明日、出会うその日までには

__ 
これから、表現を始められる人たちに何か一言。
衣笠 
俳優って、自分が役に入り込んで演技をする分、それを見る人に対して嘘を付いているんですよね。その事を忘れないでほしいと思っています。「おれは俳優だぞ」って偉そうにするんじゃなくて、俳優自身は謙虚にいなくちゃいけないんじゃないかなと思います。自分が仕事をしている上で常に嘘を付いているという自覚を常に持っていたら、楽しんで嘘を付いていいと思うんです。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
衣笠 
やっぱり大学と違って、ものすごい厳しい世界に飛び込もうとしているんですよね。そんなにすぐには売れないですし。1年、5年、もしかしたら10年と物凄い貧乏な時期になると思って。どれだけチャンスを取りに行けるかと思っています。待ってても仕事は来ないので、自分から攻めていかないといけないので。
__ 
そうですね。
衣笠 
大学だったら3・4回になったら自分で監督が出来るしキャスティングもされるんですが、そんなに甘い世界ではないので。大学に来た頃の「この映画に出たる!」っていう勢いがあったんですが、そういう初心を思い出して。でも焦りすぎず攻めて行けたらいいなと思っています。
__ 
ありがとうございます。これからも、関係性を大事にしていってください。
衣笠 
そうですね。向こうの事務所の方にお会いした時も「この世界は出会いが全て」って仰られて。どれだけの人に出会って、どれだけの人に気に入ってもらえるかと。
__ 
リアルな話、「気に入って下さい!」って攻めて来られたら引きますので、遊びというか空白というか、そういう余裕が結構重要だと・・・何でもそうなんですけどね。

タグ: 色んなものを吸収 オーディション キャスティングについて 外の世界と繋がる いつか一緒に


芝原さんの本

__ 
いつか、こんな芝居が作りたいとかはありますか。
芝原 
最近(戯曲を)書きたい欲がすごくて。フラッシュフィクション、私も書きたいなって飲みの席で言おうかなって思ってた矢先、「がっかりとやるで」って話を聞いて。え、あっ、ふーん、そうなんだって。
__ 
それは芝原さんとしては悔しい。
芝原 
でも匿名劇壇は福谷の書いたものをお客さんもそれを求めてはると思うので。やるなら他のところで、という感じでしょうか。
__ 
芝原さんプロデュース。
芝原 
(笑う)そんな機会があれば嬉しいですね。
__ 
いつか見れたらいいなあ。どんな作品を書かれるんですか?
芝原 
会話主体で、何か、気付いたら展開してるって感じが多いですかね。
__ 
例えば、どんなお話を書かれるんでしょうか。
芝原 
一定の距離を保った複雑な人間関係、とかかな。多重立体な作りが好きなので。

タグ: いつか一緒に


これからやりたい事たくさん

__ 
今後、壱劇屋をやっていく上での意気込みを教えてください。
小刀 
私、壱劇屋の中で一番スキルが低いと思うんですよ。どうにかしてスキルを身につけて、壱劇屋の支えになれればと思います。
__ 
それはきっと、訓練次第で如何ようにも。
小刀 
はい。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
小刀 
色々やってみたい事があって、でも時間とお金がないので、色々整理を付けてやっていきたいと思います。演劇WSとかもそうですけど、それ以外だったら外国語とか学びたいですね。バイト先に韓国の子が来て仲良くなったので、韓国語を学んで、向こうに行ってみたいですね。

タグ: どんな手段でもいいから続ける 多方向に興味あり いつか一緒に 今後の攻め方


自己プロデュース

__ 
今回、私は壱劇屋の全員にお話を伺おうとしていまして。そして、河原さんがその第一弾という事で、だからこういう事はあまり言うべきじゃないのかもしれないんですが・・・河原さんの理想はとても明確ですよね。であれば、どこかでそのやりたい事を試す時期を作らなければならないし、それは先延ばしに出来るものじゃないと思う。もちろん、壱劇屋を辞めるべきだとかそういう事じゃなくて。これは本当に、私の立場で言うべきじゃない事ですが・・・
河原 
いえいえ。僕自身、演出をするというのが最終目標なんです。いまのところ。身体の動き、と、お芝居の融合を表現としてやりたいんです。その修行として壱劇屋に所属していまして、早めに演出に挑戦するのが一番良いとは思っていないんです。経験を積んでやるのが自分には合っているんじゃないかと。自己プロデュースを磨きながらやっているので、壱劇屋にいる事は自分にとってはプラスになっています。
__ 
なるほど。
河原 
そういうジャンルを開拓したいんです。ブレイクダンスをしながらお芝居をしているのは関西では僕だけなんじゃないかなと思うんですよ。日本だったら数名くらいなんじゃないかと。HIPHOPやジャズダンスだったら相当いると思うんですけどね。今はマイノリティですけど、もっとメインのレベルにいけるようになりたいですね。もちろん大衆性は望めないんですよ。けど、磨き抜いたら誰でも分かるようになると思うんですよ。
__ 
なるほど。
河原 
演技としての動きで、ヘッドスピンをしている。それが、作品の上では当然そうなると受け止めてもらえる、そういう形態の作品フォーマットを作る。それは例えですけど、僕がやりたいのはそういう事です。

タグ: オーディション いつか一緒に


好きな人

__ 
お芝居を始めた頃に、衝撃を受けた面白い作品は何ですか?
西原 
23、4歳くらいは全然劇団知らなかったんですが、特攻舞台Baku-団さんの「半端ロッケン27ロール」を初めて観て、「ここ出たい!」って思いました。27歳くらいの時に見たんです。ロックだったんですよね、みんな格好良くて。その後にサリngROCKさんの「愛情マニア」を見ました。おっもしろいと思いました。
__ 
特攻舞台Baku-団、今のステージタイガーですね。私も好きです。
西原 
他にもいっぱいあるなあ。初めて芝居を見たのは、来週本番がある劇団暇だけどステキさんです。お芝居ってこんなに面白いんだって思いました。
__ 
今後、一緒にやってみたい人はいますか?
西原 
個人的に好きな人は米山真里さんです。目で追ってしまうんですよね。一度baghdad cafe'で共演した事はあるんですが絡みはなかったので。
__ 
出てみたい劇団はありますか。
西原 
この間、劇団鹿殺しを観て。絶対無理やと思うけど、出てみたいです。チョビさんみたいに歌いたいです。カッコいいんです。悔しくなっちゃいました。同じ歌い手として。
特攻舞台Baku-団改めステージタイガー
超体育会系演劇。俳優達の鍛え上げられた圧倒的な筋肉。それに最大限の負荷をかける事により、人間の奥深くに眠る野生のエネルギーを創出する。そんな超体育会系演劇を目指すステージタイガーは、関西を代表する強く、切なく、そして狂おしい劇団です。15名を越える劇団員で、自主公演だけに収まらず、ライブハウスから廃校まで、年10本以上のイベントにも出演中。今日もあなたの元へステージタイガー。もう、君にムキキュン。(公式サイトより)
突劇金魚・第六回公演 『愛情マニア』
公演時期:2007/7/10~11。会場:シアトリカル應典院。

タグ: 衝撃を受けた作品 半端Rock'n27roll いつか一緒に


vol.290 西原 希蓉美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
西原