衝動

__ 
さて、KEXのオープンエントリー参加作品[deprived]。見所を教えて頂けますでしょうか。
矢野 
俳優の身体そのものを、先ずは観て頂きたいです。俳優が言葉を発語する。発語という行為を行うために、その行為を際立たせるために本当にいろいろなものを削ぎ落としているので、そこを観て欲しい。どちらかというと僕らの作っているものは派手で豪華なエンターテインメントではなく、儀式的、様式的というか・・・例えば、歌舞伎ではなくて能楽に近いような、そんなものなんですね。俳優がテキストを発するとき、おそらくそれは目に見えるようなものじゃないんですけど、けっこうな苦労をしていて・・・僕らの作品に限らないと思うんですけど、古典や近代文学のようなテキストを、普通に、何事もなく聞けてしまうようにするのって、けっこう難しいんですよ。誰が何故、何を、何のために喋るのか? について、俳優がちゃんと自分のなかに衝動のようなものを持ってないとすぐ、言葉が上滑りするというか、スカスカになってしまうんです。
__ 
まずは俳優の発語に注目すると、shelfの作品の成立する瞬間が感じられる?
矢野 
いうなれば、西洋的な足し算で見せていくフラワーアレンジメントではなく、余白、間を見せるための生花ですね。ギリギリまで削った、言葉と、身体と、空間。そして何より余白を大事にした作品を作っています。これは余談なんですが、最近いろいろ英語で企画書を書いていて苦労したというか気づかされたんですが、英語では日本語の「削ぎ落とす」って、あまり良い意味を持っていないんですよ。trim outとかかな、とか、いろいろ考えたんですけど、trim outだと確かにクローズアップはしているんですけど、それはあくまで部分に集中させることを念頭に置いた表現なんですよね。僕らは逆に、削ぎ落とした、削がれた方の余白の美しさや、お客さんの想像力を喚起するための間、何もない空間じゃなくて、無いものが在る、内に深く混沌さを孕んだ豊かな空間を作るのだということを最優先に狙っています。とにかく古典をやるにしても、今回のような構成作品を上演するにしても、それを大事にしていますね。

タグ: 俳優の「素」を生かす 揺らぎ、余白 カオス・混沌 役者全員の集中が一致 今の作品に集中する 役者の儀式・ルーティン


壁のむこう

__ 
演劇に関わった事は、宮階さんの人生にどんな影響を及ぼしましたか?
宮階 
むしろ、私が関わった事が演劇に影響を及ぼしたんじゃないですか?
__ 
おお。その通りかもしれませんね。
宮階 
言うたった。でも、本当にそういう気がします。演劇界という訳じゃなくて、私が関わった演劇作品は私の影響を受けていると思います。
__ 
ああ、私もそんな気はしますよ。宮階さんが出てくると、もの凄く危うい感じが増すんですよ。dracomの「弱法師」の時、役者さんたちに並んで宮階さんが出てきた時、何か不穏なものを感じましたね。存在感というより、危険を感じます。何故でしょうか。
宮階 
私は、仕事をまず始める前に「これは何なんだ」と、一つ一つの作業にどんな意味があるのかを確認して紐解く癖があるんです。台本をもらったら一言一句全てのセリフを辞書で調べるんですよ。それは理論的に確認したいという事じゃなくて、毎日使っている言葉でも、必ず、自分の知らない意味があったりするからなんです。そこから、可能性というか、新しい態度を取れると思っていて。
__ 
新しい態度。
宮階 
前提として、私はなりきったり感情を作ったりが出来ないんです。いつも頭の後ろの上空に目があって没頭出来ない、没頭しても、上に目がある事に気が付いてしまう。しかも私が没頭したとしても面白くなる訳じゃないんですよね。その為の時間じゃないし。あくまで、お客さんと作品の為に、その時間と空間でどう遊べるか、という事をずっと思っています。照明とか音響とか小道具とかと同じように私の存在がある。
__ 
並列関係にある。
宮階 
稽古期間で、演出家のアウトを貯めていくんです。この人は何をアウトにするのか?を探るんです。本番ではそれを全て忘れる。アウトを自分の体に覚え込ませて、お客さんの前で誰も知らなかった可能性を引き出すんです。
__ 
仕事の定義を掴んで、没頭を警戒して、行ってはいけないアウトを踏まえて、ご自身も知らない可能性を本番で探ると。
宮階 
だから、本番になったら稽古なんて振り返らないですね。舞台上では客席の壁の向こうを見るようにしています。アホみたいな事を言ってますけど。
__ 
そんな気持ちで舞台に立ってたんですね。
宮階 
でも舞台に出る一歩手前まではこの空間全部死ねみたいな気持ち本気でなっていて。いまこの劇場にテポドンが落ちてきて、死ねっ死ねっって思ってます。本番前のゲネとかは最悪な出来なんですよ。あらゆる失敗が起こるし。でも、本番が一回終わると降参して白旗を上げている状態で。どう思ってもらおうがいいですよ、と思っています。

タグ: 道具としての俳優 俳優の「素」を生かす 僕を消費してくれ 死と性と 役者の儀式・ルーティン 今、手が届く距離にかの人がいる事


vol.333 gay makimaki

カウパー団。

2014/春
この人のインタビューページへ
gay

質問 西原 希蓉美さんから 九鬼 そねみさんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた、西原希蓉美さんから質問です。「本番の前日に必ずやることは何ですか?」
九鬼 
仕込み日と本番の日には、出来るだけ同じものを食べようと思っています。
__ 
なるほど。
九鬼 
体の感じを覚えこませようとするには食べ物かな、って。例えばお昼はなか卯の親子丼だけにする、みたいな。

タグ: 役者の儀式・ルーティン


ずれる

__ 
ピンク地底人の作品。台本はもちろん、独創的な演出もひとつの見所ですね。それは本当に、ただただ質量共に稽古が必要だと思います。ところで、先日ある俳優の方にインタビューさせて頂いたんですが、どんなスターだって舞台で空回りする事はあるんですよね。竹子さんにとって、空回りの原因は何ですか?
竹子 
私も良くこうなってしまうんですが、追い求めすぎるんですよね。最初の方の公演日でいいのを作っちゃうと、それを追い求めようとして、どうにかしなきゃという意識が強くなる。それは多分、スタンドプレーをしている時に起こるんだと思うんです。空気がすべっているって、感じるんですよ。同じ事は舞台上では起きないのに。
__ 
本番って、一回一回違うものなんですよね。同じ台本で、同じ俳優なのに、何故か毎回、どこか少し違う。それは見ているほうの問題かもしれないけど。でも、少なくとも、同じやり方を毎回キープしようとする俳優が、全ての回でベストな演技を出せるでしょうか。それはそれで重要なんですけど、奇跡的な瞬間からは遠のいてしまうかもしれません。
竹子 
理想の気持ちだとか、完成するためにMAXはここに設定したいというのはあると思うんです。けど、会話劇は相手がいる。相手ありきで積み上がって理想の瞬間が出来るんですよ。この回は、頂点はいつもと違うシーンなのかもしれない。稽古を重ねると、ルーティン的な、こうきたからこう、みたいに相手を見ずにやってしまうんですよね。
__ 
それは、お客さんも見ていないという事かもしれませんね。
竹子 
さらに、自分の反応にも嘘を付く事になるかもしれません。こう言われたからこう思うとかは、稽古による積み重ねによってどんどん嘘になっていくんですよ。段取りと違う言われ方をされたら、段取り通りの反応を返す事は不可能。もっと、反応の可能性を広げていかないとなと。
__ 
三鬼さんがそんな事を言ってましたね。
竹子 
おおーっ。三鬼さんかあー。
__ 
舞台上での芝居は、また別の話なんですよね。お客さんの反応を見て、空気を掴んで、プランを立てて、勇気を持って芝居を作れるかがポイントだと。
竹子 
そうですよね。その勇気がずれると、滑るんですよね。私もそういう事を考えてはいたんですが、やっぱり自分でどうにかしようとは思わないようにしました。空回りの原因でもあるし、信用していないという事なんですよね。
__ 
そうして、成功の瞬間が訪れる。
竹子 
上演している作品に集中していると、なにかしら、来た!って瞬間があるんですよ。その時はきっと、お客さんも思っているんですよ。
__ 
それを、エンタメベースのピンク地底人がやるというのがいいですよね。
竹子 
でもまだまだ、3号のやりたい世界に俳優が追いついていないという部分があるんです。根底がどこかずれているのかもしれない。今回の作品は、基礎的な部分が高い方々が集まって下さっているので、もし組み上がったら凄く面白いと思います。

タグ: 役者の儀式・ルーティン


2011年

__ 
2011年は、山脇さんにとってはどんな年でしたか?
山脇 
ヨーロッパ企画として関わった公演としては「芝浦ブラウザー」と「ロベルトの操縦」と、イエティ「ドンキーヤング」がありました。「芝浦~」の時は、稽古中に地震があって・・・。
__ 
そうですね。
山脇 
誰でもそうだったと思うんですけど、影響を受けてしまって。何だろう、日程が組まれているので、立ち止まれないんですけど、どうしたって自分の中身が変わっていくのを感じました。「ルーティンじゃないぞ、人生は」って。
__ 
ルーティンじゃない。
山脇 
去年に出来た事が今年や来年も出来るとは限らないって。突然、色んな事が変わってしまうという事があるんだなって。当たり前に来年も再来年も公演があって、参加出来てるという訳じゃないんだなって。個人的にはそんな感じでした。でも、色々あるけどお芝居は楽しいなって、あらためて思いました。今まで憧れだった方と共演出来て、やってて楽しいし、お客さんが喜んでくれるし。
__ 
途中色々ありましたけどね。
山脇 
うん、ちゃんとやろうと思った。自分にも厳しくなって大変でした。
__ 
「芝浦~」、山脇さんが演じるコギャルが立ったままうがいの水を吐くシーンが面白かったです。思い切りが良くて。
山脇 
あれは稽古場では普通にやってたんですけど、本番になってメイクさんにセットが崩れるからって、なるべく頭を動かさないようにして、そこから。
__ 
へえ。いろんな条件が重なって生まれていたんですね。
山脇 
それが舞台だなあって思いました。誰か一人の力だけで出来るシーンなんてなくて、それぞれのプロフェッショナルが集まって出来るんですよね。だから、自分もそうじゃないとダメ、失礼だなって。
__ 
なるほど。
山脇 
「ルーティンじゃない」って実感したからこそ、ちゃんとしなきゃ、しっかりしなくちゃって、もっと思うようになりました。
PARCO & TOKYO GLOBE THEATRE presents 芝浦ブラウザー
公演時期:2011/4/2~19(東京)、2011/4/22~24(大阪)。会場:東京グローブ座、シアター・ドラマシティ(大阪)。
ヨーロッパ企画第30会公演「ロベルトの操縦」
公演時期:2011/8/21~28(京都)、2011/9/2(名古屋)、2011/9/8~18(東京)、2011/9/22~24(大阪)、2011/9/29~30(福岡)、2011/10/2(広島)。会場:京都府立文化芸術会館(京都)、アートピアホール(名古屋)、本多劇場(東京)、サンケイホールブリーゼ(大阪)、ももちパレス(福岡)、アステールプラザ 大ホール(広島)。
イエティ
大歳倫弘作・演出のヨーロッパ企画のプロデュース公演。
イエティ「ドンキーヤング」
公演時期:2011/6/8~13。会場:元・立誠小学校。

タグ: プロの仕事 役者の儀式・ルーティン


方法

__
演出の方法として、何か注意されている事はありますか。
肥田
方法・・・。稽古場で僕がしょっちゅう言っているのが、「素敵にならないように」ってことなんですけど。
__
ああ(笑う)。
肥田
ホントは素敵なものを見せたいんですけど。観客の心を動かすような作品をもちろん見せたいんです。が、例えば悲しいシーンで悲しい演技をすると、それが逆にあざとくなっちゃって。
__
はい。
肥田
僕がお客さんに感じ取ってもらいたいものがあっても、それをあざとく表現してしまうと、お客さんは引いてしまって、それが通じなくなってしまうんじゃないかっていうのがあって。
__
はい。
肥田
だから、それを避けるために僕が言うのが。
__
「素敵にならないように」。
肥田
そうです。
__
とてもよく分かります。嫌らしくならないように、という事ですよね。
肥田
例えば、ちょっと良い感じのセリフを言うシーンで、こう、パンツを直しながら言ってみてくださいとか。脇の下掻きながら言って見て下さい、とか。
__
ああ・・・。
肥田
なるべく笑わせて、その中でちょっと、心を動かしたいなと思っていて。誰かが言っていたんですけど、「真理は微笑の中で語られる」っていう言葉があって。
__
はい。
肥田
真面目くさってセリフをしゃべられても、鼻に付くっていう場面があると思っていて。だからなるべく、笑える作品にしたいなと思っていて。でも、笑えるだけの作品でもつまらないなと思っていて。
__
それは、元からある芝居の定型、つまり走ったり叫んだり、ある感情を現すセリフをその感情で読んだりとか、それを崩すのではなくて、元からそれを念頭に置かないように、自然な形でテーマを口にさせるというイメージでしょうか。
肥田
うーん。そうですね。
__
崩すのではなく。
肥田
うん、崩すと言うよりは、別の角度から見せるという感じかな。だから発声練習とかもしないし。
__
それは素晴らしい。そりゃいいですね。
肥田
何か、ルーティンワークみたいな稽古をしちゃうと、どんどん何か、自分で考えないでやってしまうようになるみたいな。
__
台本と他人の演技に依存してしまうと。
肥田
こういう時はこういう風に演技すればいいんだ、みたいな型にあてはめてやられると、つまんないと思うし。
__
それは誤解の無いように言うと、アドリブで演技しろとか、そういう事とは違いますよね。
肥田
あ、それは違いますね。
__
但し、芝居の稽古をするときは毎回違う事をやれと、そういう・・・。
肥田
ああ、毎回違う演技をしてくれると、演出もどんどんアイデアが出てきていいと思うんですけど。そうはなってないですね。今のところ。
__
ああ。
肥田
大体僕が、指示を出して俳優がやってみて、で思いもよらない事をして来てくれるという事は現在はあまりないですね。どうしたらいいのかなと思うんですけど。
__
サッカー選手の持つ、アイデアみたいのがまだ稽古場にはないと。
肥田
そうですね。

タグ: 「異なる角度から」 役者の儀式・ルーティン