質問 鳴海 康平さんから 倉田 翠さんへ

__ 
次なんですが、第七劇場の鳴海さんからの質問です。「最近泣いた時のエピソードは何ですか?」
倉田 
言える奴で・・・微妙なんですけど、展示の時。パフォーマンスの時に村川さんに演出をお願いするパフォーマンスがあったんです。村川さんの思う、倉田らしいと思うことを私に演出して下さい、そんで最終的には絶対泣かせてください、と。で、「昔やっていた事があるバレエを踊って下さい、と。きちんとお客さんを意識して。その後、お母さんとの思い出を喋る。」という演出が付けられて。そりゃ泣きますよ。めっちゃ泣きましたね。泣けという指示をしている事も分かりながら、さすが村川さんと思いながら泣いてました。何故か分かりませんが、悲しくて泣いたんです。お母さんはね、ケーキを焼くんですよ。差し入れに持ってきてくれて。私一時期食べれんくなった時があって。その時もでっかいシフォンケーキを焼いてきてくれて。その話をしてたら超泣きました。

タグ: バレエやってた めっちゃ泣いた・号泣した 差し入れ


vol.405 倉田 翠

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
倉田

質問 西村 花織さんから KING&HEAVYのみなさんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた、劇団しようよ月面クロワッサンに所属している西村花織さんから質問です。とても可愛い女の子です。
飯嶋 
可愛い女の子。調べよう。
__ 
この方です(インタビューページを見せる)。
全員 
あらカワイイ!
飯嶋 
じゃあ、写真を見ながら。
伊藤 
テンション上がりますね。
__ 
「差し入れで一番嬉しいものはなんですか?」
飯嶋 
うーん。嬉しくないのは一番に思い浮かぶんですけどね。お花は嬉しいですけど困りますよね。処理に困るし、持って帰っても・・・
伊藤 
僕ら男だから花を愛でる習慣があんまり。
飯嶋 
嬉しいものですよね。
和田 
メッセージ付きの何かだったらめちゃめちゃ嬉しいですけどね。
伊藤 
貰った事あるんか。
和田 
ありますあります。
伊藤 
まじかよ。
和田 
何でも嬉しいですけど、そこにメッセージとか書いてあると・・・めちゃくちゃやるで。
__ 
西村さんからそういうメッセージが届いたら?
飯嶋 
「和田くん、頑張ってね!」って。
和田 
走って追いかけますね。
飯嶋 
何故走るんや捕まるで(笑う)
伊藤 
捕まるで。
__ 
お二人は。
飯嶋 
リアルな話、レッドブル6本パックとかが一番嬉しいですかね。
伊藤 
僕はまんじゅうが嬉しいですね。あんこが好きなんで。
飯嶋 
差し入れは甘いものが多くなる中で、ちょっとしょっぱいものが食べたくなるのはあるじゃないですか。おかきを差し入れて下さると、おっそういう事情を知っているなと。
__ 
なるほど。
伊藤 
だから、レッドブルか、一口サイズの饅頭か。
__ 
西村さんからのメッセージの付きの?
和田 
それ最高っすね。
伊藤 
顔赤いで(笑う)
飯嶋 
(笑う)
和田 
ウブなもんで。

タグ: お茶目さについて 差し入れ


今治のタオルストール

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。
芝  
ありがとうございます。イェー。開けていいですか?
__ 
もちろんです。つまらないものですが。
芝  
(開ける)おお。青やし。かわいい。夏にいいですね。あこれ、今治やし。私愛媛なんですよ。ぴったり。かわいい。私、紺のイメージありますか?
__ 
そうですね、その時の髪型がボーイッシュだったからか。
芝  
うれしい。そうそう、Q本さんへのインタビューのプレゼントありましたよね。あれ、稽古場で開けてくれたんです。私とおはぎちゃん(ピンク地底人6号)で食べまくりました食いしん坊なので。
__ 
プレゼントとして史上最高の使われ方をしてくれましたね。ありがとうございます。

タグ: 差し入れ


質問 ピンク地底人3号さんから 若旦那 家康さんへ

Q & A
___ 
ピンク地底人3号さんからも質問を頂いて来ております。「もし仕込みに遅れてきた人がいたら、どうしてくれますか?」
若旦那 
うーん。その時の状況や僕に心の余裕があればですけど、よっぽどじゃなかったら大喜利を出して答えてもらうとかかな(笑う)。面白い遅刻の理由を言いながら入ってきてもらいます。あとは、面白い差し入れをお願いします。
___ 
(笑う)そんな時間ないのでは・・・。
若旦那 
僕もあまり怒れないタイプなので。遅れた方も電車の中で走ってもしょうがないので頭使ってもらって。僕もイラついても仕方がないので。遅れてきた人は、その分マジメに働くと思うんですよ。公演への貢献で取り返してもらうしかないですね。
___ 
私は寝坊してゲネに参加出来なかった事があります。土下座してまわりました。
若旦那 
ゲネに遅刻はキツイですね。と言いながらも、僕も余裕をこいて遅刻したことがあります。
___ 
というと。
若旦那 
その時は役者で出てたんですけど、ノリ打ち公演の時の本番日でした。9時集合なのに10時だと思っていて。起きたのは8時なんですけど、メールとかしていたら9時に電話が掛かってきたんです。「9時入りですけど」って。そこで知ったんですね。「はーっ、すいません」ってなって(笑う)。自転車に乗りながらどうしようどうしようって考えてました。
___ 
分かります。
若旦那 
劇場について、何も分からないのにまず平台を担ぎました。「これをどこへ!?」って。素無視されました。
___ 
小屋入り期間の遅刻は本当にダメージが大きいですからね。
若旦那 
本当にそうですね。

タグ: 差し入れ


STELLA

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。劇団ZTONの看板女優の、焼酎ステラさんです。
焼酎 
はい! ありがとうございます。宜しくお願いします。
__ 
早速伺いたいんですが、その芸名はどういう由来があるのでしょうか。
焼酎 
お芝居を始めたのが学生時代だったんですけど、その頃居酒屋でバイトをしていたんです。お店に素敵な焼酎のボトルがあって。白い陶器の瓶で、コルクで栓がしてある。「STELLA」という名前のお酒でした。
__ 
なるほど。
焼酎 
「ステラ」って、英語のstarの語源らしいんです。starの一つ前の段階として、これから星になっていければいいなと。
__ 
そうなんですね。
焼酎 
だから、差し入れで焼酎を頂く事もあるんですが、当時は飲めなくて(笑う)今は鍛えられましたけど。
劇団ZTON
2006年11月立命館大学在学中の河瀬仁誌を中心に結成。和を主軸としたエンターテイメント性の高い作品を展開し、殺陣・ダンスなどのエネルギッシュな身体表現、歴史と現代を折衷させる斬新な発想と構成により独自の世界観を劇場に作りあげ、新たなスタイルの「活劇」を提供している。(公式サイトより)

タグ: 差し入れ


Boulangerie LA SAISON のパン

__ 
今日はお話を伺えたお礼に、プレゼントがございます。
松居 
あ、パンだ。
__ 
みなさんと分けて頂ければと思います。
松居 
今日はあまり時間がないので、有り難いです。

タグ: 差し入れ プレゼント(食品・飲料系)


ロンドンの街中で

___ 
今回の作品には、助演出として参加したという事ですが。ご自分にとって良かった事とは。
金田一 
そりゃあ、あの稽古場にいられたことでしょう。もちろん僕は僕なりに仕事があったんだけど、とにかく居られる訳ですよ。稽古初日は怖かったんだけども、有起哉さんがガチガチの僕に声を掛けて扉を開いてくれて。いっけいさんも何かとツッコんでて楽しかったし、大竹さんも週に2~3回、稽古場に差し入れ持ってきてくれるしね。今回、役者が4人だけだったから密な関係を作るのが必要だったのかもしれないけど、凄くフラットな雰囲気の現場でした。作品作りをする上で、スムーズに意見が出やすくなるようになっていたんだと思う。
___ 
なるほど。
金田一 
野田さんが、夢の遊眠社の話もしてくれる訳ですよ。僕は大学の時に憧れてて戯曲を大学の劇団でやっちゃうくらい好きだった訳だから。これは凄いことですよ。
___ 
幸せだなあ。ところで、野田さんとはどういうところで知り合ったの?
金田一 
大学を卒業してからロンドンに留学してたのね。演劇とミックスメディアの勉強をしていて。ある時期に、野田さんが今回の作品の製作で来てるというから、劇団や事務所に連絡して。
___ 
ロンドンで。
金田一 
そうそう。橋渡ししてくれる人もいたおかげで会えたし、仲良くなれた。ロンドンの街中の劇場の施設は1階にバーがあって、そこで色んな演劇関係の人や観客が溜まれるようになってるんですよ。楽屋口もないから、上演終了後はみんなそこで集まる。そういうところで会えたんです。その内気に入ってくれて。
___ 
なるほど。劇場のバーか。いいね。
金田一 
日本には中々そういう場所はないんですよ。もっとそういう場所が増えるといいな。

タグ: 野田地図 大竹しのぶ 差し入れ ガチガチな身体


vol.125 金田一 央紀

フリー・その他。

2009/春
この人のインタビューページへ
金田一

ロヲ=タァル=ヴォガ

__
毎回いうのもあれなんですけど、準備するのがたのしいですね。
奥田
こないだはごめんなさい。
__
いえいえべつに、そんな。
奥田
いいかんじになったね。キッチンの床。
__
八県伝のときの板をしいたんですよ。
奥田
ああ・・・・・・この上でくるくる廻ってたやんね。
__
そういえばそうでしたね。料理ですが、今日はちょっと・・・・・・量が多すぎるかもしんないんですけど。
奥田
おなか空いて・・・・・・あ!そうだ。これおみやげのメロンパン。
__
マジすか!
奥田
ティーンズの差入れをいっこパクってきただけなんですけど。
__
マジすか。やった。あっ・・・・・・お水とか、飲まれますかね(皿をならべていく)
奥田
あ、飲みます。あー今日忙しかった・・・。めっちゃ美味しそうふふふ・・・・・・
__
ああ・・・・・・そうなんですか(皿を出す)。
奥田
・・・・・・はい。あのー少しダメ出ししますけどいいですか?
__
ええっ!
奥田
皿の置き方が乱暴ですね。いや、ぼんっぼんって。いやわかんないけど。
__
すいません。
奥田
いやわかんないけど、おもてなしを目指してるならゆっくり置いた方がいいんじゃないかなあと。
__
すいません。
奥田
いやいやいや・・・・・・
__
いや、本当、すいません。
ロヲ=タァル=ヴォガ(劇団サイトへリンク)
劇団維新派に所属していた草壁カゲロヲ氏の旗揚げした劇団。2001年の吉田神社での公演にて、衛星メンバーの何人かが手伝った記憶がある。
床板の木材
前述のロヲ=タァル=ヴォガの神社での公演で使用された木材が衛星の公演に回り、それがインタビュアーの当時の部屋の床になった。今でもある。
奥田さんがくるくる廻っていた
廻ってた廻ってた。衛星の8月公演「狂騒里見八県伝」の話。奥田さんは八県士の一人の巫女役だった。
献立
メインがタマネギ煮込みの肉詰め、トマトと卵のスープ、サラダとかだった。
お皿の出し方がうるさい
あせっていたのか、皿をそっと出さなかった。さらに当時使っていたテーブルがガラス張りだったのもあり、度々顰蹙を買っていた。

タグ: クッキングの話題 おもてなしの精神 差し入れ


vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田