないって。
__ 
そうですね。しかも、大事な部分が崩れるとすぐ破綻するし。
阪本 
怖いですよね。編集が出来ないですからね。ダンスにしても同じですね。だから余計に魅力を感じるんだと思います。
「八月、鳩は還るか」
烏丸ストロークロックが2010年までの5年を掛けて創作したシリーズ「漂泊の家」。この作品はその総集編。公演時期:2010年3月5日~14日。会場:アトリエ劇研。

タグ: 空気感を大切にした 自分の演技を客観的に見る


質問 上原 日呂さんから 名越 未央さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせていただいた月曜劇団の上原さんから質問です。「1.コンプレックスとの付き合い方を教えて下さい」。
名越 
コンプレックスを隠さないことだと思います。ハシ×ワタシでも言ったんですが、自分自身の事があまり好きではなくて、悩んでいたことがあったんですね。それをある時人に話してみたら「そんな事で悩んでたんだー面白いねー」って言われて、それですごく楽になったので。
__ 
自分で欠点だと思っていた事を話すと。
名越 
誰かに客観的に見られる事は大事だなと思います。
__ 
「2.人と一緒にいるとき、右側と左側、どちらが落ち着きますか?」
名越 
私は左側にいたいです。
__ 
なるほど。私は右です。男女で右左というのがあるみたいですね。

タグ: 自分の演技を客観的に見る


vol.197 名越 未央

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
名越