IN HER THIRTIESの思い出 伊藤えりこさん編

__ 
IN HER THIRTIESについて。去年の公演ですが、今後も追跡取材をしようと思っています。まず、ご自身にとってはどんな公演でしたか。
伊藤 
まず、オーディションを受けるかどうかを迷っていて。私オーディションに受かる確率が本当に低くて。仕事を貰うのは大体、声を掛けていただいていたんです。でもプロデューサーの笠原さんから「受けてみたら」って勧めて頂いたので。ワークショップオーディションみたいな形でした。ワイワイやりながらだったのでやりやすかったです。
__ 
伊藤さんは麗らかチームの34歳のコーナーでしたね。
伊藤 
そうですね。全員個性がバラバラの人たちで、結婚もマチマチでした。頂いた台本のボリュームが最初は少なかったんです。これ大丈夫かな?と。でも話し合っていくうちに「女性の30代はまだまだあるで」みたいな感じになって、稽古中はオーディションの延長みたいにたくさん話し合いながらやっていきました。楽しかったですね。稽古期間は1ヶ月弱だったんですけど結束感を感じながら本番を迎えました。公演後も凄い仲良くなったんですよ。一つの舞台を作る時に生まれる自然な結束力ってすごく大事なんですけど、あんなに、30代の人間として結婚とか出産とか演劇を続ける事について話すのは貴重で、もう全部分かる!でした。20代ならあんなに打ち解けられないし、40代だともっと引いて見てしまうかもしれない。30代だからあんなにワイワイやれてたんですよね。
__ 
なるほど。
伊藤 
作品としても変わった試みでしたね。一人の女性を複数人でやるというのは初めてでした。終演後、トークゲストで観てくださったiakuの横山さんが「一人の女性をやっているというより、100人の女性を観ているようだった」って。誰にも通じる事をやっていたんですね。それは上野さんが狙っていた事かもしれない。バラバラなキャスティングだから成立したのかも。それぞれの人が思っているように見えたのかな。
__ 
37大西さん・38片桐さんのコーナーが面白かったですね。
伊藤 
大西さんは元の事務所の先輩なんですけど、ずっと変わらないんですよ。
__ 
若く見えますよね。配置についた瞬間びっくりしました。あの人は15歳若く見えますね。
TOKYO PLAYERS COLLECTION「IN HER THIRTIES」
公演時期:2014/3/27~31。会場:in→dependent theatre 2nd。

タグ: 続ける事が大事 IN HER THIRTIES 迷っています 人生の節目 尊敬している人 インタビュー取材による作品づくり


変やけど変やないよ

__ 
辻企画にも出演されてましたね。タイトルが「私、秘密知ってるの」
楠  
凄い、凄い経験でした。司辻さんにはたくさん影響を受けています。一緒にC.T.T.に参加した宮階さんにも。
__ 
なるほど。
楠  
司辻さんはよく、「どっちでもええんやで」と言ってくれます。私も何かある度に、自分に「どっちでもええんやで」と言ってあげます。そして他人に対してもそういう風に接する。それはとても、いろんな可能性を増やす事だと思うんです。他にも司辻さんは、私に「海緒ちゃんは変やけど、変やないよ」と言ってくれました。それが私は生きてきた中で一番しっくりきた言葉で。私、高校生ぐらいまでよく変な子扱いを受けていて、楽しくなかったんですよ。でも、自分が変だという認識はあるんです。だから「変じゃないよ」と言われると(そんな事ない、変や)って思う。でも「変やで」と言われると、それはそれでものすごく傷つくんですね。「変やけど変やないよ」は、一番ホッとしました。私はこの言葉にすごく救われています。
辻企画
2002年に旗揚げ。主宰・司辻有香。全ての作・演出を司辻有香が務める。京都を拠点に活動。主な作品に、「I love you(In the bed)」(第2回京都芸術センター舞台芸術賞佳作受賞)、「世界」(京都芸術センターセレクションvol.25参加作品・第14回OMS戯曲賞最終選考ノミネート)、「不埒なまぐろ」(第8回アトリエ劇研舞台芸術祭招聘作品)等がある。根本的に描く「愛」と「生」に特化される世界は、過剰さと激しさを持ち、「皮膚感覚的」とも称される。
辻企画『私、秘密知ってるの。』
C.T.T.参加作品。公演期間:2014/07/29~30(C.T.T.京都)、2014/08/13~14(C.T.T.大阪)、2014/08/27~28(C.T.T.名古屋)。会場:アトリエ劇研(C.T.T.京都)、ウィングフィールド(C.T.T.大阪)、ナンジャーレ(C.T.T.名古屋)。

タグ: キチガイ 尊敬している人


vol.381 楠 海緒

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
楠

あの時代から数歩離れて

__ 
玉一さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
玉一 
高校3年の頃、文化祭で演劇をやろうと誘われたんですよ。水球部・テニス部・書画部の仲良しで集まって。三谷幸喜さんのTVドラマのある一話を演劇化する企画でした。それまで演劇なんてやった事無かったんですけどね。それから大学に入って友達にすすめられてラーメンズのDVDを見たんですが、凄く世界観が独特じゃないですか。いいなあと思って。
__ 
楽しそうですね。
玉一 
で、私も当時自分の世界観を京都精華大で絵で表現してたりしてたんです。でもある時先生に「それじゃ全部は伝わらないよ」と。これじゃダメなんですか?全部伝えないといけないんですか?私は偶然性というものも好きだったんです、偶然生まれた技法だったりとか。でも、やっぱり学校だから。研究して積み重ねないとダメなんですよね。そこの食い違いというかそういうわだかまりもあったものだから、平面の世界で息詰まっていて。抜け出したかったというのはありますね。そういう折にラーメンズとかを見て、自分が作品を描くのではなく、自分が作品の一部になるというのはこれまた面白いなあと。それで劇的集団忘却曲線に飛び込みました。
__ 
大学は教育機関ですからね。評価されますからね。
玉一 
そうですね、総評されるんです。私は作品の一部分が面白い、というのもありなんじゃないかなあと思ってたんですが、そうじゃないんですよね。難しいなあと。パッと思いついたらそれをやるという、面白い方に飛びつくという。集中力がないんですかね。でも演劇って、何ヶ月も同じ作品に向き合うじゃないですか。今日は昨日よりも掘り下げられた、みたいな感触があって・・・
__ 
それは、確実に製作者としての意識が高まっているんじゃないでしょうか。
玉一 
そうかなあー。
__ 
ある程度以上の重さを持っている作品は確かにあって、それはお客さんの心と引き合うんですけど、その時にどれだけ考えられて作られているか、に依っていると思うんですよ。それがお客さんの目の前に現れる時、美しい調和をもって時間とともに奏でられると思うんです。
玉一 
そういう意味では、大分自分は変わってきていると思います。入ってからも変わっているし、周りも変わったし。だから、なんか、昔と全然違いますね。

タグ: 俳優のブレイクスルー 頭が真っ白になる 自分を変えた、あの舞台 文化祭前夜 リアルに相対し戦慄する 人生の節目 三谷幸喜 自分で考えてきたもの、の価値 入団の経緯 受け入れる・受け入れられる 尊敬している人


舞台上にいるだけで面白い!

鈴木 
やっぱり、舞台上にいるだけで面白い!と思えるような雰囲気が作れる人になりたいですね。
__ 
例えば?
鈴木 
私の場合だと近衛虚作さんと伊藤泰三さんが喀血劇場でやった漫才のシーンなんです。近衛さんにはのるてちゃんと京都学生演劇祭の時、あと今の伝舞企画でも凄くお世話になっていて、稽古場で頂いたアドバイスをまとめてあるんですよ。いまあります。
__ 
え、見せて頂けるんですか。
鈴木 
はい。これです。

タグ: 人脈・コネクションの大切さ 演劇祭 尊敬している人


vol.318 鈴木 ちひろ

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
鈴木

もっと!

__ 
尊敬する演劇人はいますか?
丹下 
尊敬する演劇人。この人、というのはいません。憧れていたのは売込隊ビームの梅本真里恵さんや三谷恭子さんです。出演されている公演を追っかけて見ていました。劇場を出た後、元気を貰えるんですよ。帰りながらパンフレットを見たりしているときに、そんな気分になれる。私もいつか、そんなふうになりたいですね!
__ 
既にそうなっていると思いますよ。
丹下 
いえいえ、まだまだです!もっと頑張らないと。

タグ: 2013/キックベース お客さんに元気になってもらいたい 尊敬している人


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下

『演技をする』っていう演技

___ 
佐々木さんは、何か思い出に残る芝居の体験はありますか?
佐々木 
客で言うと、下鴨車窓「王様」の時の岡嶋さんの演技ですね。今年は、あれをひたすら思い出しながら芝居していました。
___ 
凄いですからね。
佐々木 
例えば、他の登場人物に「兄さん!」って叫んで立ち上がって、ちゃんとした上手い演技をしながら、たまに手がピクピク震えてるんですよ。「うわ~この人、『演技をする』っていう演技をしてるよ~」って思って。ああいうのを見ると嬉しくなります。あれ、やっぱり計算してやってるんでしょうね。
___ 
織田さんのインタビューの時に、役に沿った外し方をするとか伺いました。衛星の稽古場でもそんな感じだったと思います。
佐々木 
すごいですね。憧れます。
___ 
では、舞台に立った時の思い入れの深い体験は。
佐々木 
色々ありますね。でも特にFrance_panは忘れられないです。
___ 
私は拝見出来なかったんですが、実験的な試みだったそうですね。
佐々木 
本当に勉強になりました。凄まじい経験値を得られたと思います。感謝しています。感謝感謝です。
下鴨車窓
京都を拠点に活動する劇作家・演出家の田辺剛が主宰するユニット。(活動紹介より)
下鴨車窓#7「王様」
公演時期:2010/12/16~2010/12/23(京都)、2011/1/29~2011/1/30(広島)。会場:アトリエ劇研(アステールプラザ多目的スタジオ)。

タグ: 尊敬している人