関わっているというよりは見守っている

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。河西さんは最近、どんな感じでしょうか。
河西 
最近、風邪を引いて声が出なくなってました。役者とかしてないので、まだ良かったです。ようやく治ってきましたけど。
__ 
お大事にしてくださいね。さて、河西さんは舞台写真家の方なんですよね。これまで、どんな撮影をされてきたんですか?
河西 
壱劇屋は「ブラックスペース」の時からやっています。ほかに匿名劇壇、斬撃☆ニトロ、DanieLonelyですね。後は、頼まれたら引き受けて。
__ 
ありがとうございます。そうした活動を、どのくらい前からされているのでしょうか。
河西 
4年位前からですね。元々は、学校で舞台照明を学んでいまして。卒業後、照明関係の会社に就職したんです。退職後に写真を趣味で始めて、舞台やライブの写真を撮り始めて4年経ちました。写真で舞台の記録をする、そういう作業がしたかったんですね。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)

タグ: 舞台撮影について


今、手が届く距離にかの人がいる事

__ 
舞台映像を編集するのは、きっととても楽しいんじゃないかと思うんです。演劇作品を映像という形式に移し替えるという、それはそれは難しい作業。きっと、文脈を押さえながらでないと出来ないですよね。きっと、かなり文学的な素養が必要なんじゃないかなと思っているんですが。
武信 
うーん、そうだと思います。僕が客として見た時の、物語の受け止め方を出来るだけ再現していこうと思っています。あんまり客観的にやりすぎると、機械的に映っているだけのものになってしまうんです。淡々と映されているだけじゃなくて、責任を持って誰かの手で再構築したものじゃないと、舞台の持つ「生の良さ」が落ちたものでしかないので。つまり、僕の方に引き寄せたものにはなっちゃいますね。
__ 
演劇をメディア化すると、それは「生の良さ」が落ちたもの、である。確かに、芝居を観客席で見るのと画面で見るのとでは全然違いますからね。それは、ずっと引きの画面で客席後方から撮影した映像と実際に客席後方にいる場合でも、やはり違うと考えています。
武信 
そうです。
__ 
客席にいるのであれば、視覚と注意力と空間把握を総動員すればクローズアップ出来ますからね。照明が照らされている舞台上ならなおのこと。映像だと視界のサイズが同じでも出来ない。そして、単純な映像としての見え方以上に、透過光か反射光かで脳の認識モードが違う、という仮説があるそうで。
武信 
ああ、ありますよね。透過光と反射光の話。透過光だと受動的にみて、反射光だと批判的に見るという。
__ 
そうそう!そうなんですよ。透過光はパターン認識モード、反射光は詳細分析モードと言われているらしいですね。前者は具象像から図形的認識を展開して、後者は抽象的な意味合いへの分析を行う、とか。
武信 
実は、触覚というのもあると思うんです。表現方法としての映画と演劇の違うというものがあって、映画はやはり視覚オンリーなんですよね。もちろん聴覚もありますけど、視覚が一番重要。生の演劇だと、以外と視覚というのは使っていなくて、どちらかと言うと触覚に近いんです。そこにいる存在を楽しんでいる感じというか。感覚が違うんですよね。映像だとまず触覚はないので。面白い映画って、音を消しても何が起こったか分かる。演劇は目をつぶっても、何かが起こっている雰囲気が感じられる。
__ 
そういえば、そんな感覚はありますね。
武信 
そういう現象が何故起こるのかは分からないですけどね。そこが、触覚と視覚の違いでしょうね。映像化によって消えてしまう触覚の代わりに、何を与えられるかというのが、舞台映像としてのテーマです。

タグ: 舞台撮影について 今、手が届く距離にかの人がいる事


UMI Film makers vol2 映画:丹下真寿美一人芝居『くまと羊』

__ 
次回以降の出演予定が面白いですよね。「くまと羊」と壱劇屋「6人の悩める観客」。意気込みを教えてください。
丹下 
ありがとうございます。「くまと羊」は、去年の一人芝居フェスで上演した作品の映画化です。いつもお世話になっている武信さんに監督していただいて。脚本は月曜劇団の西川さん。今年の1月に撮影は終わってるんですが、結構、普段の私に近い内容になっています。本当にダラダラしています。そこにさやかさんの不思議な物語が。
__ 
さらに、上原さんの演出が入って。
丹下 
そうなんです。
__ 
実は私、一人芝居「くまと羊」を拝見していて。あれは本当に上原さんを感じましたね。お客さんの空気のつかみ方とか、ギャグをごり押ししてきたりとか。
丹下 
ああ~っ。そうですか。確かにそういうシーンはありました。一部の人からは、日呂さんの女性像が見えると言われましたね。
__ 
それがまた映画で見れると。
丹下 
台本でカットされた部分もあるんです。実際は1時間ぐらいの作品なんですが、ようやく見て貰えます。
UMI Film makers vol2 映画:丹下真寿美一人芝居『くまと羊』
公演時期:2013/8/24~9/1。会場:天劇キネマトロン。

タグ: 人脈・コネクションの大切さ 今年のわたし 舞台撮影について


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下

四角い傷跡


(撮影:末山孝如)
__ 
末山さんは小売店の店長でもあると同時に、写真家であり劇作家・演出家でもあるんですよね。お店としては大丈夫なんですか?
末山 
ありがたいことに、意外と大丈夫です。写真は大体、休みの日とかに撮っています。仕事に差し支えない範囲でやっています。忙しいと、中々稽古場には行けないんですが。
__ 
写真はいつから撮り始めたのでしょうか。
末山 
学生劇団時代にチラシを作ったりしていて。何かを作るのっていいなあと思って。それから、結婚式場の撮影を担当する部署に就いたんです。ただ、一眼も触った事がない状態だったうえに激務で、すぐ辞めてしまって。でも、何だか悔しいというか情けない気がして。その延長で、写真を趣味で撮り始めました。
__ 
なるほど。
末山 
今は、演劇のチラシ写真の撮影とデザインも手がけています。資料を持って来ました。
__ 
ありがとうございます!(受け取る)あ、何色何番のプラスチック・ガールや、宗岡さんのチラシがありますね。
末山 
出ましたね。
__ 
宗岡さんのこのチラシ、撮影の時のUstream見ました。年末に。面白かったです。末山さんは、人物を撮る時にどういう事に気を配っていますか?
末山 
まずは明かりと、なるべく作りすぎない感じの表情が撮れたらいいなと思います。ポーズは細かく指定するんですけど。
__ 
細かい指定・・・例えばこの十中連合の「濡れると、乾く」は。
末山 
水浸しの世界で、身を寄せてこじんまりと生きていこうという雰囲気が出たらいいなあと。人物を撮る時は、この人のこの表情はあんまり見いひんやろう、とか、実はこの角度いいよね、みたいな。意外な感じが見えてそれがいい表情だと、いいなあと思っています。
__ 
意外な面。
末山 
ピンク地底人2号さんとか、四方香菜さんとか。
__ 
あ、分かると思います。全然知らない人に見えますよね。寂しそうな表情が見事でした。写真を見た人に、どう思ってもらいたいですか?
末山 
場合によりますけど、女の子の写真を撮る時は「意外と可愛いやん」と思ってもらいたいですね。
何色何番
京都の片隅にてお芝居の活動をしています。(主に京都市内の北側にて)たかつかな と 村井春也。(むらいはるな)の二人で構成されています。よく「女の子らしい芝居だ」と評されるのですが、二人とも女の子なのでそりゃあそうだろうなと思います。等身大の生活(外世界)と自分(内世界)を、基本的に地味に、時々派手に創り上げます。毎公演ごとに色(テーマ)を決めて企画を練り、御馴染さんやその色に合った方を招いて、ユニット形式で公演を打っています。年に2回程の公演を心がけています。(公式サイトより)
十中連合
2009年大谷大学演劇部劇団蒲団座を母体に旗揚げ。京都を中心に現在5名で活動中。渡邉のSF(少し不思議)な脚本を元に、悲しいことも楽しいことも全て「茶番劇」に作り変えてしまう。(公式サイトより)

タグ: 「異なる角度から」 何色何番 舞台撮影について Ustreamの話題 意外にも・・・