自分、ギリ、暗い客席を前にして

__ 
佐々木さんが考える、魅力的な俳優って、つまり面白カッコいいという事?
佐々 
何て言ったらいいんだろうなあ。自分を管理している事でしょうか。
__ 
というと?
佐々 
緊張という事じゃなくて、自分の体を完全にコントロールしていたら、その内自分の周りもコントロール出来るんじゃないかと思っています。自己管理出来ている人、ですね。所作とかも、ナリじゃなくて自分で考えてやっている。福谷が良く言ってるんですが、瞬きがコントロール出来る、汗を調節出来る。自分をちゃんと、管理出来ているかどうか。
__ 
なるほど。
佐々 
美空ひばりも歌っている時、演出に従って自分を管理しているんですよきっと。大竹しのぶも、「泣いて欲しい」と指定された時に「右からですか?左からですか?」という質問が出たって伝説がある。そこまで自分を管理出来たらそれは凄い役者だろうと思うんです。管理出来ていたら、演出に従って自由に色々試せるんですよね。真っ白で立っている訳じゃなくて。
__ 
久々にそういう、禁欲的な考えをする役者に出会いました。
佐々 
感情だけで動く演技ってあんまり好きじゃなくて。熱くなっている演技の最中にも冷静でいたいんですよ。芝居中に何やっていたのか分からん、というのが怖いです。「ハムレットのようなもの」の時はまさにそうだったんですよね。所作一つ一つには拘っていたんですけど、感情を出すという事は大事にしていたので。自分が制御しきれるかギリのところを攻めていて。それはすごくいい経験だったんですけどね。
__ 
それは凄いせめぎあいですね。
佐々 
僕は動きを管理しようとしていたんですが、本間広大は良しとしてくれなくて。だらしない体であってほしい、役者としてちゃんと立たれたら嫌だ、佐々木誠として立って欲しいと言われたんです。
__ 
それは難しいなあ。
佐々 
セリフを喋りながらも頭で考えている別の事を想像させてほしい、みたいなスッゲー高度な事を言われて。それに挑戦した芝居になったと思います。出来てたかどうかは分かりませんけど。

タグ: 頭が真っ白になる 瞬きの数をコントロールする俳優 自分で考えてきたもの、の価値 大竹しのぶ


あそこへ

__ 
葛原さんが演劇を始めた経緯を教えて下さい。
葛原 
経緯というか、縁なんですけど。幼なじみに乾さんがいたから、ですね。僕は飽き性で、音楽に入って、演劇にハマって、ダンスも始めて。次々と始めている感じですね。友達の輪じゃないですけど、がっかりアバターにはそういうつながりが多いですね。乾からの広がりが多いですね。
__ 
なるほど。あのサラサラヘアーの乾さんが。
葛原 
そうですね、そこに絡められた感じですね。
__ 
芝居を始めた頃にみた、衝撃を受けた作品があれば教えて下さい。
葛原 
衝撃。小劇場を見た頃に、なかた茜さんの「愛情マニア」がすごくいいなあと思いました。映像でしか見たことないのですが、大竹しのぶさんが大好きで。松尾スズキさんとの二人芝居「蛇よ!」と、一人芝居「売り言葉」が凄かったです。大竹しのぶさんはずっと尊敬し続けてますね。
__ 
あんな凄い事を、いつか自分もやってみたい?
葛原 
多分ベクトルは違うんですけど、あれぐらいのものを自分が持てたら凄いですね。あと、パトロン500人くらい欲しいです。
__ 
では、いつかどんな演技が出来るようになりたいですか?
葛原 
それは全然、見えてないです。でも、子供鉅人の益山寛治さんが理想です。あの人みたいに動きたいです。レトルト内閣の「倦怠アバンチュール」で、ほとんど別格の動きをしていて。
__ 
益山寛治さん、僕も好きです。

タグ: 衝撃を受けた作品 一人芝居 大竹しのぶ


「売り言葉」

__ 
いつか、どんな演技がしたいというのはありますか?
小林 
出来る事なら、歳取ってからの芝居がしてみたくて。演技的には下手になってるかもしれないですけど、どう深くなっているか見てみたいですね。
__ 
演技自体が充実しているという事かな。
小林 
中学生の頃に大竹しのぶさんの「売り言葉」を見て。何か、満ち満ちているなと強く感じたんです。次の瞬間になにをするのか分からない、みたいな。それが自分の演劇の始まりだったんです。そういう演技をしてみたいと思います。

タグ: 大竹しのぶ


vol.310 小林 由実

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
小林

ロンドンの街中で

___ 
今回の作品には、助演出として参加したという事ですが。ご自分にとって良かった事とは。
金田一 
そりゃあ、あの稽古場にいられたことでしょう。もちろん僕は僕なりに仕事があったんだけど、とにかく居られる訳ですよ。稽古初日は怖かったんだけども、有起哉さんがガチガチの僕に声を掛けて扉を開いてくれて。いっけいさんも何かとツッコんでて楽しかったし、大竹さんも週に2~3回、稽古場に差し入れ持ってきてくれるしね。今回、役者が4人だけだったから密な関係を作るのが必要だったのかもしれないけど、凄くフラットな雰囲気の現場でした。作品作りをする上で、スムーズに意見が出やすくなるようになっていたんだと思う。
___ 
なるほど。
金田一 
野田さんが、夢の遊眠社の話もしてくれる訳ですよ。僕は大学の時に憧れてて戯曲を大学の劇団でやっちゃうくらい好きだった訳だから。これは凄いことですよ。
___ 
幸せだなあ。ところで、野田さんとはどういうところで知り合ったの?
金田一 
大学を卒業してからロンドンに留学してたのね。演劇とミックスメディアの勉強をしていて。ある時期に、野田さんが今回の作品の製作で来てるというから、劇団や事務所に連絡して。
___ 
ロンドンで。
金田一 
そうそう。橋渡ししてくれる人もいたおかげで会えたし、仲良くなれた。ロンドンの街中の劇場の施設は1階にバーがあって、そこで色んな演劇関係の人や観客が溜まれるようになってるんですよ。楽屋口もないから、上演終了後はみんなそこで集まる。そういうところで会えたんです。その内気に入ってくれて。
___ 
なるほど。劇場のバーか。いいね。
金田一 
日本には中々そういう場所はないんですよ。もっとそういう場所が増えるといいな。

タグ: 野田地図 大竹しのぶ 差し入れ ガチガチな身体


vol.125 金田一 央紀

フリー・その他。

2009/春
この人のインタビューページへ
金田一