何をしたいか考えたら演技だった

__ 
演劇を始めた経緯を教えて頂いてもよろしいでしょうか。
伊藤 
めっちゃ最初から話していいですか。
__ 
もちろんです。
伊藤 
子供の頃からミュージカルが好きだったんです。おやこ劇場に月一回連れていって貰ったりして。母親も好きだったんでしょうね。(ちなみに、絵の教室にも行ってました。)学校の演劇鑑賞会で劇団四季を観てミュージカルが好きになって、でも高校は演劇部は敬遠してて。宝塚とかは好きで、ずっと見に行ってたりしてたんです。
__ 
なるほど。
伊藤 
高校は進学校だったので大学に進むのが当然だったんですけど、私のいた国際教養科は熱い人が多くて、将来は何になりたいとかを語り合ってたんです。その中で一人の子が「私、みんなに黙ってたんだけど、今まで新聞記者になりたいとか言ってたんだけど、本当は歌手になりたいねん」って。そんなきらびやかな芸能生活を送りたいとか言う人なんて入学時からいてなかったし、でも当時ASAYANが流行ってたのもあるし、私も「ああ、自分のやりたい事をやってもいいんや」ってなって。高校3年ぐらいの時から劇団ひまわりの養成所に入りました。
__ 
なるほど。
伊藤 
じゃあ大学行かなくてもいいや、となって。就職しながら週3のレッスンに通って歌とかダンスとかを習う生活を2年続けていました。
__ 
二十歳ぐらいですね。
伊藤 
その時に永津とも出会いました。でも子供の頃からバレエをやっている子を目の当たりにすると能力の差が歴然で。歌もダンスもいっぺんにしようと思ったら私空回りしてる、ってなってしまって。私は一番、何をしたいか考えたら演技だったんですよ。2年続けていた会社を辞めて演技専攻クラスに入りました。その編入も永津が一緒でした。
__ 
なるほど。
伊藤 
その課程を1年間、修了公演みたいなのもあって。ひまわりの劇団員になって、しばらくしてAripeを結成したんです。

タグ: 演劇研修所 その人に出会ってしまった バレエやってた 二十歳のわたし プロの仕事 ロックな生き方


劇団ガバメンツ本公演「LAUGH DRAFT」

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。劇団ガバメンツの脚本・演出家、早川康介さんにお話を伺います。早川さんは最近、どんな感じでしょうか。
早川 
ちょうど、次回公演の脚本が書き終わりました。今はその稽古中です。
__ 
11月6日から始まる、劇団ガバメンツの「LAUGH DRAFT」ですね。脱稿、おめでとうございます。
早川 
ありがとうございます。締め切りに間に合うのはプロの仕事として、遅れる事はないようにしています。なるべく。なるべくです。
劇団ガバメンツ
「コメディしかできません、でもいろんなコメディができます」シュチュエーションコメディばかりがコメディじゃないラブコメディ、サスペンスコメディ、スクリューボールコメディ、トラジコメディにコメディコメディ。喜劇はこんなにあったのか。喜劇を愛する全ての人と、そうでもない全ての人へ。1年に1回しか演劇を見ない人の為に、さまざまなスタイルの喜劇に挑戦している。(こりっちより)
劇団ガバメンツ本公演「LAUGH DRAFT」
公演時期:2014/11/6~10。会場:in→dependent theatre 1st。

タグ: プロの仕事


劇団青年座創立60周年記念公演 第2弾Act3D ~役者企画 夏の咲宴~『UNIQUE NESS』

__ 
青年座60周年 Act3Dで、早川さんが脚本演出した「UNIQUE NESS」を拝見しました。大変面白かったです。出演された高橋幸子さんへインタビューもさせて頂きましたが、個人的にもとても大きい体験でした。その中で一つお気に入りのネタがありまして。主人公の遺産を狙う叔母さんが、幸運のお守りであるウサギの足を持ってくる代わりに、足をもいだウサギ本体をお土産に持ってくるのがありましたね。集中治療室に運ばれる。
早川 
瀕死のウサギですね。
__ 
それが何故か、もの凄く笑えてしまって。「瀕死のウサギ」が何故ギャグとして笑えてしまうのか不思議でした。
早川 
ですよね。あのウサギも青年座のみなさんはしっかり仕事して頂いて。ウサギの写真を何枚か持ってこられて、「どの種類がいいですか?」って聞いて下さるんですよ。
__ 
それは凄い!
早川 
ホントにそうなんですよ。作って頂いた瀕死のウサギは我が家で大切にしています。他にも、劇中で食べるビスケットも何種類かの実物から選ばせてもらって。役者のみなさんはもちろん、スタッフの皆さんもプロとして素晴らしい仕事をして下さいました。プロの仕事を目の当たりにしました。
__ 
早川さんご自身にとって、振り返ってどんな体験でしたか。
早川 
芝居を始めてから今日までで、一番センセーショナルな出来事だったと思います。凄いなと思った事も、違和感もあって。ポジティブな事もネガティブな事のどちらも大きかったんです。打ち上げで、「申し訳ないですけど僕は今回の経験が凄く大きかったから、次に書くものが一番面白いと思います」と言ったんです。それぐらいの。「LAUGH DRAFT」の脚本を書いていても、この台詞はどういう意味?って青年座の人たちに聞かれて答えられるかどうか、自問しながら書いているんです。
__ 
青年座の役者さんたちは、綿密に脚本を研究して役に望むそうですね。高橋幸子さんはそういう中で勉強して来られて、ガバメンツの稽古の時に「ノリで作る」というやり方に出会って驚いた、との事でしたが。
早川 
もちろん緻密に組み立てるのも大事なんですけど、笑いを作る時には、理論をぐっと押してでも・・・という部分があるんですね。ちなみにそれは僕が言った訳ではなく、稽古場で誰かが言っていた事なんです。彼女にとっては印象が深かったんだと思います。

タグ: プロの仕事


第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品「舟歌は遠く離れて」

__ 
今日は枠縁の田中さんにお話を伺います。どうぞ、よろしくお願いいたします。最近、田中さんはどんな感じでしょうか。
田中 
最近は、アトリエ劇研プロデュースの「舟歌は遠く離れて」の稽古ですね。サワガレを止めてから、5本目ぐらいの役者参加です。僕は初演は見ていないんですけど、かなり違うものになるらしくて。元々無かった役の人もいたり。
__ 
田中さんはどんな役所なんですか?
田中 
自分は、舟に乗り込んでくる避難民の兄妹の兄役です。これだけベテランの先輩達と一緒にやるのが初めてで、実は戸惑っています。何をしたらいいのか分からない・・・台詞を覚えるとか、脚本通りにやるとかにあんまり意味がない。この役はこういうことができる、こういう展開に持っていくこともできる、それも面白いがこっちのほうが面白い、というのを役者一人一人が考えて提出しないといけない。そういうのがプロなんだな、と。
__ 
自信は。
田中 
全くないです。城崎で公開稽古した時、普通に震えてました。一昨日帰ってきたんですけど、稽古場を借りて一人でウダウダやってました。これはやばい、と思ってます。
枠縁
田中次郎が描く物語を上演する劇団。2014年4月旗揚げ。劇団名の由来は劇団が作品を形作る枠であり、現実と物語をつなぐ縁でありたいと願う思いの表れである。(公式サイトより)
第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品「舟歌は遠く離れて」
公演時期:2014/6/26~7/1。会場:アトリエ劇研。

タグ: 上の人らと仕事 最近どう? プロの仕事


笑顔をみたいから

__ 
これまでに関わった現場で、一番印象深いものを教えてください。
芝  
うーん、それはやっぱり、この間の「レディバード・レディバード」かも。プロデューサーさんがいて、事務所があって、タレントさんがいて・・・という現場の衣装につくのは初めてだったんです。すごく、要求される事が細かくて。深く考えないといけないんだなあと。もっともっと色んな事を考えないといけないんだなあと。衝撃でした。感性だけじゃ駄目で、計算しないといけないんだなあって。
__ 
おお、プロの現場ですね。
芝  
勉強になりましたね。作品だけの事だけじゃなくて、誰を立たせていくか、とか、今までとは違う考え方、バランスのとり方が必要でした。
__ 
なるほど。それはもう、プロのスタッフの現場ですからね。裏方という場での、ご自身の適性度はどうだと思われますか?
芝  
どうだったんだろう?でも、補助をするのが自分には向いているのかな。どうやったら現場が上手くいくか、考えるのは好きです。補助力が衣装の仕事にも生かされていると思うし。プロの現場は、大変だけど楽しんでるぐらいじゃないとやっていけないと感じました。

タグ: プロの仕事 単純に、楽しませたい


社会人役者のなぞ

__ 
廣瀬さんがお芝居を始めた経緯を教えて下さい。
廣瀬 
僕は大学二年の時に仮面NEETをしていまして。実は1年の時にロボットサークルに入っていたんですが、人間関係がいやになって。別に問題があった訳じゃないんですけど。その1年で水曜どうでしょうにハマり、TEAM NACSにハマり、演劇サークルに入ったんです。基本的には、文化芸術は趣味でやってこそと高校の頃からそう思っているんですね。
__ 
ええ。
廣瀬 
まあ京都にはセミプロの人がたくさんいるんで「何言うてんねん」言われそうですけど、まあまあそう思っていて。で、サークルを卒業するとやはり寂しくなって、アクターズラボに入ったんですね。僕は就活が嫌でフリーターに成り下がったんです。演劇をやっている人って、普通の仕事したくないから芸術系の仕事をやりたいと思っている人が多いと思うんですけど、僕は就活というまどろっこしいものが嫌で、そんなややこしい事で仕事を決めなあかんというのが嫌で。それだったらアルバイトしつつ社員登用を狙ったほうが、いろいろ経験も積めるし、演劇もし易いだろうし。ようやく、ちょっとずつその足場固めが出来つつありますね。
__ 
素晴らしい。
廣瀬 
アクターズラボをやっていて、他のクラスの公演にも行くんですけどね。プロの役者はそりゃ皆さん上手だと思うんですけど、僕は社会人役者の方が面白いと思っているんです。プロの方々はもちろん尊敬しますけど、僕の趣味志向で言うたら、面白いのは社会人役者なんですよ。会社取締役をしながら計5公演くらい出演されてる人がいるんですが、ものすごく面白い役者でした。社会人劇団でいうと、ベトナムとか中野劇団とか柳川とか、面白いでしょう?
__ 
社会人俳優の身体が面白いというのは、よく分かります。
廣瀬 
アクターズラボの杉山さんは「責任感の違い」と仰っているんですけど、きっと、言語化出来ないですけど決定的な何かが責任感の他にあるんだろうなとどこかで思っていて。職業・職場が醸し出す個性が絶対あるんだろうなと。
__ 
社会人俳優の身体がこの世界に見られ慣れていないから、経験的に飽きられていないから、かもしれませんね。
廣瀬 
確かに、見られ慣れていないというのが、一つの圧になっているのかな。社会人の方が、見られるという圧力を自分の力に変換する能力を持っているんじゃないかなと思うんです。まあ、ハリウッド俳優とかは別にして、外からの圧を出力に変えるメカニズムは普通に働いていた方が養われると思うんですよ。さらに、観客の圧に慣れていないから、それを変換する作業がエネルギッシュになるんじゃないかと。その2つの構造があるんじゃないかと思うんです。
__ 
分かります。しかも、意気込みの種類が違いますからね。
廣瀬 
アクターズラボに参加する人は、次に出られるかどうか分かりませんからね。そういう意味で、責任感は違うかもしれません。
アクターズラボ
劇研アクターズラボはNPO劇研が主催する、総合的な演劇研修の場です。舞台芸術がより豊かで楽しい物となる事を目指して、さまざまなカリキュラムを用意しています。全くの初心者から、ベテランまで、その目的に応じてご参加頂く事ができます。現在、京都と高槻を拠点に、アクターズラボは展開中です。(公式サイトより)

タグ: 大学卒業後に・・・ 演劇のない地に演劇を現出 劇研アクターズラボ 見えないぐらい濃い交流 プロの仕事 ロボット演劇 社会人俳優についての考察


逆に、そこで吹っ切れたんです

__ 
たくさん出演されている大石さんですが、どのような感じで参加しているんでしょうか。
大石 
ほとんどがオーディションですね。THE ROB CARLTONさんは、ヨーロッパ企画さんのカウントダウンイベントに作家チーム(イベントの企画を考えるチーム)で入ったときに演出の村角太洋さんと知り合って、それで誘われたのがキッカケです。
__ 
この作品は自分を変えた、というのはありますか?
大石 
たくさんあります。強いて挙げるならば、中野劇団さんマームとジプシーの藤田貴大さんが作・演出された『LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望 』、そして、『羅生門』ですね。
__ 
『LAND→SCAPE』は、北九州での滞在制作作品ですよね。結構な冒険だったのではないでしょうか。
大石 
そうですね。まぁ、仕事を辞めたので。藤田さんの作品が好きだったというのも大きな理由ですが、そのとき参加していた中野劇団さんでの経験も後押しになりました。
__ 
というと。
大石 
以前は社会人をしながら演劇に携わっていたのですが、中野劇団の役者さんたちは社会人しながらも、出来る限り面白い作品を目指して稽古しておられて。正社員として働いてるか働いてないかは、芝居をするという点では関係ないのかもと思って。もちろん、実際上での制約はあるでしょうが。
__ 
社会人として働きつつ、自分のパフォーマンスを最大限発揮しようとしている。
大石 
例えば、桐山さんは、めちゃめちゃ忙しそうなのに、仕事をしているからという甘えがないように見えて。芝居の問題の原因を、そこに持っていかないように感じて、潔いなと感じていました。
__ 
つまり、正社員として社会に登録されていようがいまいが、演劇人としては関係ない、という事ですね。
大石 
逆に、そこで吹っ切れたんです。芝居を、もっとガッツリやっていても良いんだなと。
__ 
ありがとうございます。思い切ったんですね。
THE ROB CARLTON
京都で活動する非秘密集団。(公式サイトより)
ヨーロッパ企画
98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内において上田、諏訪、永野によりユニット結成。00年、独立。「劇団」の枠にとらわれない活動方針で、京都を拠点に全国でフットワーク軽く活動中。(公式サイトより)
中野劇団
2003年に京都で旗揚げした劇団です。長篇の公演と短篇(コント)オムニバス公演と2つの形式があり、どちらもほとんどが「笑い」が主体の内容です。長篇はほぼ全てが一幕もので、シチュエーションコメディの要素を含むことが多いです。(公式サイトより)
北九州芸術劇場プロデュース「LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望」
公演時期:2012/11/13~18(北九州)、2013/3/8~10(東京)。会場:北九州芸術劇場 小劇場、あうるすぽっと(東京)。

タグ: 私の好きなあの劇団 プロの仕事 自分は何で演劇を 社会人俳優についての考察


vol.312 大石 英史

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
大石

美学

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、為房さんはどんな感じでしょうか。
為房 
最近はですね、5月に劇団ZTONの本公演「天狼ノ星」、6月に客演した笑撃武踊団さんが終わりまして。それからはしばらく稽古がひと段落していたんですが、ちょっと仕事でまた東京に行くのでその準備に追われています。
__ 
というと。
為房 
戦国BASARAのイベントなんですけど、その準備ですね。
__ 
実は、戦国BASARAに為房さんがでている事は知っていました。拝見はしていませんが・・・
為房 
あ、そうなんですか。これで4本目くらいになるんです。僕は役についている訳じゃなくてアクションチーム、つまり斬られ役なんですけど。普通は、斬られ役って本来は目立たないみたいな事を思われてるんですが、結構随所随所で悪ふざけする人も多くて。
__ 
素晴らしい。
為房 
影響の無いところで勝手に階段落ちしてたりとか。自分達の出番が無いところはただ待ってるだけなので、勝手に斬ったり斬られたりしてますね。普通はNGと言われるんですけど、結構・・・。
__ 
そういうのはお客さんも楽しいですよね。
為房 
そうですね、リピーターのお客さんが多いので、「あ、あそこであんな事やってる!」って見つけて貰えたりして。
劇団ZTON
2006年11月立命館大学在学中の河瀬仁誌を中心に結成。和を主軸としたエンターテイメント性の高い作品を展開し、殺陣・ダンスなどのエネルギッシュな身体表現、歴史と現代を折衷させる斬新な発想と構成により独自の世界観を劇場に作りあげ、新たなスタイルの「活劇」を提供している。(公式サイトより)
劇団ZTON「天狼ノ星」
公演時期:2013/5/9~12。会場:京都府立文化芸術会館 。

タグ: おふざけ プロの仕事 殺陣の話題 実験と作品の価値


「こんなにも習った事が出来ないものなのか」

嵯峨 
再開したのは2011年ごろですね。久しぶりの空手でしたが、すごく面白く思えて。
__ 
面白く感じた?
嵯峨 
専門的な話ですが、子供の頃は松濤館流、今は剛柔流をやっています。その二つは伝統的な空手の流派でして、松濤館流は本土で競技試合の発展とともに流派としての深みを培ってきた流派で、剛柔流は沖縄っぽさがすごく残っている流派で、相手との間に取る間合いが近いんですよ。つまり、技が近い。以前映像で見て、いつかやってみたいと思ってたんです。
__ 
私は空手とはあまりにも縁がなく生きてきたので、その面白さは想像するしかないんですが。
嵯峨 
流派の違いというのは系譜の違いと、想定している間合いの違いがあるんです。間合いが違うと、技も当然違うんです。松濤館流は間合いを置き、離れた相手に技を入れる。剛柔流は接近戦で、猫足立ちといって接近していくんです。面白いのは、捕み合いになった時。「こんなにも習った事が出来ないものなのか」というぐらい簡単に技が潰されたりするんです。知らない技もいっぱいあるし。
__ 
相手とのやり取りがあり、自分のプランがある。それらに自分の身体を使うというのが絶対面白いんでしょうね。
嵯峨 
それはありますね。ただ、プロレスやってるから意外だと思われるんですが、僕は組手嫌いなんですよ(笑う)。それよりは型の方が好きですね。今の道場も型を重視してくれるので。松濤館流と剛柔流は型が一切被ってないので、ひと通り覚えるには苦労しました。基礎的な型を教えてもらう時、「やった事あるやろ」と言われたんですが、やった事ないです(笑う)。必死に覚えました。

タグ: プロの仕事 本番は毎回違う、一過性の 暴力 深めていきたい


2011年

__ 
2011年は、山脇さんにとってはどんな年でしたか?
山脇 
ヨーロッパ企画として関わった公演としては「芝浦ブラウザー」と「ロベルトの操縦」と、イエティ「ドンキーヤング」がありました。「芝浦~」の時は、稽古中に地震があって・・・。
__ 
そうですね。
山脇 
誰でもそうだったと思うんですけど、影響を受けてしまって。何だろう、日程が組まれているので、立ち止まれないんですけど、どうしたって自分の中身が変わっていくのを感じました。「ルーティンじゃないぞ、人生は」って。
__ 
ルーティンじゃない。
山脇 
去年に出来た事が今年や来年も出来るとは限らないって。突然、色んな事が変わってしまうという事があるんだなって。当たり前に来年も再来年も公演があって、参加出来てるという訳じゃないんだなって。個人的にはそんな感じでした。でも、色々あるけどお芝居は楽しいなって、あらためて思いました。今まで憧れだった方と共演出来て、やってて楽しいし、お客さんが喜んでくれるし。
__ 
途中色々ありましたけどね。
山脇 
うん、ちゃんとやろうと思った。自分にも厳しくなって大変でした。
__ 
「芝浦~」、山脇さんが演じるコギャルが立ったままうがいの水を吐くシーンが面白かったです。思い切りが良くて。
山脇 
あれは稽古場では普通にやってたんですけど、本番になってメイクさんにセットが崩れるからって、なるべく頭を動かさないようにして、そこから。
__ 
へえ。いろんな条件が重なって生まれていたんですね。
山脇 
それが舞台だなあって思いました。誰か一人の力だけで出来るシーンなんてなくて、それぞれのプロフェッショナルが集まって出来るんですよね。だから、自分もそうじゃないとダメ、失礼だなって。
__ 
なるほど。
山脇 
「ルーティンじゃない」って実感したからこそ、ちゃんとしなきゃ、しっかりしなくちゃって、もっと思うようになりました。
PARCO & TOKYO GLOBE THEATRE presents 芝浦ブラウザー
公演時期:2011/4/2~19(東京)、2011/4/22~24(大阪)。会場:東京グローブ座、シアター・ドラマシティ(大阪)。
ヨーロッパ企画第30会公演「ロベルトの操縦」
公演時期:2011/8/21~28(京都)、2011/9/2(名古屋)、2011/9/8~18(東京)、2011/9/22~24(大阪)、2011/9/29~30(福岡)、2011/10/2(広島)。会場:京都府立文化芸術会館(京都)、アートピアホール(名古屋)、本多劇場(東京)、サンケイホールブリーゼ(大阪)、ももちパレス(福岡)、アステールプラザ 大ホール(広島)。
イエティ
大歳倫弘作・演出のヨーロッパ企画のプロデュース公演。
イエティ「ドンキーヤング」
公演時期:2011/6/8~13。会場:元・立誠小学校。

タグ: プロの仕事 役者の儀式・ルーティン