「オパンポン☆ナイトvol.3 曖昧模糊」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。オパンポン創造社の野村さんにお話を伺います。3月に東京公演「曖昧模糊」がありますね。実は去年の大阪公演、私は途中まで拝見していました。めちゃくちゃ面白かったんですが、個人的な事情により途中退場してしまったのです。大変申し訳ございません。非常に興味を引かれるタイミングで劇場を後にする事になりました。本当に申し訳ございませんでした。
野村 
いえいえもう全然。見ていただいただけで。
__ 
いやしかし、あのタイミングで退場してしまったのは本当に申し訳なく。今はただ、続きが気になっています。
野村 
ではもう、王子小劇場でお待ちしていますので。
__ 
おお・・・見たいです。東京にはそろそろ行きたいと思っていたんですよ、本当に。
オパンポン創造社
2004年8月、野村侑志よる独り芝居「青春」にて旗揚げ。関西を中心に活動し、旗揚げより全ての作品の脚本・演出を野村侑志が務め、ペーソスと笑いを融合させた作品が支持されている。旗揚げより作品を発表し続け、その数は番外公演を併せ約5年足らずで二十作品以上。昨年は、劇団としての活動を完全に休止し、作品、そして役者のスキルアップを目的とし外部出演を勢力的にこなす。主宰の野村は、昨年2011年、一年間で海外公演含め十四本の作品に参加。(こりっちより)
オパンポン創造社 創設十周年記念『オパンポン★ナイトVOL.3 曖昧模糊』
公演時期:2014/3/6~3/8。会場:王子小劇場。
オパンポン創造社・十周年記念&第2回 Short Act Battle優勝ご褒美公演
公演時期:2014/5/16~18。会場:Live Space B.SQUARE。

タグ: 王子小劇場


さよならのための怪獣人形劇『パフ』

__ 
劇団しようよでは今年、『パフ』の再演がありましたね。東京、京都でツアー上演でした。その中の西村さんの演技で一番印象的だったのが、怪獣の鳴き声がですね、たまんない可愛さでしたね。「パフー」とかって。
西村 
ありがとうございます。良かったです。あれは何でやる事になったのかな、確か「おもちゃ箱をひっくり返したみたいな作品にしたい」と言われたからかな。内部でも評判が良くて、着信ボイスに出来たらいいねみたいな話になりました。
__ 
素晴らしい。待っています。ご自身ではどんな経験でしたか。
西村 
初演から数えて3回の公演をやってきていて、これだけ長い時間を共にする作品は他になかったんです。作品が変わっていく流れが面白かったというのもあります。作家は苦しんでいて、でもその結果がきちんと出たというのを目の当たりに出来て。嬉しかったです。
__ 
『パフ』は構成がとても面白かったですね。一つの楽曲のような戯曲でした。妄想の世界に逃げてしまった少年が現実の中に戻ってきてしまって、もう一度妄想の世界に旅立って、またもう一度現実と向き直すという。その構成自体が非常に美しくて、まとまっていました。
西村 
ありがとうございます。東京で色んな方に見て頂いて、構成に関するご感想も頂いて。思うのは、やっぱり別の地域の方に見て頂くのはすごく重要なんだなと。
__ 
というと。
西村 
私は元々九州の生まれなんですけど、京都で作った作品を東京に見せに行くと、京都よりもさらに広く、色んな価値観の人と触れ合う事になるんですよ。俳優としても成長出来るし、人生が広がっていくような気がします。
__ 
地方に行くって確かに大事ですよね。全然違う価値観の人に捉え直してもらう。というか、そうじゃなければ先入観がどうしても入ってきてしまうのかもしれない。
西村 
『パフ』では、描いていることのひとつに「災害」があるんですけど、京都と東京の受け止め方の違いはありますね。
__ 
そうですね、かなりバックグラウンドの違う人達ではありますからね。
西村 
はい。面白い事だと思うんです。また色んな作品を、違う土地に持っていけたらと思います。
さよならのための怪獣人形劇『パフ』再演ツアー
公演時期:2014/8/15~18(東京)、2014/9/5~7(京都)。会場:王子小劇場(東京)、KAIKA(京都)。

タグ: 自分を変えた、あの舞台 外の世界と繋がる 遠征公演 王子小劇場 再演の持つ可能性について 人形劇にまつわる話題 妄想


「どうしてほしい?」

__ 
本番で好きな瞬間はどんな時ですか。
畑中 
楽になれた時。知らん内にやれていた時ですね。カナヅチ女の時、砂場のシーンがあったんですが、ふわふわした抽象的な空間から砂の上に行くシーンがあるんですけど、本当にそう思えた瞬間があったんです。あ、いま地面が砂になった、って。気持ち良かったですね。それは常にやれてないといけないんですけど、きっと。
__ 
そうですね。
畑中 
それと、お客さんがなってほしい状態になった時。息を飲んで欲しい場面でそうなった、と実感したときに「よっしゃ!わーい」ってなります。
__ 
それが分かる。変化が感じ取れる?
畑中 
はい、でも後付けでそう感じているだけかもしれない。ですが、無意識に楽に演技が出来ている回ほどお客さんの呼吸が分かるような・・・お客さんがどうしてほしいのかが分かるような。その精度がもっと上げられたらいいなと思います。
__ 
集中出来たとき、ですね。
畑中 
そうですね。俳優の立場から言うと、見せたいものって役者の内部にあるというよりは外にあるんだろうなって思っています。観客が見たいものを、役者が発するんじゃなくて、役者も見る、んじゃないかなと思っていて。イメージを共有するためには外側のものをお互いが見る、みたいな・・・言語にすると哲学的で宗教的なんですけど(笑う)
__ 
ワクワクしながら、ね。役者がずっと一つの方向に向かっていったら、観客席全体が一つの目になって、実はその目を持つのがいま現在の時代の社会その人で、舞台がどんどん客席と離れながらも劇場ごと別の世界に飛んでいってみたいな状況になったら凄いですよね。
畑中 
どこの劇団のどこの役者さんでも、ずっと、安定したものを提供しようと目指していると思うんですよ。でも、残念ながら偶然にしか起こらないものもあって。たまたま良かった、みたいな。それを意識的に出来たらいいなと思います。
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 役者の認識(クオリア) 今の作品に集中する 外の世界と繋がる 王子小劇場


ピンク地底人「散歩する侵略者」

__ 
諸江さんは最近、どんな感じでしょうか。
諸江 
次の舞台の稽古が始まっています。ピンク地底人の「ココロに花を」ですね。
__ 
東京・福岡の公演ですね。
諸江 
そうですね。残念ながら関西では今回見れないんですけど・・・実は台本が2/3くらい出来ている状態です。演出の3号本人も演出に力を入れたいみたいです。
__ 
見れないかもしれませんが、各地で楽しまれたらいいですね。諸江さんが初めてピンク地底人に出たのはどの作品でしたか?
諸江 
去年の8月の公演「明日を落としても」でした。ここ最近の地底人の作り方に興味があったんです。雑踏を役者達全員がマイクで表現する「マリコシステム」と言ってる演出なんですけど。出来るまで、超しんどいんですよ。それに、出来てからじゃないと雰囲気を出すのは難しいし。
__ 
意気込みを教えてください。
諸江 
やっぱり、それなりに傷跡を残したいというのはありますね。作品が出来てくると欲が出てきて、もっともっと深めていきたいんですね。それには適したバランスがあるはずなんです。物語と雑踏の間に、ギリギリのラインがあるんですよ。音楽的なたとえでいうと、バンドだって、なんぼボーカルが気合い入れて歌ってもバックがうるさかったら気が散ってしまうので。
__ 
そこが、「散歩する侵略者」ではいかがでしたか。
諸江 
今回はずっと僕、散歩してたんですよ。上手く行くときもあればいかない時もあって、それは肌で感じていました。
__ 
雰囲気の演出としては上手くいっていましたね。最後に片桐さんが演じる妻役とのシーンで雑踏が消えますが、そこが非常に、キレイなシーンが描き出されていたように思いました。
諸江 
ありがとうございます。そこに到る事が出来れば。用意した演出が、全て必要なものとして意味があるんだと受け止められれば、という事なんですよね。
ピンク地底人
京都の地下は墨染に生まれた貧乏な三兄弟。日々の孤独と戦うため、ときおり地上にあらわれては演劇活動をしている。夢は関西一円を征服することと、自分たちを捨てた母への復讐。最近は仲間も増え、京都を中心に大阪にも出没中。(公式サイトより)
ピンク地底人策略と陰謀の第11回公演 「散歩する侵略者」
公演時期:2013/2/15~18。会場:アトリエ劇研。第8回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品。
ピンク地底人 大噴火の第12回公演「ココロに花を」
公演時期:2013/5/5(福岡)、2013/5/31~6/2(東京)。会場:王子小劇場。
ピンク地底人暴虐の第10回公演「明日を落としても」
公演時期:2012/6/30~7/1(大阪)、2012/8/17~8/19(東京)。会場:インディペンデントシアター2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 王子小劇場 ピンク地底人 深めていきたい 残したいという気持ち


vol.287 諸江 翔大朗

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
諸江

いいチームなんじゃないか

__ 
ピンク地底人第十回公演「明日を落としても」の大阪公演が終わりましたね。いかがでしたでしょうか。
6号 
もう怒濤のように始まって、巻き込まれたように終わりましたね。私は主人公へのレポーター役だったんですけど、途中から立ち位置が不安定なんです。これ、何でなんだろうって自分でもよく分からなくなっていました。本番を迎える前まで全体が見えなくて。でも、公演中、こんな感じなんだって自分で分かるようになって。
__ 
見ている側としては、そういう疑問込みで面白かったですよ。
6号 
東京公演では意識的にその役になれるといいなと。そう、ピンク地底人は3号さんの作品の「感じ」をみんなで実現しようぜって意識で一致してるんです。地底人達はもちろん、今回は客演さんたちも色々意見を出してくださって。「明日を落としても」はすごくいい座組だと思います。
__ 
劇作家の世界観を理解しているんですね。それはきっと、劇団員の一番重要な仕事だと思います。
6号 
そういう信頼感はあるので、いいチームなんじゃないかと思います。
ピンク地底人暴虐の第10回公演「明日を落としても」
公演時期:2012/6/30~7/1(大阪)、2012/8/17~8/19(東京)。会場:インディペンデントシアター2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: この座組は凄い 混成軍的な座組 王子小劇場


悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』大阪公演を終えて

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近はいかがでしょうか?
吉川 
悪い芝居「カナヅチ女、夜泳ぐ」の大阪公演が終わりました。だから今は、東京公演に向けて準備中です。
__ 
大阪公演を越えて、面白くなるといいですね。
吉川 
ほんとですねー。でもこの公演、劇場の大きさとか場所とかで、ちょっと、雰囲気変わりそうだなぁとか思っています。
__ 
私は大阪公演を2回拝見して。とても面白かったです。確かに、山崎さんへのインタビューで伺った通り、浮遊感があったように思います。
吉川 
浮遊感あったんですか? ふふ(笑う)不思議。なんでやろう。
__ 
感情移入というかそういうのがあったのかな。凄く実体験に近い感覚があったと思うんですよ。最初、主人公である吉川さんは舞台にいなくて、彼女の意識が再現されている。さらにシチュエーションが、●●●の夜●●●というのが。結構、こちらの体験に迫ってきたなあと思いました。
吉川 
そうなんや。浮遊感を感じて欲しくて、実際にそれを感じてもらえるなんて。山崎さん、作戦大成功だなぁ。
__ 
この「カナヅチ女」。吉川さんとしてはどんな作品でしたか。
吉川 
えっと、自分が辞めた劇団に久しぶりに出る、という作品。
__ 
吉川さんが●●●●ってる話ですからね。
吉川 
そうですね。そんな役です。あとは、私が劇団にいた頃を知っている人がいて、もし、今回も足運んでくれはったとして。そういう方に伝わる面白さっていうのもちょこっと足せてたら嬉しいな。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 退団したら・・・ 名称の由来 王子小劇場


vol.247 吉川 莉早

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
吉川

ピンク地底人暴虐の第10回公演「明日を落としても」

__ 
ピンク地底人暴虐の第10回公演「明日を落としても」。意気込みを教えてください。
竹子 
今回は勝ちに行きます。これまで私は、地底でもハト派、つまり作品至上主義だったんです。良い作品を作れば、みんな見に来てくれるよというような。でも、せっかく東京にも大阪にも行くので、もっともっと、ぐいぐい行ってもいいんじゃなかなと。侵略するぜオーラを出していきたいですね。
ピンク地底人暴虐の第10回公演「明日を落としても」
公演時期:2012/6/30~7/1(大阪)、2012/8/17~8/19(東京)。会場:インディペンデントシアター2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 出立前夜 王子小劇場


気合

__ 
ピンク地底人。今回、東京にある王子小劇場が主催する佐藤佐吉演劇祭に参加するんですよね。ついに関東進出という事で、意気込みを伺えますか?
3号 
気合が入っています。何でしょうね。
__ 
経緯を伺っても良いでしょうか?
3号 
王子小劇場のスタッフの方がたまたまウチを見に来てくれて。それで誘って頂いた感じですね。大変嬉しいです。
__ 
この度の王子小劇場の佐藤佐吉演劇祭。京都からは悪い芝居ピンク地底人が参加ですね。
3号 
この間、記者会見で悪い芝居の山崎さんと初めて会ったんですがすごい良い人でした。優しくしてもらえて。負けないように頑張ります。
__ 
やっぱり、京都からこの2団体が出てくれるのが嬉しいですね。
3号 
ありがたいことです。頑張ります。
王子小劇場
劇場。東京都北区王子。
佐藤佐吉演劇祭2012(劇視力5.0)
王子小劇場が自信をもってお薦めする、より多くの観客に観ていただきたい作品が集まる演劇の祭典。王子小劇場では注目すべき作品・才能が集う時にのみ、佐藤佐吉演劇祭を開催する。(公式サイトより)
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)

タグ: 王子小劇場 「悪い芝居」の存在


__ 
今回の悪い芝居「カナヅチ女、夜泳ぐ」。どんな経緯で出演が決まったのでしょうか。
村上 
柿喰う客の「恋人としては無理」ツアーで大阪公演に山崎さんにゲストで出てもらったのが最初です。それから山崎さんが東京で公演をするたびに何回か誘って頂いたんですけど、日程が被っていて中々行けなかったんですね。それで初めて見たのが前作の「駄々の塊です」で、それがすごく面白かったんです。終演後に詳しい出演依頼を聞いてすぐに出ますと返事しました。
__ 
いま、悪い芝居の稽古はどんな感じでしょうか。
村上 
今は進行を急いでいるという訳ではなく(5月19日時点)、関係性であるとか、モヤモヤしたものを整理せずそのまま表現するという作り方なんです。普通はもっと分解して整理していくと思うんですけど、むしろ整理を付けないという事を今山崎さんは言ってますね。僕はそういう作り方は想像していなかったんです。台本をもらって、稽古の期間内、期日までに最短距離で仕上げるスケジュールを考えるのが僕の癖なんですけど、今回はまだじっくりやってますね。モヤモヤしたものはそのまま置いといていいよ、と。
__ 
そこを見せたいからですね。面白そうですね。手応えとしては。
村上 
難しいですけど、考えるのが面白いです。だから大丈夫なのかなと(笑う)何とかなるんじゃないかなと。
__ 
稽古の仕方については。
村上 
ダメ出しするときに、「ここはこうだ」とか、役者に100%の答えを求めるようなやり方じゃないんですよ。今回「う~ん、分からない」というのを出す演出だからかもしれませんが。ダメ出し、色んな角度から考えるんですよ。さっきの稽古でやったシーンは作品として成立しているけど、別の角度から見たらこうだよ、みたいな。一つ一つの事を聞いて行ったら翻弄されるんですけど、山崎さんから見たらバランスが取れているんじゃないかなと思います。
__ 
役者の方向性は決めないという事なんですね。
村上 
でも、「今どう思ってやったの?」と聞かれて、それに対する否定とかはないんですけど。
__ 
役者にとったらある意味辛いかもしれませんね。
村上 
そうですね。器用な人なら楽しんで出来るのかもしれませんけど。でもそれって、まさしくこれからの自分に必要な能力なんですね。自分で決めるって。その役者だけに演出がつきっきりになる訳ではないし。よく回る独楽より、自分で考える駒になりたいですね。
__ 
フリーになる事を決めた村上さんなら、きっと楽だと思います。
村上 
いえいえ、苦戦していますよ。
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。
「恋人としては無理」全国ツアー
柿喰う客作品「恋人としては無理」の全国ツアー。横浜、福岡、大阪、札幌、愛知などで公演。
悪い芝居vol.12「駄々の塊です」
公演時期:2011/11/2~2011/11/9(京都)、2011/11/17~2011/11/21(東京)。会場:ART COMPLEX 1928(京都)、王子小劇場(東京)。

タグ: 「異なる角度から」 王子小劇場


vol.239 村上 誠基

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
村上

やっている事は変わらないけれど

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。
山崎 
お久しぶりです。6年ぶりですね。前の記事読んで、昔、こんな事言ってたなあと思いますよね。
__ 
そうですね。時間が経ちすぎましたね。あの頃と比べて、何か、決定的に変わった事とかはありますか?
山崎 
見る人が増えるまでは、何か変な事をやってると思われるようにやっていたと思いますね。名も知れぬ劇団だから。だからこそ却ってそういう作品が作れたのかもしれないです。それと比べると今は、期待して見てくれる人や、評判だけ聞いてもらっている人の予想を裏切って刺激を与える事をしていますね。守りに入っているとかじゃないんですけど。やっている事は変わらないんですが、その対象が変わってきているなと思います。
__ 
なるほど。昔は、変わった事をやりたいという気持ちは強かった。
山崎 
もともと、物語やセリフを作品として書くというこだわりは無かったんです。だから、人のやっていない事や、話題になりやすい特徴を作り出せていたんだと思います。でも最近、やっと戯曲を書く事を意識し始めて。その上で、お客さんが求めているものと、僕らがやりたい事を探していこうと思っていますね。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 王子小劇場 悪いけど、芝居させてください


質問 宮下 絵馬さんから 望月 綾乃さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、悪い芝居の宮下さんから質問を頂いてきております。「思い入れのある劇場はありますか?」
望月 
ぱっと出てくるのは王子小劇場ですね。ロロが旗揚げからやってる劇場だし、支配人の玉山さんにすごくお世話になってるんですよ。
__ 
いいですよね、王子。
望月 
今年の8月、久しぶりにロロが公演に使わせてもらいます。私個人も、過去に王子小劇場に客演した事が多いんですよね。
__ 
あ、国分寺大人倶楽部とかね。
望月 
そうそう。王子の小屋の匂いを嗅ぐと、帰ってきた気分になります。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
王子小劇場
劇場。東京都北区王子。

タグ: 王子小劇場