コップに触る

__ 
この間の「ドメスティック・サイエンス」の時もしたための作品に出演されていましたね。高木さんが朝の身支度や家事を鬼のように繰り返すというパフォーマンスでしが。とても面白かったです。反復が快感になっていくのがとても伝わりました。
高木 
あのシーン、やる事としてはシンプルで。朝起きてから家を出るまで自分が触るもの全てを言葉にするというものでした。その中で、例えばコップに触る、という事について、どこまで自分が貪欲になれるか、というか。コップに初めて触る子供のように、全ての事に初体験であるように。それを凄く大事にしていました。普段当たり前にやっている事を、もう一度フレッシュに体験出来るか、それを心がけて。
__ 
和田さんは物語を作るよりも、印象に残る俳優の身体を作る事に重点を置いているそうですね。どんな姿勢で臨みたいと思われますか。
高木 
あんまり気負わずに。。前回もご一緒させて頂いてるので、そこはもう信頼して。ながらさんが見てみたいもの、私がみてみたいもの、お互い一緒に発見が出来るような形にしていければといいなと思います。
ドメスティックサイエンス
公演時期:2015/1/10~11。会場:元・立誠小学校。

タグ: 例えばこのコップ 反復の生むもの


逃げ水を追う人々

__ 
舞台上の登場人物が不幸になる様、もしくは愚かしい行動を見て、なぜ観客は面白いと思うんだろう?
田中 
大人計画のドキュメンタリーで、宮藤官九郎が「松尾さんの芝居って、悪い人は出てこない、弱い人間とかダメな人間は出てくるけど、悪いことを考えてる人は出てこない、なのに、話はどんどん悪い方向に行ってしまう」と言ってて。それはかなり昔に見たんですけど、残ってる言葉です。自分も、悪人はそんなに可愛くないなあと。もし悪人を描くなら全員悪人にしないといけないかもしれない。
__ 
「可愛い」? ひどい目にあう・道を踏み外す人を見てそう思うのはどのような感性であるのか。
田中 
うーん・・・(照れ笑い)ちょっとずれるかもしれないですけど、今、先輩方の話を稽古後とかに聞いていると、すごく面白いんです。すると、やらしいんですけど、自分の中で脚本のネタというか残すものを探してしまうんです。けど、その思いがいろんな話を何度も聞くにつれて、段々と薄れていったんです。それはもちろん先輩の話がつまらないという事ではなく、その先輩たちがひどい目にあったり失敗したりしたらそこで学んで、次の為に対策を立てて生きていく、強い人たちだったからだと思うんです。自分は、そういう事が出来ない、ちょっと話したらすぐ解決するような問題をどんどんこじらせる、そんなマヌケな人が描きたいんだと思うんです。強い人達を描くなら、もっとリアルな芝居にしないといけないだろうし。
__ 
常識的に考えて、お話って行き着く先の答えが分かるものじゃないですか。でも愚かな彼らは迷走し続けていって、自覚なしに奇妙な方向にたどり着いてしまう。でも、僕ら自身も彼らと似たようなもので、どこか重ね合わせているんだろうなと思うところがあります。
田中 
そうですね、全く共感出来なかったら「なんだこいつらは」になるだけでしょうね。

タグ: ドキュメンタリー 奇妙さへの礼賛 反復の生むもの


明日への狂気

__ 
黒川さんの作られた作品で私が最も笑ったのは、ベトナムからの笑い声公演「チェーンデスマッチ」の「パン屋のパン子ちゃん」でした。戯曲もネタも、俳優の演技力も素晴らしいものでしたが、一つの演技が何度も繰り返され、次第に熱狂へと高まっていくという。
黒川 
あれは僕の中でもダントツ上の部類にはいる、ちょっと狂気じみてましたね。役者も冴え冴えで、これは凄いなと思いました。
__ 
死を覚悟しました。
黒川 
いつも言っている事ですが、笑わせる為に手段を選ばないんですよ。映像でも文字でもいいんです。人を笑わせる為なら。そのための引き出しはたくさん持っておきたいですね。「パン屋のパン子ちゃん」は、それら全ての中でも、中々・・・行ききったなという作品でした。
__ 
たくさんの引き出しを置いておきたい。
黒川 
そうですね。その為に常にアンテナを張るようにしています。「これ面白いな」と思った、TV、新聞、映画、本、自分や他人が言ったことは頭の中に置いています。メモにも書いて、あとで読み返したり。あとは自分の中でいくつかやってはいけないというルールがある、ぐらいですね。
__ 
それに触れると、人を傷付けたりする?
黒川 
多少はありますね。ただ、笑いを作っている以上、誰かを傷付けたりすることはあります。手段は選ばないのですが、たとえ誰かを傷つけることになっても行ききらない笑いはダメ。よく「毒のある笑い」と言われるんですが、それも笑わせるための手段です。あとは、真似というのはあります。ただの真似ではなく、面白いと思ったものをどう真似られるか、超えられるか。僕はダウンタウンやナンシー関に影響を受けてるんですけど、そういう人たちにどこまで迫れるか。そして、どこまで脱する事が出来るか。
ベトナムからの笑い声
丸井重樹氏を代表とする劇団。手段としての笑いではなく、目的としての笑いを追及する。2011年末をもって無期限活動停止。
ベトナムからの笑い声第28回公演『チェーンデスマッチ』
公演時期:2010/12/3~5。会場:スペース・イサン。

タグ: それを揺らしてはいけない ユニークな作品あります 手段を選ばない演劇人 反復の生むもの


単純作業

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、宗岡さんはどんな感じでしょうか。
宗岡 
最近は結構、部屋にひきこもって編み物をしたり、ミシンを使ったりと一人で作業する事が多いです。劇団しようよに出演した時に、共演したピンク地底人2号さんに棒針編みを教えてもらって。北九州公演の時とか、ずっと二人で編んでたりしてたんですよ。
__ 
どんなものを編みますか?
宗岡 
帽子とか、シュシュとか、ルームシューズとか、バッグも編みました。
__ 
集中出来る単純作業という事かな。編み物をしているとき、何を考えていますか?
宗岡 
あまり何も考えず、集中してる事が多いですけど、これバイト先の人に行ったら引かれたんですけど、針を差したり抜いたりをずっと続けているとだんだんちょっといやらしい気持ちになってくるんですよ(笑う)本当に頭おかしいと言われて、言わないようにしてるんですけど。
__ 
針と布の交差が何度も反復して、それが一つの形を生むという意味では同じでしょうね。
宗岡 
あ、ホントだ。ホントだホントだ。
劇団しようよ
2011年4月、作家・演出家・俳優の大原渉平と、音楽家の吉見拓哉により旗揚げ。以降、大原の作・演出作品を上演する団体として活動。世の中に散らばる様々な事象を、あえて偏った目線からすくい上げ、ひとつに織り上げることで、社会と個人の”ねじれ”そのものを取り扱う作風が特徴。既存のモチーフが新たな物語に〈変形〉する戯曲や、想像力を喚起して時空間を超える演出で、現代/現在に有効な舞台作品を追求する。2012年「えだみつ演劇フェスティバル2012」(北九州)、2014年「王子小劇場新春ニューカマーフェス2014」(東京)に参加するなど、他地域での作品発表にも積極的に取り組む。野外パフォーマンスやイベント出演も多数。2015年「第6回せんがわ劇場演劇コンクール」(東京)にてオーディエンス賞受賞。同年よりアトリエ劇研(京都)創造サポートカンパニー。(公式サイトより)

タグ: 反復の生むもの


vol.284 宗岡 ルリ

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
宗岡

これまで

高橋 
これまで、色々あったなあ・・・。
__ 
たとえば。
高橋 
お芝居を始めてからしばらくの間、舞台の上でどう動いたらいいのか分からなかったんですよ。映画とかにも出て、やっぱり会話劇がいちばんしっくりしたんですよね。
__ 
ああ、難しいですよね。
高橋 
その後ダンスも習ったんですけど、振り付けがなかなか覚えられなくて。周りにはすぐ覚える人もいて、自分はバカなんじゃないかと思ってしまいました。自分にしか分からない振り付け表を書いてみたり、とにかく反復練習する事で覚えられるようになっていったんですけど。やっと、色々、出来ない事が出来始めたんですよね。ユリイカ百貨店で、たみおさんが「役者は自由じゃなければならない」って言ってたんですよ。稽古や舞台に立つ前に思い出します。自由度を上げていきたいですね。
__ 
最初はみんな、やれなかったんですよね。
高橋 
そうなんですよ。だから、「辞める」って人が本当にもったいないなと思います。

タグ: 反復の生むもの


vol.216 高橋 志保

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
高橋

亀島君の新鮮な動きかた

__ 
今回の作品でもの凄く面白かったのは、恋人同士が久し振りに喫茶店に行くシーン。普通に椅子に座ればいいのに、男が振り向きざま飛びあがって抱きつく形でイスに腰掛けるという。ああ、これは絶対文章では伝わらないですけど、何か凄く新鮮なおふざけを見られたんですよ。
三浦 
彼はロロのメンバーで亀島君というんですが、彼の動きは本当に面白くて。その、イスにジャンプして座るというのも、細かいタイミングが凄く重要なので何回も練習しています。
__ 
あ、やっぱり適当にやっている訳じゃないんですね。洗練されていると感じたのはやっぱり、精度があったからだし。着実に練習しているなと感じました。あと、演劇の面倒な手続き逆手に取ったセリフも面白かったですね。場面転換を、後ろを振り向きざま「ハイ着いた!」だけで済ませたり。
三浦 
演劇特有の嘘みたいなのが凄い好きなんです。三角巾を額に付けて幽霊を表したり。旗揚げ公演の時に、雨男という設定のキャラクターに、ずっと横について如雨露で水を掛ける係を付けたり。ロロではいつも、演技にルールを付けているんですよ。この前で言うと何度も同じ動きをしたり、あえて変なポーズで止まったり。
__ 
そこが現代的な感覚に思えるんですよね。

タグ: ジャンプ!についてのイシュー 優しい嘘 おふざけ 反復の生むもの


「可愛らしく演じて下さい」

__ 
三人姉妹」ではどんな役なのでしょう。
弓井 
姉妹の男兄弟の嫁です。
__ 
ああ、「地点谷弘恵さんがやってた。ナターシャでしたっけ。
弓井 
はい。ショッピングカートを何度もぶつけていた。
__ 
リモコン妊娠の。
弓井 
あれ面白かったですよね(笑う)。
__ 
最低でしたね(笑う)。
弓井 
「三人姉妹」は、作者であるチェーホフによると全員が主役で、強いて言うならナターシャを入れた四人が主役だそうです。
__ 
群像劇みたいですね。どんな感じで演じていこうとか、そういうのはありますか?
弓井 
三人姉妹の稽古場に入る前は、ナターシャって表面的には悪い女というイメージを持っていて。それは大事な要素なんですけど、三人姉妹が一生懸命生きていこうとするのを結果的にはぶち壊してしまうんですね。自分中心に家を動かしていこうとしたり。でも私には、ナターシャはそんなに悪い人だとは思えないんですね。観ている最中は「何この人むちゃくちゃだなあ」と思われても、観た後には「よく考えてみると悪い人でもないな」と思えるようになってほしいなと考えていたんです。
__ 
そういうプランというか、目論見があったと。
弓井 
でも、稽古が始まってみると、とにかく引っ掻き回す事がまず求められたんですね。それから私のイメージには全く無かったんですけど、「可愛らしく演じて下さい」と言われたんです。
__ 
どういう意味なんでしょうね。
弓井 
参考文献として挙げられたのが、ビッグコミックスピリッツで連載している高橋しんの「花とおくたん」って言われて、買って読んだんですよ。子供っぽい感じの人物で。その発想は無かったですね。今の所、振りで与えられた可愛さと自分の意識のギャップが埋められていない状態です。
__ 
頑張って下さい。
地点
多様なテクストを用いて、言葉や身体、物の質感、光・音などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を生み出すために活動している。劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルが独特。(公式サイトより)

タグ: 一生懸命を描く 反復の生むもの 群像劇


vol.94 弓井 茉那

フリー・その他。

2008/春
この人のインタビューページへ
弓井

__ 
一緒に作品作りをするという事で、橋本さんももちろん稽古の現場にいらっしゃると思うんですが。その稽古の現場について、少しお聞きしたいです。稽古場というのは、まあやっぱりクリエイティブな現場だと思うんですね。そこで、例えばダメ出しを出された時に返事をしないとか、そういう常識的な習わしが無視される場合が結構あるんじゃないかと。
橋本 
稽古場はクリエイティブ、だから自由=ゆるい、というのは結びつかないと僕は思うけど。クリエイティブな作業とは、他者と出来るだけ厳しく意見を戦わせる事だと思いますけどね。特に僕が体験したコンテンポラリー・ダンスの多くの現場では、稽古場での共同作業自体に意味があると思いました。そういう意味では、相手が他者であり、その人にとって自分が他者である事が厳しく晒されなければ、自分や相手が持っているものが高いレベルで引き出されないと思う。
__ 
なるほど。
橋本 
別に、ダメ出しに対して「はい!」って威勢の良い返事をすればいいという訳じゃなくて、それよりも相手に対して強い緊張感がなければいけないと思う。それが他人と一緒にやる事の意義なのかなあと思う。僕も、他人の稽古を見たりするんだけど、怖いって感じるね。
__ 
怖い? 
橋本 
うん。自分の何が試されるかどうか分からない。舞台の本番だけじゃなくて、稽古場も本番の一部のような気はする。稽古で何十回やっても、本番で100%発揮するというのは人間がやる以上難しい訳で。
__ 
本当にそうですね。
橋本 
その中で最高のクオリティを発揮する為には、「(本番の)こういう場合ならばどうすれば良いのか」を判断する能力を普段から磨く事なんじゃないかな。その為の訓練の場が稽古だと思う。もちろん、振付や段取りを身体に叩き込むための反復作業という意味も勿論あると思うけど。
__ 
なるほど。
橋本 
それは、ダンスとかに関わったりすると考える事ではあるよ。
__ 
稽古は、作品を作る場であると共に、本番で高いクオリティで表現する為の緊張感や集中力や判断力を養う場である、という事ですね。

タグ: 反復の生むもの


vol.86 橋本 裕介

橋本制作事務所。

2006年以前
この人のインタビューページへ
橋本

先日の

_  
先日の「話セバ解カル」、物凄い着物が似合ってました。
谷  
本当ですか、ありがとうございます。
_  
非常にキレのある演技で、爽快でした。ご自身で、舞台に立っていかがでしたか?
谷  
そうですね。上演までに色々紆余曲折があったんですね。どうしたらいいんだろうなと思いながら。着物がインパクトあるというのは観に来てくれた方からたくさん伺っているんですけど。
_  
インパクト。そうですね、絶叫というか。びっくりしましたね。
谷  
他のかたにも、声がメチャでかく感じたとか言われました。
_  
あとは、今回もこれまでの地点と同じく、三浦さん的な演出があって。日本語を変なところで区切ったり、独特なニュアンスを作ったりしていて、非常に面白かったんですけれども。稽古場でどのような作り方をされているのでしょう。
谷  
うーん。何かね、三浦さんが全部あれを作っている訳ではなくて。演技を付けられる場合もあるんですけれど、全部が全部ではないですね。たまに変な口調が役者から出てくると、「それやってみて」って言われるんですが。それからもうずっと繰り返しですね。5分ぐらいのシーンを1日かけてずっとやってるみたいな。
_  
反復練習ですか。
谷  
自分のシーンでなかったら、何もアクションを起こさなかったらずっと固まってる感じですかね。
_  
繰り返しの中で出てきたアイデアを拾っていく、みたいな。
地点2008年公演「話セバ解カル」
公演時期:2008/01/25~2008/01/27。会場: ART COMPLEX 1928。

タグ: 衣裳・時代物 反復の生むもの