体のなりたちが語る

__ 
まず最初に申し上げたいのですが、中間さんの身体がもの凄く気に入っているというか、肉体そのものが興味深いんです。jazzzzzzdanceの最後のシーンで、薄暗い中、ただ垂直にジャンプするだけのシーンがあったんです。あの時の中間さんの着地音がですね、とても素敵だったんです。心地よい重みでしかし確かに存在感を伝えるそんな音。トーンッ、って、高級クッキーのように程よく乾いて程よく湿った音。その謎を探りたい。
中間 
謎っ(笑う)。何でしょうね。
__ 
まずはダンスとの出会いから伺えれば。中間さんは3歳の頃からバレエを始められたんですよね。その、これまで取材させて頂いた方の中には子供の頃のバレエ教室がとても厳しいという方も多くいらっしゃいました。中間さんの場合はいかがでしたか?
中間 
そうですね、私の場合は自ら厳しい方に進んでいたように思います。バレエ教室も5つぐらい変わっていて、それはもっと上に行くために厳しいとこに行ってたんです。最初は公民館の教室だったんですが、幼稚園を卒業する頃にはバレリーナになりたいという夢があって。親に頼んで送り迎えをしてもらって。
__ 
イギリス留学にも行ったんですよね。そうした変遷を経て、中間さんはご自身の身体、肉体にどんなイメージを持っていますか?
中間 
私は自分の身体にコンプレックスがあって。自分の足とか手とかが凄く嫌いなんです本当は。そういう風におっしゃって頂くのは嬉しいんですけど。足の形も、水泳の北島康介選手が自分の足の骨格を整形手術をしたと知った時、自分もやろうかと思ったぐらい。小さい頃からバレエをやっていたから洗脳されている、じゃないですけど、足は膝が付いていて湾曲していて、むしろX脚ぐらいの方が美しいとか。今でもそういう理想みたいなのが頭の中にある気がします。
__ 
それに沿うていない自分の身体。
中間 
そうですね、でもそこは半分諦めていて。今から目指してもなれないですし。
__ 
自分の身体でやっていくしかない、と。
中間 
そうですね。でも、このサイズだから出来る踊りというのは凄く研究したと思います。私は背が低いので、背の高い、脚の長い人が苦手な回転を頑張ったりとか。凄く地味だけど回転だけは一番になってやろう、と。
__ 
むしろ、それを生かす。
中間 
はい。
__ 
ありがとうございました。思うに、中間さんの身体はサイズと体重が理想的なバランスを持っているんじゃないかと。バレエをされていたからかもしれないけれども、自分の身体を自分で作ってきた感があるんです。私のような、欲望に負け続けてきただらしない体はそれに見とれるしかないですよね。
jazzzzzzdance
公演時期:2015/2/7~9(神戸)、2015/2/14~15(横浜)。会場:ArtTheater dB Kobe(神戸)、KAAT(横浜)。

タグ: 肉体、重心 魅力的な身体[心地よい重み]


冨士山アネット「Woyzeck」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。村本さんは最近、どんな感じでしょうか?
村本 
冨士山アネットの「Woyzeck」にダンサーとして参加しています。普段はMOKKという自分の団体で自分の作品製作をしているんですけど。こういう外部出演の機会を頂くのは珍しいですね。
__ 
ちなみに、どんな経緯で。
村本 
シアタートラムでやった「SWAN」という作品から3回目の出演です。長谷川寧さんといると色々刺激を受けます。私を紅一点に選ぶとはまた、渋めのチョイスなのかなと。
__ 
いえいえ。魅力的でした。それ以外としては。
村本 
MOKKの他にも、アルゼンチンタンゴダンサーとしてクラスを持たせて貰っています。教え始めてからキャリアがある訳じゃないんですが、デモンストレーションやショー等もやっていますね。
__ 
そうなんですね。アルゼンチンタンゴ、実は初めて伺います。
村本 
メジャーとは言いがたいので・・・。でも、ヨーロッパでは結構流行していて、コンテンポラリーダンサーがタンゴをやる事も多いんです。これ熱く語りますけど、アルゼンチンタンゴは究極のコンタクトインプロなんですよ。初めて出会った男女が即興で踊り合うダンスなんです。凄いと思って、4・5年前にやり始めました。
__ 
初めて出会った男女でも踊れる!それは素晴らしいですね。
村本 
コンタクトインプロというと、初めての人はちょっと戸惑うんですが、リードする側とされる側という役割があって、基本的なステップさえ覚えてしまえば、どんな男声・女性とも踊れるんです。
__ 
何というか、色気を感じますね。
村本 
タンゴを踊り始めていくうちにかな。自分がダンサーとして出る時に、女性的な部分を求められるという事もあるのか・・・と気付いたんですよ。中性的な魅力を持つ方はたくさんいるんですが、いわゆる“女性的”なコンテンポラリーダンサーはあまりいらっしゃらないので。そういう需要として求められるのかなと。
__ 
色気って不思議ですよね。私の知り合いに、大変スタイルが良くて歌もダンスも上手いのに、色気が全く無い人がいて。
村本 
一方、可愛くなくて手足が短いのに得体の知れない色気がある人もいますよね。男女問わず、色気のある人がダンスもよかったりするんですよね。
MOKK
村本すみれを中心にメンバーは皆スタッフで構成される。日本大学芸術学部在学中の2002年に前身が発足。2007年『---frieg』より活動を本格化。クリエイターやダンサーとのコラボレーションにより、「劇場機構にとらわれない空間からの発信」を軸とした活動を行う。また、駐車場やビル、コンテナボックスなど、特異な空間で身体表現の可能性を探る実験企画MOKK LABOや映像作品なども 企画製作する。(公式サイトより)
冨士山アネット
2003年活動開始。類稀な空間演出と創造的なヴィジュアル、身体性を強く意識したパフォーマンスにて創造的な空間を描き出す。近年は、戯曲から身体を立ち上げるといった、ダンス的演劇(テアタータンツ)という独自のジャンルから作品を制作。(公式サイトより)
冨士山アネット × 冨士山アネット/Manos.(マノス) [Woyzeck/W]
公演時期:2013/9/13~23(東京)、2013/9/28~30(京都)。会場:こまばアゴラ劇場(東京)、アトリエ劇研(京都)。

タグ: コラボレート 魅力的な身体[心地よい重み] 女性的、それはなにか