水色の出会いと別れ

__ 
さて、Dance Fanfare Kyotoですね。元・立誠小学校を中心に一つのダンスショーケースであり、中にはトーク企画も用意されていますね。このインタビューもまた一つの対話になるかもしれませんね。さて、Dance Fanfare Kyotoの呼びかけ人、きたまりさんに伺いたいのですが、発起の経緯を教えて頂けますでしょうか。
きた 
2012年に「We dance」という企画を京都で開催する事になって。私がプログラムを組んだんですよ。演劇の演出家は多田淳之介、筒井潤、相模友士郎の三者にダンサーを演出してもらいました。それに関西の若い振付家にも声を掛けて開催したんです。そしたらすっごく反響が良くって。私自身も面白かったんですよ。実は私、ちょうどその時期ダンス面白くないなーって思ってて。そんな時にそういう企画に携わったことで、ダンスの面白さを再確認したし、こういう企画は続けなきゃいけないんだなと思って。「We dance」は母体が横浜なので、京都では新しく「Dance Fanfare Kyoto」を立ち上げたんです。
__ 
反応が良かったんですね。
きた 
お客さんもそうだし、関西のダンサーも、「全然こんな作品の作り方は知らなかった」と。前のめりで作品作りに挑んでくれて。あとその前後の時期に私が演劇の人と仕事をしていたというのもあって、演劇の人をダンサーに出会わせたかった、繋げたかったというのもあったんですね。
__ 
「繋げる」。確かに、1回目からそうした試みの企画はあったと思いますね。「ねほりはほり」とか。
きた 
「ねほりはほり」をディレクションしてくれた和田ながらさんは「We dance 京都 2012」を手伝ってくれて、その後に京都で新しくそういうものを立ち上げようと相談したら「振付家の言語性の無さが一番の問題だと思います」と言ってくれて。振付家にとにかく作品の話をさせるという企画が立ち上がったんですよね。
__ 
さすが。Dance Fanfare Kyotoはコミュニケーションをプロデュースするところがあるのかな。
きた 
やっぱり人って対話しないと出会えないじゃないですか。作品を見るだけでも出会えるかもしれないですけど、本当に出会うってお互いを知る事だと思うんですよ。相手の事を知って私の事も知ってほしい。コミュニケーションってそういう事だなあと思っています。作品を作って発表するだけだとそういう事って少ないじゃないですか。どっちも一方的な関係性(こう思ったからこう作った、作ったものを見てこう思った)でしかない。もうすこしそこは、違う形があるのではないか。そう思ってトーク企画は重要視しています。

タグ: イベントの立ち上げ ショーケース 筒井潤


MCを置いたワケ

__ 
一番最初に、イベントとしてのリンクスをされる事になったのはどのような経緯が。
石田 
カン劇cock-pitの松本大志郎さんがイベントをやりたいと仰っていて、「どこか劇団を紹介してほしい」と言われました。当時年間200本ぐらい観てたし、僕もこんな調子だから知り合いはいたので。どんなイベントをしようか?という話になったんです。リンクスというネーミングもその時出しました。で、最初に漠然とした音楽のブッキングイベントの演劇版というものに辿り着き、気がつけば続々とそうそうたる劇団さんが出演を引き受けて下さいました。カン劇cock-pitさん、超人予備校さん、ego-rockさん、コメディユニット磯川家さん、えるきゅーぶさん。それになんと、ステージタイガーさん(元 特攻舞台Baku-団)の旗揚げ公演もそのイベントに出てくれたんですよ。
__ 
そうした経緯があったんですね。
石田 
松本さんも作品を作らないといけないので、実質動いているのは僕だけという状態になって。もう何も分からない状態でした。周りの方に沢山教えて頂いてようやく開催できたんです。
__ 
それは石田さんの人徳でしょうね。そして、だからこそ他のショーケースイベントとはノリが違う。
石田 
実は、それまで他の演劇のショーケースを知らなかったんですよ。でも実は東京には昔から長く続けられているものがあったり、大阪にもあったり。もちろん見に行ったんですが、実はもうひとつ・・・だったんですね。というのは、始まる前にブザーが鳴って、団体の名前が出て、上演されて、またブザーが鳴ってという繰り返しで、作品は面白かったのに、僕は退屈を感じたんです。
__ 
分かります。
石田 
LINX'Sは間にMCを置いていました。それはそれで空気を壊すと不評の声もあります。ただ僕は、さっきまで上演されていた作品を消化する時間を共有出来ないかと思ったんです。どんな思いで作ったの?とか、シーンの意味とか、作品をもっと深く知ってもらう為の時間を持ちたかったんですよね。

タグ: イベントの立ち上げ ショーケース 舞台が始まる直前の緊張感