伝舞企画 第一回公演 「Desperado Party ザ・ラストオーダー」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。鈴木さんは最近、どんな感じでしょうか。
鈴木 
よろしくお願いします。一番近い本番が伝舞企画で、もうじき本番なんです。いまその稽古中です。初めて殺陣をやる事になりました。今まで運動をしてきてなかったので、試行錯誤しつつ体力作りから初めています。それから、劇団「オレと松本」の番外企画に出演させてもらう事になっていて、その後は高間響国際舞台芸術祭の企画。笑の内閣には12月の「ツレがウヨになりまして」のツアー公演にも参加させてもらいます。
__ 
お忙しいようですが、乗り切れますか?
鈴木 
そうですね、伝舞企画が台本を覚えつつ殺陣もしつつ、大変なので、それを乗りきれるかなという感じですね。
__ 
大学の卒業もありますしね。大丈夫ですか。
鈴木 
秋の学期に掛かっていますね。卒論も書きつつ、4回生で卒業出来るように頑張ります。ギリギリ。
伝舞企画 第一回公演 「Desperado Party ザ・ラストオーダー」
公演時期:2013/9/20~23。会場:京都大学西部講堂。
高間響国際舞台芸術祭
公演時期:2013/10/11~14。会場:アトリエ劇研、イーヴァ別館。

タグ: 卒論についての話題 西部講堂


vol.318 鈴木 ちひろ

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
鈴木

バカ正直な人間

__ 
嵯峨さんのプロレスを、西部講堂で拝見した事があります。ブレーンバスター三連発がとても美しかったです。嵯峨さんが空手をされているうえ、演じられていたリッキー・クレイジーという役も空手出身というキャラクターだったからかもしれないですけど、型の美しさというものがあるプロレスだったんじゃないかと思うんですよ。
嵯峨 
よくご存知で(笑う)そうですね、型は大事にしています。バカ正直な人間なので、自分がやってきた事をしか反映させられないんです。ストロングな、意地を張る、アスリートのキャラクター。僕も笑いを取れるような怪奇キャラやりたかったんですけどね。
__ 
笑いが主体の内閣プロレスで、正統派のシモンさんの試合がとても見応えがあって好きです。格闘をやっている人はやっぱり違うなと思います。嵯峨さんは空手の有段者なんですよね。
嵯峨 
初段です。子供の頃から高校二年までやっていました。大学受験までやってたんです。実は高校演劇をやっていたので、大学に入ってからはずっと演劇部でした。いまお世話になっている道場に入ったのは2年前なんです。だから、ついこないだ再開したばかりなんですよ。
笑の内閣
笑の内閣の特徴としてプロレス芝居というものをしています。プロレス芝居とは、その名の通り、芝居中にプロレスを挟んだ芝居です。「芝居っぽいプロレス」をするプロレス団体はあっても、プロレスをする劇団は無い点に着目し、ぜひ京都演劇界内でのプロレス芝居というジャンルを確立したパイオニアになりたいと、06年8月に西部講堂で行われた第4次笑の内閣「白いマットのジャングルに、今日も嵐が吹き荒れる(仮)」を上演しました。会場に実際にリングを組んで、大阪学院大学プロレス研究会さんに指導をしていただいたプロレスを披露し、観客からレスラーに声援拍手が沸き起こり大反響を呼びました。(公式サイトより)

タグ: 自分を変えた、あの舞台 観客との関係性 西部講堂 会場を使いこなす