あかりのなかへ

___ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近はツォウさんはどんな感じでしょうか。
ツォウ 
最近は、照明会社の契約社員として働きつつ、劇団の照明として活動していますね。
___ 
あ、そうなんですね。
ツォウ 
実は会社では演劇の照明はあまりやらないんですけどね。でも、会社で得た経験を劇団にフィードバックする事が出来たら、またその逆も出来たらと思います。
___ 
仕事で照明をやるって、きっと相当好きなんだろうなと思うんですよ。どういう経緯があるのでしょうか。
ツォウ 
高校で和太鼓の部活に入ってたんですよ。その最後のステージで、僕がアドリブで動いちゃった時にですね、照明の方が光を当ててくれたんです。それが嬉しくて、照明って凄いなと。学びたくなって造形大に入って。ドキドキぼーいずに入ったのがキッカケですね。新潟でデビュー公演をしたいと。照明もやってくれないかとも言われて。それが5年前ですね。
ドキドキぼーいず
2013年、代表である本間広大の学生卒業を機に再旗揚げ。京都を拠点に活動する若手演劇チーム。虚構性の強い演劇を目指し、『リアル過ぎる嘘っぱち』の創作に挑んでいる。生み出されていく衝撃を、時に優しく、時に激しく、作品として観客に提示することで、人間の本質を描き出す。いつまでも青臭い、カワイイ奴らでいたい。(公式サイトより)

タグ: フィードバック 外部活動を持ち帰る


舞台と私

__ 
今後、坂根さんはどういう風に演劇と関わっていきたいですか?
坂根 
まだ考えている段階で、難しいんですけど。役者としては、色んな公演を見て吸収して、沢山の作品に出られるようにしたいです。そこでの経験を自分の劇団に持ち帰って。色んな事が出来る役者になりたいですね。ちょっとでも多くの人に見てもらう環境作りも必要ですね。
__ 
素晴らしい。
坂根 
映像スタッフとしても、自分の技術を充実させたいです。舞台の表現とは違う表現ですよね。舞台記録映像のスタッフとして参加させてもらったり、舞台用の効果映像にも手を出そうとしています。この4年、色んな事をやってきたんですが、これからは役者と映像に絞って活動していきたいです。

タグ: 色んなものを吸収 映像の現場 外部活動を持ち帰る


「Sherry,Go home ~フランケンシュタインと赤い靴~」

__ 
前回公演「Sherry,Go home ~フランケンシュタインと赤い靴~」。大変面白かったです。美術品のような印象の作品でした。オーバルシアターの白い部屋に、宇宙の広がりがキュっとまとまった不思議な作品でしたね。その中で、Sun!!さんの存在感が似合っていて、途中から強い違和感を持ち始めて、それをサカイヒロトさんが客席と我々を繋いでいるというか。強い構造を持ち、なんか設定が不確かな少女が出てくるという、矛盾に支えられた作品でしたね。
坂本 
ありがとうございます。嬉しい感想です。サカイヒロトさんが仲立ちというのはまさにその通りで、最近のご自身のWI'REの作品でもサカイさんご自身がお客さんへ語りかける事があるんです。実は、サカイさんには最初はキャストではなく共同演出と美術をお願いしていたんですが、キャスティングが難航して。困っていたところへ「僕がセリフを喋ることもできますよ」と。で、試しに喋ってもらったらバッチリで。
__ 
なるほど。
坂本 
酸素が足りない宇宙船に密航するというのは日常生活では起こりえないシチュエーションなので、いかにリアリティをもたせるかについては話をしましたね。さらに、「Sherry,Go home」では、色々なメタファーを盛り込みました。チェリーパイ、赤ちゃんの声、ラジオ、この宇宙船は何を意味しているのか。
__ 
隠喩が散りばめられている。
坂本 
それらを最終的にひとつの絵としてお客さんに渡す。そうでなければお客さんが混乱するので。最後には、宇宙飛行士がチェリーパイの入っているカゴに耳を当て、ラジオを聴いているかのように宇宙のどこかにある少女の声を聴こうとする、という演技プランが出てきました。流石、でしたね。私が楽しんでましたね(笑う)。
__ 
いいシーンでしたね。
坂本 
サカイさんは演者としてSun!!ちゃんと向き合って感じた事を今度は美術家として作品にフィードバックして作っていかれたんです。サカイさんの中で循環するものが、劇空間として立ち上がっていく過程はとても面白かったです。
「Sherry,Go home ~フランケンシュタインと赤い靴~」
公演時期:2013/9/7~9。会場:オーバルギャラリー。

タグ: キャスティングについて 赤色 宇宙の話 外部活動を持ち帰る


「9」

__ 
レトルト内閣の作演出である、三名さんは最近はどんな感じでしょうか。
三名 
オフ期間なので、実験的な企画や新たな音楽や、短いテキストを作ったりして、本公演にフィードバック出来るように挑戦しています。直近ではnu things(阿波座)というクラブでイベントを企画しています。即興音楽家とパフォーマーのコラボ作品でインスタ的な作品にする予定です。レトルト内閣は「安定志向というお笑いユニットや「白色テロルというシアターバンドといった多方面の表現を追求するユニットを抱えています。今回も本公演では出来ない尖った表現に挑戦したいと思っています。
劇団レトルト内閣
劇団レトルト内閣の舞台はエンターテインメントでありながら「振り切った暴走アート」とも評される。無駄のないストーリー構成に、 エレガンスロックと呼ばれる劇中歌、 B級レビューと銘打つショーシーンが作品を彩る。豊かなセリフ表現や、多彩なキャラクター、唐突なナンセンスギャグ、めまぐるしいほどにスピーディーな展開も近年の作品の特徴。華やかなのにダーク、B級なのに耽美という独自路線を開拓し続ける。(公式サイトより)
「9」
開催日時:2012/10/21。会場:nu things(阿波座)
安定志向
お笑いで市民サービスを!大阪の公務員二人が、ありあまる市民サービス向上意欲を満たすため結成した漫才コンビ、安定志向。公務員らしい地味で細かい着眼点で漫才・コントを展開。(公式サイトより)
白色テロル
2006年10月結成エレガンスロックバンド。(公式BLOGより)

タグ: B級の美学 コラボレート フィードバック 外部活動を持ち帰る 尖った事をやりたい


質問 奥田 ワレタさんから 植田 順平さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせていただいた、奥田ワレタさんから質問を頂いてきております。「その内東京来るんすか? いや来てくれたら嬉しいけど、みんな来るのはなんかなあ。いや嬉しいけど」。
植田 
それは・・・どうでしょうね。
__ 
答えづらい質問ですね。奥田さんとしては、みんな来てもしょうがないんじゃないって思っているのだと思います。
植田 
もちろん、東京にも大阪にも京都にそれぞれの小劇場の文化があって、それぞれの特色があるのが大事な事だと思います。次の悪い芝居は東京のみの公演(再演)ですのでどんな反応が返ってくるのかが楽しみです。他にも、山崎は現在は東京で客演、僕は大阪で客演、池川はAI・HALL、西岡は京都、岡田はバンド活動と色々活動の幅が広がってきていますし、外部での活動にも興味はありますね。
__ 
それで答えになっていると思いますよ。
植田 
まあ、奥田さんには、東京に行ったらよろしくお願いしますと。申し上げたいです。

タグ: 出立前夜 外部活動を持ち帰る 悪いけど、芝居させてください