何をしたいか考えたら演技だった

__ 
演劇を始めた経緯を教えて頂いてもよろしいでしょうか。
伊藤 
めっちゃ最初から話していいですか。
__ 
もちろんです。
伊藤 
子供の頃からミュージカルが好きだったんです。おやこ劇場に月一回連れていって貰ったりして。母親も好きだったんでしょうね。(ちなみに、絵の教室にも行ってました。)学校の演劇鑑賞会で劇団四季を観てミュージカルが好きになって、でも高校は演劇部は敬遠してて。宝塚とかは好きで、ずっと見に行ってたりしてたんです。
__ 
なるほど。
伊藤 
高校は進学校だったので大学に進むのが当然だったんですけど、私のいた国際教養科は熱い人が多くて、将来は何になりたいとかを語り合ってたんです。その中で一人の子が「私、みんなに黙ってたんだけど、今まで新聞記者になりたいとか言ってたんだけど、本当は歌手になりたいねん」って。そんなきらびやかな芸能生活を送りたいとか言う人なんて入学時からいてなかったし、でも当時ASAYANが流行ってたのもあるし、私も「ああ、自分のやりたい事をやってもいいんや」ってなって。高校3年ぐらいの時から劇団ひまわりの養成所に入りました。
__ 
なるほど。
伊藤 
じゃあ大学行かなくてもいいや、となって。就職しながら週3のレッスンに通って歌とかダンスとかを習う生活を2年続けていました。
__ 
二十歳ぐらいですね。
伊藤 
その時に永津とも出会いました。でも子供の頃からバレエをやっている子を目の当たりにすると能力の差が歴然で。歌もダンスもいっぺんにしようと思ったら私空回りしてる、ってなってしまって。私は一番、何をしたいか考えたら演技だったんですよ。2年続けていた会社を辞めて演技専攻クラスに入りました。その編入も永津が一緒でした。
__ 
なるほど。
伊藤 
その課程を1年間、修了公演みたいなのもあって。ひまわりの劇団員になって、しばらくしてAripeを結成したんです。

タグ: 演劇研修所 その人に出会ってしまった バレエやってた 二十歳のわたし プロの仕事 ロックな生き方


倫理VS本能

__ 
圧倒的虚業。非日常を社会にぶち込む所業、という言葉がチラシにありました。本来、劇場は舞台と客席の二つの集団で構成されています。舞台側が(稽古によって共有された)歴史をもって、可能性を客席側に投げかける構造がある。その時客席側は未読の領域をワクワクしながら切り拓いて進んでいる訳ですが、・・・そのオープニング、そんなに驚きというなら、いきなり奇想天外で、でも説得力のある風景が出てきそうですね。
畑中 
おお、そうなのかな。でも、テーマとして掲げられている「倫理VS本能」。イタズラ心ってありますよね。この静かな喫茶店でいきなり大声で歌い出したらどうなるのかな、とか。何か、目の前の人の頭をぶっ叩いたらどうなるかなとか、学校や会社に向かうのとは反対の電車に乗ってしまったら、とか。それが本能だと思うんですけど、そこを倫理で押さえて社会になじんでいる。でも、彼らは本能に従っている集団なんですね。虚業をぶちこもうと、本能に従って面白い事をしたい、それだけしかない、という感じなんです。まずは、どんな人達が出てくるか楽しみにしていただけたら。

タグ: 演技それ自体への懐疑 非日常の演出 キチガイ ロックな生き方 社会、その大きなからくり 悪いけど、芝居させてください


(ずっとこんな楽しい事をやっていけたら・・・いいな)

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
乾  
何でしょうね。作品の魅力をきちんと伝えられるようになりたいです。その上で、お芝居が楽しいという思いをずっと持てていたらいいなあ。だんだん、段取りになっていくというのを聞くんです。それはすごく悲しいなぁと思って。ずっと好きでありたい。甘いかなあ。
__ 
確か、がっかりアバターってバンドもやってると聞いたんですけど。
乾  
音楽はやってないです(笑う)でも、坂本さんが「がっかりアバターはロックバンドです」って言ってはりました。だから劇団って付いてないんですって。
__ 
いや、そうあるべきです。でも、もちろん難しい事です。「勢い」って、実はある種の犠牲の上に成り立つんじゃないか。例えば絵画もロックバンドも、人生の選択肢を捨てた力がそのまま勢いになる場合もある。もちろん、犠牲と勢いのバランスを取るやり方も存在するんですけどね。
乾  
厳しいですね。
__ 
捧げる奴にしかロックの女神は微笑まない。賭けられる内に賭けるべきだし、そういう人を応援したいです。
乾  
本当に、ずっとこれをやっていけたら最高なんですけどね(笑う)。

タグ: ちゃんと楽しませる いつか、こんな演技が出来たら ロックな生き方


セクシャルについて

__ 
いつか、こういうパフォーマンスが出来るようになりたいとかはありますか?
宮階 
特に思い浮かばないです。自分にないものは今は無いんです。今、自分にごまかしている部分はあると思うんですけど、今以上にごまかさないで生き続けたい。いや、ごまかすしウソも付くんですけど、ずっとアホな事をし続けたい。整合性を付かせたくない。ハシゴを外し続けたいですね。「どやこう思ったやろえいっ」って。
__ 
革命をし続けるという事ですね。
宮階 
外し続けたい。
__ 
変な派閥争いとか、守るべきものみたいな幻想とか、そういうのは持たない方がいいですね。
宮階 
たまに言われるんです、「守るものがないんですよね」って。いやそんな事はなくて、自分大事守りたいですね。とも思いますが私の守り方は手離すことみたいです。
__ 
その人にとっては、守る事=ハダカなんじゃないですか?
宮階 
ハダカになる事への抵抗・・・私にとってはハダカは衣裳で、それが一番しっくりくるなら。ちなみに、私の裸はセクシャルなイメージには着地させないようにコントロールします。そう見ている人がいる可能性は別として、自分の体の使い方はそういう意識でいます。私の舞台上での裸が独特に見られやすいのは、医学的にもジェンダー的なメジャーイメージからも造作が変わってる部分もあるのですが、セックスワーカーとしての経験からセクシャルな意識への見せ方や植え付け方はわかるし、簡単なので、わざわざ自分の作品でする意味もないと今は思ってます。うーん、意識や身体をコントロールしようとしている訳じゃないんですけどね。何といったらいいのかな。
__ 
最高の風俗嬢は男性にリアクションを返す事が出来る存在だと考えています。男性は寂しい魂を曝け出しにくる。彼らの核心を等しく愛撫するには、磨き上げられた心技体が間違いなく必要で、さらに言うならその場での判断もいるしハートもいる。優秀な風俗嬢は優れたアーティストであり、クリエイティブな仕事だと考えています。
宮階 
その通りです。が、自分の仕事が創造的だと思えること自体奇跡的な仕事でもありますけどね。私は、自分の体をよりダイレクトに使う仕事として、限られた時間と空間で自分を作らざるをえませんでした。私はその作業が大好きで、お店に在籍していた頃はBLOG等でも演じ続けてました。物凄い勉強になりましたね。会って1・2分で、どういうのを求めているか、自分をどう出せば良いのかを考えないといけない。だから、大体のWS嫌いなんですよ。お金を払って眠たいことを言われなければならないのか。
__ 
そうですよね。難しい仕事なんですよね。
宮階 
でも、私にはとっても楽しいんです。アミューズメント系セックスワーカーだったんです、私。

タグ: 「変身願望」 「核心に迫る」 衣裳・ヌード系 ロックな生き方 あの公演の衣裳はこだわった


vol.333 gay makimaki

カウパー団。

2014/春
この人のインタビューページへ
gay

最初から最後までスベりきろうぜ!!!

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、坂本さんはどんな感じでしょうか?
坂本 
こちらこそ、よろしくお願いします。この間、大阪でのShort Act Battleに出演しまして。
__ 
あ、そうでしたね。残念ながら拝見出来なかったんですが、どんな作品だったのでしょうか。
坂本 
ちょっとここでは言えないような内容なんですけど、全自動自慰装置という機械の発表会というシチュエーションで、全員が録音した音声でスピーチするんですけど、おっぱいの魅力とかを喋り終えたら死んでいくんですよ。唐突に。個人的には面白かったんですけど、5位中5位でした。
__ 
素晴らしい。
坂本 
順番的にトップバッターの時と、3回目の時があって。トップバッターの回はすべりまくりました。気持ちいいくらいすべりましたね!
がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)
Short Act Battle
公演時期:2013/12/2~4。

タグ: ロックな生き方 下ネタを考える スベる


この生きづらい世界で

__ 
かのうとおっさんの作品、とても好きです。何というか、性悪説を体現したかのような登場人物たちの放埒な姿を見ていると、人間そのものを許せるような気がするんですよね。その奥に、地獄を肯定してやるんだ、的な姿勢を感じるんです。
嘉納 
ありがとうございます。そういう事だと思います。
__ 
クズばかりが出てくる芝居だと思うんですが、書いている方からしてはいかがでしょうか?
嘉納 
特にここ2・3年はそういう方向になってきている気がしますね。それまではちょっとおかしい人々を書いていたんですけど。
__ 
なぜそのような人物を描くようになったのでしょうか?
嘉納 
生きづらい世界だと思うんですよ。ちゃんとしないといけないんですが、そうしたくないなあという気持ちがどこかにあって。立派にいようとすると、ちょっとしんどい。
__ 
成長したくないというのは大変文学的なテーマだ、みたいな評論がどこかにあったような気がします。そういう気持ちが嘉納さんにはある?
嘉納 
20代の頃、立派になろうと振る舞っていた時期があったんです。いい人であろうと、自らを演出しようと、例えば相談されたら「大丈夫だよ」とか答えたり。しばらくして、このままだとつまらない人間になりそうな気がして辞めてしまったんですよね。3ヶ月くらいで。立派な事を言ったりしてたらああこれクソつまんねえなと。

タグ: 性悪説 「かのうとおっさん」という特異点 相互承認 自由自在になる 受け入れる・受け入れられる 成長拒否 関係性が作品に結実する ロックな生き方


好き放題

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。筒井さんは最近、いかがでしょうか?
筒井 
おかげさまで、忙しくさせてもらっています。まあ順風万帆でもないという感じかな。
__ 
私は逆境に立たされているというのが結構好きなんですけど、筒井さんはいかがですか。
筒井 
そうですね、そもそも演劇を選んでいる時点で、この現代社会においては逆境なんですけれども、もっと具体的には、なかなか自分がやりたいことを認めてもらえなかったり、賞をもらってから数年経って、昔ほどやりたい放題ではなくなっていたりして。それは僕のせいでもあるんですけど。
__ 
好き放題出来なくなっている?
筒井 
昔はお金の事なんか全く気にしないで作品を作っていたんです。すごい借金して公演を打ってたりしてました。それだけじゃ難しくなると思って方向転換をしていきました。やりきった感と共に辞めるのならともかく、お金の融通が効かなくなって、どうしようもなくなって辞めるのは避けたいです。
__ 
なるほど。
筒井 
ただ、やれる範囲でものを作るという事が習慣化されていくという弊害にも直面していて。発想力が上演空間に収まっていて、それを破るようなキテレツなアイデアが生まれにくくあるんじゃないかというのが、自分が生んでいる逆境といえるのかも。悩んでいるという訳じゃないんだけど。いまは活動の継続性を確保しつつ、発想力が劇場に収まらないようにするやり方を模索しています。
dracom
1992年、dracomの前身となる劇団ドラマティック・カンパニーが、大阪芸術大学の学生を中心に旗揚げ。基本的には年に1回の本公演(=「祭典」)と、同集団内の別ユニットによる小公演を不定期に行う。年に一回行われる本公演では、テキスト・演技・照明・音響・美術など、舞台芸術が持っているさまざまな要素をバランスよく融合させて、濃密な空間を表出する。多くの観客に「実験的」と言われているが、我々としては我々が生きている世界の中にすでに存在し、浮遊する可能性を見落とさずに拾い上げるという作業を続けているだけである。世界中のあらゆる民族がお祭りの中で行う伝統的なパフォーマンスは、日常の衣食住の営みへの感謝や治療としてのお清め、さらには彼らの死生観を表現していることが多い。我々の表現は後に伝統として残すことは考えていないが、現在の我々がおかれている世界観をあらゆる角度からとらえ、それをユーモラスに表現しているという意味で、これを「祭典」と銘打っている。(公式サイトより)

タグ: どんな手段でもいいから続ける 劇団の方向転換 訳の分からないボールの話 難しくて、厳しい 人生の節目 ロックな生き方 筒井潤 実験と作品の価値


人の欲とか打算、面白いですよね

__ 
さて、なぜかのうとおっさんではそのような人々を描くのでしょうか。たとえば移り気で打算的で目先の利益に弱い人々を。
有北 
人は本質的に嫌なところを持っていて、でもそこだけを強調したい訳ではないんです。本気の部分、素の部分が好きなんですよ我々は。
__ 
なるほど。
有北 
僕の周りにいい人が沢山いたら、今頃そういう芝居を作っていたのかもしれません。
__ 
そうではなかった?
有北 
(笑う)そうですね、いやいるんだけど、剥いていくと悪い部分があるんです。僕は、人の欲とか打算とかが大好きなんですよ。
__ 
人間の皮を剥いていく事に興味がある。それは、いつ頃からでしたか。
有北 
それはもしかしたら、高校ぐらいですかね。周りにロクでもない奴がいて、彼らとは今でも仲が良くて季節の変わり目には集まって飲んだり遊んだりしています。あいつらも大概アカンですね。そこに原体験があるのかもしれません。
__ 
人間には色々な面というか、悪い・しょうもない人格をその内に抱えていて、それも人間だといいう事を友人関係を通して自然に学んでいくのも一つの教育なのかな、と思っています。学校では教科としては教えられてはいないけれども、集団生活を通して自然と身に付いて行くのが理想でしょうね。
有北 
そういう訳で僕はナイーブなんですが、何故いま人を傷つけてえぐるような事をしているのか、自分では分かりません。ただ、凄く楽しいんですよ僕は。
__ 
楽しみたいんですか?
有北 
例えば稽古場で、僕らはとても笑うんですよ。ひどい事を演技してもらうととても楽しいんです。我々が楽しくなければ意味がないと考えていて、それを追求した結果、酷い人々ばかりが出てくる作品になりますね。
__ 
遠坂さんが年下の女の子に「バーカバーカ」とか言ったり。
有北 
唾吐いたりしてましたね。
__ 
それに、最後の最後に佐々木ヤス子さんが低級妖怪を演じる、不要なシーンもありました。
有北 
あれは彼女が八木進さんの代役をしていた時の演技をそのままを再現してもらっただけなんです(笑う)一応設定はあって、30cmくらいの大きさでお墓のお供えモチを食べる。あと、水も飲んでくれと。
__ 
「悪魔くん」のピクシーみたいな。
有北 
そんなイメージでしたね。
__ 
しかも、不要なシーンでしたしね。

タグ: 人脈・コネクションの大切さ 優しい嘘 「かのうとおっさん」という特異点 関係性が作品に結実する ロックな生き方