難しい問題

__ 
shelfは、自分たちの尺度を自分たちで作るカンパニーだと私は思っています。そこで伺いたいのですが、その尺度を共有出来ない鑑賞者に、どのような近づき方をしてもらいたいですか?
矢野 
ああ、難しい問題ですね・・・。
__ 
受け付けないお客さんもそれは当然いると思うんですよ。
矢野 
そういうお客さんがいたとして、周りのお客さんに悪い影響を及ぼすような、例えば明らかに邪魔をするように貧乏ゆすりを始めたりガサガサとノイズを立てたりとか、そういう場合は、僕、ひょっとして芝居を途中で止めてもいいのかも知れないな、って思っています。「すみません、お代は結構ですので、あれでしたら今日はもうお帰り頂いても・・・」って。でもそれはちょっと、なんというか、“晒す”ことになっちゃう危険を孕んでいるのかなとも思ってて、それじゃ、ちょっと駄目かなあと。
__ 
そうですね。
矢野 
ああ、そうか。むしろそこで、対話が始まるべきなのかもしれない。要望を聞いたりとか。俳優にとってはいい迷惑でしょうけど。
__ 
最近、同じ状況に置かれたことがあります。まあイベント公演ではあるんですけど立派に演劇なんですよ。でも、一人お客さんが喋り初めてしまったんですよ。俳優にずっと話しかけたり芝居にツッコミを入れたり。私も含め周囲のお客さんは全員イライラしているようでした。ちなみに、俳優はノッてました。
矢野 
なるほど。
__ 
その劇団のテーゼ的には、彼のような存在を排除するのはおかしい。だから、そこでの正解はきっと、彼を排除するのではなく、その場の全ての観客が彼と同じように芝居にツッコミを入れ始めることだったんです。
矢野 
実は、劇場で演劇作品が始まった後に、所謂作り手(俳優)と観客とを分けるのって、ナンセンスなことなんじゃないかな、と最近、感じています。決して欧米の文化を礼賛するワケではないんですけど、平田オリザさんが雑誌「演劇人」に演出家コンクールの講評でこんなことを書いていたことを覚えています。「日本の観客は優しい。つまらなくても必ず最後まで観て、カーテンコールには拍手してくれる。ただし、その後二度と劇場には来ない」。あるいは、これは五反田団の前田司郎さんが言ってたのかな、「例えばあるラーメン屋に行って不味かったら、『このラーメン屋はまずい』ということになる。でもちょっと具体名は忘れちゃったんで適当ですが、例えば日本でマイナーな料理として、例えばモンゴル料理とかの店にいって不味かったら、『モンゴル料理はまずい』となってしまう」。現代演劇は、日本の社会のなかできちんと、なんというか身の置き所みたいなものを獲得出来ていないから、最初に見た演劇がつまらなかったら、そういうことになってしまう。ホントは1本だけでなくいろいろ観てみて欲しいんですけどね。それが、一方のヨーロッパの観客は、つまんないと途中で本当に帰っちゃうらしい。
__ 
ああ、そうらしいですね。
矢野 
最近、クロード・レジが死と沈黙についての作品を上演した時、途中で帰ったお客さんについて俳優にこういったことがあるそうなんです。「死を直視する事を恐れるように帰っていった。」
__ 
その舞台を直視出来ない観客と、どう向き合うべきなのか? が問題です。
矢野 
もちろん、排除するのは違う。観客も、演者も含めて全員での対話が始まるのがいちばん良い気がします。それでみんなが納得出来て、必要であればそこから上演を再開するのがいちばん幸せなんだと思います。
__ 
そうですね。それは理想ですね。
矢野 
自分とは違う価値観(を持った人)の存在を肯定するのが、きっと演劇のスタート地点なんだと思います。感じ方も考え方も違う人々が、それを前提にして、一緒に社会を営んでいくための具体的な仮説を立て、実践し、結果を検証し、という実験を行うのが、劇場という場所の本質なんじゃないか。最悪のケースとして、対話が長引いて上演が再開出来ず、そのまま公演が終わってしまってもそれはそれでいいのかも知れない。
__ 
連帯感というのかな、そういう状態に劇場が統一するのかな。社会のミニチュア。
矢野 
ミニチュアというか、個人と社会の関わり方についての実験をする、その可能性を探る場所なのかも知れません。ヨーロッパが生み出した資本主義や民主主義を、現状、我々はそれがいちばん優れたものとして受け入れている。けれど、世界を経巡ってみれば他にもっと良い選択肢があるのかも知れない。未来に賭けてみれば、他の選択肢がきっとあるんじゃないだろうか。僕は、僕らの作っている演劇って、そういうものなのだと考えています。

タグ: 拍手についてのイシュー カーテンコール 受け入れる・受け入れられる ラーメンの話 実験と作品の価値


質問 松田裕一郎さんから 土肥 嬌也さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた松田裕一郎さんから質問です。「どこかおいしいラーメン屋さんを教えて下さい」。
土肥 
西大路円町近くの將陽です。そこが美味しくて僕はよくいきます。
__ 
それは、どういう所が違うのですか?
土肥 
唐揚げセットをよく頼むんですが、ラーメン・唐揚げ・ご飯のセットで、唐揚げにマヨネーズが付いてくるのが嬉しいです。ラーメンは透き通った茶色という感じです。ラーメン食ってるという実感が得られます。

タグ: ラーメンの話


質問 石原 正一さんから ピンク地底人5号さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、石原正一さんから質問を頂いてきております。「僕は次郎系ラーメンが好きで、まあ体に悪いんですけど、そういうやめないといけないのにやめられない食べ物はありますか?」
5号 
コンビニ弁当ですね。誰かの為に作るのは苦にならないんですけど、自分だけのならまあいいやとなってしまいますね。やっぱり。お金掛かるんですけど、おにぎりやラーメンとか、コンビニ系のものになってしまいます。
__ 
そうした食生活から、抜け出したいという気持ちはありますか?
5号 
ありますね。でもついつい。そのきっかけとして誰かを部屋に呼べばいいんですけど、部屋が片づかなかったり。

タグ: ラーメンの話


夏の日のピンク地底人

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、2号さんはどんな感じでしょうか。
2号 
昨日、みんなでラーメンを食べにいきました。
__ 
ええ。
2号 
そこで話したんですけど、私、20歳を越えた頃から自分の年齢が分かんなかったんですよ。そうなんですよ。今は、俳優として一番元気じゃないといけない年なんですよね。
__ 
そうかもしれませんね。
2号 
元気じゃないといけない歳なんだな。って。あと、自分が結構色々なところに客演しているから活動的だと思っていたんですが、そうでもない事がわかりました。私は本当に、凄いぼーっとしていて、演劇が無かったら二度寝だけの人生なのかもしれない。平日は朝起きて仕事して、寝て、土日は朝起きて二度寝して・・・あれ、何の話でしたっけ?
__ 
いえ、何の話でも構わないと思います。
ピンク地底人
京都の地下は墨染に生まれた貧乏な三兄弟。日々の孤独と戦うため、ときおり地上にあらわれては演劇活動をしている。夢は関西一円を征服することと、自分たちを捨てた母への復讐。最近は仲間も増え、京都を中心に大阪にも出没中。(公式サイトより)

タグ: ラーメンの話


端正に仕込んだカレー

__ 
舞台はよく、ウソで成り立っていると言われますね。では北川さんがフィクションから本物にするのに気を配っている事は。
北川 
そうですね・・・。分かりやすい事ですね。入って来やすい。嘘と分かってきている以上、入っていこうという姿勢もあると思うので。なるべく広い間口を持とうと思っています。芝居の好みというのはあるとは思いますが、カレーとラーメンは皆好きだと思うんですよ。
__ 
おお、B級グルメですね。
北川 
どちらも安いという取り方もあると思いますが、きちっと端正に仕込んだカレーを出したいです。
__ 
なるほど。では、カレーを楽しんで食べてもらうためには。
北川 
お客様にひっかけるチャンスみたいなものをいっぱい用意したいと思います。入り口をたくさん用意する事だと思うんですよ。アイデアをただ提供するだけじゃなくて、理解してほしいからとっかかりという言葉を使ったんですけど。その責任を引き受けられるまで準備をする義務があると思います。

タグ: ラーメンの話