葉桜のゆくえ

__ 
という事は、鳴海さんは「葉桜」自体にはそんなに思い入れはない。
鳴海 
そうなんですが、実は岸田國士に対しては少し苦い思い出があって。昔『驟雨』をナチュラリズムで演出したんですけど、納得いかなかったんです。でも今回のプロジェクトが動き出して、これはと思って。
__ 
ある意味、リベンジ?
鳴海 
そうなんですよ。岸田作品と和解したいです(笑う)先日読み合わせをした時に手応えがあって、この作品、良い形に作れるという実感があります。
__ 
母子二人の話ですね。
鳴海 
お芝居としては45分ぐらいのものになります。ええ、短いんですよ。
__ 
二人芝居を全国で持っていく。三重発信のポータブルな作品は珍しいというか、あまり記憶にないので楽しみです。どんな作品が見れるのか。
油田 
2007年に、三重県文化会館で平田オリザさんが「となりにいても一人」という作品の公演企画が作られたんです。2バージョンのキャストを公募で集めて。全国でそういう企画一斉に行う、という試みだったそうなんです。地方って、割と大きいスケールの公演の企画が通りやすいんですよ。沢山の人数が公募で出て、でも続かない。という。でも「となりにいても一人」はそうではなくて、割と絞り込んだクオリティの高い作品も作れるんだという事が分かったんですよ。平田オリザさんがそれを証明したというのはあります。
__ 
なるほど。
油田 
それからこのしたやみさんと仕事をして、鳴海さんとも出会って。地方から外に向けて、作りこんだ作品を持っていく事に、じりじりと迫っていった感じですね。あとは、実はあんまり大都会に出そうとは思っていないですね。去年は広島・金沢だったし、「人間そっくり」は松山・長崎・宮崎と、関西以西にしか行ってなかったり。演劇シーン的に、東京・大阪は意識していなくて、地域にいる演劇人同士でやっていきましょうというのも、お互い、面白いものが出来るんじゃないかと。逆に、向こうの地域の方が来てくださったりもするし。
__ 
都市部で作られてはいないという事は、集中して作られた作品と言えるのかもしれませんね。付随した情報が多すぎないという意味で。そのクオリティを目の当たりに出来ればと思います。
油田 
鳴海さんがこうやって三重に来ていただいたのもあるし、それは大きいですよね。これからいよいよ、パッケージの大きい作品も作れるかもしれない。4、5年ぐらいすれば三重からも本格的な作品が生まれ続ける土壌が整ってくるかもしれない。この「葉桜」が少人数の作品のモデルになって、段々と大きくなっていって。
__ 
若手に対する良い例になればいいですね。
油田 
本当にそうですね。

タグ: 演劇人同士の繋がり 平田オリザ いつかリベンジしたい


大らかさについて

__ 
これから表現を始めようと思っている若い方に、何か一言頂けないでしょうか。
白神 
私が学生の頃に言われて、今になって凄く実感する事があって。学生の頃に何も考えずに作っていた時期、それは凄く楽しかったんですけど、平田オリザさんに「何においても大らかにいなさい」と言われたんです。それは今になっても残っていて。続けていく内に大らかにはなれない事もあるんですよね。失敗出来ない仕事とか。でも、一作一作に根を詰めたりしていても、大らかさを欠いてはいけないんじゃないか。
__ 
そうですね。
白神 
大らかさを持ってほしいですね。「こうあるべき」とか、「流行だから」とかでやるよりは、自分が見たい・作りたいものを大らかに捉えてほしいです。結局、若い時に出来るものには能力的にも予算的にも限度があって、できないことが多くて根詰めすぎると人を傷つけてしまうから。でも、そういうときの方が実は可能性に満ちあふれているから自分たちが出来る、今やりたいものを、周りの人とよくコミュニケーションをとりながらやって行くのが良いと思います。
__ 
器、ですね。
白神 
器ですね。私器ないですけど。
__ 
とんでもないです。
白神 
もうちょっと広がっていければと思います。

タグ: 稽古とコミュニケーション能力 平田オリザ


こんな面白さもある、そんな面白さもある

__ 
これまで数多くの舞台に立っているユーコさんですが、これを機に変わったと実感した作品はありますか?
山本 
東京に行く前なんですけど、石原正一ショーですね。
__ 
なるほど。ドカコと野球狂の詩子。
山本 
演出方法というよりも、共演した兄さん姉さんの楽しそうっぷり。それまで私は頭でしか演劇をやってなかったから。武士道でやってたから。そういう価値観だけじゃない、まず自分が楽しくないとお客さんも楽しくないやん、みたいな事を、言われるのではなく実際に目にしてん。凄く考え方が変わったんです。少なくとも心持ちは変わって。で、東京に行ってからはコントやっててん。
__ 
コント。
山本 
「ラ・サプリメント・ビバ」という。言うたらお笑いの人やねんけど。その人がお芝居よりのコントをやりたいという出演者募集のチラシを見て、同時にリリパット・アーミーの舞台にも出演が決まったから、両方同じ時期にやって、その後に平田オリザ・松田正隆の「天の煙」にも出て。違う種類の作品にどんどん出会えて、こんな面白さもある、そんな面白さもある、って。
石原正一
演劇人。石原正一ショー主宰。1989年、演劇活動開始。1995年、"石原正一ショー"旗揚げ。脚本演出を担当、漫画を基にサブカル風ドタバタ演劇を呈示。関西演劇界の年末恒例行事として尽力する。自称”80年代小劇場演劇の継承者”。外部出演も多数。肉声肉体を酷使し漫画の世界を自身で表現する"漫画朗読"の元祖。"振付"もできるし、”イシハラバヤシ”で歌も唄う。(公式BLOG『石原正一ショールーム』より)

タグ: 石原正一ショー その人に出会ってしまった 退団したら・・・ 分かりやすい面白さと芸術的な面白さの中間 垣根の無い世界へ 平田オリザ


大阪大学ロボット演劇プロジェクト×吉本興業「ロボット版銀河鉄道の夜」

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。最近、片桐さんはどんな感じでしょうか。
片桐 
最近はピンク地底人が終わって。今度は「ロボット版銀河鉄道の夜」に参加するんですけど、その稽古が始まるところです。今は、他の舞台を観に行ったりしています。
__ 
楽しみですね、ロボット演劇版「銀河鉄道の夜」。中々、ロボットと同じ舞台に立つという機会はないですよね。
片桐 
お客さんも、演劇に興味がなくてもロボットに興味がある人が観に来てくれそうな気がして。それが楽しみです。
__ 
それに、吉本興業と平田オリザというのは中々珍しい組み合わせですよね。
片桐 
そうですね。
大阪大学ロボット演劇プロジェクト×吉本興業「ロボット版銀河鉄道の夜」
公演時期:2013/5/2~12。会場:ナレッジシアター。

タグ: 演劇の入り口を作る 平田オリザ ロボット演劇


vol.288 片桐 慎和子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
片桐