「理想は邪魔をしないこと」?

__ 
お客さんにこう思ってもらいたいとかはありますか?
西村 
同じ劇場空間で、一から丁寧に積み上げていく関係なので。舞台と客席で、一緒に世界を立ち上げられるような関係性を結べたらいいなと思っています。
__ 
なるほど。その為に何が必要で、何が不必要だと思われますか?
西村 
何だろう・・・お客さんが世界を感じる時に邪魔をしない事だと思います。
__ 
ノイズを与えない事かな、表現したい事を伝えて、あとは邪魔になる演技をしない事。
西村 
そうですね、自分が大切にしたい事と、お客さんが大事にしたいことは違ったりするので。
__ 
そのズレを演出家が合わせていくという事なのかもしれませんね。

タグ: 役者はノイズを産み出す機械? 丁寧な空気づくり


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近、松原さんはどんな感じでしょうか。
松原 
宜しくお願いします。最近は元気です。毎日稽古をしています。
__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」ですね。フラッシュフィクションという形式の、短い作品が数多く次々と上演されるスタイル。とても楽しみです。どんな公演になると思われますか?
松原 
私、まだがっかりアバターさんの作品は見てないんです。今からすっごい楽しみです。今は自分の劇団の作品を作っていて、これをがっかりアバターさんの作品と合わせたらどんな感じになるんだろうと。
__ 
素晴らしい。どんな事になるんでしょうね。今回の公演の、意気込みを教えて下さいますでしょうか。
松原 
どうだろう、面白いものにしたいという気持ちはあります。超短編一つ一つどれも全く違う作品なんですが、丁寧に。でもはっきり切り替えていけるように。
__ 
丁寧なフラッシュフィクション。
松原 
確実にやっていくというか。一つ一つをないがしろにしないで、確実にやっていけば、一本通しで見た時に面白いものになっているんじゃないかと思います。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 炎上、がっかりアバター 最近どう? 丁寧な空気づくり


私たちが作りあげたものについて

__ 
本番が上手くいく秘訣は何だと思いますか。
松原 
本番といえど、稽古と同じく一個一個確実に丁寧にやっていく事ですね。それが一番、私の中では上手くいく方法です。本番だからとテンションを上げて、ワッーとやってしまうと大変な事になるなと。そういう感じはしますね。
__ 
なるほど。
松原 
そういうので間を逃したりするので、冷静に着実に。稽古でみんなで作り上げたものを、そのまま持っていこうと思っています。

タグ: 稽古の成果至上主義 丁寧な空気づくり 色んな秘訣集


笑い

__ 
コメディを始める若者に一言、お願いしても宜しいでしょうか。
早川 
僕もそんな歳になったんだなあ・・・。とにかく、応援しています。新しい笑いが見たいです。言葉が難しいですけど、「そんな事でそんなに笑う?」って人が多くなっているような気がして。若い人を十把ひとからげにするつもりはないんですけど。そこへの切なさは若干感じているんですね。我々作り手がどんな笑いを提供するかによって、受け手の笑いが若干違ってくると思っていて。そこのレベルは上げていってもらいたいなと思いますね。
__ 
高度な笑いでも丁寧に描けば、だれでも分かってくれる筈ですよね。私も期待しています
早川 
笑うのは分かるけど、そんなにずっと笑うんだ。みたいな。瞬発力のある笑いに傾きすぎじゃないかなと。もちろんそういう笑いを否定する訳じゃなくて。色んな笑いが見たいんですね。

タグ: 笑いの衰退 丁寧な空気づくり


アプローチ、アプローチ

__ 
丸山さんにとって、優れた俳優とは何ですか。
丸山 
難しいですね。人によって考え方は違うと思うんですけど・・・少なくとも作品に対してアプローチ出来る事が最低条件だと思っています。ある演出で狙われている効果を察して、そこにアプローチを掛けられる事で、ようやく役者としてのスタートラインだと思うんです。その積み重ねで作品の方向性をお客さんに伝えられるんです。そうでなければ、漠然とした時間になってしまう。
__ 
そうですね。
丸山 
それは最低条件で、演出をより効果的に感じてもらえるというのがいい役者なんじゃないかなと思います。さらに、その人でしか出来ない演技が出来ればその人がオンリーワンなんですよね。
__ 
そこが、行き着くべき場所ですね。
丸山 
その為には、自分のやりたい事を全面に出すというよりは、そのシーンでなすべき事に積極的なアプローチ、例えば役作りや打ち合わせ、段取りの整理や確認。それは、ある程度経験のある役者であれば誰でも出来る筈の事なんですが、いかにサボらずに丁寧にやれるかなんじゃないかなと。
__ 
そうですね。
丸山 
ただ、そこにこだわりすぎても面白くない演技が続いてしまうので。いかにその積み上げを忘れた身体になれるか、なのかなと思います。若手のいい俳優さんは個性でガッといけてしまうんですけど、ベテランさんになるほど、派手な演技じゃなくても一つづつのプロセスを積み重ねた仕事を手早くこなして、圧倒的な存在感が出せる。そんな人が求められるんじゃないかなと思います。

タグ: 役作り=理解の深さの効用 丁寧な空気づくり 段取リスト


燃えるビセイブツ

__ 
由来とは。
片岡 
僕らは、その頃も今でも無名だし、宇宙から見れば微生物みたいなもんで。でも、そんなのでも集まって頑張ったら、お客さんと充実した空間を作れるんじゃないか。
__ 
加速して、ですね。
片岡 
ターボエンジンを積んでね。
__ 
ミジンコターボの魅力は、やっぱりお客さんにムリをさせずにあの熱気の渦に巻き込んでいける丁寧さだと思っていますが、いかがでしょうか。
片岡 
自分ではあまり意識はしていないんですけど、エンターテイナーやなと人には良く言われます。お芝居に触れた事の無い人が初めて見るのがミジンコターボなら、その人は演劇に興味を持つだろうとよく言われて。嬉しいのは、「見て元気になれました」という感想です。こっちが元気を貰えますやん、次も頑張れます。
__ 
片岡さんは、お客さんに元気になってもらいたいんですね。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい 演劇の入り口を作る 名称の由来 丁寧な空気づくり


右往左往

__ 
劇団飛び道具「四人のショショ」。大変面白かったです。渡辺さんは看護師役として、右往左往してましたね。
渡辺 
ありがとうございます。私、一度「アイス暇もない」の時にやってたんですよ。看護師役を。でもその時は上手くいかなくて、苦手なのかなと。
__ 
というと。
渡辺 
看護士さんって、一見自然に振る舞っていても計算されているんですね。いい意味で。どういう風にすれば患者さんと距離を詰められるかとか、とか。「アイス暇もない」の時は、もっと考えるべきだったんですよ。今回は助産婦の役で、「助産婦って何だろう」と色々見て研究したんです。大内さんによると、やっぱりどんな事があっても冷静でいないといけない。出産って一大事だから。
__ 
なるほど。
渡辺 
バタバタと右往左往するでもいいんですけどね。実は私の役は一番出ハケが多くて、重いテーマの話なので、空気を切り替える役目を果たせていたらと思います。上手くいけてたかどうかは分かりませんが。
__ 
いや、変えられてましたよ。
渡辺 
良かったです。空気を変える役は、結構難しいですね。まあ、その狙いが分かられてしまったら嫌なんですけど。
アイス暇もない
公演時期:2004/3/3~7。会場:アトリエ劇研。

タグ: 出ハケについて お茶目さについて 丁寧な空気づくり


震撼

藤原 
そもそも僕が演劇に深くコミットするようになったのは、元・快快の篠田千明に呼ばれて「キレなかった14才りたーんず」という企画公演にパンフの編集者として呼ばれたのがきっかけです。こまばアゴラ劇場に毎日貼り付いて、ほぼ全公演をいろんな角度から観つづけたことで、演劇というものの多角的な魅力が見えてきた。なんか、感触をつかんだんですよね、空間の。作り手たちの熱気のぶつかり合いを近くで目撃できたのも大きかった。ただ、観客動員数はすごくあったのに、あの頃の彼ら(6人の演出家たち)は演劇界ではまださほど認められていなくて。「若いやつらが内輪でハッピーなことやって騒いでる」みたいに軽んじられる雰囲気があった。僕はそれらに対して「彼らは彼らなりの若い感性で世界を切り取っていますよ」と証明する必要を感じたんですよね。ただ、そのためには言葉が必要だったし、まずはたくさん舞台を観ないとお話にならなかった。そしたら単純に、いろんな面白い舞台に出くわしていって、気づいたら戻れなくなっていたという(笑)。エンリク・カステーヤさんとの出会いとか衝撃的でしたね・・・・・・。まあこの話は長くなるので今はやめておきます。
__ 
若い才能。認められるべきですね。
藤原 
その過程でマームとジプシーの藤田貴大くんと出会っちゃったのは人生が変わるレベルの大きな出来事でした。『たゆたう、もえる』という作品を、現『シアターガイド』編集長の熊井玲さんに誘われて千秋楽に駆け込みで観に行って、びっくりして。いったいどんな人が作ってるのかと思ったらすっごい線の細い、でもエキゾチックな目をした美青年が現れて、やばいこれはマジで天才に遭遇してしまったと。震撼しましたね。それで家が近かったこともあり、一時期はほぼ毎日くらいのペースで飲んで話してました。村上春樹ふうにいえば、2010年の夏に2人で飲んだビールの量はプール一杯ぶんくらいに相当すると思いますよ(笑)。もちろん演劇の話もしたけど、映画とか小説とかの、あれがヤバイとか凄いとか・・・・・・。彼もやっぱり最初は認められてなかったし、傑出した才能があるからこそ、周囲の反発も凄いものがあったと思います。でも藤田くんはタフだったなー。彼とその仲間たちが、演劇界の空気をずいぶん変えたと思いますね。
__ 
素晴らしい。
藤原 
演劇界にかぎらず、世界は変わりつつあるんだなとひしひし感じてます。震災の前から、戦後日本を支えてきた社会の様々なシステムは斜陽に差し掛かっていた。それが震災で完全に露呈されたと思います。ハリボテだったじゃん!、っていう。逆に言うとこの混乱期は、若い世代にとっては大きなチャンスだとも思う。僕は人生のわりとそれなりの時間を酒場で過ごしてきたので、オッサンに説教されることなんて日常茶飯事だったんですよ。でも震災後、オッサンが自信を喪失したのがハッキリと分かりましたね。むしろ謝られることすらある。こんな日本にして悪かった、とかなんとか・・・・・・。とにかく、いい仕事をする若者がちゃんと認められるのは健全なことだと思う。
__ 
いい仕事をする若手。
藤原 
問題は、僕自身がもはやそれほど若くないということですね(笑)。だから単に若ければいいとも思っていない。大人には大人のやり方ってもんがあると思う。
快快
2004年結成、(2008年4月1日に小指値< koyubichi>から快快に改名)。集団制作という独自のスタイルで作品を発表し続ける、東京を中心に活動する劇団。パフォーミングアーツにおける斬新な表現を開拓し「物語ること」を重視した作風で今日の複雑な都市と人を映し出しながらも、次第に幸福感に包まれゆく人間の性をポップに新しく描いてきた。(公式サイトより)
マームとジプシー
藤田貴大が全作品の脚本と演出を務める演劇団体として2007年設立。同年の『スープも枯れた』にて旗揚げ。作品ごとに出演者とスタッフを集め創作を行っている。08年3月に発表した『ほろほろ』を契機にいくつもの異なったシーンを複雑に交差させ、同時進行に描く手法へと変化。09年11月に発表した『コドモもももも、森んなか』以降の作品では、「記憶」をテーマに作品を創作している。シーンのリフレインを別の角度から見せる映画的手法を特徴とし、そこで生まれる「身体の変化」も丁寧に扱っている。(公式サイトより)

タグ: 一瞬を切り取る 村上春樹 内輪ウケの・・・ その人に出会ってしまった 丁寧な空気づくり 作家の手つき


質問 ピンク地底人2号さんから 中西 ちさとさんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた、ピンク地底人2号さんから質問です。「何を考えて踊っていますか?」
中西 
何なんですかね。作った動きを丁寧に踊ろうと意識しています。それ以外は、あまり何も思ってないんじゃないかと思います。
__ 
なるほど。
中西 
踊っている自分の横にもう一人、冷静に見ている自分がいて、客席の反応や空気に反応して踊るようにしています。空気のなかで踊るみたいな。

タグ: 丁寧な空気づくり


MONO第39回公演「少しはみでて殴られた」を終えて

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。MONO第39回公演「少しはみでて殴られた」お疲れ様でした。大変面白かったです。
奥村 
ありがとうございます。良かったです。やってる側としては面白いかどうかは判断つきかねるので、そう仰って頂けて。
__ 
いえいえ。その、牢屋の中に国境が引かれるというシチュエーションがまず面白かったです。
奥村 
アイルランドに国境の真上に建っている家があって、そこが民族紛争の協定に使われたりするらしいんですが、それが土田さんへのヒントになったそうです。
__ 
お互いの区切りを自分達の便利のために線を引いていたんだと思うんですね。気がついたらものすごい溝が出来ていた。そういう流れがとても丁寧に追えていった感じですね。どんな諍いも、案外最初は、各自の都合が行き違うところから始まるのかもしれないなあと。
MONO
京都を拠点に活動する劇団。
MONO第39回公演「少しはみでて殴られた」
公演時期:2012/2/17~26(東京)、2012/2/19(名古屋)、2012/3/3~4(北九州)、2012/3/8~12(大阪)。会場:吉祥寺シアター(東京)、テレピアホール(名古屋)、北九州芸術劇場 小劇場(北九州)、ABCホール(大阪)。

タグ: MONO 丁寧な空気づくり 舞台美術


もっと演劇っぽく

__ 
PASSIONE、今後どんな感じで攻めていかれるのでしょうか。
蟻  
夜想シリーズである程度、やりたい事・出来た事・課題が見えてきたと思います。それから、個人的な方向性としては実験的なものよりもお芝居をやりたいなと。芝居っぽいものを目指して行こうと思います。
__ 
課題は。
蟻  
今の僕らの感覚というのはどこか、簡略化する力が強すぎるんですよ。世の中、物語が溢れているんです。雑誌や町中で目にする広告にも物語がある。セリフの2・3言を聞けばこういうことなのか、と想像がついてしまう。そんな中で、僕らはどんどんバカになっていってるんじゃないかと思うんです。
__ 
物語が飽和して無感覚になるということでしょうか。
蟻  
確かにある程度見えるけど、上っ面を舐めているだけで分かった気になってしまう。オープニングとエンディングだけ見て、その間を見ずに済ませてしまえるような感受性が出来ている。その途中の過程を省略して、空気は体験出来ないのに。過程を味わい、感動する、そういう体験がおざなりになってきているような気がするんです。
__ 
だから、より芝居っぽいものを提示するんですね。
蟻  
確かに結果だけ見ると、どの芝居を見ても似たような話です。でも、その間にある空気なり表現の可能性なりをどれだけ提示できるか。個人的には奇抜さを追い求めるよりは、丁寧に演劇での物語のあり方を追い求められればと思いますね。

タグ: 丁寧な空気づくり