KAC Performing Arts Program きたまり×白神ももこ×筒井潤 『腹は膝までたれさがる』

__ 
今日は、「腹は膝までたれさがる」の本番をさきほど終えられたばかりの白神さんにお話を伺います。よろしくお願いします。最近の白神さんはどんな感じでしょうか。
白神 
よろしくお願いします。この間までFESTIVAL TOKYOでダンス作品の振付をやっていたのですが、この一ヶ月間は京都に滞在して、ダンサーとして集中できて、良い機会だったなと思います。充実してますね。
__ 
すばらしい。
白神 
東京で自分のカンパニーの作品の製作をしているんですが、打ち合わせやら何やらと色々付いてきて、毎日踊れるってあんまり無いんですよね。京都でも色々ありますけど、自分の身体にじっくりと向き合える日々だったと思います。体調がいいです。
__ 
その滞在期間は、書斎みたいな感覚だったのかもしれませんね。自分の仕事に没頭出来るみたいな。
白神 
そうですね、煩わしいことが無くて。作家さんが旅館に缶詰めになるような感じもあります。いま宿泊しているところも色々な人がいて、吸収する事も多いですね。
__ 
創造環境としての京都。終電が無いとかの点がまず有利ですよね。
白神 
狭いですから、自転車で行き来できますしね。きたまりさん筒井さんとじっくり話したり、時間を多めにとって取材に行ったり。一人の時間も持てたし。
モモンガ・コンプレックス
2005年に活動開始。現実世界から踊りが炙り出されてくるような、人間らしさがにじみ出るユーモラスを味としたパフォーマンスを得意とする、ダンス・パフォーマンス的グループ。世界のはじっこにある些細な存在やできごとも価値ある愛すべき存在として捉え、ちょっとおかしな人たちが、ゆるーく微妙に笑える空間を作り出したりしている。倉庫や体育館などで転々と公演していたが、2008年4月~2011年3月は埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみを拠点に活動するキラリンク☆カンパニーとして活動。同劇場での公演のほか、小学生や高校生を対象としたワークショップ、中学校の卒業式・市役所・地域のお祭りでのパフォーマンスなどをおこなう。(公式サイトより)(公式サイトより)
KAC Performing Arts Program きたまり×白神ももこ×筒井潤 『腹は膝までたれさがる』
公演時期:2014/12/12~14(京都)、2015/1/16~18(横浜)。会場:京都芸術センター 講堂(京都)、のげシャーレ(横浜にぎわい座 地下2階)(横浜)。

タグ: 色んなものを吸収 今の作品に集中する きたまり 創造環境としての京都 筒井潤


平日は地方。土日は東京で演劇。

__ 
演出を降りて、脚本に集中してかったという事でしょうか。
Arry 
実は僕、いま関西よりもさらに西のほうに住んでいるんです。
__ 
えっ!
Arry 
だから2012年の頃とかは金曜日の深夜バスで東京に行って、土日の間に稽古して、また深夜バスで戻って。 それを毎週続けていたんです。体力的にも精神的にも金銭的にもきつくて、それでもやってました。そこへ、2013年は三都市ツアーをやると。
__ 
それは凄いですね。
Arry 
皆からは「実は東京に住んでいるんじゃないか」と言われてました。毎月の交通費が10万を越えてしまって、もうアホですよね。
__ 
東京に住んだらいいのに。
Arry 
きつかったですけど、よくやっていたなと思います。年に4本くらい公演してましたしね。
__ 
京都の人間としては信じられないですね。京都は創作環境が都合良く整いすぎているんですよ。例えば終電がないとか。
Arry 
えっ!
__ 
京都市内に住んでいる人に限られますけどね。稽古後に飲みに行ったりとかも時間を気にしなくて良かったりするので。
Arry 
凄いっすね。
__ 
そういう場所で演劇をやっていた人間としては、エリーさんの移動についてはちょっとこう、傾いてるなと思いましたね。
Arry 
(笑う)そういう無茶苦茶な活動をしているんですが、僕の活動を気に入ってくれた人も中にはいて。それが深寅芥さんという演出家であり俳優さんなんですけど。彼にエリザベスのツアー公演で出演して頂いて、ご迷惑を沢山お掛けしてしまったのにも関わらず。それでも舞台ドリームクラブの脚本書かないかということで、お声掛け下さって昨年の8月に上演しました。僕が脚本、深寅さんが演出で。
__ 
なるほど。
Arry 
僕は脚本に集中して、東京での稽古参加は見送ってました。それを経ての本番を見たんですが・・・脚本をですね、一字一句変えていなかったんですよ。
__ 
ああ、それは凄いですね。
Arry 
大概、よくある話で脚本との方向が違う演出になったり、台詞が書き変わったりなんて事もあるのに、彼は何も変えなかったんです。それが、僕にとってはとても有り難かったんです。新しい経験でした。そして演出家としての彼を信頼できる契機になりました。すげー年上なんで、僕が何をほざくかという感じもしますけど…。そんなことを経て、とりあえずエリザベスの番外公演の演出をお願い出来ないかと依頼したところ、引き受けて下さって。
__ 
それが「マザー4」なんですね。
Arry 
はい。東京公演がですね、評判が良かったんですよ。アンケートにもネガティブな事が何一つ書かれていなくて、しかも「脚本が良い」と書かれていて。きっと彼が脚本を信じてくれた結果なんだと思っています。そういう演出家と出会えたこともあって、僕は今、脚本を書く事に集中出来ています。
__ 
意気込みを教えて下さいますでしょうか。
Arry 
そうですね、ごくごく普通なんですが、面白いので観てほしいです。本当に面白い作品。役者と脚本と演出、全部自信があります。実はオリジナルの作品は久しぶりなのでやっぱり不安はあったんですけど。

タグ: 創造環境としての京都 アンケートについての話題


答えの出ない題材

__ 
もし、今後、実現したい作品のアイデアがあれば教えてください。
山口 
10月の作品「ヒキダシ_ホテル」では、京都に長年住んでいる日本以外の国からやってきた人たちの話を引き出します。まだインタビューの段階なので、それをどう構成していくか。扱う題材もステートメントを作れないものばかりです。他者と自分、自国と外国、移民と、答えの出ない題材。短期間じゃできないんですが、時間を掛けてリサーチをしていきたいです。
__ 
私たちはどんな人々を見る事になるんでしょうね。
山口 
そうですね。インタビューで会う人たちは本当に面白い人たちばかりで。これこそ、自分で書くにはキャパオーバーです。

タグ: ホテルの話 いつか、どんな演劇を作りたい? 創造環境としての京都 インタビュー取材による作品づくり


村川拓也「羅生門」を終えて

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします!最近、舞台でよく見る大石さんにお話を伺います。大石さんは、最近はどんな感じでしょうか?
大石 
よろしくお願いします。最近は、『羅生門』が終わって、バイトをしたり、映画を観たりと、のんびりとした時間を過ごしています。
__ 
村川拓也さんの『羅生門』ですね。振り返ってみると、大石さんの良さが非常によく出た作品だったと、私は思っています。ご自身にとっては、どんな経験になりましたか?
大石 
自信を持つことが出来た公演でした。自分のことを役者と名乗ることに対しての抵抗が、少しだけ減りました。
__ 
なるほど。公演の内容的に、結構特殊な役どころでしたね。大石さんが言葉の通じないドイツ人の女性に、身振り手振りで羅生門を説明するという作品でしたね。でもそれが、どこか重なるかのような。伝わったというか、重なったんじゃないかなと。どのような稽古場だったのでしょうか?
大石 
他の稽古場のとき以上に、演出家(村川拓也さん)と対話をする時間が多い稽古場でした。自分の考えを言葉にして伝えなればならない状況が、他の稽古場よりも多かったように思います。
__ 
言葉にするというのは、セリフの言い方を整理する為に、考え方を精査するという作業でしょうか?
大石 
うーん、というよりも、舞台でする行為を僕自身が自覚して行えているかに、向き合う作業だったように思います。うん、何だか的は外していないのですが、伝えたいことと微妙に違うような気もします。一言では表せない作業でした。
AAFリージョナル・シアター2013~京都と愛知 vol.3~ 参加作品 村川拓也「羅生門」
公演時期:2013/6/13~16(愛知)、2013/6/21~23(京都)。会場:愛知県芸術劇場小ホール、京都芸術センター。

タグ: 役者の認識(クオリア) 稽古とコミュニケーション能力 客席と舞台の共犯関係 今の作品に集中する 非日常の演出 ユニークな作品あります 最近どう? 創造環境としての京都 実験と作品の価値


vol.312 大石 英史

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
大石

ここでしか感じられないもの

__ 
佐藤佐吉演劇祭。京都から2団体いきますね。かましていきたいという事ですが。
山崎 
まあ、ポーズとしてね(笑う)。かましていきたいとは言いました。うーん、何か・・・「俺らは、京都でお芝居に出会って、京都で作ってきたんだ!」というこだわりはすごくあるんですよ。これは特に思うんですが、僕達がこっちにいるからこそ考えられる事がすごく大事だなと。時代的にも。まあ京都はまだ都会ですけど、いま地方の人間が考えている事に目を向けてもらっている。意識としては地方だ東京だとかはそんなにないんですが、自分達の拠点というものを、ここでしか感じられないものを作品に載せるところが大事なんじゃないかと。
__ 
なるほど。
山崎 
東京でかます、というよりは、僕達がいま考えている事を、場所が変わろうがしっかり伝えていきたいですね。
__ 
なるほど。別の地域からやってきた芝居は常にワクワクしますよね。私は、地域によって俳優の身体の味が全然違うと思っています。京都の俳優の身体は結構マジで違うと思うんですよ。
山崎 
ですよね。
__ 
京都の俳優の身体は「謎を服に隠している感じ」がしますね。街の感じとか、生き方とか、終電がないから時間の流れが遅いことが影響しているんじゃないかと最近思います。
山崎 
僕も、やっぱり好きなのはこっちの人たちが作っているもんなんですよ。どっちが優れているかとかじゃなくて。地元で食べる飯が美味いのと同じで、やっぱり、関西の芝居の面白さは感じますね。もちろん、別の土地の人からは逆の感想が出るかもしれませんが。それが腐らない内に、なるべく新鮮なまま届けたいですね。
__ 
まあどこでも、ユニークな俳優であろうと思ったら自分に合ったカンパニーに出会えるか作れるかが鍵ですよね。
山崎 
こっちにいるのは、有利なんですよきっと。ネガティブな意味じゃなくて、こちらで得られる感覚を大事にしたいですね。
佐藤佐吉演劇祭2012(劇視力5.0)
王子小劇場が自信をもってお薦めする、より多くの観客に観ていただきたい作品が集まる演劇の祭典。王子小劇場では注目すべき作品・才能が集う時にのみ、佐藤佐吉演劇祭を開催する。(公式サイトより)

タグ: その人に出会ってしまった 創造環境としての京都 批評から見える人間像 時間停止都市としての京都


自転車でどこまでも

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。望月さんは、最近はどんな感じなのでしょうか。
望月 
京都に来て、今日でちょうど一週間です。稽古もありつつ、楽しんでいます。共演者の方々も優しくしてくれるし。満喫しています。久しぶりの一人暮らしなんですよ。横浜では実家暮らしなので。
__ 
良かったですね。横浜と京都で、街の感じに違いはありますか?
望月 
あ、違いますね。時間がゆっくり流れている感じがします。そうだ、自転車が気持ちいいですね。横浜に住んでいると移動は全部電車なので、稽古場に行くのにも自転車で行けるのが新鮮です。漕ぎながら見る京都の光景がいいですよね。
__ 
自転車でどこでも行けますからね。
望月 
レンタサイクルも多いし。自転車が生活の中にあるのかな。近い距離で手が届くんですよね。今共演している人たちも、自転車で行ける範囲で仕事や生活しているみたいで。そういうの、あったかいと思います。
__ 
地点小林さんにインタビューさせて頂いた時に、京都での都市生活の最大のアドバンテージは終電がないという結論になりました。
望月 
いやそうなんですよね!私、お酒飲むの好きなんですけど、23時半にお店を出ないと横浜に帰れないんです。そうしなくても良いのが何とも良くて。酔っぱらってくると朝まで飲もうというテンションになる事もあるんですけど、1時ぐらいで帰りたくなると・・・。そんな時でも自転車でパッと帰れるのは最高ですよね。
ロロ
平均年齢23.5歳の、東京で活動するカンパニー。主宰・三浦直之が触れてきた演劇や小説、映画、アニメや漫画などへの純粋なリスペクトから創作欲求を生み出し、同時多発的に交錯する情報過多なストーリーを、さらに猥雑でハイスピードな演出で、まったく新しい爽やかな物語へと昇華させる作品が特徴的。(公式サイトより)
地点
多様なテクストを用いて、言葉や身体、物の質感、光・音などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を生み出すために活動している。劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルが独特。(公式サイトより)

タグ: 創造環境としての京都 単純に、楽しませたい


湿った街

__ 
では今後、どんな感じで攻めていかれますか?
向坂 
そうですね。ちょっと年末くらいに色々考えていたんですけど、ちょっと色々、他の可能性を探る為に今出来ている話を白紙に戻したんですよ。そういう話を池浦君にしたら「バカヤロー」って言われて。「頑張ります」って答えました。
__ 
なるほど。
向坂 
僕はこれからも京都を拠点にやっていくつもりなんですが、やっぱりもっと評価されたいですね。そういう事を考えていくと、やっぱり京都は湿っているように思います。「東京に行ったら売れるし」とかいうのはネタやと思っていたんですけど、やっぱり行ったら何かあるんですよ。基本冷たいんですけど、火が点いたらすぐ燃え広がるんです。では僕は10年も、湿った京都で何をしていたんだろうと。このままではカビてしまうと。
__ 
なるほど。
向坂 
ただまあ、東京に行って売れたら何とかなるというのは僕の好みではないんですよ。だから、湿った京都の環境に対してアプローチ出来たらいいなあと思っていますね。
__ 
京都の湿った環境。確かに、観客席にアグレッシブさはないかも知れませんね。
向坂 
京都で演劇を観る客層って、ほぼ大学生か大学出身者なんですよ。そこは学生の街だからなんですけど、きっと他の地域よりコアなんですよ。悪く言えば学生ノリで広い内輪ノリなんです。もちろん東京にもその傾向はあるんですけど。
__ 
なるほど。
向坂 
東京の人はもうちょっと、素直な方も多いんですよ。ストライクゾーンが広い。観劇を趣味と言い切れるようなバイタリティもあるんでしょうね。何にせよ、京都の客層に関しては非常に特殊なんじゃないかと思いますね。
__ 
もっと客層に広がりがあれば、というよりは、色んな種の人に対してアプローチする企画公演があるべきかも知れませんね。
向坂 
そうですね。コンビニの前で屯している高校生が、演劇観に行ってほしいですね。本当は。

タグ: 内輪ウケの・・・ 京都の学生演劇 創造環境としての京都 今後の攻め方 時間停止都市としての京都