尖った奴でいること

__ 
高山さんがお芝居を始めたのはどんな経緯があったのでしょうか。
高山 
僕は同志社大学の第三劇場から始めたんですけど、大学に入った時は全然、演劇をやろうとは思っていなくて。とりあえずどこかのサークルには入ろうと思っておりまして、例えばバレーボールサークルとかに入ろうと思っていたんですけど、でも運動系のサークルは京田辺キャンパスにしかなくて。今出川キャンパスには文化系しかなかったんですよ。どうしようと思って。入学時にはいっぱい、サークルの新入生募集のチラシをもらったんですけど、そこに第三劇場のチラシがあって。ちょっと調べたら生瀬勝久が昔いた、らしくて、それでなんとなく入ったらこんな事になってしまって・・・(笑う)
__ 
なるほど。
高山 
本当になんとなく、深く考えて芝居を始めた訳ではないですね。今続けていいるのは、こうやって色んな所に出させて頂いて、もっと自分の存在を世に知られたいなあというのが働いて。というか、子供の頃から自分は普通のサラリーマンにはならないだろうなと思ってたし、親にも「アンタは普通に就職とかしなさそうだね」と言われてたし、今はとにかく冒険してみたいなと思って。フリーター1年目です。就活もせず、みんなが就活を始めると同時に金髪にして、シーズンが終わったところで戻して。尖った奴とゼミの友人から言われていました。
__ 
演劇を始めた頃にご覧になった、衝撃を受けた作品はありますか?
高山 
今はもう無くなってしまったんですけど、ひげプロ企画ですね。凄すぎて。引くと同時に、出演された方への憧憬があって。

タグ: 学校の新入生歓迎 衝撃を受けた作品 尖った事をやりたい


vol.400 高山 涼

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
高山

ナカゴー「レジェンド・オブ・チェアー」

__ 
明日から始まるナカゴーの「レジェンド・オブ・チェアー」。とても楽しみです。
川面 
ありがとうございます。ホントにナカゴー、面白いんですよ。知らない人は知らないけど、知っている人は「いま一番面白い」って言うんですよ。
__ 
興味深いです。出来れば、川面さんがナカゴーに出るようになった経緯を教えて下さい。
川面 
大学在学中に、コメディユニット磯川家と一緒に東京でシェアハウス生活してまして。その滞在中にMrs.Fictionsの15 minutes maidのお手伝いに入ったんですが、そこでナカゴーを初めて見たんです。もうダントツに面白くて、子どもたちが突っ立っておしゃべりしたり缶蹴りしてるだけの作品なんですけど。変ぶってる感じじゃなく頭おかしい。人を惹きつけるクレイジーさが最高だったんです。俳優もみんな上手で、びっくりしちゃいました。
__ 
おお。
川面 
2年前にサンプルの出演が決まって、そのタイミングで東京に越して来たんですが、ナイロン100℃の菊池明明ちゃんと仲良くなったんですけど、彼女もナカゴー知ってて。めっちゃ面白いよねって。ちなみに、ハンバーガーを武器に戦う芝居だったそうです。そこでサイトを見たら出演者募集ってあったので、応募しました。それから度々出ています。
__ 
面白そうですね。
川面 
今回はかなり冒険していて。英語劇なんです。ストーリー自体はハッピーエンドで終わるような普通の感じなんですけど、ネタや演技のディテールが全部決められていて、奥行きがあるんです。それが誰にもマネ出来ないんですよ。例えば笑う演技一つも、目ん玉の動かし方や首の筋肉の角度と力加減とタイミングが指示されるんですよ。それはお客さんの目には届かないんですけど、奥行きが出るんです。
__ 
それは、ますます楽しみです。川面さんは、ナカゴーのどういう部分が好きですか?
川面 
面白いと思うものを素直にやっている所です。「人間とは」とかそういうテーマが入っている作品って、どうしても多いと思うんですけど、そういうメッセージは一つもなくて。
__ 
尖ってますね。
ナカゴー
東京の劇団。
ナカゴープレゼンツ マット・デイモンズ 「レジェンド・オブ・チェアー」
公演時期:2013/9/27~29。会場:Brick-One。

タグ: ハッピーエンドについての考え方 尖った事をやりたい 焦点を絞った作品づくり


「9」

__ 
レトルト内閣の作演出である、三名さんは最近はどんな感じでしょうか。
三名 
オフ期間なので、実験的な企画や新たな音楽や、短いテキストを作ったりして、本公演にフィードバック出来るように挑戦しています。直近ではnu things(阿波座)というクラブでイベントを企画しています。即興音楽家とパフォーマーのコラボ作品でインスタ的な作品にする予定です。レトルト内閣は「安定志向というお笑いユニットや「白色テロルというシアターバンドといった多方面の表現を追求するユニットを抱えています。今回も本公演では出来ない尖った表現に挑戦したいと思っています。
劇団レトルト内閣
劇団レトルト内閣の舞台はエンターテインメントでありながら「振り切った暴走アート」とも評される。無駄のないストーリー構成に、 エレガンスロックと呼ばれる劇中歌、 B級レビューと銘打つショーシーンが作品を彩る。豊かなセリフ表現や、多彩なキャラクター、唐突なナンセンスギャグ、めまぐるしいほどにスピーディーな展開も近年の作品の特徴。華やかなのにダーク、B級なのに耽美という独自路線を開拓し続ける。(公式サイトより)
「9」
開催日時:2012/10/21。会場:nu things(阿波座)
安定志向
お笑いで市民サービスを!大阪の公務員二人が、ありあまる市民サービス向上意欲を満たすため結成した漫才コンビ、安定志向。公務員らしい地味で細かい着眼点で漫才・コントを展開。(公式サイトより)
白色テロル
2006年10月結成エレガンスロックバンド。(公式BLOGより)

タグ: B級の美学 コラボレート フィードバック 外部活動を持ち帰る 尖った事をやりたい


あのとき

__ 
望月さん、赤坂炎上に出演されてましたよね?
望月 
出てます!あの作品、一回しかやってなくて。見てる人珍しいですよ。
__ 
面白かったです。すぐロロが好きになりました。
望月 
あの作品、私も大好きで。あの時期、実はめちゃくちゃ尖ったことやってました。ラストで役者が全く動かないままポケットビスケッツが一曲まるまる掛かって終わったりとか。
__ 
途中まで舞台上に男女二人がポーズを決めて後ろ向いてたりね。望月さんは確か幽霊の女の子役。
望月 
幽霊役でしたね。ロロではいつも、引きの演技をするようなセカンドヒロインが多いんですけど。
__ 
あ、いつもそういう役割なんですね。
望月 
私は割と切なさ担当で、亀ちゃんはヘタレな少年役、板橋さんはハードボイルドな男役かな。最近は別の役割を与えてみてます。
劇団福耳presents「第六回 赤坂炎上」
開催時期;2009年9月18日。会場:L@N AKASAKA。ライブ、インプロ、コント、演劇など、いわゆるショーケースとして楽しめるイベント。

タグ: 尖った事をやりたい


終着駅

__
では、さっそく、お話を伺っていきたいと思います。最近はいかがですか。
池浦
今は、5月の稽古があるので。5月12・13日とArtTheaterdbで公演します。それの稽古ですね、毎日。
__
男肉 du Soleilですが、ダンスカンパニーなんですかね。
池浦
何なんですかね。うちは。大本は近畿大学の、舞踏学科なんですが。そこの先生が結構しんどい人なんですよ。何か、ちょっとモダンな人なんで。表現とは、とかダンスは芸術だから、とか、そういう人で。それに反発するといったらアレなんですけど。何だかなあと思う僕を筆頭に作ったので。ダンスカンパニーと言えば、そうなのかなと。何ともはや。
__
講師の方への反発から生まれたという事ですが、そういう由来でしたら、何とも面白そうな。私が初めて拝見したのは男肉終着駅(ピリオド)でした。の横の街宣トラックの宣伝を受けて知ったんですけど、非常に面白かったです。本番中の写真を撮ってしまいました。
池浦
撮って良しと言ってましたからね。そういえば。
__
一番好きなシーンが、ジュディマリの「そばかす」のシーンでした。振り付けが良かったですね。
池浦
ふんどしの男が歌うところでしたね。
__
歌ってましたね。
池浦
あれは、ウチが出来た時から毎回やってるんですよ。ふんどしの男がずっと太鼓叩いてて。いきなり歌い出す。曲は毎回変わるんですけどね。
__
ずっと奥で待機していたのが、非常に面白かったですね。尖がったことをされていると思います。
池浦
アーコンの時は、特にそうでしたね。世間からの「何だアレは」という声が多かったですね。言っても、身内の人からだけだったんですけどね。
__
ええ。
池浦
で、前回のBlackChamberの時はドラマテイストをもっと強くしてみようと思って作ったんです。
男肉 du Soleil
パフォーマンスカンパニー、男肉 du Soleil (オニクドソレイユ、と読む)は団長こと池浦さだ夢を中心に結成された団体。(公式サイトより)
ArtTheaterdb
大阪府大阪市浪速区・フェスティバルゲート内にあった劇場。2010年現在は神戸に移転。
男肉 du Soleil公演「男肉終着駅」
公演時期:2005年11月。会場:アートコンプレックス1928。
アートコンプレックス1928
三条御幸町の多目的ホール。ダンス、演劇公演、ショーやワークショップ、展覧会等を開催する。

タグ: 名称の由来 尖った事をやりたい