満月動物園=アングラ?

__ 
満月動物園の、開園の経緯を教えてください。
戒田 
開園、初めて言われました(笑う)。元々は大学でやっていて、ぼちぼち外部でのプロデュース公演にも参加するようになっていって。けれどもその内、先輩を含め周りが卒業して会社員になっていく訳ですよ。芝居を続けたいけれど続けられるかしら、と不安になる。なら、一つ形にしてみようと。
__ 
ありがとうございます。いつも思うんですが、公演のタイトルが非常に魅力的な付け方ですよね。あんまり、お褒めの言葉としては違和感があるかもしれませんけど。
戒田 
いえいえ、ありがとうございます。
__ 
そして、今の満月動物園。サイトにあるコンセプトの文章には「ファンタジー」「メルヘン」とありますが、それよりもとても、人間の心にどこまでも迫った作り方をしているように思うんです。これは本当にほめ言葉にはならないんですけど、「演歌」に近いんじゃないかなと。
戒田 
ええ。
__ 
最近の二作は主人公が冒頭で自分の死に直面しますよね。そこから、観客が自分自身の世界に入っていってる気がするんですよ。死ぬなんて超個人的なテーマですからね。本編も家族と配偶者についてのお話が中心だし、最後には泣いてしまうぐらい感情移入しているお客さんがいるのは当然だと思うんです。自分の人生もいつか終わっていってしまう、というのを強く感じました。生きていて死んでいく、自分の物語だから。
戒田 
ありがとうございます。的確だと思います。まあ、死ぬというのも含めて、僕自身が無くすという事を恐れていると思うんです。例えば川を欄干から見下ろしている時とか、この眼鏡をもし落としたらもうずっとお別れだなとか思っちゃうんですよね。常日頃からそれを敏感に怖がっている。メガネに対してさえ、そういう意識がふと行ってしまうと怖くなってしまうんですよ。死神シリーズではそういうのがよく出ていると思うんです。劇団の紹介に関して言えば・・・最近の満月動物園は、もはやアングラとは名乗れないかも(笑う)。
__ 
いえ、私にとっては現役というか、最前線のアングラですけどね。
戒田 
あ、そうですか。嬉しいです。それを聞いて、嬉しいと思う自分が新鮮です。

タグ: 愛される劇団づくり ファンタジー 観客との関係性 タイトルの秘密 旗揚げ 意外にも・・・


日本海 第一波「カゾクノカタマリ」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。役者三人のユニット、日本海の勝二さんにお話を伺います。最近はいかがでしょうか?
勝二 
最近ですか、最近はよく忘年会をやっています。日本海の忘年会を2日前にしたんですが、その時来られなかった人も含めて、今日も開催します。
__ 
ありがとうございます。日本海の旗揚げ公演、「カゾクノカタマリ」が終わりましたね。いかがでしたか。
勝二 
色々な苦労がありましたが、色んな反響があって手応えはありました。代表の小嶋くんは経験が無かったので大変だったと思います。劇場を借りたりだとか製作面でだとか。
__ 
大変だったんですね。
勝二 
でも、やって良かったと思います。飲んでる席で出た話からユニットが立ち上がって、結果的には作品に仕上がって。感慨深いです。
日本海
京都で活動する、浦島史生(柳川)、小嶋海平、勝ニ繁という日本海側出身の顔面の濃い役者3人によるユニット。作・演出を固定せず役者による波のような自由なスタイルを目指す。(公式BLOG・こりっちより)
日本海 第一波「カゾクノカタマリ」
公演時期:2014/12/4~8。会場:元・立誠小学校 音楽室。

タグ: 飲み会結成 旗揚げ


vol.397 勝二 繁

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
勝二

あいつにだったら

__ 
匿名劇壇を立ち上げた時の事を教えて下さい。
佐々 
元々学内公演があって、福谷、松原、芝原と僕、それにもう一人がいたんですけど、それが最初でした。僕は第三候補ぐらいの役者だったんですけど、まあ第一弾の公演をやって。まあそれが良かったんですよね。次の公演までは、授業公演もしてたんですけど、正直、こんな芝居をするために大学に入ったんじゃないんだけどなあと思ってたんです。
__ 
なるほど。
佐々 
福谷と話したんです。僕は脚本とか演出は出来ないし、でも役者は頑張って出来るようになるから、お前が作演してほしい、劇団をやろう、と。まず二人になって、じゃあ誰に声を掛けようかと。まずは芝原と松原、それから今はもういない一人がすぐ決まって。あとダンスが踊れて可愛いヤツがいいと福谷が言って。一番最初に名前が出たのが東です。東を誘って旗揚げですね。
__ 
素晴らしい。
佐々 
もう、大学の授業でやっている公演がちょっと面白くなくて、じゃあ自分達で面白い事はしようと。でもやっぱり、福谷がいたからですね。福谷にだったらバカになって付いていけると思ったんですよ。今でもそう思っています。演出で何言っているか分からない時もあったんですけど、それに従ったら上手い事行くんですよね。
__ 
要するに福谷さんの事がみんな好きだという事ですね。
佐々 
そうだと思います。もうここまで来ると、好きというレベルじゃないかもしれないです。仲良しでもないし・・・いや、仲は良いのかな。

タグ: 旗揚げ


4年間

__ 
松原さんがお芝居を始めた経緯を教えて下さい。
松原 
元々、舞台に立つ仕事がやりたいなと思っていたんです。でもどう始めればいいのか分からないし、なかなか食べていけない道である事は分かっていたので、誰にもやりたいと言えませんでした・・・高校卒業時、大学に行くにあたって、やっと自分の道は自分で決めてもいいんじゃないかと思えるようになって。高校の時にジャズダンス部に入っていた事もあり、実技試験で入れる近畿大学の舞台芸術専攻に入学しました。
__ 
東さんと同じ部活だったそうですね。
松原 
そうなんです。お互い全然進路の事は話していなかったんですけど、後々聞いてみたら同じ大学の同じ専攻を受けてて。ビックリでしたね。
__ 
近畿大学に入っていかがでしたか。
松原 
自分達で一から作品を作る勉強になりました。あとは何人かとの良い出会いがありました。基本的には4年間自分達でやりたい事をやっていましたね。
__ 
匿名劇壇の旗揚げの経緯を教えて下さい。
松原 
上回生が1回生にスタッフワークを教える勉強会公演というのがあるんです。その上演作品に福谷が立候補して、それで出演者として声を掛けられたのが今の匿名劇壇の初期メンバーですね。福谷、芝原、佐々木、そしてあともう一人今就職しちゃった子がいるんですけどその子と、私の4人です。そこから次も公演やって、その次もやって、気付けば今に続いています。

タグ: 旗揚げ


旗揚げ前夜

__ 
片岡さんがお芝居を始められた経緯を教えて頂けないでしょうか。
片岡 
高校の演劇部ですね。ものすごく仲の良かった子が部長で、人数が足りへんと。最初は全然本気じゃなかったのに、どこでスイッチが入ったのか。
__ 
なるほど。
片岡 
いっこ下に竜崎がいてたんですけど「こんなふざけた奴が入ってくるなんて。私やめます!」って辞めたんですよ。部長が泣いて「皆仲良くやってくれへんかな」と。したら戻ってきてくれて。卒業するとき引退したんですけど、OBだけで劇団を旗揚げしたんです。1年したら竜崎たちも合流して。惑星ピスタチオの「破壊ランナー」に衝撃を受けて、LOVE THE WORLDに入って。それくらいまでOBの劇団でやってましたね。
__ 
ありがとうございます。ミジンコターボを旗揚げした経緯を教えて頂けますでしょうか。
片岡 
LOVE THE WORLDが解散するとき、僕は放り出された気分になったんです。打ち上げの席で、この2・3年ずっと同じ釜の飯を食った仲ばかりでした。「まだやり足らへん人、一緒にやらへんか」って募ったらぱっぱっぱって手を上げてくれて。嬉しかったですね。で、面白いんちゃうんかって竜崎も連れてきて。劇団名を決める時に、僕以外は「ミジンコターボ」がいいと。僕は百萬両一座がいいと言ったんですけど多数決で負けて。いま、多数決で勝った人は誰も残ってないんですけど。由来は気に入っています。

タグ: 分岐点 俳優同士の闘争心 衝撃を受けた作品 名称の由来 私たちの世代 旗揚げ


スゲー人たち

__ 
土肥さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
土肥 
僕、大学が立命館なんですよ。学部の友達と誘い合って、たまたま月光斜の公演を見たんです。河瀬さんの作品だったんですけど、面白くって。当時既に軽音に入ってたんですけど、上手くいってなくて、このまま何も出来ずに終わるのは嫌で、演劇だったら役者じゃなくてもスタッフとか色んな部署があるし、一回ドーンとやって楽しもうかなと。それで月光斜に入りました。
__ 
最初から役者ではなかったんですね。
土肥 
入団して1回目の公演が為房さんが作・演出の芝居だったんです。役者の数がギリギリで、「オーディションだけでも受けてみない?」って言ってくださって、結局役者をやらせてもらえて。後は流れでハマってしまいまして。その秋にZTONを河瀬さんや為房さん達で立ち上げはって、翌年そこに参加させてもらいました。それからずっと付いてきているという感じです。
__ 
始めた頃に見た衝撃作は。
土肥 
今は京都にいないんですけど、元西一風の高田さんの作品ですね。4回生の時、ハムレットの作品に出させてもらったんですけど。スゲー人だなと思っています。でもやっぱり、最初に観た河瀬さんの「SAKURA」という作品が今の自分の起源だと思ってます。それから、月光斜つながりで京都ロマンポップの作品に出させて頂いて、向坂さんも、面白い人だなと。

タグ: 分岐点 入団の経緯 旗揚げ


無目的ビーム

___ 
最近はどんな感じでしょうか。
佐々木 
月面クロワッサンが終わって、努力クラブの稽古ですね。
___ 
「無目的ビーム」。多目的ホールをもじったんでしょうね。いいタイトルですよね。
佐々木 
合田さんのあのセンスは大好きですね。
___ 
ビームという、指向性そのものが無目的という矛盾が面白いですね。ここで改めて伺いたいのですが、努力クラブとは何なのですか?
佐々木 
僕が三回生の時、西一風の座長をやっていたんです。その時高田ひとしさんが企画した、学生劇団の代表を集めようという会があって。その時に彼に会いました。
___ 
第一印象は。
佐々木 
変なビジュアルで気持ち悪いなあと思いました。その後劇団紫を観に行ったんですよ。出た事もあります。大好きなんですよ。本番の前にアップしないし、セットも作らないし、西一風だったら「ちゃんとせな」って怒られるような感じでした。だからショッキングでしたね。
___ 
それで結成したんですね。
佐々木 
去年C.T.T.に出そうという計画があったんですが、一年くらいぐだぐだしていて。その後ようやく旗揚げしました。
努力クラブ3「無目的ビーム」
公演時期:2011/12/23~26。会場:壱坪シアタースワン。
C.T.T
C.T.T.とはContemporary Theater Trainingの略で「現代演劇の訓練」を意味する。1995年に京都のアトリエ劇研で発足し、70回以上の上演会を行う。現状、3カ月毎の上演会を予定。(公式サイトより)

タグ: 自分を変えた、あの舞台 わたしとわたしの矛盾 タイトルの秘密 悪意・悪趣味 旗揚げ