村川拓也×和田ながら×punto

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いいたします。最近、高木さんはどんな感じでしょうか。
高木 
よろしくお願い致します。最近は、3月末の公演の稽古の日々です。
__ 
「村川拓也×和田ながら×punto」、高木さんは和田さんの作品、「肩甲骨と鎖骨」に出演されるんですよね。和田さんの作品を過去何度か拝見しましたが、非常にコンセプチュアル・抽象的で、なにより物語自体が存在しない。そして今回の「肩甲骨と鎖骨」。どんな作品になりそうでしょうか。
高木 
現時点で3分の2程度は通せる状態にあるんですが、まだまだ分からないですね。ここからどんなことになるのか。予想がつかないです。
村川拓也×和田ながら×punto
公演時期:2015/3/27~29。会場:punto。上演作品:『終わり』演出:村川拓也 出演:倉田翠、松尾恵美/『肩甲骨と鎖骨』演出:和田ながら 出演:穐月萌、高木貴久恵、田辺泰信 料金:一般:1,500円/高校生以下:無料 ※要予約

タグ: コンセプチュアルな作品 肩甲骨と鎖骨


倍率とレイヤーが語りだす事はあるだろうか

__ 
3月末の上演作品「肩甲骨と鎖骨」。どんな作品になりそうでしょうか?サイトに、はジョルジュ・ペレックに影響を受けた作品になるそうですが。
和田 
ペレックはフランスの作家です。きっかけは忘れたんですけど、「さまざまな空間」という本を読んで、それにすごく惹かれたんです。それは色んなレイヤーの空間にアプローチするっていう作品で、ページ、ベッド、寝室、アパート、通り、街区、街、国、世界と、どんどん倍率が広くなっていくかたちで記述が続いていく。
__ 
面白そう。
和田 
それを皮切りにペレックの作品を読み進めたら、どんどん面白くなっていって。いろんな側面があるんですけど、作品を作る時の技法が興味深いというか。彼はウリポ(潜在文学工房)という実験的な文学グループにも所属していたんですが、例えば、書く時に制約を掛けたりするんですよね。「煙滅」という作品は、失踪した男についての話なんですけど、フランス語で最も使われている「e」を使わずに書かれているんですよ。しかもかなり分厚い。
__ 
面白そうですね!
和田 
それから、ある1年に自分が食べたものをとにかくリスト化した作品や、自分の仕事机の上の物の来歴をとにかく記述した作品とか…。現実の物事をどのように描くことが可能か、そのトライアルをした人だったと思うんですよね。そこにとても共感しています。自分は演劇でそういうことをやりたいんじゃないのかなって。
__ 
それが「肩甲骨と鎖骨」。
和田 
はい、ペレックの作業を参照しながら作ろうと思っています。

タグ: 知識を付けよう 肩甲骨と鎖骨 実験と作品の価値


村川拓也×和田ながら×punto

__ 
3月末の「村川拓也×和田ながら×punto」のお話を伺えればと思います。
倉田 
ちょっと長くなりますけど、実はこの企画の前身は「すごいダンスin府庁」という企画だったんですよ。いっちゃん最初は国民文化祭の一環で開催されて、二回目は相模さん演出の作品と倉田演出の作品をやって。
__ 
「天使論」と「ファミリーマート」ですね。
倉田 
最初は府の事業で始まったんです。出演者も公募制にしました。たぶん、若手を主催者にした企画を国民文化祭の中に入れとこう、という感じです。でも、それで終わっちゃったんですよ。終わっちゃうのかよ、と思って。で、二回目からは誰にお願いされるわけでもなく自分で続けようと。
__ 
ええ。
倉田 
府が私みたいな者に力を貸すというのが大事なことなんじゃないかと。まあ、めちゃくちゃ大変なんですけどね。
__ 
なるほど。
倉田 
今回一緒にやる、村川さんと和田さん。村川さんとはまだ出会って時間も経ってないんです。実はちょこちょこ接点はあったんですが、作品に出演させて頂いたのは結構最近なんです。(こういう事を言うと嫌がられるかもしれないんですが)村川さんの作品好きなんですよ。カッコイイと思う。和田ながらは同級生で(私は学年の良くない方の優等生で和田は本当の意味での優等生で)作品の雰囲気が好きなんです。ながらの真面目な性格が出つつも、ちょっと悪さが出てるっつうか。それを府庁でやったら何か化学反応が起きるんじゃないかと思って。単純に、せっかく二人の演出家にお願い出来たし、場所を色々探してpuntoさんに出会ったんです。
__ 
なるほどね。
倉田 
逆にね、府庁ではないところだからこその面白さもまたあるだろうし。これもまた良い形かなと思います。
村川拓也×和田ながら×punto
公演時期:2015/3/27~29。会場:punto。上演作品:『終わり』演出:村川拓也 出演:倉田翠、松尾恵美/『肩甲骨と鎖骨』演出:和田ながら 出演:穐月萌、高木貴久恵、田辺泰信 料金:一般:1,500円/高校生以下:無料 ※要予約
すごいダンスin府庁
2011年の国民文化祭で第一回が行われた。 『すごいダンスin府庁 2011』 http://sgid.michikusa.jp/ 参加者(順不同): Revo(田村興一郎)、harubaru、Hmmm~、ミスター、井澤佑治×広樹輝一、村上和司、今村達紀、淡水、倉田翠×きたまり×京極朋彦/『すごいダンスin府庁 2013』 http://sugoidance.tumblr.com/参加者(順不同) : 今村達紀、竹内英明、田辺恭信、松尾恵美、玄済一、相模友士郎、増田美佳

タグ: 肩甲骨と鎖骨


vol.405 倉田 翠

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
倉田