いまでもどう受け止めていいのか分からないあの出来事

__ 
さて、笑の内閣の「福島~」について。京都公演がひと月前に終わりました。どんな反響がありましたか。
横山 
アンケートを見ると「福島に実際に行ってみようと思った」とか、純粋に興味を持ってくださった方が多くて。「福島に対して何も考えていないじゃないか」という感情的な否定意見はほとんど無かったように思えます。距離が離れているからこそ、そういう引いたところからの意見が多かったのかもしれませんが。
__ 
ご自身としては、福島に対してどんな意見を持つようになりましたか。
横山 
稽古に入る前に今回の座組の方たちと福島に行ってきて、かなり認識が変わりました。放射能による被爆や津波の怖さが、自分の中で凄くリアルになって。町や駅が流されてしまった光景や立ち入り禁止のゲートや誰もいない住宅街。津波や地震の被害と原子力事故による放射能漏れが与えた被害は当たり前だけども違うんだなとか。被災にあった人もそれぞれ違う意識を持ってるだろうし、ましてや被災にあわれた方と僕らとでは、と考えると。
__ 
そうですね。現地にいた人たちとの意識の違いは大きいですよね。
横山 
震災のあったその時間、僕は京都で演劇公演の総括をするミーティングをやっていまして。後輩が携帯で「これちょっと見て下さいよ、こんな事が起こってるらしいですよ」って見せてくれて。現実感が無かったんですよね。どう受け止めたら良いのか分からなくて。その日家に帰ってTVを付けたら砂嵐で、でもネット上からはどんどん情報が入ってきて。悲惨なことが起こっていて。けども、自分の周りが劇的に変わることはなくて。本当によくわからなかったんですよね。でも3年以上経って、実際に現地に行ってみて、自分の中の震災の衝撃や問題意識が形になったというか。
__ 
この間、作演出の高間さんがNHKのラジオに出演されましたよね。その時のtwitterの感想に、「観光地化計画」という副題がどうしても傷ついてしまうという意見がありました。正直それはそうだろうなと思ってしまいますよね。
横山 
ただ、高間さんもラジオで言っていた通り、強い言葉を使う事で興味を引くという。それは手段としてはあると言っていて。
__ 
果たして、被災地としての福島に興味本位で遊びに行っていいのか?という問い。でも、少なくとも、これを演劇で問うのはやっぱり意義があると思うんですよね。ダークツーリズムが今回のテーマですが、理不尽に傷付いた人間に対して、どのように相対するべきなのか。実際にコンタクトして、どんな作用が生まれて、誰が救われたり、あるいは誰かが傷付いてしまうのか? そこは演劇こそが特権的に考えられる領域なんだと思う。直接のコンタクトを主体にしたメディアだから。
横山 
僕自身も今回初めて笑の内閣さんの芝居に出させてもらって、高間さんの考えに触れて。高間さんが最終的にどういう作品にしたいのか、僕もすべて掴んではいないかもしれませんが、今回、この役で呼ばれた役割を果たしたいですね。自分が出ることで、このお芝居がより見やすいものになればと思っています。

タグ: 震災 ウェブ上の感想 生きている実感 アンケートについての話題 大・大・理不尽


ク・ビレに出会う

__ 
そして今。せんのさんはク・ビレ邸のブッキングマネージャーをされているんですよね。その経緯を教えてください。
せん 
三名刺繍(劇団レトルト内閣)さんと出会ったのがキッカケですね。私はその頃、バカなイベントばっかりしていて。ハゲヅラ被ったりとか。それをご覧頂いた三名さんが気に入って下さって、交流する内に「おもしろい場所があるよ」と連れて来て下さって。
__ 
なるほど。
せん 
その時やりたかったイベントに、ここが合ってて。良いなと思ってやらせてもらって。実は三名さん、ここを運営されている佐藤香聲さんの劇団に所属されていた時期があったそうで。それから香聲さんにイベントの受付手伝いをお願いされるようになって、出入りし始めたら、いつの間にかブッキングマネージャーになってたんです。
__ 
なるほど、いつの間にか。
せん 
イベントをやるのも好きだし、バーテンダーをやっていたので受付も好きなんです。色々とやらせてもらえるのが嬉しいですね。それから、誰かと誰かを繋げるのが結構好きなんです。ここをキッカケに誰かと誰かが一緒に何かを作るのを目の当たりにすると充実感がありますね。
__ 
つまり、ミナミの帝王ですね。
せん 
(笑う)今は、佐藤香聲さんが代表を務めるアートプロジェクト集団「鞦韆舘(しゅうせんかん)」に所属しています。

タグ: 人脈を繋げる 生きている実感 ターニング・ポイント


目標

__ 
メイン業務と今後の活動についてはいかがでしょうか。メインはTVドラマの制作なんですよね。
作道 
そうですね、TVドラマの制作は今後も行わせていただきます。僕らはいま、自分達で劇団だとは名乗っていなくて。ただ、自分達でTVドラマを作っている若手集団、というのはなかなか無い面白味だと思うので。
__ 
そうですね。
作道 
今、ほぼ制約のない形でドラマを制作出来ているんです。作りたいものが作れているなという実感はあります。もしちゃんとそこに面白味があるならば、もっと多くの人に知ってもらって、僕らの年齢が上がっていくと同時に面白さが大きくなっていけたらと思います。
__ 
ドラマ「ショート・ショウ」の第一話を拝見しました。面白かったです。太田さんがいいですね。吉岡さんも可愛かったし、悪い芝居の植田さんは分からなかった。
作道 
色々なところで言われているみたいですね(笑う)。やっぱり京都の演劇人としては嬉しいですよね、知っている人がたくさんTVドラマに出ているって。僕は三谷幸喜さんを尊敬していて、ドラマに舞台の人を出すという。三谷組の京都版というと不遜ですけど、映像畑と演劇畑の垣根を越えていけたらと思います。
__ 
素晴らしい。私が拝見した第一話「サティスファクション」、大衆ウケする/しないの話がテーマではありましたがまさに象徴的ですよね。それから、月面クロワッサンにしか出来ない、何と言ったらいいのか・・・あっさりした魅力というか。それが面白くもあり、不満でもあります。
作道 
それは色んな方に色んな表現で仰って頂きました(笑う)。ドラマとしての完成度はもっと高く出来るかもしれない、でも、言いたかった事は伝わる、と。
__ 
それはもちろん。作劇も良かったし、SF的な設定も現実味があって、何だか可愛い感じがしました。今後の方向としてはいかがでしょうか。
作道 
とりあえず一話完結で作っていこうとは思っていますが、今後はある種の連続性を演出していければと思います。最後の最後に、これまでの話の伏線が回収される、みたいな。やりたい事がたくさんあるので、そんな方向になるのかもしれません。
月面クロワッサンの連続ドラマ2「ショート・ショウ」
一話完結の短編集月面クロワッサンの連続ドラマ2「ショート・ショウ」。KBS京都にて放送2012年秋、YouTubeにて4週連続配信を行った「虹をめぐる冒険」―2013年夏、KBS京都にて放送された、地上波初進出連続ドラマ「ノスタルジア」―そして2014年春、また新たなドラマが誕生します。その名も、「ショート・ショウ」―2011年旗揚げ以降、映像作品と演劇作品の両方を京都から発信し続けている月面クロワッサンが、今回手がけるのは、一話完結の短編集。全六話、コメディ、SF、オカルト、フェイクドキュメンタリー、アクションなど毎回違ったジャンルのストーリーをお届けします。そしてこれまで同様、企画・脚本・演出・撮影・編集・音楽まですべてを月面クロワッサンが担当。手作り感あふれる、世界に一つの短編ドラマ集が誕生します。(YouTubeより)

タグ: SFについて ドキュメンタリー 手作りのあたたかみ 三谷幸喜 垣根の無い世界へ 生きている実感 TVドラマの話題


京都ロマンポップ さかあがりハリケーンvol.7「ニホンノカビ」

__ 
さて、京都ロマンポップ「ニホンノカビ」お疲れさまでした。大変面白かったです。
玉一 
ありがとうございます。
__ 
まずは、とにかく俳優が魅力的でしたね。玉一さんはもちろん、肥後橋さん、高田会計さんと、一言で言うなら大変奇妙な熱演だったと思うんです。目に焼き付いています。
玉一 
いえいえ。今回は本当に、各自が生きる役割を与えられたなあと思います。演出からの要求はすごく難しくて、それでも、みんなが応えていけたんじゃないかなと。
__ 
魅力的でしたね。高田会計さんが良かったですね。オルテガが何度もキャラ変するのが凄かったですね。最初はクズだったのが、結婚すると別人のように落ち着いたりとか。それが戦場に戻るとやっぱり凄絶な戦士になって。
玉一 
そうですね。今回の作品を通して、改めて、いいメンバー達とやってるなあと思ったんですよね。これまではなかなかうまくコミュニケーションを取れなかったりしたんですが、福岡のコメディフェスティバルから京都での公演とずっとやってきて、ここにきて漸くお互いの特性が分かったような気がするんです。
__ 
なるほど、作品全体のまとまりの良さの正体はそれなのですね。俳優がとても良いと先ほど申し上げたんですけど、それはつまり舞台の時間においての生き方で、ここからここまで行ったら良くないとか、そういうタイミングと加減がいちいちセンスが良いんですよね。安心して見ていられる前衛劇というか。肥後橋さんはそれが超良くて、ぞわぞわかき立てられながら見ていました。その根底に、役者同士の雰囲気の良さがあったのかな。ちょっと納得しました。
玉一 
そうですね、そこを見せるためには。
京都ロマンポップさかあがりハリケーンvol.7「ニホンノカビ」
公演時期:2013/9/21~23(福岡)、2013/11/22(京都)。会場:H732シアター(福岡)、UrBANGUILD(京都)。
国際コメディ演劇フェスティバル
公演時期:2013/9/14~10/6。会場:H732シアター。

タグ: 訳の分からないボールの話 分かりやすい面白さと芸術的な面白さの中間 生きている実感 ツアー演劇の可能性 ターニング・ポイント 正体不明のエネルギー 前衛は手法から作る人々を指す


自信満々・鼻高々

__ 
「ニホンノカビ」の見所を語っていければと思います。
玉一 
この作品は福岡で開催された国際コメディ演劇フェスティバルでも上演したんですけど、演出をだいぶ変えて。京都Ver.はめっちゃしんどくなったんですよね。
__ 
しんどくなったんですか。
玉一 
スマートになった部分もあるんですが、盛りつけられた部分もあって。福岡公演は無駄に感動させられる話という方向性だったんです。京都のはより繊細で、例えば家族のシーンも増えたりしました。
__ 
あるシーンで、玉一さんがタクシーの中で「拙者結構出たがりなのでござるがこんな素材どう?」みたいな顔で自分の飼い主を見続ける演技がありましたよね。それがめっちゃ面白かったです。
玉一 
あれも演出ですね。私、笑いに関して「ボケる→スベる→拗ねる」みたいな流れが既に私の考えであって、それをすぐやってしまうんですけど、今回に関しては拗ねちゃダメなんだと言われて。「サムライは自分の考えに絶対の自信があるんだから」と。それがボケになって、スベったりした事については関知しなくていい、それを判断して笑うのはお客さんだから。ずっと自信満々に台詞を吐いて、鼻の穴を膨らませておけばいいんだと言われました。
__ 
素晴らしい。そう、逃げてなかったですよね、侍は。最後には見事、戦いに勝つし。
玉一 
そういう風に一気にばーんって行く訳じゃないですけど、着実に積み上げられていって、それで成立した演技ができている気がします。嬉しいですね。これからも蓄積する演技が出来ていったらと思います。

タグ: 演技の理解、その可能性 登場人物が好きになれない 役をつかむ 繊細な俳優 自信がない 生きている実感


劇団飛び道具「四人のショショ」

__ 
劇団飛び道具の前回公演「四人のショショ」、大変面白かったです。
大内 
ありがとうございます。
__ 
前々回の「七刑人」とは大分かけ離れた作品でしたね。出産に関する物語でした。以前の「ヤスとヤスたちの時代」、「ロキシにささぐ」と共通した、父権に関する意識があったように思います。いかがでしょうか。
大内 
何というか、実は父子というところにこだわりがある訳じゃないんですよ。生きている実感を得るという事が僕のテーマというかこだわりになっていて。正直、家族の物語でなくてもいいんです。
__ 
そうなんですね。
大内 
一番最初、芝居を始めた頃は面白くて脚本を書いていました。でもずっと続けて重ねてくると「何で芝居やっているんやろうな」と自問するようになるんです。・・・実感を得たいと思うんですよ。僕も日常で家族との生活を生きていますが、その、生きている実感が僕にはないんだと思ってるんです。そういうのを確かめたくて芝居してるのかな、と。お客さんはもちろん、俳優からもらう反応を通して。
__ 
大内さんにとって、生きている実感を得るというのは大事な事ですか?
大内 
他の人の事は分からないので比べられないんですが、それがないという事は大事なものを欠落しているのかもしれない。薄情者と言われるかもしれないんですが。
__ 
実は私もそうなんですよ、と言っても大内さんと比べたら多いか少ないか分からないですけど。その実感は得られましたか?
大内 
分からないです。昔と比べたらあるのかもしれないし、今は子供が可愛いといいうのもあるし。でも、他人よりは少ない気がします。大概の会話をしていて醒めている気がします。
__ 
醒めている自分は疚しいですか?私は疚しいです。
大内 
疚しいかどうかは分からないんですが(笑う)あった方がいいんじゃないかって思いますね。
劇団飛び道具・四人のショショ
公演時期:2013/3/21~24。会場:スペース・イサン。
劇団飛び道具・七刑人
公演時期:2012/5/24~27。会場:アトリエ劇研。
劇団飛び道具・ヤスとヤスたちの時代
公演時期:2008/7/11~13。会場:アトリエ劇研。
劇団飛び道具・ロキシにささぐ
公演時期:2011/7/28~31。会場:アトリエ劇研。

タグ: 生きている実感


「業」

__ 
松田さんは定職をもちながら演劇をしているという事で、しかも役職についていながらかなり様々な公演に出演されていますよね。それはきっと大変な事だと思うんですが、どういうバランスでやっているんですか?
松田 
少なくとも楽ではないですよね。自分にとって「芝居って何なんだろう」と考えた場合、ここまで来るともう趣味とは言えないんですよ。趣味って、余暇を利用して、自分の中に何か活力が再生産する役割があるでしょう。ところが、逆にヘトヘトに擦り切れることも多いですから(笑)。
__ 
それはまあ、演劇は作って上演するのにとんでもない労力を費やしますからね。
松田 
もう、「業」なんじゃないか。「それをやらないと生きていけない」という・・・。
__ 
芝居を辞めたらどうなりますか?
松田 
目に力がなくなって、死んだ魚みたいな目になるのではないかと。実際には死ななくても「死んだも同然」だと思います。しかし、その対象は「現代演劇でないといけないのか?」と考えてみると別にそうでもなさそうで、昔から落語や狂言もやってきましたしね。後、文章を書くのも面白いと思います。私、東北に4回ほど震災のボランティアに行ったんですが、その事を勤務先の広報誌に書かせてもらったりして。おかげさまで好評でした。結局、表現する事が自分にとっては大事なんじゃないかと思います。

タグ: ドキュメンタリー 一瞬を切り取る 書いてみたいと思った 落語 生きている実感


vol.293 松田 裕一郎

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
松田

__ 
お芝居を始めたキッカケは。
岡田 
一人芝居を始めたのが最初です。高校演劇をやってたのでもなく。謎ですよね(笑う)。子供の頃から体が弱くて、受験シーズンとかでもみんなみたいに勉強だけ必死にやる、みたいなことは出来なかったんですよ。時間がぽっかり空いたときに、あ、何かやろうかなと。
__ 
一人芝居をやろうと思ったのは、ご自身のどういう部分がそのように思ったのでしょうか。経験のない方が自分から一人芝居をしようと思うなんて、結構気合いのいる事だと思うのですが。
岡田 
そうですね。その時期は特に精神的に追いつめられていたのかもしれません。だから、あえて自分を一枚剥いでやろうと。そう思っていたんじゃないか。衝動的過ぎて、言葉ではうまく説明できないのですが。当日はかつてない感覚がありました。お客さん呼んでるのに、あ、私しかいないわみたいな。緊張はなく、ただただテンションが上がりました。
__ 
定期的にやっているようですね。
岡田 
そうですね。一年に一度はやっていきたいです。あのときに感じた感覚がなかったら、今舞台を続けていないかもしれません。今生きている実感をたった一人で舞台上でひしひしと。

タグ: 一人芝居 生きている実感


vol.223 岡田 あがさ

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
岡田

ウソをつきたくないのかも

__ 
一番面白かったのは、回想シーンに入る前に上原さんが「ハッ!!」と客席に叫ぶネタでした。「言われてはっとする」というテキストの演技を過剰、むしろ客席に向いて叫ぶという、もの凄く思い切りのよいネタだと思いました。
上原 
あれはもうキッカケというアピールですね。音響さんにタイミングを教えるという(笑う)
__ 
何というか、ポイントを押さえながら爆発的な何かも出来る感じですが、例えば失敗する事はありますか?
上原 
よくありますよ。シーンにまるまる出てこなかったり、セリフが全く出てこなかったり、小道具壊したり、リアルに役者を殴ったり。
__ 
そんな事があるんですか!
上原 
小道具の棒で相手の尻を刺してしまって、痔を悪化させてしまった事もあります。手加減が出来ないというか・・・何でしょうね。行ける所までの実感がないとだめなんでしょうね。
__ 
納得出来ないとだめ。
上原 
ウソをつきたくないのかもしれないです。お芝居という大きなウソをつくのに、小さなウソをついたらあかんって。小さなウソをつくと、大きなウソは成立しなくなる。
__ 
小さなウソとは。例えば、言えないセリフを言えてしまう事だったり?
上原 
気持ちがないのに段取り通りにやってしまったり。あれ? って思うと、お客さんも分かるんです。すると崩れてしまうんですね。殺陣だったら、切れないという約束ごとがあるから成立するんですが。芝居の部分でそういうのがあるとちょっと嫌やなと。
__ 
見てるこちらも、それはすぐ分かると思いますけどね。
上原 
だから、小さなウソはなるべくつかないようにしたいです。いやー、上手くなりたいですね。

タグ: 俳優の「素」を生かす 生きている実感 とんでもない失敗をしてしまった


いつか粉になって

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。織田さんは、最近はいかがでしょうか?
織田 
宜しくお願いします。最近はそうですね、とてもありがたい事に途切れる事無く芝居に関われていて。良い感じでボロボロになりそうです。
__ 
ボロボロになると、どうなるんですか?
織田 
僕結構、ボロボロになるのが好きで。小学校の頃からサッカーをやっていて、ギリギリまで走ったり、がつがつボールに当たっていって。危険なんですけど。稽古で疲弊するのは、気持ちいいですね。
__ 
それは、カッコ良さですか?
織田 
カッコいいというよりは、生き急いでいる感じがしてて。命を削っている感覚が好きなんですよ。のんびりしたいというのもあるんですが、どんどん削って、30か40くらいで粉になって消えたいというのがあります。楽しいというより、今日も削れたなと実感出来るのがいいんですよ。
__ 
実感出来るのがいい。
織田 
オフになるとスイッチが切れて、ぼーっとしちゃうんで。演劇をしていないと何をしているのか分からなくなってしまうんです。
ニットキャップシアター
京都を拠点に活動する小劇場演劇の劇団。1999年、劇作家・演出家・俳優のごまのはえを代表として旗揚げ社会制度とそこに暮らす人々との間におこる様々なトラブルを、悲劇と喜劇両方の側面から描いてゆく作風は、新しい「大人の演劇」を感じさせる。日常会話を主としながら、詩的な言葉を集団で表現することも得意とし、わかりやすさと同時に、観客の想像力を無限に引き出す奥深さも持っている。(公式サイトより)

タグ: 生きている実感


地下アイドルとして

___ 
二階堂さんは、アイドル研究をされているとHPにありましたが。
二階堂 
そうですね。というよりは、私自身が元々ネットアイドルだったので。
___ 
あ、そうなんですか。
二階堂 
ネット番組でレギュラーを持っていたんです。そういうのもあって、アイドルに対するコンプレックスを破壊衝動に変えた表現としておはぎライブを始めて、より答えが見えなくなっているという。
___ 
二階堂さんがそういう表現をしている理由とは。
二階堂 
芝居をしている時にしか生きている実感がないからですね。芝居ジャンキーというか。
___ 
なるほど。では、今後も。
二階堂 
はい。自称地下アイドルとして安売りしていきます(笑う)。

タグ: 生きている実感