旗揚げ公演「HYBRID ITEM」に立ち会う

吉本 
匿名劇壇の芝居を見たのは「HYBRID ITEM」でした。それまで、授業の一環として何本か舞台は見たんですが、「こういうものか」ぐらいしか思えなくって。でも「HYBRID ITEM」は凄く面白くて、何回でも見たいぐらい面白かったんです。衝撃的で。
__ 
それまで見てきた中で一番面白かった?
吉本 
うーん、お金の掛かっている舞台は、やっぱり凄いなと思う事はあるんですけど。面白さの種類が違う感じかな。でも、総合的には一二を争う感じでした。
__ 
「HYBRID ITEM」、私は拝見していないんですが、何が吉本さんの心を押したんでしょうね。
吉本 
福谷さんの戯曲は言葉が重要だと思うんです。それを正確に伝えつつ、同世代の心を正確に突いてくる。言葉の選び方も、役者さんの言い方も、すごく新鮮に感じたんです。
__ 
今の時代の言葉であり、そしてもちろんリアルな会話演技に共感を感じた。
吉本 
演劇ってシェイクスピアのようなコテコテの、普段の生活ではないセリフだと思ってたんです。でも、日常生活で起こっている会話だった、それがセリフであることを新鮮に感じたんです。
__ 
現代のアクチュアルな言葉で、セリフの実感を与えられるのが匿名劇壇の強みなのかな。観客のメディアリテラシーを信用している。
吉本 
そうだと思います。こんな事やっていいのかなというシーンもあるのに、それが分かるし面白いんです。
匿名劇壇 旗揚げ公演「HYBRID ITEM」
公演時期:2011年5月。会場:近畿大学アート館。

タグ: お金の事 「演劇を好きになる」 シェイクスピア


どこかに伸びて行きたい

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
西  
下ネタを極めて行きたい気持ちもあり、新しい何かをしたという気持ちもあり。そうですね、新しいとっかかりを探していかないとあかんのだろうなと思います。
__ 
新しい何か。今、何か見えていますか?
西  
自分が今まで、何をしていたのかを客観的に捉え直そうという気持ちがあります。下ネタだけだとしたら、やるにせよやらないにせよ、もっと価値のあるものを作っていかなければならないと思います。
__ 
方向性。
西  
もうちょっと演劇のことを好きになってみようと。今まで僕は、どんくさいオタクであっても演劇人としてのプライドは持たないように心がけてきました。でも、この間何色何番さんに参加させて頂いて、芝居をする事についての興味と言うか、執着というか、誇りというのがようやく人並に付いて来ました。とりあえず、どこかに伸びて行きたいなと思っています。

タグ: 「演劇を好きになる」 今後の攻め方